万葉集 (鹿持雅澄訓訂)/巻第二十

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

はたまきにあたるまき


やまむらいでましし時の歌ふたつ

先のおほきすめらみことおほみともおほきみおみみことのりしたまはく、いましらもろもろこたへ歌をみてまをせとりたまひて、即ちみうたよみしたまはく

4293 あしひきの山行きしかばやまびとの我に得しめし山つとそこれ

とねりのみこ、詔をうけたまはりて和へまつれる御歌ひとつ

4294 あしひきの山にゆきけむ山人の心も知らず山人やたれ

     右、てむひやうしようはういつとせといふとしさつきおほきものまをすつかさ

     ふぢはらのあそみの家にいませる時、事をまをすに依りて請ひ

     問ふほどすなきすずのつかさやまたのふみひと土麿、すなきものまをすつかさ

     大伴宿禰家持に語りけらく、さきに此のことを聞けりと

     いひて、即ち此の歌をめりき。


天平勝宝五年はつきとをかまりふつかのひふたりみたりまへつきみたちおのもおのもさかつぼひきさげて、たかまとぬに登り、聊かおもひを述べてめる歌みつ

4295 高圓のをばな吹きこす秋風に紐ときあけなただならずとも

     右のひとうたは、ひだりのみさとつかさのすなきまつりごとひと大伴宿禰池主。

4296 天雲に雁そ鳴くなる高圓の萩の下葉はもみちへむかも

     右の一首は、ひだりのなかのおほともひ中臣清麿朝臣。

4297 をみなへし秋萩しぬぎさ牡鹿の露分け鳴かむ高圓の野そ

     右の一首は、少納言大伴宿禰家持。


むとせといふとしむつきよかのひやからどち、少納言大伴宿禰家持がいへつどひて、うたげする歌三首

4298 霜のあられたばしりいや益しにあれまゐ来む年の緒長く 古今未詳

     右の一首は、ひだりのつはもののとねりのかみ大伴宿禰ちむろ

4299 年月は新た新たに相見れどふ君は飽き足らぬかも 古今未詳

     右の一首は、たみのつかさのすなきまつりごとひと大伴宿禰村上。

4300 霞立つ春の初めを今日のごと見むと思へば楽しとそ

     右の一首は、左京少進大伴宿禰池主。


なぬかのひすめらみことおほきすめらみことおほみおやひむかしみやの南の大殿にいまして、とよのあかりきこしめす歌一首

4301 いなみぬの赤ら柏は時はあれど君をふ時はさねなし

     右の一首は、はりまの国のかみあすかべのおほきみまをしたまへり。古今未詳。


やよひとをかまりここのかのひ、家持がなりところの門のつきの樹のもとにてうたげする歌二首

4302 山吹は撫でつつ生ほさむありつつも君来ましつつかざしたりけり

     右の一首は、おきそめのむらじはつせ

4303 我が背子が屋戸の山吹咲きてあらば止まず通はむいや年の端に

     右の一首は、長谷花を攀ぢ、壺をひきさげてきたれり。かれ

     大伴宿禰家持、此の歌をよみてこたふ。


おやじ月のはつかまりいつかのひひだりのおほまへつきみ橘のまへつきみやまだのみおもの宅に宴したまへる歌一首

4304 山吹の花の盛りにかくのごと君を見まくはちとせにもがも

     右の一首は、少納言大伴宿禰家持、時の花を

     よめる。但し未だいださざりしほどおほまへつきみ宴を

     めたまへるによりて、詠み挙げせざりき。


ほととぎすめる歌一首

4305 くれのしげきをほととぎす鳴きて越ゆなり今し来らしも

     右の一首は、うつき、大伴宿禰家持がよめる。


なぬかのよひの歌やつ

4306 初秋風すずしき夕へ解かむとそ紐は結びし妹に逢はむため

4307 秋と言へば心そ痛きうたてに花になそへて見まく欲りかも

4308 初をばな花に見むとし天の川へなりにけらし年の緒長く

4309 秋風になびく川にこぐさのにこよかにしも思ほゆるかも

4310 秋されば霧たちわたる天の川石み置かば継ぎて見むかも

4311 秋風に今か今かと紐解きてうら待ち居るに月かたぶきぬ

4312 秋草に置く白露の飽かずのみ相見るものを月をし待たむ

4313 青波にそてさへ濡れて榜ぐ舟のかし振るほとにさ夜更けなむか

     右、ふみつきの七日のよひ、大伴宿禰家持、独りあまのがは

     てよめる。

4314 やちくさに草木を植ゑて時ごとに咲かむ花をし見つつしぬはな

     右の一首は、同じ月のはつかまりやかのひ、大伴宿禰家持がよめる。

4315 宮人の袖付け衣秋萩ににほひよろしきたかまとの宮

4316 高圓の宮のすそみの野つかさに今咲けるらむをみなへしはも

4317 秋野には今こそ行かめもののふのをとこをみなの花にほひ見に

4318 秋の野に露負へる萩を手折らずてあたら盛りを過ぐしてむとか

4319 高圓の秋野の上の朝霧に妻呼ぶをしか出で立つらむか

4320 ますらをの呼び立てませばさ牡鹿のむな分けゆかむ秋野萩原

     右の歌むつは、つはもののつかさのすなきすけ大伴宿禰家持、独り

     秋の野をしぬひて、聊かおもひを述べてよめる。


天平勝宝ななとせといふとしきのとひつじきさらき、相替へて筑紫のくにぐにに遣はさるるさきもり等が歌

