今小町

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

松の位に柳の姿。桜の花に梅がを、めてこぼるるあいけふは、月のしづくか萩の露のなさけあこがれて、われも迷うやてふ〳〵の、恋しなん身のいくももよ、通う心はふかくさの、少将よりも浅からぬ、あさかの沼の其処までも、引く手あまたの花あやめ。たとへ昔のからびとの、山をくてふちからもて、引くともひかふりそでは、すいな世界の今小町。高き位の花なれば、思ふにかひもあらしやま。されどいはきにあらぬ身の、意気な男のてくだには、いなにもあらぬいなふねの沈みもやせん恋の渕。逢はぬつらさにあしびきの、山鳥の尾の長き日を、うらかこちて人知れず、こよひ逢う瀬のにひまくら。積もる思ひのかたいとも、解けてうれしき春の夢。


  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』上、武蔵野書院、1975年。

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。