万葉集 (鹿持雅澄訓訂)/巻第十八

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

とをまりやまきにあたるまき


てむひやうはたとせまりひととせといふとしやよひはつかまりみかのひひだりのおほまへつきみ橘の家のつかひさけのつかさふみひとたのべのふみひとさきまろを、かみ大伴宿禰家持がたちあへす。爰ににひうたみ、またふるうたうたひて、おのもおのもおもひを述ぶ

4032 奈呉の海に舟しまし貸せ沖に出でて波立ち来やと見て帰り来む

4033 波立てば奈呉の浦に寄る貝の間無き恋にそ年は経にける

4034 奈呉の海に潮の早ばあさりしに出でむとたづは今そ鳴くなる

4035 霍公鳥いとふ時なしあやめ草かづらにせむ日こゆ鳴き渡れ

     右のようたは、田邊史福麿。

その時明日ふせの水海にあそばむとちぎりき。かれおもひを述べておのもおのもめる歌

4036 いかにせる布勢の浦そもここだくに君が見せむと我を留むる

     右のひとうたは、田邊史福麿。

4037 をふの崎榜ぎたもとほりひねもすに見とも飽くべき浦にあらなくに 一ニ云ク、君が問はすも

     右の一首は、守大伴宿禰家持。

4038 玉くしげいつしか明けむ布勢の海の浦を行きつつ玉藻ひりはむ

4039 音のみに聞きて目に見ぬ布勢の浦を見ずはのぼらじ年は経ぬとも

4040 布勢の浦を行きてし見てば百敷の大宮人に語り継ぎてむ

4041 梅の花咲き散る園に我ゆかむ君が使をかた待ちがてら

4042 藤波の咲きゆく見ればほととぎす鳴くべき時に近づきにけり

     右の五首は、田邊史福麿。

4043 明日の日の布勢の浦廻の藤波にけだし来鳴かず散らしてむかも 一ニ頭云ク、ほととぎす

     右の一首は、大伴宿禰家持がこたふ。

     前の件のとうたは、はつかまりよかのひの宴によめる。


はつかまりいつかのひ、布勢の水海に往くみち、馬にのりながらめるうたふたつ

4044 浜辺より我が打ち行かば海辺より迎へも来ぬか海人の釣船

4045 沖辺より満ち来る潮のいや益しにふ君が御船かも彼

     右の一首は、大伴宿禰家持。

水海に至りてあそぶ時、おのもおのもおもひを述べて作める歌六首

4046 かむさぶるたるひめの崎榜ぎめぐり見れども飽かずいかに我せむ

     右の一首は、田邊史福麿。

4047 垂姫の浦を榜ぎつつ今日の日は楽しく遊べ言ひ継ぎにせむ

     右の一首は、うかれめはにし

4048 垂姫の浦を榜ぐ舟かぢまにも奈良のわぎへを忘れて思へや

     右の一首は、大伴宿禰家持。

4049 おろかにそ我は思ひし乎布の浦のありそのめぐり見れど飽かずけり

     右の一首は、田邊史福麿。

4050 めづらしき君が来まさば鳴けと言ひし山ほととぎす何か来鳴かぬ

     右の一首は、まつりごとひと久米朝臣ひろなは

4051 たこの崎このくれしげに霍公鳥来鳴きとよまばはた恋ひめやも

     右の一首は、大伴宿禰家持。

     前の件のやうたは、二十五日よめる。


掾久米朝臣廣繩がたちにて、田邊史福麿をあへする宴の歌四首

4052 ほととぎす今鳴かずして明日越えむ山に鳴くともしるしあらめやも

     右の一首は、田邊史福麿。