4321 畏きやみことかがふり明日ゆりやかえいむたねいむ無しにして

     右の一首は、くにのみやつこよほろながのしものこほりもののべのあきもち

4322 我が妻はいたく恋ひらし飲む水にかごへ見えて世に忘られず

     右の一首は、ふみひとの丁、あらたまのこほりわかやまとべのむまろ

4323 時々の花は咲けども何すれそ母とふ花の咲きでこずけむ

     右の一首は、防人、やまなのこほりはせつかべのままろ

4324 とへたほみしるはの磯とにへの浦と合ひてしあらば言もかゆはむ

     右の一首は、同じ郡の丈部かはひ

4325 父母も花にもがもや草枕旅は行くとも捧ごてゆかむ

     右の一首は、さやのこほり、丈部黒當。

4326 父母が殿のしりへももよぐさ百代いでませ我が来たるまで

     右の一首は、同じ郡いくたまべのたりくに

4327 我が妻も絵に描き取らむいつまもか旅ゆくあれは見つつ偲はむ

     右の一首は、長下郡、物部ふるまろ

     きさらきむかのひ、防人ことりつかひとほつあふみの国のふみひと坂本

     朝臣ひとかみが、たてまつれる歌の数とをまりやつ。但しつたな

     歌とをまりひとうた有るはげず。


4328 大王の命かしこみ磯に触りうのはら渡る父母を置きて

     右の一首は、某郡すけのよほろ、丈部みやつこ人麿。

4329 やそ国は難波に集ひふな飾りがせむ日ろを見も人もがも

     右の一首は、あしからのしものこほりかみつよほろたぢひべのくにひと

4330 難波津に装ひ装ひて今日の日や出でてまからむ見る母なしに

     右の一首は、かまくらのこほりの上丁、まるこのむらじおほまろ

     二月の七日、さがむの国の防人部領使、かみひろきいつつのくらゐの

     しもつしな藤原朝臣すくなまろが進れる歌の数八首。但しつたな

     き歌いつつは、げず。


防人のわかれの心をいたみてよめる歌一首、またみじかうた

4331 すめろきの 遠のみかどと しらぬひ 筑紫の国は

   あたまもる おさへのそと 聞こしす 四方の国には

   人さはに 満ちてはあれど とりが鳴く あづまをのこ

   出で向かひ かへり見せずて 勇みたる たけいくさ

   ぎたまひ まけのまにまに たらちねの 母が目れて

   若草の 妻をもかず あらたまの 月日みつつ

   葦が散る 難波の御津に 大船に 真櫂しじぬき

   朝凪に かこととのへ 夕潮に 楫引き

   あどもひて 漕ぎゆく君は 波の間を い行きさぐくみ

   まさきくも 早く到りて おほきみの みことのまにま

   ますらをの 心をもちて ありめぐり 事し終はらば

   つつまはず 還り来ませと いはひへを とこへに据ゑて

   白妙の 袖折りかへし ぬば玉の 黒髪しきて

   長きを 待ちかも恋ひむ しき妻らは

かへし歌

4332 大夫のゆき取り負ひて出でてけば別れを惜しみ嘆きけむ妻

4333 鶏が鳴くあづまをとこの妻別れ悲しくありけむ年の緒長み

     右、二月の八日、兵部少輔大伴宿禰家持。

4334 うなはらを遠く渡りて年とも子らが結べる紐解くなゆめ

4335 今替るにひ防人が船出する海原の上に波なきそね

4336 防人の堀江榜ぎる伊豆手船楫取る間なく恋は繁けむ

     右の三首は、九日、大伴宿禰家持がよめる。


4337 みづとりの立ちの急ぎに父母に物にて今ぞ悔しき

     右の一首は、かみつよほろうとべの牛麿。

4338 たたみけめむらじが磯のはなりその母を離れて行くが悲しさ

     右の一首は、すけのよほろいくべの道麿。

4339 国めぐるあとりけり行き巡りかひり来までにいはひて待たね

     右の一首は、おさかべの虫麿。

4340 父母え斎ひて待たね筑紫なるみづく白玉取りて来までに

     右の一首は、川原虫麿。

4341 橘のみえりの里に父を置きて道のながちは行きかてぬかも

     右の一首は、丈部たりまろ

4342 まけばしら讃めて造れる殿のごといませ母とじおめ変はりせず

     右の一首は、さかたべのおびとまろ

4343 ろ旅は旅とおめほど恋にしてこめち痩すらむ我が身悲しも

     右の一首は、たまつくりべのひろめ

4344 忘らむと野ゆき山ゆき我来れど我が父母は忘れせぬかも

     右の一首は、あきをさのおびとまろ

4345 わぎめこと二人我が見し打ちする駿河のらはくふしくめあるか

     右の一首は、かすかべの麿。

4346 父母がかしら掻き撫でさきくあれて言ひし言葉そ忘れかねつる

     右の一首は、丈部いなまろ

     二月の七日、駿河の国の防人部領使、守従五位下ふせの朝臣

     ひとぬしまことたてまつるは九日。歌の数はたち。但しつたなき歌

     とをは、げず。


4347 家にして恋ひつつあらずはけるたちになりてもいはひてしかも

     右の一首は、国造のよほろくさかべのおみみなかが父の歌。

4348 たらちねの母を別れてまこと我旅のかりほに安く寝むかも

     右の一首は、国造の丁、日下部使主三中。

