作者:富井政章

提供: Wikisource
移動先: 案内検索
作者索引: と 富井政章
(安政5(1858) - 昭和10(1935))
富井 政章(とみい まさあきら)は、日本の法学者。京都府京都市出身。法学博士。民法典論争では、フランス法を参考にしたボアソナードらによる旧民法は、ドイツ法の研究が不十分であるとして穂積陳重らと共に延期派にくみし、断行派の梅謙次郎と対立した。梅、穂積と共に民法起草委員の3人のうちの一人に選出される。帝国大学法科大学(現東京大学法学部)教授、帝国大学法科大学長、貴族院勅選議員、枢密顧問官等を歴任。法典調査会民法起草委員。和仏法律学校(現法政大学)校長。京都法政学校(現立命館大学)初代校長、立命館大学初代学長。勲一等瑞宝章受章、男爵。— ウィキペディア日本語版富井政章」より。
富井政章

この著作者は1935年に亡くなっているので、この作者の全ての著作物又は一部の著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後50年以下(団体著作物にあっては公表後又は創作後)である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。