作者:藤原師輔

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ふ 藤原師輔
(延喜8(909)- 天徳4(960))
藤原 師輔(ふじわら の もろすけ)は、平安時代中期の公卿。村上天皇の時代に右大臣として朝政を支えた。摂政・関白・太政大臣として長く朝政を執った藤原忠平の次男として生まれ、忠平の教育を受けた師輔は有職故実の流派を確立。九条流と呼ばれ子孫たちに受け継がれることになった。これを纏めた書物が『九条年中行事』である。また、歌学にも優れ、家集『師輔集(九条右大臣集)』を残している。天暦10年(956年)「坊城右大臣師輔前栽合」を主催。代詠を頼むため紀貫之の家を訪ねた逸話などが『大鏡』に記されている。勅撰歌人として、『後撰和歌集』(15首)以下の勅撰和歌集に36首が採録されている。自身の日記『九暦』、子孫に宛てた遺訓書『九条殿遺誡』を残す。— ウィキペディア日本語版藤原師輔」より。
藤原師輔

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。