4349 ももくまの道は来にしを又更にやそ島過ぎて別れか行かむ

     右の一首は、すけのよほろおさかべのあたへみぬ

4350 庭中のあすはの神に小柴さしあれは斎はむ還り来までに

     右の一首は、ふみひとよほろわかをみべのもろひと

4351 旅衣八つ着重ねていぬれどもなほ肌寒し妹にしあらねば

     右の一首は、うまぐたのこほりかみつよほろ、玉作部くにおし

4352 道のうまらうれほ豆のからまる君をはかれか行かむ

     右の一首は、あまはのこほりの上丁、丈部鳥。

4353 家風は日に日に吹けど我妹子がいへごと持ちて来る人も無し

     右の一首は、あさひなのこほりの上丁、丸子連おほとし

4354 立ちこもの立ちの騒きに相見てし妹が心は忘れせぬかも

     右の一首は、ながさのこほりの上丁、丈部よろまろ

4355 よそにのみ見てや渡らも難波潟雲居に見ゆる島ならなくに

     右の一首は、むざのこほりの上丁、丈部やましろ

4356 我が母のそて持ち撫でて我がからに泣きし心を忘らえぬかも

     右の一首は、やまのべのこほりの上丁、物部乎をとら

4357 葦垣のくまとに立ちて我妹子がそてもしほほに泣きしそはゆ

     右の一首は、市原郡の上丁、刑部直ちくに

4358 大王の命かしこみ出で来ればぬ取り付きて言ひし子なはも

     右の一首は、すゑのこほりの上丁、物部たつ

4359 筑紫向かる船のいつしかも仕へまつりて国にへむかも

     右の一首は、ながらのこほりの上丁、若麻續部ひつじ

     二月の九日、かみつふさの国の防人部領使、すなきふみひと

     ひろきななつのくらゐのしもつしなまむたのむらじさみまろが進る歌の

     数とをまりここのつ。但しつたなき歌六首は、げず。


おもひぶる一首、また短歌

4360 すめろきの 遠き御代にも 押し照る 難波の国に

   天の下 知らしめしきと 今の緒に 絶えず言ひつつ

   かけまくも あやに畏し かむながら 我ご大王の

   打ち靡く 春の初めは 八千種に 花咲きにほひ

   山見れば 見のともしく 川見れば 見のさやけく

   ものごとに 栄ゆる時と し賜ひ 明らめ賜ひ

   敷きませる 難波の宮は 聞こしす 四方の国より

   奉る みつきの船は 堀江より みを引きしつつ

   朝凪に 楫引きのぼり 夕潮に 棹さし下り

   あぢ群の 騒ききほひて 浜に出でて 海原見れば

   白波の 八重折るが上に 海人をぶね はららに浮きて

   おほみけに 仕へまつると をちこちに いざり釣りけり

   そきだくも おぎろなきかも こきばくも ゆたけきかも

   ここ見れば うべし神代ゆ 始めけらしも

反し歌

4361 桜花今盛りなり難波の海押し照る宮に聞こしめすなべ

4362 海原のゆたけき見つつ葦が散る難波に年は経ぬべく思ほゆ

     右、二月の十三日、兵部少輔大伴宿禰家持。


4363 難波津に御船下ろ据ゑやそかき今は榜ぎぬと妹に告げこそ

4364 さきむりに立たむ騒きに家の妹がるべきことを言はずぬかも

     右の二首は、うばらきのこほりわかとねりべのひろたり

4365 押し照るや難波の津よりふなよそあれは榜ぎぬと妹に告ぎこそ

4366 ひたち指し行かむ雁もがが恋を記して付けて妹に知らせむ

     右の二首は、しだのこほり、物部みちたり

4367 もての忘れもしだはつくはねを振り放け見つつ妹はしぬはね

     右の一首は、茨城郡、うらべのをたつ

4368 久慈川はさけくあり待て潮船に真楫しじは還り来む

     右の一首は、久慈郡、まろこべのすけを

4369 筑波嶺のさゆるの花のゆとこにもかなしけ妹そ昼も愛しけ

4370 霰降り鹿島の神を祈りつつすめらみいくさに我は来にしを

     右の二首は、なかのこほりかみつよほろおほとねりべのちふみ

4371 橘の下吹く風のかぐはしきつくはの山を恋ひずあらめかも

     右の一首は、すけのよほろ、占部ひろかた

4372 あしがらの 御坂たまはり 顧みず あれえ行く

   荒しも 立しや憚る 不破の関 えては行く

   むまの爪 筑紫の崎に まり居て あれいははむ

   諸々は さけくと申す 還り来まてに

     右の一首は、しつりべのからまろ

     二月の十四日、常陸の国のことりさきもりつかひおほきふみひと

     おほきななつのくらゐのかみつしなおきながのまひとくにしまが進れる歌

     の数十七首。但しつたなき歌七首は、げず。


4373 今日よりは顧みなくておほきみしこみたてと出で立つ我は

     右の一首は、火長、いままつりべのよそふ

4374 あめつちの神を祈りてさつやき筑紫の島を指してく我は

     右の一首は、火長、大田部あらみみ

4375 松のみたる見ればいはびとの我を見送ると立たりしもころ

     右の一首は、火長、物部ましま

4376 旅ゆきに行くと知らずてあもししに言申さずて今ぞ悔しけ

     右の一首は、寒川郡の上丁、川上おほおゆ

4377 あもとじも玉にもがもや戴きてみづらの中に合へ巻かまくも

