万葉集 (鹿持雅澄訓訂)/巻第十九

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

とをまりここのまきにあたるまき


てむひやうしようはうふたとせといふとしやよひつきたちのひゆふへに、春の苑のももすももの花をめる歌ふたつ

4139 春の苑紅にほふ桃の花下る道に出で立つをとめ

4140 吾が園の李の花か庭に降るはだれのいまだ残りたるかも


かけしぎを見てよめる歌ひとつ

4141 春けて物がなしきにさ夜更けて羽き鳴く鴫が田にか


ふつかのひやなぎを攀ぢてみやこしぬふ歌一首

4142 春の日に張れる柳を取り持ちて見れば都のおほぢし思ほゆ


かたかごの花をる歌一首

4143 もののふのやそ乙女らが汲みまがふ寺井の上の堅香子の花


帰る雁を見る歌二首

4144 燕来る時になりぬと雁がねはくに偲ひつつ雲隠り鳴く

4145 春けてかく帰るとも秋風にもみちむ山を越え来ざらめや 一ニ云ク、春されば帰るこの雁


よる千鳥の鳴くを聞く歌二首

4146 よぐたちに寝覚めて居れば川瀬め心もしぬに鳴く千鳥かも

4147 夜降ちて鳴く川千鳥うべしこそ昔の人も偲ひ来にけれ


あかときに鳴くきぎしを聞く歌二首

4148 杉の野にさをどる雉いちしろくにしも泣かむこもり妻かも

4149 あしひきのやつをの雉鳴きとよむあさけの霞見れば悲しも


かはのぼふなひとの唄をはろばろ聞く歌一首

4150 朝床に聞けば遥けしいみづがは朝榜ぎしつつ唄ふ船人


みかのひかみ大伴宿禰家持がたちにて宴する歌みつ

4151 今日のためと思ひてしめしあしひきのをのへの桜かく咲きにけり

4152 奥山の八峰の椿つばらかに今日は暮らさねますらをとも

4153 からひとも船を浮かべて遊ぶちふ今日そ我が背子花かづらせな


やかのひましらふのたかを詠める歌一首、またみじかうた

4154 あしひきの 山坂越えて 往きかはる 年の緒長く

   しなざかる 越にし住めば おほきみの 敷きます国は

   都をも ここもおやじと 心には 思ふものから

   語りけ 見放くる人眼 ともしみと 思ひし繁し

   そこゆゑに 心なぐやと 秋づけば 萩咲きにほふ

   いはせ野に 馬だき行きて をちこちに 鳥踏み立て

   白塗りの をすずもゆらに あはせ遣り 振り放け見つつ

   いきどほる 心のうちを 思ひ延べ 嬉しびながら

   枕付く 妻屋のうちに とくら結ひ 据えてそが飼ふ

   ましらふの鷹

かへし歌

4155 矢形尾の真白の鷹を屋戸に据ゑ掻き撫で見つつ飼はくしよしも


うつかふ歌一首、また短歌

4156 あら玉の 年ゆきかはり 春されば 花咲きにほふ

   あしひきの 山下とよみ 落ちたぎち 流るさきた

   川の瀬に 鮎子さ走り 島つ鳥 うかひ伴なへ

   かがりさし なづさひ行けば わぎもこが 形見がてらと

   紅の やしほに染めて おこせたる 衣の裾も 徹りて濡れぬ

反し歌

4157 紅の衣にほはし辟田川絶ゆることなくあれかへり見む

4158 としのはに鮎し走らば辟田川鵜八つかづけて川瀬尋ねむ


やよひここのかのひすいこの政にりてふるえの村に行き、道のほとりに目を物花にくるうた、また興の中によめる歌


しぶたにの埼を過ぎて、いその樹を見る歌一首 樹名つまま

4159 磯ののつままを見れば根をへて年深からし神さびにけり


よのなかの常無きを悲しむ歌一首、また短歌

4160 あめつちの 遠き初めよ 世の中は 常無きものと

   語り継ぎ 流らへ来たれ 天の原 振り放け見れば

   照る月も 満ち欠けしけり あしひきの 山のこぬれ

   春されば 花咲きにほひ 秋づけば 露霜負ひて

   風まじり もみち散りけり うつせみも かくのみならし

   紅の 色もうつろひ ぬば玉の 黒髪変り

   朝の笑み 夕へ変らひ 吹く風の 見えぬがごとく

   行く水の 止まらぬごとく 常も無く うつろふ見れば

   にはたづみ 流るる涙 とどめかねつも

反し歌

4161 言問はぬ木すら春咲き秋づけばもみち散らくは常を無みこそ 一ニ云ク、常なけむとそ