4053 このくれになりぬるものを霍公鳥何か来鳴かぬ君に逢へる時

     右の一首は、久米朝臣廣繩。

4054 霍公鳥こよ鳴き渡れ灯し火をつくよになそへその影も見む

4055 かへるみの道ゆかむ日はいつはたの坂に袖振れ我をし思はば

     右の二首は、大伴宿禰家持。

     前の件のようたは、二十六日よめる。


おほきすめらみこと 清足姫天皇なり 難波の宮にいます時の歌七首

ひだりのおほまへつきみ橘宿禰の歌一首

4056 堀江には玉敷かましをおほきみを御船漕がむとかねて知りせば

みよみませるおほみうた一首 和

4057 玉敷かず君が悔いて言ふ堀江には玉敷き満てて継ぎて通はむ 或ハ云ク、玉き敷きて

     右の件のふたうたは、御船江よりのぼりて

     うたげする日、左大臣のまをす歌、またおほみうた

御製歌一首

4058 橘の殿の橘つ代にもあれは忘れじこの橘を

河内女王の歌一首

4059 橘の下る庭に殿建ててさかみづきいます我が大王かも

粟田女王の歌一首

4060 月待ちて家には行かむ我が插せるあから橘影に見えつつ

     右の件の三首歌は、左大臣橘のまへつきみいへいま

     して、とよのあかりきこしめすおほみうた、また奏す歌。

4061 堀江よりみを引きしつつ御船さすしづをの伴は川の瀬申せ

4062 夏の夜は道たづたづし船に乗り川の瀬ごとに棹さし上れ

     右の件の二首歌は、御船綱手をひきて江よりのぼうたげ

     せる日作めり。伝へむ人は、田邊史福麿なり。

後に追ひてなぞらふる橘の歌二首

4063 常世物この橘のいや照りにわご大王は今も見るごと

4064 大王は常磐にまさむ橘の殿の橘ひた照りにして

     右の二首は、大伴宿禰家持がよめる。


いみづのこほりうまやはしらき著くる歌一首

4065 朝開き入江榜ぐなる楫の音のつばらつばらにわぎへし思ほゆ

     右の一首は、山上臣がよめる。名はしらず。或ひと云く、

     憶良のまへつきみむすこといへり。但其のさだかならず。


にはなでしこの花を詠める歌一首

4070 ひともとの撫子植ゑしその心たれに見せむと思ひめけむ

     右、先の国師のずそう清見、みやこまゐのぼらむとす。

     かれあるじけてうたげす。時にあろじ大伴宿禰家持、

     此のうたを作みて、酒を清見に送れりき。

まためる歌二首

4071 しなざかる越の君のとかくしこそ柳かづらき楽しく遊ばめ

     右、こほりのつかさよりしも、子弟よりかみ、諸人此の

     つどひにあり。かれ守大伴宿禰家持、此の歌を作める。

4072 ぬば玉の夜渡る月を幾夜みつつ妹は我待つらむそ

     右、此の夕、月の光遅く流れて、和やかなる風稍たちぬ。

     即ち目にるるに因りて、聊か此の歌を作めり。


こしのみちのくちのくにの掾大伴宿禰池主がおくれる歌三首

今月十四日を以ちて、深見の村にいたり、彼の北方を望拝す。常に芳徳を思ふこと、何れの日か能くまむ。また隣近によりて、忽ちに恋緒を増す。しかのみにあらず、先の書に云はく、「暮春惜しむべし、膝をちかづくることいつとかせむ」と。生別の悲しみ、それ復た何をか言はむ。紙にむかひて悽断す。奏状不備。