     右の一首は、つもり宿禰をくるす

4378 つくひやは過ぐは行けどもあもししが玉の姿は忘れせなふも

     右の一首は、つがのこほりの上丁、中臣部たりくに

4379 白波の寄そる浜辺に別れなばいともすべなみやたびそて振る

     右の一首は、足利郡の上丁、大舎人部ねまろ

4380 なにはとを榜ぎ出て見ればかみさぶる生駒高嶺に雲そたなびく

     右の一首は、やなたのこほりの上丁、大田部みなり

4381 国々の防人集ひ船乗りて別るを見ればいともすべなし

     右の一首は、河内郡の上丁、かむをみべの島麿。

4382 ふたほがみ悪しけ人なりあたゆまひ我がする時に防人に差す

     右の一首は、那須郡の上丁、大伴部廣成。

4383 津の国の海の渚に船装ひし出も時にあもが目もがも

     右の一首は、塩屋郡の上丁、丈部たりひと

     二月の十四日、しもつけぬの国の防人部領使、おほきむつのくらゐの

     かみつしな田口朝臣おほとが進れる歌の数十八首。但しつたな

     き歌七首は、げず。

4384 あかときのかはたれ時に島かぎを榜ぎにし船のたづき知らずも

     右の一首は、すけのよほろうなかみのこほり海上の国造、池田

     ひまつりのあたへとこたり

4385 こ先に波なゑらしるへには子をと妻をと置きてとも来ぬ

     右の一首は、かづしかのこほりきさきべのいそしま

4386 我がかづいつもと柳いつもいつもおもが恋すななりましつつも

     右の一首は、結城郡、やはきべのまなが

4387 ちはの野のこのてかしはほほまれどあやにかなしみ置きて発ち来ぬ

     右の一首は、ちはのこほり、大田部足人。

4388 旅とへど真旅になりぬ家のが着せし衣に垢付きにかり

     右の一首は、うらべの虫麿。

4389 潮舟の越そ白波にはしくも負ふせたまほか思はへなくに

     右の一首は、いにはのこほりはせつかべのあたへおほとし

4390 むらたまくるに釘刺し堅めとし妹が心はあよくなめかも

     右の一首は、サ島郡、おさかべのしかまろ

4391 国々のやしろの神にぬさまつあが乞ひすなむ妹がかなしさ

     右の一首は、結城郡、おしぬみべのいほまろ

4392 あめつしのいづれの神を祈らばかうつくし母にまた言問はむ

     右の一首は、はにふのこほり、大伴部まよさ

4393 大王の命にされば父母をいはひへと置きてまゐ出来にしを

     右の一首は、結城郡、きさきべの廣島。

4394 大王の命かしこみゆみのみにさ寝か渡らむ長けこの夜を

     右の一首は、相馬郡、大伴部こひつじ

     二月の十六日、下総の国の防人部領使、少目従七位下

     あがたのいぬかひのすくねきよひとが進れる歌の数はたちまりふたつ。但し

     つたなき歌十一首は、げず。


独り龍田山の桜の花を惜しめる歌一首

4395 龍田山見つつ越え来し桜花散りか過ぎなむ我が帰るとに

独りうかべるこつみを見て、貝玉の依らざるをうらみてよめる歌一首

4396 堀江より朝潮満ちに寄るこつみ貝にありせばつとにせましを

たちかどにて、江南をとめを見てよめる歌一首

4397 見渡せば向つの花にほひ照りて立てるはしき誰が妻

     右の三首は、二月のとをかまりなぬかのひ、兵部少輔大伴宿禰

     家持がよめる。


防人のこころに為りて思を陳べてよめる歌一首、また短歌

4398 大王の 命かしこみ 妻別れ 悲しくはあれど

   大夫の 心振り起し 取りよそひ 門出をすれば

   たらちねの 母掻き撫で 若草の 妻は取りつき

   平らけく 我はいははむ まさきくて 早還り

   真袖もち 涙をのごひ むせびつつ ことどひすれば

   むらとりの 出で立ちかてに とどこほり かへり見しつつ

   いや遠に 国を来離れ いや高に 山を越え過ぎ

   葦が散る 難波に来居て 夕潮に 船を浮けすゑ

   朝凪に 向け漕がむと さもらふと 我がる時に

   春霞 島に立ちて たづが音の 悲しく鳴けば

   はろばろに 家を思ひ出 おひそやの そよと鳴るまで 嘆きつるかも

反し歌

4399 海原に霞たなびきたづが音の悲しき宵はくにへし思ほゆ

4400 家思ふとを寝ず居ればたづが鳴く葦辺も見えず春の霞に

     右、十九日、兵部少輔大伴宿禰家持がよめる。


4401 からころも裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬやおもなしにして

     右の一首は、国造、ちひさがたのこほりをさだのとねり大島。

4402 ちはやぶる神の御坂に幣まつり斎ふ命はおもちちがため

     右の一首は、主帳、はにしなのこほりかむとべのこおしを

4403 大王の命かしこみあをくむのとのびく山を越よて来ぬかむ

     右の一首は、をはつせべの笠麿。

     二月のはつかまりふつかのひ、信濃の国の防人部領使、道にて

     病を得て来たらず。進れる歌の数十二首。但しつたな

     歌九首はげず。