4162 うつせみの常無き見れば世の中に心つけずて思ふ日そ多き 一ニ云ク、嘆く日そ多き


あらかじめよめるなぬかのよの歌一首

4163 妹が袖われ枕かむ川の瀬に霧立ちわたれさ夜更けぬとに


ますらをの名をふるふを慕ふ歌一首、また短歌

4164 ちちの実の 父のみこと ははそ葉の 母のみこと

   おほろかに 心尽して 思ふらむ その子なれやも

   ますらをや 空しくあるべき 梓弓 末振り起し

   投ぐ矢持ち ちひろ射わたし 剣大刀 腰に取り佩き

   あしひきの やつを踏み越え 差しまくる 心さやらず

   後の世の 語り継ぐべく 名を立つべしも

反し歌

4165 大夫は名をし立つべし後の世に聞き継ぐ人も語り継ぐがね

     右の二首は、山上憶良臣が作める歌に追ひてなぞらふ。


ほととぎすまた時の花を詠める歌一首、また短歌

4166 時ごとに いやめづらしく やちくさに 草木花咲き

   鳴く鳥の 声も変らふ 耳に聞き 目に見るごとに

   打ち嘆き しなえうらぶれ 偲ひつつ 有り来るはしに

   このくれの うつきし立てば よごもりに 鳴く霍公鳥

   古よ 語り継ぎつる 鴬の うつまごかも

   あやめ草 花橘を をとめらが 玉くまでに

   あかねさす 昼はしめらに あしひきの 八峯飛び越え

   ぬば玉の 夜はすがらに あかときの 月に向ひて

   往き還り 鳴きとよむれど 如何で飽き足らむ

反し歌二首

4167 時ごとにいやめづらしく咲く花を折りも折らずも見らくしよしも

4168 毎年に来鳴くものゆゑ霍公鳥聞けば偲はく逢はぬ日を多み 毎年、としのはト謂フ

     右、はつかのひ、未だ時及ばずと雖も、ことけて

     あらかじめよめる。


みやこいまははのみことに贈らむ為に、あつらへらえてよめる歌一首、また短歌

4169 霍公鳥 来鳴くさつきに 咲きにほふ 花橘の

   かぐはしき 親のみこと 朝宵に 聞かぬ日まねく

   天ざかる 夷にし居れば あしひきの 山のたをりに

   立つ雲を よそのみ見つつ 嘆くそら 安けなくに

   思ふそら 苦しきものを 奈呉の海人の かづき取るちふ

   しらたまの 見がほし御面 ただ向ひ 見む時までは

   まつかへの 栄えいまさね 貴きが君 御面、みおもわト謂フ

反し歌一首

4170 白玉の見がほし君を見ず久にひなにし居れば生けるともなし


はつかまりよかのひうつきたつひのときあたれり。此に因りてはつかまりみかのひゆふへ、忽ちほととぎすあかときに喧かむ声をしぬひてよめる歌二首

4171 常人も起きつつ聞くそ霍公鳥このあかときに来鳴く初声

4172 ほととぎす来鳴き響まば草取らむ花橘を屋戸には植ゑずて


みやこたぢひが家に贈れる歌一首

4173 妹を見ず越の国辺に年ればこころどぐる日も無し


筑紫のおほみこともちの時の春の苑の梅を追ひてよめる歌一首

4174 春のうちの楽しきへば梅の花手折り持ちつつ遊ぶにあるべし

     右の一首は、はつかまりなぬかのひことけてよめる。


霍公鳥を詠める二首

4175 ほととぎす今来鳴きそむあやめぐさかづらくまでにるる日あらめや ものは三箇ノ辞闕ク

4176 我が門よ鳴き過ぎ渡る霍公鳥いやなつかしく聞けど飽き足らず ものはてにを六箇ノ辞闕ク


四月の三日、こしのみちのくちまつりごとひと大伴宿禰池主に贈れる霍公鳥の歌、感旧のおもひへずておもひを述ぶるひとうた、また短歌

4177 我が背子と 手携はりて 明けくれば 出で立ち向ひ

   夕されば 振り放け見つつ 思ひ延べ 見なぎし山に

   八峯には 霞たなびき 谷辺には 椿花咲き

   うら悲し 春の過ぐれば 霍公鳥 いやしき鳴きぬ

   独りのみ 聞けばさぶしも 君とあれ 隔てて恋ふる

   となみやま 飛び越えゆきて 明け立たば 松のさ枝に

   夕さらば 月に向ひて あやめ草 玉貫くまでに

   鳴き響め やすいさず 君を悩ませ

4178 あれのみし聞けば寂しも霍公鳥にふの山辺にい行き鳴けやも

4179 ほととぎす夜鳴きをしつつ我が背子をやすいせそゆめ心あれ


霍公鳥をづる心に飽かず、懐を述べてよめる歌一首、また短歌

4180 春過ぎて 夏来向へば あしひきの 山呼び響め