一 いにしへひとの云へらく

4073 月見れば同じ国なり山こそは君があたりを隔てたりけれ

一 物にきて思ひを

4074 桜花今そ盛りと人は言へどあれさぶしも君としあらねば

一 おもひをのぶるうた

4075 相思はずあるらむ君をあやしくも嘆きわたるか人の問ふまで

     やよひとをかまりいつかのひ、大伴宿禰池主。

越中国の守大伴宿禰家持がこたふる歌四首

一 古人のうたに答ふ

4076 あしひきの山は無くもが月見れば同じき里を心隔てつ

一 物に属きて思ひを発ぶに答へ、また遷しさして旧りにし宅のにしきたの隅の桜の樹を詠める

4077 我が背子が古きかきつの桜花いまだふふめり一目見に来ね

一 おもひをのぶに答ふ。即ちふることを今日のこころに代へたり

4078 恋ふと言ふはえも名付けたり言ふすべのたづきも無きはが身なりけり

一 また物に属きてよめる

4079 三島野に霞たなびきしかすがに昨日も今日も雪は降りつつ

     三月の十六日、大伴宿禰家持。


うつきつきたちのひ、掾久米朝臣廣繩が館にて宴せる歌四首

4066 卯の花の咲く月立ちぬ霍公鳥来鳴き響めよ含みたりとも

     右の一首は、守大伴宿禰家持がよめる。

4067 ふたがみの山にこもれる霍公鳥今も鳴かぬか君に聞かせむ

     右の一首は、うかれめはにしがよめる。

4068 居り明かし今宵は飲まむ霍公鳥明けむあしたは鳴き渡らむそ

      二日ハ立夏ノ節ニアタル。カレ明旦ハ喧カムト謂ヘリ。

     右の一首は、守大伴宿禰家持がよめる。

4069 明日よりは継ぎて聞こえむ霍公鳥一夜のからに恋ひ渡るかも

     右の一首は、はくひのこほりふみひと能登臣乙美がよめる。


をば大伴氏坂上郎女が、越中守大伴宿禰家持におくれる歌二首

4080 常人の恋ふといふよりは余りにて我は死ぬべく成りにたらずや

4081 片思ひを馬にふつまに負ほせ持て越辺に遣らば人かたはむかも

越中守大伴宿禰家持が報ふる歌二首

4082 天ざかる夷のやつこあめひとしかく恋せれば生ける験あり

4083 常の恋いまだやまぬに都より馬に恋来ば担ひへむかも

ことおもひをのぶひとうた

4084 あかときに名のり鳴くなる霍公鳥いやめづらしく思ほゆるかも

     右、よかのひ、使に附けてみやこおくる。


てむひやうかむはうはじめのとしさつきいつかのひひむかしのおほてらはりところをしむるつかひほうし平榮等をあへする時、守大伴宿禰家持が、酒を僧に送れる歌一首

4085 やきたちとなみの関に明日よりはもりべ遣り添へ君をとどめむ


おやじ月のここのかのひつかさづかさすなきふみひとはたのいみきいはたけの館につどひてうたげす。その時あろじ、百合のはなかづらみつを造りて、あぶらつきに畳ね置き、まらひとささぐ。おのもおのもの縵をよめる歌三首

4086 あぶらひの光に見ゆる我が縵早百合の花の笑まはしきかも

     右の一首は、守大伴宿禰家持。

4087 灯し火の光に見ゆる早百合花ゆりも逢はむと思ひそめてき

     右の一首は、すけうちのくらのいみきなはまろ

4088 早百合花ゆりも逢はむと思へこそ今のまさかもうるはしみすれ

     右の一首は、大伴家持 和。


みじかうた [ママ]