4404 難波道を行きてまてと我妹子が付けし紐が緒絶えにけるかも

     右の一首は、すけのよほろかみつけぬのうしかひ

4405 我がいもこが偲ひにせよと付けし紐糸になるともは解かじとよ

     右の一首は、朝倉ますひと

4406 我がいはろにかも人もが草枕旅は苦しと告げやらまくも

     右の一首は、大伴部ふしまろ

4407 ひな曇りうすひの坂を越えしだに妹が恋しく忘らえぬかも

     右の一首は、をさだべのこいはさき

     二月の二十三日、かみつけぬの国の防人部領使、大目

     おほきむつのくらゐのしもつしな上毛野君駿河が進れる歌の数十

     二首。但しつたなき歌八首はげず。


防人のわかれこころを陳ぶる歌一首、また短歌

4408 大王の まけのまにまに さきもりに 我が発ち来れば

   ははそ葉の 母の命は みもの裾 摘み上げ掻き撫で

   ちちの実の 父の命は たくづぬの 白髭の上ゆ

   涙垂り 嘆きのたばく かこじもの ただ独りして

   朝戸出の かなしきが子 あら玉の 年の緒長く

   相見ずは 恋しくあるべし 今日だにも ことどひせむと

   惜しみつつ 悲しびいませ 若草の 妻も子どもも

   をちこちに さはに囲み居 春鳥の 声のさまよひ

   白妙の 袖泣き濡らし たづさはり 別れかてにと

   引き留め 慕ひしものを おほきみの 命かしこみ

   玉ほこの 道に出で立ち 岡の崎 いたむむるごとに

   よろづたび かへり見しつつ はろばろに 別れし来れば

   思ふそら 安くもあらず 恋ふるそら 苦しきものを

   うつせみの 世の人なれば 玉きはる 命も知らず

   海原の かしこき道を 島伝ひ い榜ぎ渡りて

   あり巡り 我が来るまでに 平らけく 親はいまさね

   つつみなく 妻は待たせと すみのえの すめかみ

   ぬさまつり 祈りまうして 難波津に 船を浮け据ゑ

   やそかき かこととのへて 朝開き は榜ぎ出ぬと

   家に告げこそ

反し歌

4409 いへびとの斎へにかあらむ平らけく船出はしぬと親にまうさね

4410 み空行く雲も使と人は言へどいへづと遣らむたづき知らずも

4411 家苞に貝そひりへる浜波はいやしくしくに高く寄すれど

4412 島陰に我が船泊てて告げやらむ使を無みや恋ひつつ行かむ

     二月の二十三日、兵部少輔大伴宿禰家持。


4413 枕太刀腰に取り佩きまかなしきろがき来む月の知らなく

     右の一首は、かみつよほろ、那珂郡、ひのくまのとねりいはさき

     大伴またりめ

4414 大王の命かしこみうつくしけ真子が手離れ島伝ひ行く

     右の一首は、すけのよほろ、秩父郡、大伴部をとし

4415 白玉を手に取りして見るのすも家なる妹をまた見てもやも

     右の一首は、ふみひとえはらのこほり、物部としとこ

4416 草枕旅ゆくせなまるねせば家なる我は紐解かず寝む

     右の一首は、くらはしべのとじめ

4417 赤駒を山野にはかし捕りかにて多摩の横山かしゆか遣らむ

     右の一首は、豊島郡の上丁、椋椅部あらむし

     うぢべのくろめ

4418 我が門の片山椿まことなれ我が手触れなな土に落ちもかも

     右の一首は、荏原郡の上丁、物部ひろたり

4419 いはろにはあしふ焚けども住みよけを筑紫に至りて恋しけはも

     右の一首は、たちばなのこほりの上丁、物部まね

4420 草枕旅の丸寝の紐絶えばが手と付けろこれのはる

     右の一首は、、椋椅部おとめ

4421 我が行きの息づくしかば足柄の峰ほ雲を見ととしぬはね

     右の一首は、つつきのこほりの上丁、はとりべのおゆ

4422 我がせなを筑紫へ遣りてうつくしみ帯は解かななあやにかも寝も

     右の一首は、服部あため

4423 足柄の御坂にして袖振らばいはなる妹はさやに見もかも

     右の一首は、さきたまのこほりの上丁、藤原部ともまろ

4424 色ぶかせなが衣は染めましを御坂たばらばまさやかに見む

     右の一首は、物部刀自賣。

     二月のはつかまりいくかのひむざしの国の部領防人使、

     まつりごとひと正六位上あづみ宿禰三國が進れる歌の数

     二十首。但しつたなき歌八首はげず。


4425 防人にゆくは誰がと問ふ人を見るがともしさ物ひもせず

4426 あめつしの神にぬさ置き斎ひつついませ我がせなあれをしはば

4427 いはの妹ろしのふらし真ゆすびにゆすびし紐の解くらくへば

4428 我がせなを筑紫は遣りてうつくしみえびは解かななあやにかも寝む

4429 馬屋なる縄断つ駒のおくるがへ妹が言ひしを置きて悲しも

4430 荒しのいをさだはさみ向ひ立ちかなるましづみ出でてとが来る

4431 笹が葉のさやく霜夜にななへる衣に増せる子ろが肌はも

4432 へなへぬみことにあればかなし妹が手枕離れあやに悲しも

     右の八首は、さきつとしの防人の歌なり。ふみひとうたへのつかさの

     すなきふみひとおほきななつのくらゐのかみつしないはれのいみきもろきみが、

