作者:明石海人

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: あ 明石海人
(1901年 (明治34年) 7月5日 - 1939年 (昭和14年) 6月9日)
明石海人 (あかし かいじん) は、昭和初期に活動した歌人である。本名は野田勝太郎。1901年7月5日、沼津に三男として生まれた。沼津師範学校を卒業後小学校教員になったが、1926年にハンセン病を発症したため退職。その後、紀州粉河や私立明石楽生病院で治療に励んだが病状は悪化の一途をたどり、1932年に国立長島療養所愛生園に入園した。入園後、主として短歌を中心とした創作活動に励んだが、1935年に失明、1936年に気管切開を受け、声を失いながら作歌を続けた。1939年 (昭和14年) 6月9日、結核のために亡くなった。主要作品は歌集『白描』で、死後の1939年に一大ベストセラーになった。— ウィキペディア日本語版明石海人」より。
明石海人

作品一覧[編集]

随筆[編集]

この著作者の全部又は一部の著作物は、1939年に著作者が亡くなっているため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。