独りあげはりうちに居て、霍公鳥のを聞きてよめる歌一首、またみじかうた

4089 たかみくら あまひつぎと すめろきの 神のみこと

   聞こしす 国のまほらに 山をしも さはに多みと

   ももとりの 来居て鳴く声 春されば 聞きのかなしも

   いづれをか きて偲はむ 卯の花の 咲く月立てば

   めづらしく 鳴く霍公鳥 あやめぐさ 玉貫くまでに

   昼暮らし 夜わたし聞けど 聞くごとに 心うごきて

   打ち嘆き あはれの鳥と 言はぬ時なし

反し歌

4090 行方なくありわたるとも霍公鳥鳴きし渡らばかくや偲はむ

4091 卯の花の咲くにし鳴けば霍公鳥いやめづらしも名のり鳴くなべ

4092 霍公鳥いとねたけくは橘の花散る時に来鳴きとよむる

     右の四首は、十日、大伴宿禰家持がよめる。


あをのうらに行くとき、よめる歌一首

4093 阿尾の浦に寄する白波いや益しに立ちしき寄せあゆをいたみかも

     右の一首は、大伴宿禰家持がよめる。


みちのくのくによりくがねを出だせるみことのりことほく歌一首、また短歌

4094 葦原の 瑞穂の国を 天下り 知らしめしける

   すめろきの 神の命の 御代重ね 天の日継と

   知らし来る 君の御代御代 敷きませる よもの国には

   山河を 広み厚みと たてまつる みつき宝は

   数へ得ず 尽くしもかねつ 然れども 我が大王の

   もろひとを いざなひ賜ひ 善きことを 始め賜ひて

   くがねかも たのしけくあらむ と思ほして 下悩ますに

   とりが鳴く あづまの国の みちのくの 小田なる山に

   金ありと まうし賜へれ 御心を 明らめ賜ひ

   天地の 神相うづなひ すめろきの みたま助けて

   遠き代に かかりしことを が御代に 顕はしてあれば

   す国は 栄えむものと 神ながら 思ほしめして

   もののふの やそ伴の雄を まつろへの むけのまにまに

   おいひとも めのわらはこも しが願ふ 心足らひに

   撫で賜ひ 治め賜へば ここをしも あやに貴み

   嬉しけく いよよ思ひて 大伴の 遠つかむおや

   その名をば おほくめぬしと 負ひ持ちて 仕へしつかさ

   海行かば みづかばね 山行かば 草生す屍

   大王の にこそ死なめ かへり見は せじとことだ

   ますらをの 清きその名を いにしへよ 今のをつつ

   流さへる 祖の子どもそ 大伴と 佐伯の氏は

   人のおやの 立つる異立て 人の子は 祖の名絶たず

   大君に まつろふものと 言ひ継げる 言のつかさ

   梓弓 手に取り持ちて 剣大刀 腰に取り佩き

   朝守り 夕の守りに 大王の 御門の守り

   我をおきて また人はあらじ といや立て 思ひし増さる

   大王の 御言のさきの 聞けば貴み

反し歌三首

4095 大夫の心思ほゆ大王の御言のさきの聞けば貴み

4096 大伴の遠つかむおやの奥つしるしめ立て人の知るべく

4097 すめろきの御代栄えむとあづまなる陸奥山にくがね花咲く

     天平感宝元年五月の十二日、越中国の守の館にて、

     大伴宿禰家持がよめる。


芳野のとつみやいでまさむ時の為、あらかじめよめる歌一首、また短歌

4098 高御座 天の日継と 天の下 知らしめしける

   すめろきの 神の命の 畏くも 始め賜ひて

   貴くも 定め賜へる み吉野の この大宮に

   あり通ひ したまふらし もののふの 八十伴の男も

   おのが負へる おのが名名負ひ 大王の まけのまにまに

   この川の 絶ゆることなく この山の いや継ぎ継ぎに

   かくしこそ 仕へまつらめ いや遠長に

反し歌

4099 古を思ほすらしも我ご大王吉野の宮をあり通ひ

4100 もののふの八十氏人も吉野川絶ゆることなく仕へつつ見む


みやこの家に贈らむが為、しらたまほりする歌一首、また短歌

4101 すすあまの 沖つ御神に い渡りて かづき取るといふ

   あはび玉 いほちもがも しきよし 妻の命の

   衣手の 別れし時よ ぬば玉の よどこ片さり

   朝寝髪 掻きも梳らず 出でて来し 月日みつつ

   嘆くらむ 心なぐさに 霍公鳥 来鳴く五月の

   あやめ草 花橘に き交へ かづらにせよと

   包みて遣らむ

反し歌四首

4102 白玉を包みて遣らなあやめ草花橘にあへも貫くがね

4103 沖つ島い行き渡りて潜くちふ鰒玉もが包みて遣らむ