   さ夜中に 鳴く霍公鳥 初声を 聞けばなつかし

   あやめ草 花橘を ぬきまじへ かづらくまでに

   里とよめ 鳴き渡れども なほし偲はゆ

反し歌三首

4181 さ夜更けて暁月に影見えて鳴く霍公鳥聞けばなつかし

4182 霍公鳥聞けども飽かず網捕りに捕りてなつけなれず鳴くがね

4183 霍公鳥飼ひ通せらば今年経て来向かふ夏はまづ鳴きなむを


みやこよりおこせる歌一首

4184 山吹の花取り持ちてつれもなくれにし妹を偲ひつるかも

     右、四月のいつかのひさとに留れるいらつめよりおこせたるなり。


やまぶきの花を詠める歌一首、また短歌

4185 うつせみは 恋を繁みと 春けて 思ひ繁けば

   引き攀ぢて 折りも折らずも 見るごとに 心なぎむと

   繁山の 谷辺に生ふる 山吹を 屋戸に引き植ゑて

   朝露に にほへる花を 見るごとに 思ひはやまず

   恋し繁しも

4186 山吹を屋戸に植ゑては見るごとに思ひはやまず恋こそまされ


むかのひふせみづうみあそびてよめる歌一首、また短歌

4187 思ふどち ますらをのこの くれの 繁き思ひを

   見明らめ 心遣らむと 布勢の海に をぶね連なめ

   真櫂かけ い榜ぎ巡れば をふの浦に 霞たなびき

   たるひめに 藤波咲きて 浜清く 白波騒き

   しくしくに 恋はまされど 今日のみに 飽き足らめやも

   かくしこそ いや年のはに 春花の 繁き盛りに

   秋の葉の にほへる時に あり通ひ 見つつ偲はめ

   この布勢の海を

反し歌

4188 藤波の花の盛りにかくしこそ浦榜ぎみつつ年に偲はめ


を越前判官大伴宿禰池主に贈れる歌一首、また短歌

4189 天ざかる 夷としあれは そこここも おやじ心そ

   家ざかり 年の経ぬれば うつせみは 物ひ繁し

   そこゆゑに 心なぐさに 霍公鳥 鳴く初声を

   橘の 玉にあへ貫き かづらきて 遊ばくよしも

   ますらをを 伴なへ立ちて しくらがは なづさひ上り

   平瀬には さでさし渡し 早瀬には 鵜をかづけつつ

   月に日に しかし遊ばね しき我が背子

反し歌二首

4190 叔羅川瀬を尋ねつつ我が背子は鵜川立たさね心なぐさに

4191 鵜川立て取らさむ鮎のしがはたあれにかき向け思ひしはば

     右、ここのかのひ、使に附けて贈れる。


霍公鳥また藤の花を詠める歌一首、また短歌

4192 桃の花 紅色に にほひたる おもわのうちに

   青柳の くはまよねを 笑み曲がり 朝影見つつ

   をとめらが 手に取り持たる まそかがみ ふたがみやま

   くれの 茂き谷辺を 呼びとよめ 朝飛び渡り

   夕月夜 かそけき野辺に はろばろに 鳴く霍公鳥

   立ちくと はぶりに散らす 藤波の 花なつかしみ

   引きぢて 袖にこきれつ まば染むとも

反し歌

4193 霍公鳥鳴く羽触にも散りにけり盛り過ぐらし藤波の花 一ニ云ク、散りぬべみ袖に扱入れつ藤波の花

     同じ九日よめる。


また霍公鳥のくこと晩きを怨む歌三首

4194 霍公鳥鳴き渡りぬと告げれどもあれ聞き継がず花は過ぎつつ

4195 がここだしぬはく知らに霍公鳥いづへの山を鳴きか越ゆらむ

4196 月立ちし日よりきつつ打ちしぬひ待てど来鳴かぬ霍公鳥かも


みやこひとに贈れる歌二首

4197 妹に似る草と見しよりしめし野辺の山吹たれ折りし

4198 つれもなくれにしものと人は言へど逢はぬ日まねみ思ひそがする

     右、さとに留れる女郎の為に、あつらへらえてよめる。

     女郎は、即ち大伴家持がいろもなり。


とをかまりふつかのひ、布勢の水海にあそび、たこうらに船とどめ、藤の花をて、ひとびとおもひを述べてよめる歌よつ

4199 藤波の影なる海の底清みしづく石をも玉とそが見る

     守大伴宿禰家持。

4200 多古の浦の底さへにほふ藤波をかざして行かむ見ぬ人のため

     すけうちのくらのいみきなはまろ

4201 いささかに思ひてしを多古の浦に咲ける藤見て一夜経ぬべし

     まつりごとひと久米朝臣廣繩。

4202 藤波をかりほに作り浦する人とは知らに海人とか見らむ