     かきつけて兵部少輔大伴宿禰家持に贈れり。


やよひみかのひ、防人をかむがふるみかどつかひ、またつはもののつかさつかひどもともに集ひてうたげするときよめる歌三首

4433 朝なな上がる雲雀になりてしか都に行きて早還り来む

     右の一首は、勅使、しびおほきすけ安倍さみまろの朝臣。

4434 雲雀あがる春へとさやになりぬれば都も見えず霞たなびく

4435 ふふめりし花の初めにし我や散りなむ後に都へ行かむ

     右の二首は、兵部少輔大伴宿禰家持。


さきつとし相替はれる防人が歌一首

4436 闇の夜の行く先知らず行く我をいつ来まさむと問ひし子らはも


先のおほきすめらみことの霍公鳥をみよみませるおほみうた一首

4437 霍公鳥なほも鳴かなむ本つ人かけつつもとなし泣くも

さつめうくわむが詔をうけたまはりて和へ奉れる歌一首

4438 霍公鳥ここに近くを来鳴きてよ過ぎなむ後にしるしあらめやも


冬の日、ゆけひみゐいでましし時、うちのひめとね石川朝臣 諱曰邑婆 詔をうけたまはりて雪をめる歌一首

4439 松が枝の土に着くまで降る雪を見ずてや妹が籠り居るらむ

     その時、みぬしのひめみこ、寝膳安からず。累日参りたまはず。

     かれ此の日太上天皇、みやをみな等にりたまはく、水主内親王

     の為に、雪を賦みてたてまつれとのりたまへり。是にもろもろ

     ひめとね等、うたよみねたれば、此の石川命婦、独り此の歌

     をみてまをせりき。

     右の件のようたは、上総の国のおほきまつりごとひとおほきむつのくらゐのかみつしな

     大原真人いまき伝へめりき。年月未詳。


上総の国のまゐうごなはるつかひ大掾大原真人今城がみやこに向かへる時、こほりのつかさめらうまのはなむけせる歌二首

4440 足柄の八重山越えていましなば誰をか君と見つつ偲はむ

4441 立ちしなふ君が姿を忘れずば世の限りにや恋ひ渡りなむ


さつきここのかのひ、兵部少輔大伴宿禰家持がいへにてうたげせる歌四首

4442 我が背子が屋戸の撫子日並べて雨は降れども色も変らず

     右の一首は、大原真人今城。

4443 久かたの雨は降りしく撫子がいや初花に恋しき我が

     右の一首は、大伴宿禰家持。

4444 我が背子が屋戸なる萩の花咲かむ秋の夕へは我を偲はせ

     右の一首は、大原真人今城。

4445 鴬の声は過ぎぬと思へどもみにし心なほ恋ひにけり

     右の一首は、即ち鴬のくを聞きてよめる。大伴宿禰家持。


同じ月のとをかまりひとひのひひだりのおほまへつきみ橘のまへつきみの、みぎのおほきおほともひ丹比國人真人が宅に宴したまふ歌三首

4446 我が屋戸に咲ける撫子まひはせむゆめ花散るないやをちに咲け

     右の一首は、丹比國人真人が左大臣をことほく歌。

4447 幣しつつ君がほせる撫子が花のみ問はむ君ならなくに

     右の一首は、左大臣の和へたまふ歌。

4448 あぢさゐの八重咲くごとくつ代にをいませ我が背子見つつ偲はむ

     右の一首は、左大臣の、あぢさゐの花に寄せて詠みたまへる。


とをかまりやかのひ、左大臣の、つはもののつかさのかみたちばなのならまろのあそみが宅に宴したまふ歌一首

4449 撫子が花取り持ちてうつらうつら見まくの欲しき君にもあるかも

     右の一首は、をさむるつかさのかみふねのおほきみ

4450 我が背子が屋戸の撫子散らめやもいや初花に咲きは増すとも

4451 うるはしみふ君は撫子が花になそへて見れど飽かぬかも

     右の二首は、兵部少輔大伴宿禰家持が追ひてよめる。


はつきとをかまりみかのひ、内の南のやすみとのにて、とよのあかりしたまへるときの歌二首

4452 をとめらがたまも裾曳くこの庭に秋風吹きて花は散りつつ

     右の一首は、うちのたくみのかみはりまのかみけたるおほきよつのくらゐのしもつしな

     あすかべのおほきみまをしたまへり。

4453 秋風の吹きき敷ける花の庭清きつくよに見れど飽かぬかも

     右の一首は、兵部少輔ひろきいつつのくらゐのかみつしな大伴宿禰家持。未奏。


しもつきはつかまりやかのひ、左大臣、兵部卿橘奈良麿朝臣が宅に集ひて、宴したまふ歌三首

4454 高山のいはほに生ふるすがの根のねもころごろに降り置く白雪

     右の一首は、左大臣のよみたまへる。


てむひやうはじめのとしたあがつ時の使かづらきのおほきみの、山背の国より、さつめうくわむひめとね等がもとに贈りたまへる歌一首 セリツトニ副ヘタリ

4455 あかねさす昼は田びてぬば玉の夜のいとまに摘める芹これ

薩妙觀の命婦がこたふる歌一首

4456 大夫と思へるものを大刀佩きてかにはの田居に芹そ摘みける

     右の二首は、左大臣読みあげたまへり。


〔天平勝宝〕やとせといふとしひのえさる、二月のつきたちきのととりはつかまりよかのひつちのえさるすめらみことおほきすめらみこと、〔太〕おほみおやかふちとつみやいでまして、よよを経て、みづのえねに難波の宮にうつりいでまし、おやじつきはつかまりなぬかのひ、河内の国のくれのさとうまのふひとくにひとが家にて、宴したまへるときの歌三首