4104 我妹子が心なぐさに遣らむため沖つ島なる白玉もがも

4105 白玉のいほつ集ひを手にむすびおこせむ海人はむがしくもあるか

     右、五月の十四日、大伴宿禰家持がことけてよめる。


ふみひとをはりのをくひさとす歌一首、また短歌

七出のさだめに云はく、

但一条を犯せらば、即ちるべし。七出無くてすなはらば、みつかふつみひととせまりむつき

三不去のさだめに云はく、

七出を犯すとも、るべからず。違へらば、杖一百。唯奸悪疾を犯せればれ。

両妻の例に云はく、

妻有りて更に娶らば徒一年。女家は杖一百にしてはなて。

詔書に云はく、

義夫節婦を愍み賜ふ。

かみの件のをどをぢを謹みかむがふるに、のりの基、みちはじめなり。然れば則ち義夫の道、情存して別無く、一家財を同じくす。豈旧きを忘れ新しきをうつくしむる志あるべしや。かれ数行の歌をみ、旧きをる惑を悔いしむ。その詞に曰く、

4106 おほなむぢ すくなひこなの 神代より 言ひ継ぎけらく

   父母を 見れば貴く めこ見れば かなしくめぐし

   うつせみの 世のことわりと かくさまに 言ひけるものを

   世の人の 立つる異立て ちさの花 咲ける盛りに

   しきよし その妻の子と 朝宵に 笑みみ笑まずも

   打ち嘆き 語りけまくは とこしへに かくしもあらめや

   天地の 神言寄せて 春花の 盛りもあらむと

   待たしけむ 時の盛りを さかり居て 嘆かす妹が

   いつしかも 使の来むと 待たすらむ さぶしく

   みなみ吹き はふりて いみづがは 浮ぶみなわ

   寄る辺無み さぶるその子に 紐の緒の いつがり合ひて

   にほ鳥の 二人並び居 奈呉の海の おきを深めて

   さどはせる 君が心の すべもすべなさ 佐夫流ト言フハ、遊行女婦ガアザナナリ

反し歌三首

4107 青丹よし奈良にある妹が高々に待つらむ心しかにはあらじか

4108 里人の見る目恥づかし左夫流子にさどはす君がみやでしりぶり

4109 紅はうつろふものそつるはみのなれにし衣になほしかめやも

     右、五月の十五日、守大伴宿禰家持がよめる。


もとの君のす使を待たず、自ら来たる時よめる歌一首

4110 左夫流子がいつぎし殿に鈴懸けぬはゆま下れり里もとどろに

     同じ月の十七日、大伴宿禰家持がよめる。


橘の歌一首、また短歌

4111 かけまくも あやに畏し すめろきの 神の大御代に

   たぢまもり 常世に渡り やほこ持ち 参ゐ出しとふ

   時じくの かくの実を 畏くも 残し賜へれ

   国もに 生ひ立ち栄え 春されば ひこえ萌いつつ

   霍公鳥 鳴く五月には 初花を 枝に手折りて

   をとめらに つとにも遣りみ 白妙の 袖にもこき

   香ぐはしみ 置きて枯らしみ ゆる実は 玉に貫きつつ

   手に巻きて 見れども飽かず 秋づけば しぐれの雨降り

   あしひきの 山のこぬれは 紅に にほひ散れども

   橘の なれるその実は ひた照りに いや見が欲しく

   み雪降る 冬に至れば 霜置けども その葉も枯れず

   常磐なす いやさかはえに しかれこそ 神の御代より

   よろしなべ この橘を 時じくの 香久の木の実と 名付けけらしも

反し歌一首

4112 橘は花にも実にも見つれどもいや時じくに猶し見が欲し

     のちのさつきはつかまりみかのひ、大伴宿禰家持がよめる。


にはの花をてよめる歌一首、また短歌

4113 おほきみの 遠のみかどと きたまふ つかさのまにま

   み雪降る 越に下り来 あら玉の 年のいつとせ

   敷妙の 手枕まかず 紐解かず まろねをすれば

   いふせみと 心なぐさに 撫子を 屋戸に蒔き生ほし

   夏の野の 早百合引き植ゑて 咲く花を 出で見るごとに

   撫子が その花妻に 早百合花 ゆりも逢はむと

   慰むる 心し無くば 天ざかる 夷に一日も あるべくもあれや

反し歌二首

4114 撫子が花見る毎にをとめらが笑まひのにほひ思ほゆるかも

4115 早百合花ゆりも逢はむと下ふる心し無くば今日も経めやも

     同じ〔閏五〕月の二十六日、大伴宿禰家持がよめる。


国の掾久米朝臣廣繩、天平はたとせといふとしに、まゐうごなはるつかひに附きてみやこのぼり、その事をはりて、天平感宝元年のちのさつきはつかまりなぬかのひ、本のつかさかへる。かれかみたちうたげあそべり。その時あろじ守大伴宿禰家持がよめる歌一首、また短歌

