作者:菅原道真

提供: Wikisource
移動先: 案内検索
作者索引: す 菅原道真
(承和12年6月25日(845年8月1日) - 延喜3年2月25日(903年3月26日))
菅原道真(すがわら の みちざね)は、日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。著書には自らの詩、散文を集めた『菅家文草』全12巻、大宰府での作品を集めた『菅家後集』、編著に『類聚国史』がある。日本紀略に寛平5年(893年)、宇多天皇に『新撰万葉集』2巻を奉ったとあり、現存する、宇多天皇の和歌とそれを漢詩に翻案したものを対にして編纂した『新撰万葉集』2巻の編者と一般にはみなされるが、これを道真の編としない見方もある。私歌集として『菅家御集』などがあるが、後世の偽作を多く含むとも指摘される。『古今和歌集』に2首が採録されるほか、「北野の御歌」として採られているものを含めると35首が勅撰和歌集に入集する。六国史の一つ『日本三代実録』の編者でもある。— ウィキペディア日本語版菅原道真」より。
菅原道真

この著作者の著作物は1923年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没年より100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。