4457 住吉の浜松が根の下へて我が見る小野の草な刈りそね

     右の一首は、兵部少輔大伴宿禰家持。

4458 にほ鳥のおきながかはは絶えぬとも君に語らむこと尽きめやも

     右の一首は、あろじとねのつかさとね馬史國人。

4459 葦刈ると堀江榜ぐなる楫の音は大宮人の皆聞くまでに

     右の一首は、のりのつかさのすなきまつりごとひと大伴宿禰池主

     読みあぐ。即ち云へらく、つはもののつかさのおほきまつりごとひと

     大原真人今城、先つ日あだしところにて読みあげし歌な

     りといへり。

4460 堀江榜ぐ伊豆の船の楫つくめ音しば立ちぬみを速みかも

4461 堀江より水脈さかのぼる楫のの間なくそ奈良ば恋しかりける

4462 ふなぎほふ堀江の川のみなきはに来居つつ鳴くは都鳥かも

     右の三首は、にてよめる。

4463 霍公鳥まづ鳴くあさけいかにせば我が門過ぎじ語り継ぐまで

4464 霍公鳥懸けつつ君を松陰に紐解き放くる月近づきぬ

     右の二首は、二十日、大伴宿禰家持ことけてよめる。


やがらさとす歌一首、また短歌

4465 久かたの あま開き 高千穂の たけあもりし

   すめろきの 神の御代より はじゆみを 握り持たし

   まかこやを たはさみ添へて 大久米の ますらたけを

   先に立て ゆき取り負ほせ 山川を 岩根さくみて

   踏み通り 国ぎしつつ ちはやぶる 神を言向け

   まつろはぬ 人をもやはし 掃き清め 仕へまつりて

   あきづしま 大和の国の かしばらの うねびの宮に

   宮柱 太知り立てて あめの下 知らしめしける

   すめろきの あまひつぎと つぎて来る 君の御代御代

   隠さはぬ 赤き心を すめらへに 極め尽して

   仕へくる おやつかさと ことたてて 授け賜へる

   うみのこの いや継ぎ継ぎに 見る人の 語り継ぎてて

   聞く人の かがみにせむを あたらしき 清きその名そ

   おほろかに 心思ひて むなことも おやの名絶つな

   大伴の 氏と名に負へる ますらをの伴

反し歌

4466 しきしまの大和の国に明らけき名に負ふ伴の心つとめよ

4467 つるぎたちいよよ磨ぐべし古ゆさやけく負ひて来にしその名そ

     右、あふみのまひとみふねよこせしに縁りて、出雲守大伴こじひの宿禰

     つかさ解けぬ。かれ家持此の歌をよめり。


みて常無きを悲しみ、おこなひせまくしてよめる歌二首

4468 うつせみは数なき身なり山川のさやけき見つつ道を尋ねな

4469 渡る日の影にきほひて尋ねてな清きその道またも会はむため


いのちを願ひてよめる歌一首

4470 みつぼなす仮れる身そとは知れれどもなほし願ひつちとせの命を

     かみむうたは、みなつきとをかまりなぬかのひ、大伴宿禰家持がよめる。


しもつきの五日の夜、かみなりゆきふれりかなしみてよめるみじかうた一首

4471 残りの雪にあへ照るあしひきの山橘をつとに摘み来な

     右の一首は、兵部少輔大伴宿禰家持。


八日、さぬきのかみあすかべのおほきみたちいずものまつりごとひとあすかべのなどまろが家に集ひて、宴したまふ歌二首

4472 大王の命かしこみおほの浦をそがひに見つつ都へのぼる

     右の一首は、掾安宿奈杼麿。

4473 うち日さす都の人に告げまくは見し日のごとくありと告げこそ

     右の一首は、かみやましろのおほきみの歌なり。あろじあすかべのなどまろ

     語りけらく、奈杼麿まゐうごなはるつかひに差され、みやこまゐ

     むとす。此に因りてうまのはなむけする日、おのもおのも歌をよみて、

     聊かおもひぶ。

4474 むらとりの朝立ちにし君が上はさやかに聞きつ思ひしごとく

     右の一首は、兵部少輔大伴宿禰家持、のちに出雲守山背王

     の歌に追ひて和ふるうた


はつかまりみかのひのりのつかさのすなきまつりごとひと大伴宿禰池主が宅に集ひて、うたげする歌二首

4475 初雪は千重に降りしけ恋ひしくの多かる我は見つつ偲はむ

4476 奥山のしきみが花の名のごとやしくしく君に恋ひ渡りなむ

     右の二首は、つはもののつかさのおほきまつりごとひと大原真人今城。


ちぬのおほきみみうせたまへる後、まとかたのおほきみかなしみてよみたまへる歌一首

4477 夕霧に千鳥の鳴きし佐保路をば荒しやしてむ見るよしをなみ


大原さくらゐの真人が、佐保川のほとりを行く時、よめる歌一首

4478 佐保川に凍りわたれるうすらびの薄き心を我が思はなくに


藤原のおほとじの歌一首 浄御原ノ宮ニアメノシタシロシメシシ天皇ノ夫人ナリ。字ヲヒガミオホトジト曰ヘリ

4479 朝宵にのみし泣けば焼き大刀のとごころあれは思ひかねつも

4480 かしこきやあめみかどを懸けつれば音のみし泣かゆ朝宵にして

     右の件の四首、伝へ読むは兵部大丞大原今城。


〔勝宝〕ここのせといふとし三月の四日、兵部大丞大原真人今城が宅にて、宴する歌二首

4481 あしひきのやつをの椿つらつらに見とも飽かめや植ゑてける君

     右の一首は、兵部少輔大伴宿禰家持がつばきてよめる。

4482 堀江越え遠き里まて送りる君が心は忘らゆまじも

     右の一首は、播磨介藤原朝臣とりゆみまけところくときの

     わかれの歌なり。主人大原今城伝へ読めりき。


〔勝宝九歳〕六月の二十三日、おほきおろしもののつかさみかたのおほきみの宅にて、宴する歌一首

4483 移りゆく時見るごとに心痛く昔の人し思ほゆるかも

     右、つはもののつかさのおほきすけ大伴宿禰家持がよめる。


4484 咲く花は移ろふ時ありあしひきのやますがの根し長くはありけり

     右の一首は、大伴宿禰家持が、ものうつろへるをかなしみてよめる。


4485 時の花いやづらしもかくしこそし明らめめ秋立つごとに

     右の一首は、大伴宿禰家持がよめる。