4116 おほきみの きのまにまに 取り持ちて 仕ふる国の

   年の内の 事かたね持ち 玉ほこの 道に出で立ち

   岩根踏み 山越え野行き 都辺に 参ゐし我が

   あら玉の 年ゆきがへり 月重ね 見ぬ日さまねみ

   恋ふるそら 安くしあらねば 霍公鳥 来鳴く五月の

   あやめ草 蓬かづらき さかみづき 遊びなぐれど

   射水川 ゆきけはふりて 行く水の いや益しにのみ

   たづが鳴く 奈呉江の菅の ねもころに 思ひ結ほれ

   嘆きつつ が待つ君が 事終り 帰り罷りて

   夏の野の 早百合の花の 花笑みに にふぶに笑みて

   逢はしたる 今日を始めて 鏡なす かくし常見む 面変りせず

反し歌二首

4117 こぞの秋相見しまにま今日見れば面やめづらしみやこかたひと

4118 かくしても相見るものを少なくも年月経れば恋ひしけめやも


霍公鳥のを聞きてよめる歌一首

4119 古よ偲ひにければ霍公鳥鳴く声聞きて恋しきものを


みやこまゐでむ時、うまひとを見、をとめに逢ひてうたげせむ日、おもひを述べむ為、あらかじめよめる歌二首

4120 見まく欲り思ひしなべにかづら掛け香ぐはし君を相見つるかも

4121 まゐりの君が姿を見ず久にひなにし住めばあれ恋ひにけり 一ニ云ク、しきよし妹が姿を

     同じ〔閏五〕月のはつかまりやかのひ、大伴宿禰家持がよめる。


天平感宝元年閏五月のむかのひよりひでりして、おほみたからのうゑしやや凋める色あり。みなつきつきたちのひに至りて、忽ちにあまけのくもを見、仍て作める歌一首 短歌一絶