     久米朝臣つぐまろ


霍公鳥の喧かぬを恨む歌一首

4203 家に行きて何を語らむあしひきの山霍公鳥一声も鳴け

     まつりごとひと久米朝臣廣繩。


れるほほがしはを見る歌二首

4204 我が背子が捧げて持たるほほがしはあたかも似るか青ききぬがさ

     かうしほうしゑぎやう

4205 すめろきとほみよみよはい敷き折り酒飲むといふそこのほほがしは

     守大伴宿禰家持。


還る時に、浜のにてつきる歌一首

4206 しぶたにをさしてが行くこの浜につくよ飽きてむ馬しまし止め

     守大伴宿禰家持。


はつかまりふつかのひ、判官久米朝臣廣繩に贈れる、霍公鳥のうらみの歌一首、また短歌

4207 ここにして そがひに見ゆる 我が背子が かきつの谷に

   明けされば はりのさ枝に 夕されば 藤の繁みに

   はろばろに 鳴く霍公鳥 我が屋戸の 植木橘

   花に散る 時をまたしみ 来鳴かなく そこは恨みず

   然れども 谷片付きて 家居れる 君が聞きつつ

   告げなくも憂し

反し歌

4208 がここだ待てど来鳴かぬ霍公鳥独り聞きつつ告げぬ君かも


霍公鳥を詠める歌一首、また短歌

4209 谷近く 家は居れども こだかくて 里はあれども

   霍公鳥 いまだ来鳴かず 鳴く声を 聞かまくりと

   あしたには 門に出で立ち 夕へには 谷を見渡し

   恋ふれども 一声だにも いまだ聞こえず

反し歌

4210 藤波の茂りは過ぎぬあしひきの山霍公鳥などか来鳴かぬ

     右、二十三日、まつりごとひと久米朝臣廣繩がこたふ。


をとめ墓の歌に追ひてなぞらふるひとうた、また短歌

4211 いにしへに ありけるわざの くすはしき 事と言ひ継ぐ

   ちぬをとこ うなひ壮子の うつせみの 名を争ふと

   玉きはる 命も捨てて 相共に 妻問ひしける

   処女らが 聞けば悲しさ 春花の にほえ栄えて

   秋の葉の にほひに照れる あたらみの 盛りをすらに

   ますらをの こといとほしみ 父母に 申し別れて

   家さかり 海辺に出で立ち 朝宵に 満ち来る潮の

   八重波に 靡く玉藻の ふしの間も 惜しき命を

   露霜の 過ぎましにけれ 奥つを ここと定めて

   後の世の 聞き継ぐ人も いや遠に 偲ひにせよと

   つげをぐし しか刺しけらし 生ひて靡けり

反し歌

4212 処女らが後のしるしと黄楊小櫛生ひ代り生ひて靡きけらしも

     右、五月の六日、ことけて大伴宿禰家持がよめる。


4213 あゆをいたみ奈呉の浦廻に寄する波いや千重しきに恋ひ渡るかも

     右の一首は、京のたぢひが家に贈る。


かなしみうた一首、また短歌

4214 天地の 初めの時よ うつそみの やそとものを

   おほきみに まつろふものと 定めたる つかさにしあれば

   おほきみの 命畏み 夷ざかる 国を治むと

   あしひきの 山川へなり かぜくもに 言は通へど

   ただに逢はぬ 日の重なれば 思ひ恋ひ 息づき居るに

   玉ほこの 道来る人の つてことに あれに語らく

   しきよし 君はこの頃 うらさびて 嘆かひいます

   よのなかの 憂けく辛けく 咲く花も 時にうつろふ

   うつせみも 常無くありけり たらちねの 母の命

   何しかも 時しはあらむを 真澄鏡 見れども飽かず

   玉の緒の 惜しき盛りに 立つ霧の 失せぬるごとく

   置く露の ぬるがごとく 玉藻なす 靡きい伏し

   行く水の 留めかねきと たはことや 人し言ひつる

   およづれか 人の告げつる 梓弓 つまびよと

   とほとにも 聞けば悲しみ にはたづみ 流るる涙

   留めかねつも

反し歌二首

4215 遠音にも君が嘆くと聞きつればのみし泣かゆ相あれ

4216 世間の常無きことは知るらむを心尽くすなますらをにして

     右、大伴宿禰家持が、聟南のみぎのおほまへつきみの家

     藤原のなかちこははのもとぶらへる。五月二十七日。


ながめ晴るる日、よめる歌一首

4217 卯の花をくたす長雨のみづはなに寄るこつみなす寄らむ子もがも


