マルコ傳聖福音(新契約聖書) 第十章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > マルコ傳聖福音(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十章[編集]

1 かくて彼は立ち上がり、そこよりヨルダンの向側を經て、ユダヤの境に來り給ふ。乃ち諸群衆復たその許に往き集まれり。されば彼は常の如く、復た彼等を敎へ給へり
2 かくてパリサイの人々進み來りて彼を試みつつ、妻を去るは夫にとりてただしきや否やと問へり
3 然るに彼答へて彼等にのたまへり、モヲゼは汝等に何を命ぜしや。
4 乃ち彼等いへり、モヲゼは去り状を書き、且つ去ることを許したり。
5 然るにイエス答へて彼等に曰へり、彼は汝等のつれなき心に對して、汝等に此の誡を録したり。
6 されど神は創造の初より、これを男子と女子とに爲し給へり、
7 是れがために人は父と母とを措き、かくてその妻にくべし。
8 卽ち二者一つの身たるべし。さればもはや二つにはあらず、されど一つの身なり。
9 是の故に神の合せ給ひしもの、人〔これを〕離すべからず。
10 かくて家に〔入り給ひしとき〕弟子等復た此の事に就きて彼に問へり。
11 乃ち彼等に云ひ給ふ、誰にてもその妻を去り且つ別の婦を娶る者は、彼に逆らひて姦淫を犯す〔なり〕。
12 また婦もしその夫を玄り、且つ別の男に嫁がば、彼は姦淫を犯す〔なり〕。/
13 また人々彼の捫り給はんために、幼兒等を彼の許に連れ來れり、然るに弟子等これを違れ來りし者を叱したり。
14 然るにイエス見て腹立ち給ひ、且つ彼等にのたまへり、幼兒の我が許に來ることを差しおけ、且つ彼等を禁ずる勿れ。そは神の國は此の如き者等のものなればなり。
15 誠にわれ汝等に云はん、誰にても幼兒の如くに神の國を受けずんば、必ずこれに入り來るまじ。
16 かくて彼等を抱き給ひて、その上に手を按き、これを祝し給へり。/
17 また彼の道に出で往き給ひしとき、一〔人〕走り來れり、かくて脆づきて問へり、善師よ、とこしへいのちを嗣ぐために、われ何を爲すべきや。
18 然るにイエスのたまへり、何故に汝は我を善といふや、善は一、卽ち神の外にあるなし。
19 汝は誡を知る、姦淫すべからず、殺すべからず、盜むべからず、僞の證を立つべからず、欺き取るべからず、汝の父と母とを敬へ。
20 乃ち彼答へて彼にいへり、師よ、我は若年よりすべて此等の事を衞れり。
21 さればイエス彼をつらつら視てこれを愛し給へり。かくて彼にのたまへり、一つ汝に缺くるなり、往け、汝がつ程〔のもの〕を賣り、且つ貧しき者に與へよ、されば汝は天に於て寶をたん、かくて來れ、十宇架を負ひて我に從へ。
22 然るに彼はこの言のために憂ひ哀しみて去れり。そは彼は多くの資産を有ちたればなり。
23 さればイエスみまはして弟子等に云ひ給ふ、資産を有つ者の神の國に入り來るは如何に難きぞや。
24 乃ち弟子等その言に驚かされき。然るにイエス復た答へて彼等に云ひ給ふ、兒等よ、資産を頼む者の神の國に入り來るは如何に難きことなるぞや。
25 富める者の神の國に入り來るより、駱駝の針の穴を通るは尚ほ易し。
26 乃ち彼等は餘りに驚かされ、己自らに對ひて云ひけるは、されば誰か救はるることを得ん。
27 然るにイエス彼等をつらつら視て云ひ給ふ、人に添ふては能はざることなり、されど神に添はば〔能はざること〕にあらず。そは神に添はばすべての事能ふべければなり。
28 かくてペテロ彼に云ひ始めたり、見よ、我等一切を差しおき、且つ汝に從へり。
29 乃ちイエス答へてのたまへり、誠にわれ汝等は云はん、誰にても我がため、また福音の〔ため〕に家、或ひは兄弟、或ひは姉妹、或ひは父、或ひは母、或ひは妻、或ひは兒、或ひは畠を差しおきし者は、
30 今此の時に於て家、また兄弟、また姉妹、また母、また兒、また畠を迫害のうちに百倍〔受け〕、また來りつつある世に於てはとこしへいのちを受けざる者なし。
31 されど多くの者、最先なる者は最終なる者、また最終なる者は最先なる者たるべし。