4122 すめろきの 敷きます国の 天の下 四方の道には

   馬の爪 い尽くす極み ふなの いつるまでに

   古よ 今のをつつに よろづつき 奉るつかさ

   作りたる そのなりはひを 雨降らず 日の重なれば

   植ゑし田も 蒔きし畑も 朝ごとに しほみ枯れゆく

   そを見れば 心を痛み 緑子の 乞ふがごとく

   天つ水 あふぎてそ待つ あしひきの 山のたをりに

   この見ゆる 天の白雲 わたつみの おきつみや辺に

   立ちわたり との曇りあひて 雨も賜はね

反し歌一首

4123 この見ゆる雲ほびこりてとの曇り雨も降らぬか心足らひに

     右の二首は、六月の一日のゆふぐれ、守大伴宿禰家持がよめる。


あめよろこぶ歌一首

4124 我が欲りし雨は降り来ぬかくしあらば言挙げせずとも年は栄えむ

     右の一首は、同じ月のよかのひ、大伴宿禰家持がよめる。


なぬかのよの歌一首、また短歌

4125 あまでらす 神の御代より 安のがは 中に隔てて

   向ひ立ち 袖振り交はし 息の緒に 嘆かす子ら

   渡り守 舟もまうけず 橋だにも 渡してあらば

   そのゆも い行き渡らし 携はり うながけり居て

   思ほしき ことも語らひ 慰むる 心はあらむを

   何しかも 秋にしあらねば 言問ひの 乏しき子ら

   うつせみの 世の人我も ここをしも あやにくすしみ

   往きかはる 年のはごとに 天の原 振りけ見つつ

   言ひ継ぎにすれ

反し歌二首

4126 天の川橋渡せらばそのゆもい渡らさむを秋にあらずとも

4127 安の川い向ひ立ちて年の恋長き子らが妻問の夜そ

     右、ふみづきなぬかのひあまのがはて、

     大伴宿禰家持がよめる。


こしのみちのくちのくにまつりごとひと大伴宿禰池主がおくれるたはれうた四首

忽ちに恩賜をかたじけなくす。驚き欣ぶことすでに深し。心の中にゑみを含み、独り座りて稍開けば、表裏同じからず。相違何ぞ異れる。そのゆゑを推し量るに、率爾に策をす歟。明かに言の如きことを知りぬ。豈に他の意有らめや。凡そ本物をまうやくする、其の罪かろからず。正贓倍贓、すみやけく并満すべし。今風雲に勒して、徴使をおくる。早速返報したまへ。延回したまふべからず。

 勝宝元年十一月十二日。物貿易せらる下吏、謹みて

 貿易の人断る庁官司の 庁の下に訴ふ。

別にまをす、うつくしみの意、もだず。聊かようたみて、唯睡覚に擬す。

4128 草枕旅の翁と思ほして針そ賜へる縫はむ物もが

4129 針袋取り上げ前に置き返さへばおのともおのや裏も継ぎたり

4130 針袋帯び続けながら里ごとに照らさひ歩けど人もとがめず

4131 とりが鳴くあづまをさしてふさへしに行かむと思へどよしもさねなし

      右の歌のこたへうたは、れてもとめ得ず。


更におくれる歌二首

はゆまつかひを迎ふる事に依りて、今月十五日、くぬち加賀の郡の境にいたる。面蔭射水の郷に見はれ、恋緒ふかみの村に結ふ。身胡馬にあらねど、心北風を悲しめり。月に乗りてたもとほり、曽て為す所無く、稍来封を開く。その辞に云く、「著者先に奉る書、返りて疑ひに度れることを畏る歟」とのりたまへり。われ嘱羅を作し、且使君を悩ます。夫れ水を乞ひて酒を得、従来能き口なり。論じて時理に合へり。何か強吏としるさめや。尋ねて針袋の詠を誦むに、詞泉酌めどもきず。膝をむだき独りわらふ。能く旅愁をのぞき、陶然として日を遣る。何かはからむ、何か思はむ。短筆不宣。

 勝宝元年十二月十五日。物をはたりしかし、謹みて

伏せぬ使君 記室にたてまつる。

 ことに奉る云々歌二首

4132 たたさにもかにも横さも奴とそあれはありける主のとのど

4133 針袋これはたばりぬすり袋今は得てしかおきなさびせむ


うたげのとき、雪、月、梅の花を詠める歌一首

4134 雪の上に照れる月夜に梅の花折りて送らむしき子もがも

     右の一首は、しはす、大伴宿禰家持がよめる。

4135 我が背子が琴取るなべに常人の言ふ嘆きしもいやしき増すも

     右の一首は、すなきふみひと秦伊美吉石竹が館の宴に、

     守大伴宿禰家持がよめる。


天平勝宝二年むつきの二日、くにのまつりごとどのにてもろもろこほりのつかさ等をあろじせるうた一首

4136 あしひきの山の木末のほよ取りてかざしつらくはくとそ

     右の一首は、守大伴宿禰家持がよめる。


まつりごとひと久米朝臣廣繩が館の宴の歌一首

4137 むつき立つ春の初めにかくしつつ相し笑みてば時じけめやも

     同じ月のいつかのひ、守大伴宿禰家持がよめる。


はりたところみさだむる事に縁りて、礪波の郡のふみひとたぢひべのきたさとが家に宿れる時、忽ちにかぜあめ起こり、えかへらずてよめる歌一首

4138 やぶなみの里に宿借り春雨に籠りつつむと妹に告げつや

     きさらぎとをかまりやかのひ、守大伴宿禰家持がよめる。