あまいざりひを見る歌一首

4218 しび突くと海人の灯せる漁火のにか出ださむが下ひを

     右の二首は、五月。


4219 我が屋戸の萩咲きにけり秋風の吹かむを待たばいと遠みかも

     右の一首は、みなつきとをかまりいつかのひわさはぎを見てよめる。


みやこよりおこせる歌一首、また短歌

4220 わたつみの 神の命の みくしげに 貯ひ置きて

   いつくとふ 玉にまさりて 思へりし が子にはあれど

   うつせみの 世のことわりと ますらをの 引きのまにまに

   しなざかる 越道をさして ふ蔦の 別れにしより

   沖つ波 とをまよびき 大船の ゆくらゆくらに

   面影に もとな見えつつ かく恋ひば 老いづくが身

   けだしへむかも

反し歌一首

4221 かくばかり恋しくしあらば真澄鏡見ぬ日時なくあらましものを

     右の二首は、大伴氏坂上郎女が、むすめおほいらつめに賜ふ。


ながつきの三日、宴の歌二首

4222 この時雨いたくな降りそわぎもこに見せむがためにもみち採りてむ

     右の一首は、掾久米朝臣廣繩がよめる。

4223 あをによし奈良人見むと我が背子がめけむもみち土に落ちめやも

     右の一首は、守大伴宿禰家持がよめる。

4224 朝霧の棚引くたゐに鳴く雁を留め得めやも我が屋戸の萩

     右のひとうたは、吉野の宮にいでましし時、藤原のおほきさき

     よみませるなり。但し年月さだかならず。十月の五日、かはへの

     朝臣東人(あそみ あづまひと)が伝へ誦めり。


4225 あしひきの山の黄葉にしづくあひて散らむやまぢを君が越えまく

     右の一首は、同じ月のとをかまりむかのひまゐうごなはるつかひすなきふみひと

     はたのいみきいはたけうまのはなむけする時、守大伴宿禰家持がよめる。


雪ふる日、よめる歌一首

4226 この雪の残る時にいざ行かな山橘の実の照るも見む

     右の一首は、しはす、大伴宿禰家持がよめる。


雪の歌一首、また短歌

4227 大殿の このもとほりの 雪な踏みそね しばしばも

   降らざる雪そ 山のみに 降りし雪そ ゆめ寄るな

   人や な踏みそね雪は

反し歌一首

4228 ありつつもしたまはむそ大殿のこの廻りの雪な踏みそね

     右のふたうたは、みかたのさみが、おひてたまへるひだりのおほまへつきみ

     藤原の北のまへつきみことを承けて、めり。聞き伝

     ふるは、かさのあそみこきみなり。また後に伝へ読むひとは、

     こしのみちのなかのくにまつりごとひと久米朝臣廣繩なり。


天平勝宝みとせ


4229 あらたしき年の初めはいや年に雪踏みならし常かくにもが

     右の一首歌は、むつきの二日、守の館にてうたげせり。

     その時ゆきふりつむことひとさかまりよきなりき。即ちあろじ

     大伴宿禰家持此の歌を作める。


4230 降る雪を腰になづみて参ゐり来ししるしもあるか年の初めに

     右の一首は、三日、介内藏忌寸繩麻呂が館につど

     てうたげせる時、大伴宿禰家持が作める。


その時、積もれる雪重なるいはほの趣をり成し、たくみに草樹の花をいろどひらく。此にきてまつりごとひと久米朝臣廣繩がよめる歌一首

4231 撫子は秋咲くものを君が家の雪の巌に咲けりけるかも


うかれめかまふのいらつめが歌一首

4232 雪の島巌にてる撫子は千世に咲かぬか君がかざし


ここに、もろひとたけなはにして、よふけとり鳴く。此に因りて主人内藏伊美吉繩麻呂がよめる歌一首

4233 打ちはぶかけは鳴くともかくばかり降り敷く雪に君いまさめやも


守大伴宿禰家持がこたふる歌一首

4234 鳴くかけはいやしき鳴けど降る雪の千重に積めこそが立ちかてね


おほきまつりごとのおほまへつきみ藤原の家のあがたのいぬかひひめとねが、すめらみことに奉れる歌一首

4235 天雲をほろに踏みあたしなるかみも今日にまさりてかしこけめやも

     右の一首、伝へめるは掾久米朝臣廣繩。


みまかれるかなしむ歌一首、また短歌 作主未詳

4236 天地の 神は無かれや うつくしき が妻さか