32 また彼等エロソルマに上る道にありき。かくてイエス先立ち往き給ひければ、彼等は驚けり、且つ從ひつつ懼れたり。かくて彼はふたたび十二を近づけ給ひて、將に己にふりかからんとする事を云ひ始め給へり。
33 見よ、我等エロソルマに上る、かくて人の子は祭司長等と學者等とにわたされん、彼等はこれを死罪に定めん、またこれを國人にわたさん。
34 かくて彼等はこれを嘲けらん、かくてこれを鞭たん、かくてこれに唾せん、かくてこれを殺さん。かくて三日めに彼は立ち上がるべし。

35 またゼベダイの子ヤコブとヨハネと彼に進み往き、云ひけるは、師よ、望むらくは何にても我等の求むる事を我等に爲し給はんことを。
36 乃ち彼等にのたまへり、何を汝等は我の汝等に爲さんことを欲するや。
37 乃ち彼等いへり、汝の榮光のうちに一は汝の右手に、また一はその左手に我等を坐せしめ給へ。
38 然るにイエス彼等にのたまへり、汝等は求むるところのものを知らず。汝等は我が飮む杯を飮み、また我がバプテズマせらるるバプテズマにて、バプテズマせらるることを得るや。
39 乃ち彼等云へり、能くすべし。然るにイエス彼等にのたまへり、如何にも我が飮む杯を汝等は飮み、また我がバプテズマせらるるバプテズマにて、バプテズマせらるるならん。
40 されど我が右手と我が左手とに坐することは、與ふべき我がものにあらず、唯備へられたる者にのみ。
41 かくて〔これを〕聞きて十〔人〕はヤコブとヨハネとに就きて腹立て始めたり。
42 されどイエス彼等を召して云ひ給ふ、汝等は國人の長たるべく思はるる人々は彼等をつかさどり、また彼等の大なる者は彼等の上に權を執ることを知る。
43 されど汝等のうちにてはかくあるべからず。反つて誰にても汝等のうちに大なる者にならんと欲する者は、汝等のつかびとたるべく、
44 また誰にても汝等のうちの一番にならんと欲する者は、すべての者のぬぼくたるべし。
45 そは人の子さへ、事へらるるために來りしにあらず、されどつかへ、且つ多くの者のために、その魂を贖に供へんとて〔來りたれば〕なり。

46 また彼等はエリコに來れり。かくて彼及び弟子等幷に大なる群衆のエリコより出で往くとき、テマイの子、盲者なるパルテマイ、道の傍に坐して物乞しつつありき。
47 かくてナザレ人イエスなりと聞き、彼は叫び且つ去ひ始めたり、ダビデの子よ、イエスよ、我を愍み給へ。
48 されば多くの者彼の默するやうこれを叱したり、然るに彼は増々ダビデの子よ、我を愍み給へ、と叫び出でたり。
49 乃ちイエス立ち止まりて彼を呼べとのたまへり、されば人々盲者を呼びて彼に云ひけるは、勇ましかれよ。起て、汝を呼び給ふ。
50 乃ち彼はその衣を脱ぎ捨て、立ち上がりてイエスの許に到れり。
51 かくてイエス答へて彼に云ひ給ふ、何を汝は我の汝に爲さんことを欲するや。乃ち盲者いへり、ラボニ、我は視力を受けんことを。
52 さればイエス彼にのたまへり、往け、汝の信仰汝を救へり。乃ち直に彼は視力を受けたり。かくて彼はイエスに從ひて道を〔往けり〕。