てむひやうはうじはじめのとししもつきの十八日、おほうちにてとよのあかりきこしめす歌二首

4486 天地を照らす日月の極みなくあるべきものを何をか思はむ

     右の一首は、ひつぎのみこの御歌。

4487 いざ子どもたはわざなせそ天地の堅めし国そ大和島根は

     右の一首は、内相藤原朝臣まをしたまふ。


しはすの十八日、大監物三形王の宅にて、宴する歌三首

4488 み雪降る冬は今日のみ鴬の鳴かむ春へは明日にしあるらし

     右の一首は、主人三形王。

4489 打ち靡く春を近みかぬば玉の今宵の月夜霞みたるらむ

     右の一首は、おほくらのつかさのおほきすけかむなびのいかごの真人。

4490 あら玉の年往き還り春立たばまづ我が屋戸に鴬は鳴け

     右の一首は、みぎのなかのおほともひ大伴宿禰家持。

4491 大き海のみなそこ深く思ひつつ裳引きならしし菅原の里

     右の一首は、藤原宿奈麿朝臣がいしかはのいらつめが、

     したしみおとろへてのちかなしみてよめる歌なり。年月未詳。


二十三日、治部少輔大原今城真人が宅にて、宴する歌一首

4492 月めばいまだ冬なりしかすがに霞たなびく春立ちぬとか

     右の一首は、右中弁大伴宿禰家持。


ふたとせといふとしむつきの三日、おもとひとちひさわらはおほきみたちおみたちを召して、おほうちひむかしの屋のみかきもとさもらはしめ、たまばはきを賜ひて肆宴きこしめす。時に内相藤原朝臣みことのりうけたまはりて、のりたまはく、おほきみたちまへつきみたちこころのまにま歌よみふみつくれとのりたまへり。かれみことのりのまにま、おのもおのもおもひべて歌よみふみつくれり。諸人ノ賦レル詩マタ作メル歌ヲ得ズ。

4493 初春のはつねの今日のたまばはき手に取るからに揺らく玉の緒

     右の一首は、みぎのなかのおほともひ大伴宿禰家持がよめる。

     但しおほくらのつかさまつりごとに依りて、えまをさざりき。

4494 水鳥の鴨のの色の青馬を今日見る人は限りなしといふ

     右の一首は、七日のとよのあかりの為に、右中弁大伴宿禰

     家持、此の歌をあらかじめよめり。但し仁王おがみの事に

     依り、むかのひおほうちもろもろのおほきみたちまへつきみたちを召し

     て、酒を賜ひとよのあかりきこしめし、もの給へるに因りて

     奏さざりき。


六日、おほにはに仮にを植ゑて、かきしろて、肆宴きこしめす歌一首

4495 打ち靡く春ともしるく鴬は植木のこまを鳴き渡らなむ

     右の一首は、右中弁大伴宿禰家持。未奏。


二月のそれのひのりのつかさのおほきすけ中臣清麿朝臣が宅にて、宴するとを

4496 恨めしく君はもあるか屋戸の梅の散り過ぐるまで見しめずありける

     右の一首は、治部少輔大原今城真人。

4497 見むと言はばいなと言はめや梅の花散り過ぐるまて君が来まさぬ

     右の一首は、主人中臣清麿朝臣。

4498 しきよし今日のあろじは磯松の常にいまさね今も見るごと

     右の一首は、右中弁大伴宿禰家持。

4499 我が背子しかくし聞こさば天地の神をみ長くとそ思ふ

     右の一首は、あろじ中臣清麿朝臣。

4500 梅の花香をかぐはしみ遠けども心もしぬに君をしそ思ふ

     右の一首は、をさむるつかさのおほきすけいちはらのおほきみ

4501 八千種の花は移ろふときはなる松のさ枝を我は結ばな

     右の一首は、右中弁大伴宿禰家持。

4502 梅の花咲き散る春の長き日を見れども飽かぬ磯にもあるかも

     右の一首は、大蔵大輔甘南備伊香真人。

4503 君が家の池の白波磯に寄せしばしば見とも飽かむ君かも

     右の一首は、右中弁大伴宿禰家持。

4504 うるはしとふ君はいやひけに来ませ我が背子絶ゆる日なしに

     右の一首は、主人中臣清麿朝臣。

4505 磯の裏に常呼び来棲むをしどりの惜しきが身は君がまにまに

     右の一首は、治部少輔大原今城真人。


ときけて、おのもおのもたかまととつみやところしぬひてよめる歌五首

4506 高圓の野のうへの宮は荒れにけり立たしし君の御代遠そけば

     右の一首は、右中弁大伴宿禰家持。

4507 高圓のうへの宮は荒れぬとも立たしし君の御名忘れめや

     右の一首は、治部少輔大原今城真人。

4508 高圓の野辺はふくずの末つひに千代に忘れむ我が大王かも

     右の一首は、主人中臣清麿朝臣。

4509 ふ葛の絶えず偲はむ大王のしし野辺にはしめ結ふべしも

     右の一首は、右中弁大伴宿禰家持。

4510 大王の継ぎてすらし高圓の野辺見るごとにのみし泣かゆ

     右の一首は、大蔵大輔甘南備伊香真人。


しまのいへてよめる歌三首

4511 をしの棲む君がこのしま今日見ればあしびの花も咲きにけるかも

     右の一首は、大監物みかたのおほきみ

4512 池水に影さへ見えて咲きにほふ馬酔木の花をそてこきれな

     右の一首は、右中弁大伴宿禰家持。

4513 磯影の見ゆる池水照るまでに咲ける馬酔木の散らまく惜しも

     右の一首は、大蔵大輔甘南備伊香真人。


二月の十日、内相の宅にて、ぼかいにつかはすつかひのかみ小野たもりの朝臣うまのはなむけする宴の歌一首

4514 あをうなはら風波なびき往くさつつむことなく船は速けむ

     右の一首は、右中弁大伴宿禰家持。未誦之。


七月の五日、治部少輔大原今城真人が宅にて、いなばのかみ大伴宿禰家持をうまのはなむけする宴の歌一首

4515 秋風の末吹き靡く萩の花ともにかざさず相か別れむ

     右の一首は、大伴宿禰家持がよめる。


みとせといふとしむつきつきたちのひ、因幡の国のまつりごととのにて、つかさびとらあへする宴の歌一首

4516 あらたしき年の初めの初春の今日降る雪のいやよごと

     右の一首は、かみ大伴宿禰家持がよめる。