   光る神 鳴りはたをとめ 手携ひ 共にあらむと

   思ひしに 心たがひぬ 言はむすべ 為むすべ知らに

   ゆふたすき 肩に取り掛け しつぬさを 手に取り持ちて

   なけそと 我はめれど きて寝し 妹がたもとは 雲に棚引く

反し歌一首

4237 うつつにと思ひてしかもいめのみに手本巻きと見ればすべなし

     右の二首、伝へ誦めるは遊行女婦蒲生なり。


きさらきの三日、守の館につどひて宴して、よめる歌一首

4238 君がゆきもし久ならば梅柳たれと共にかかづらかむ

     右、まつりごとひと久米朝臣廣繩、正税帳を以ちて、

     みやこのぼらむとす。かれ守大伴宿禰家持、此の

     歌をめり。但こしのみちのなかくにざまうめやなぎ

     やよひ咲き初む。


霍公鳥を詠める歌一首

4239 ふたがみしじに籠りにし霍公鳥待てど未だ来鳴かず

     右、四月のとをかまりむかのひ、大伴宿禰家持がよめる。


かすがにてかみまつりせるほど、藤原のおほきさきのよみませる御歌一首。即ちもろこしにつかはすつかひのかみ藤原朝臣きよかはに賜ふ

4240 大船に真楫しじきこのあごからくにへ遣るいはへ神たち


つかひのかみ藤原朝臣清河が歌一首

4241 春日野にいつみもろの梅の花栄えてあり待て還り来むまで


おほきものまをすつかさ藤原のまへつきみの家にて、もろこしにつかはすつかひ等をうまのはなむけするの歌一首 即チ主人卿ヨメリ

4242 天雲の往き還りなむものゆゑに思ひそがする別れ悲しみ


たみのつかさのすなきすけたぢひまひとはにしがよめる歌一首

4243 すみのえいつはふりかむことと行くともとも船は早けむ


大使藤原朝臣清河が歌一首

4244 あら玉の年の緒長くへる子らに恋ふべき月近づきぬ


いつとせといふとし、入唐使に贈れる歌一首、また短歌 作主未詳

4245 そらみつ 大和の国 青丹よし 奈良の都ゆ

   押し照る 難波に下り 住吉の 御津にふな乗り

   ただ渡り 日の入る国に つかはさる 我がの君を

   懸けまくの ゆゆし畏き 住吉の が大御神

   ふなに うしはきいまし ふなどもに み立たしまして

   さし寄らむ 磯の崎々 榜ぎてむ とまりとまり

   荒き風 波に遇はせず 平けく て還りませ もとのみかど

反し歌一首

4246 沖つ波波な立ちそ君が船榜ぎ還り来て津に泊つるまで


阿倍朝臣おいひとが、もろこしに遣はさるる時、母に奉れるかなしみの歌一首

4247 天雲のそきへの極みへる君に別れむ日近くなりぬ

     右のくだりやうたは、伝へ誦める人、越中のおほきふみひと

     高安倉人種麻呂なり。但し年月のなみは、聞ける時の

     まにまげたり。


ふみつきとをかまりなぬかのひすなきものまをすつかさうつされて、かなしみの歌を作みて、まゐうごなはるつかひ掾久米朝臣廣繩が館におくれるふたうた

既に六載の期に満ち、忽ち遷替の運に値ふ。是にふりにしひとに別るるかなしみ、心中にむすぼほれ、涕の袖をのごふ。いかにか能くかはかむ。かれ悲しみの歌二首を作みて、莫忘の志を遺せり。其のうたに曰く

4248 あら玉の年の緒長く相見てしその心引き忘らえめやも

4249 いはせのに秋萩しぬぎ馬めてはつとがりだにせずや別れむ

     右、はつきよかのひ贈れりき。


便ち大帳使をさづけ、八月の五日に、京師にのぼらむとす。此に因りて四日、国のくりやものを介内藏伊美吉繩麻呂が館にけて、うまのはなむけす。その時大伴宿禰家持がよめる歌一首

4250 しなざかる越にいつとせ住み住みて立ち別れまく惜しき宵かも


いつかのひつとめてみちだちす。かれくにのつかさすけより、諸のつかさづかさまで、みな視送りす。その時いみづこほりおほきみやつこあぬのきみひろしまが門の前の林のうちに、預めうまのはなむけまけす。時に大帳使大伴宿禰家持が、内藏伊美吉繩麻呂がさかづきを捧ぐる歌に和ふるひとうた

4251 玉ほこの道に出で立ち行くあれは君がこととを負ひてし行かむ


正税帳使まつりごとひと久米朝臣廣繩、事畢りてまけところにかへれり。こしのみちのくちのくにの掾大伴宿禰池主が館にき遇ひて、共にうたげす。その時久米朝臣廣繩が、はぎの花をてよめる歌一首

4252 君が家に植ゑたる萩の初花を折りてかざさな旅別るどち

大伴宿禰家持が和ふる歌一首

4253 立ちて居て待てど待ちかね出でて来て君にここに逢ひ挿頭しつる萩


みやこまゐのぼる路にて、ことけ預め作める、とよのあかりに侍りて詔をうけたまはる歌一首、また短歌

4254 あきづしま 大和の国を 天雲に いはふね浮べ

   ともに 真櫂しじき い榜ぎつつ 国見しせして

   あもりまし はらひ平らげ 千代重ね いや嗣ぎ継ぎに

   らし来る あまの日継と 神ながら 我がおほきみ

   天の下 治め賜へば もののふの やそとものを

   撫で賜ひ 整へ賜ひ す国の よもの人をも

   あぶさはず 恵み賜へば 古よ 無かりししるし

   度まねく まをし賜ひぬ てうだきて 事無き御代と

   天地 日月と共に 万代に 記し継がむそ

   やすみしし 我が大皇 秋の花 しが色々に

   し賜ひ 明らめ賜ひ さかみづき 栄ゆる今日の あやに貴さ

反し歌一首

4255 秋の花くさぐさなれど色ことにし明らむる今日の貴さ


ひだりのおほまへつきみ橘の卿をことほかむと、預めよめる歌一首

4256 古に君が三代経て仕へけり我がおほきみは七代まをさね


かみなつきはつかまりふつかのひひだりのおほきおほともひきのいひまろの朝臣が家にて宴する歌三首

4257 たつかゆみ手に取り持ちて朝狩に君は立たしぬ棚倉の野に

     右の一首は、をさむるつかさのかみふねのおほきみの伝へ誦める、

     くにみやこの時の歌なり。よみひとしらず。

4258 明日香川かはとを清み後れ居て恋ふれば都いや遠そきぬ

     右の一首は、ひだりのなかのおほともひ中臣朝臣清麻呂が伝へ

     誦める、古き京の時の歌なり。

4259 かみなつき時雨の降れば我が背子が屋戸のもみち葉散りぬべく見ゆ

     右の一首は、少納言大伴宿禰家持が、当時梨のもみち

     て、此の歌を作めり。


〔天平勝宝〕四年


みづのえさるの年のみだれたひらぎしのちの歌二首

4260 おほきみは神にしませば赤駒の腹這ふ田居を都と成しつ

     右の一首は、おほきいくさのきみおひてたまへるみぎのおほまへつきみ

     大伴の卿の作みたまふ。

4261 大王は神にしませば水鳥のすだみぬまを都と成しつ 作者未詳

     右の件の二首は、〔天平勝宝四年〕二月の二日に聞きて、

     ここぐ。


のちのやよひゆけひのかみ大伴こじひの宿禰が家にて、もろこしにつかはすつかひのすけおやじ胡麿の宿禰等をうまのはなむけする歌二首

4262 からくにに行き足らはして還り来むますらたけをみき奉る

     右の一首は、多治比真人鷹主が、つかひのすけ大伴胡麻呂

     の宿禰をことほく。

4263 櫛も見じやぬちも掃かじ草枕旅ゆく君をいはふとひて 作主未詳

     右の件のふたうた伝へ誦めるは、大伴宿禰村上、

     同じ清繼等なり。


ひろきよつのくらゐのかみつしなこまのあそみふくしむみことのりして、難波に遣はし、おほみきさかなもろこしにつかはすつかひ藤原朝臣清河等に賜へるおほみうた一首、また短歌

4264 そらみつ 大和の国は 水のは つちゆくごとく

   ふなは とこに居るごと 大神の いはへる国そ

   四つの船 ふな並べ 平らけく 早渡り来て

   返り言 まをさむ日に 相飲まむそ このとよみき

反し歌一首

4265 四つの船早帰りしらが付けが裳の裾にいはひて待たむ

     右、勅使ヲ発遣シ、マタ酒ヲ賜フウタゲノ日月、

     未ダツマビラカニスルコトヲ得ズ。


詔をうけたまはらむが為に、あらかじめよめる歌一首、また短歌

4266 あしひきの やつをの上の つがの木の いや継ぎ継ぎに

   松が根の 絶ゆることなく 青丹よし 奈良の都に

   万代に 国知らさむと やすみしし 我が大王の

   神ながら 思ほしめして とよのあかり す今日の日は

   もののふの やそ伴のの 島山に 赤る橘

   うずに挿し 紐解きけて き ほさきとよもし

   ゑらゑらに 仕へまつるを 見るが貴さ

反し歌一首

4267 すめろきの御代万代にかくしこそし明らめめ立つ年の

     右の二首は、大伴宿禰家持がよめる。


すめらみことおほきさきと、共におほきものまをすつかさ藤原の家にいでましし日、もみちせるさはあらきひともとを抜き取りて、内侍ささきやまのきみに持たしめ、大納言藤原の卿またみともまへつきみたちたまへるおほみうた一首

ひめとねとなへてへらく

4268 この里は継ぎて霜や置く夏の野にが見し草はもみちたりけり


しもつきやかのひおほきすめらみこと、左大臣橘朝臣のいへいまして、とよのあかりきこしめす歌四首

4269 よそのみに見つつありしを今日見れば年に忘れず思ほえむかも

     右の一首は、太上天皇のおほみうた

4270 むぐらはふ賎しき屋戸も大王のさむと知らば玉敷かましを

     右の一首は、左大臣橘卿。

4271 松陰の清き浜辺に玉敷かば君来まさむか清き浜辺に

     右の一首は、右大弁藤原八束朝臣。

4272 天地に足らはし照りて我が大王敷きませばかも楽しきをさと

     右の一首は、少納言大伴宿禰家持。 未奏。


はつかまりいつかのひにひなへまつりとよのあかりに、詔をうけたまはる歌六首

4273 天地と相栄えむと大宮を仕へまつれば貴く嬉しき

     右の一首は、大納言巨勢朝臣。

4274 天にはもいほつ綱ふ万代に国知らさむと五百つ綱延ふ

     右の一首は、のりのつかさのかみ石川としたり朝臣。

4275 天地と久しきまでに万代に仕へまつらむくろきしろき

     右の一首は、ひろきみつのくらゐふむやのちぬまろのまひと

4276 島山に照れる橘うずに挿し仕へまつらなまへつきみたち

     右の一首は、右大弁藤原八束朝臣。

4277 そて垂れていざ我が苑に鴬のこづたひ散らす梅の花見に

     右の一首は、おほやまとのくにのかみ藤原ながて朝臣。

4278 あしひきの山下日蔭かづらける上にやさらに梅をしぬはむ

     右の一首は、少納言大伴宿禰家持。


はつかまりなぬかのひ、林王の宅にて、たぢまのあぜちし橘奈良麻呂の朝臣をうまのはなむけせるうた三首

4279 能登川の後は逢はめどしましくも別るといへば悲しくもあるか

     右の一首は、治部卿船王。

4280 立ち別れ君がいまさばしきしまの人は我じくいはひて待たむ

     右の一首は、みぎのみさとつかさのすなきまつりごとひと大伴宿禰黒麻呂。

4281 白雪の降り敷く山を越え行かむ君をそもとな息の緒にふ 左大臣尾ヲ換ヘテ云ク、いきのをにする。然レドモ猶喩シテ曰ク、前ノ如ク誦メト。

     右の一首は、少納言大伴宿禰家持。


いつとせといふとしむつきよかのひをさむるつかさのすなきすけいそのかみのあそみいへつぐが家にて、宴する歌三首

4282 こと繁み相問はなくに梅の花雪にしをれて移ろはむかも

     右の一首は、あろじ石上朝臣宅嗣。

4283 梅の花咲けるが中にふふめるは恋やこもれる雪を待つとか

     右の一首は、なかのまつりごとのつかさのおほきすけまむたのおほきみ

4284 あらたしき年の初めに思ふどちい群れて居れば嬉しくもあるか

     右の一首は、おほかしはでのつかさのかみみちのやのおほきみ


とをかまりひとひのひ、大雪もれること、ひとさかまりふたきかれおもひを述ぶる歌三首

4285 大宮の内にもにもめづらしく降れる大雪な踏みそね惜し

4286 みそのふの竹の林に鴬はしば鳴きにしを雪は降りつつ

4287 鴬の鳴きしかきつににほへりし梅この雪にうつろふらむか


とをかまりふつかのひおほうちさもらひて、千鳥を聞きてよめる歌一首

4288 かはすにも雪は降れれや宮の内に千鳥鳴くらし居むところ無み


きさらきとをかまりここのかのひ、左大臣橘の家の宴に、攀ぢれる柳のえだを見る歌一首

4289 あをやぎほつえ攀ぢ取りかづらくは君が屋戸にし千年くとそ


はつかまりみかのひことけてよめる歌二首

4290 春の野に霞たなびきうら悲しこの夕影に鴬鳴くも

4291 我が屋戸のいささ群竹吹く風の音のかそけきこの夕へかも


はつかまりいつかのひ、よめる歌一首

4292 うらうらに照れるはるひに雲雀あがり心悲しも独りし思へば

     春ノ日ウラウラトシテ、ヒバリ正ニ啼ク。悽惆ノ意、

     歌ニアラザレバ撥ヒ難シ。仍此ノ歌ヲ作ミ、式テ

     締緒ヲ展ク。但此ノ巻中、作者ノ名字ヲハズ、

     タダ年月所処縁起ヲノミ録セルハ、皆大伴宿禰家持

     ガ裁作セルウタナリ。