マルコ傳聖福音(新契約聖書) 第十二章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > マルコ傳聖福音(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十二章[編集]

1 また彼は喩にて彼等にものがたり始め給へり、或る人葡萄園を仕立て、籠をめぐらし、また酒槽を堀り、また櫓を建てたり。かくてそれを農夫等に貸して遠國に往けり。
2 かくて期に當り、彼は農夫等より葡萄の實のうちを受けんために、〔一人の〕ぬぼくを農夫等の許に使はせり。
3 然るに彼等はこれを執へ、打ちて空しく歸せり。
4 されば彼は復た別のぬぼくを彼等の許に使はせり。然るにこれをも彼等はその頭をいしうち、且つ辱しめて歸せり。
5 されば復た他の者を彼は使はせり。然るにこれをも彼等は殺せり。かくて多くの他の者を、或る者をば打ち、また或る者をば殺せり。
6 是の故に彼は尚ほその愛せらるる子一〔人〕ありければ、彼等は我が子を敬ふならんと云ひつつ、最終に彼を彼等の許に使はせり。
7 然るにかの農夫等、己自らに對ひていへり、此の者は世嗣なり、いざ來れ、我等これを殺さん、されば嗣業は我等のものたるべしと。
8 乃ち彼等はこれを執へて殺せり。かくて葡萄園の外につかみ出だせり。
9 是の故に葡萄園の主は何を爲すべきや。彼は到り、且つ農夫等を亡ぼすべし。かくて葡萄園を別の者に與ふるならん。
10 汝等は此の聖書をも讀まざるか。家を建つる人々の棄てたる石、此の者は隅の首石となれり。
11 此の〔こと〕主より出でたり、されど我等の目には不思議なり。
12 かくて彼等は彼をとらへんことを索めたれど、群衆を懼れたり。そは彼等は己に對ひて此の喩をのたまへることを知りたればなり、乃ち彼を差しおきて彼等は去れり。

13 また彼等は言にて彼を捉ふるために、パリサイの人々とヘロデ黨のうちの或る者等とを彼の許に使はせり。
14 乃ち彼等到りて彼に云ふ、師よ、我等汝は眞にておはすことを知る、されば誰一人汝に就きて心遣ひする者なし。そは汝は人の顏を視給はず、されど眞理をもて神の道を敎へ給へばなり。頭税をカイザルに納むるはただしきや、或ひは然らずや、我等納むべきか、或は納めざるべきか。
15 然るに彼は彼等の僞を知りてこれにのたまへり、何ぞ我を試むるや。我の〔それを〕見るために、デナリを我に持ち來れ。
16 乃ち彼等持ち來れり。されば彼等に云ひ給ふ、此の形と銘とは誰のなるや。乃ち彼等いへり、カイザルの。
17 かくてイエス答へて彼等に曰へり、カイザルの物はカイザルに、また神の物は神に納めよ。乃ち彼等は彼に驚けり。

18 またよみがへりをあることなしと云ふサドカイの人々、彼の許に來る。かくて彼に問ふて云ひけるは、
19 師よ、モヲゼはもし誰ぞその兄弟死にて妻を措き、且つ兒を遺さずば、彼の兄弟その妻を取り、且つ兄弟のために種を立つべし、と我等のために録したり。
20 七〔人〕の兄弟ありき。一番めは妻を取りたれど、死にて種を遺さざりき。
21 されば二番めはかの婦を取りたれど、死にて彼も種を遺さざりき。まだ三番めも等し。
22 かくて七〔人〕かの婦を取りたれど、種を遺さず。すべての者の終に婦も死ねり。
23 是の故によみがへりに於て彼等の立ち上がりしとき、彼は彼等のうち誰の妻たるべきや。そは七人彼を妻としたればなり。
24 然るにイエス答へて彼等にのたまへり、汝等は聖書をも神の力をも知らず、此のゆゑに誤れるならずや。
25 そは死人のうちより彼等の立ち上がるときは、娶らずまた嫁がず、されど天に在る使等の如くにあればなり。
26 また死人に就きて、卽ち彼等の起くることは、モヲゼの卷のうち、柴につきての〔ことのうちに〕神は如何に彼にのたまひしかを汝等は讀まざるか、云ひ給ひけるは、我はアブラハムの神、またイサクの神、またヤコブの神なりと。
27 彼は死人の神におはさず、されど生ける者の神〔におはします〕。是の故に汝等大に誤れり。

28 かくて學者等のうちの一〔人〕進み來りて、人々の論じ合ふを聞き、彼の良く彼等に答へ給ひしことを見て、彼に問へり、すべての誡のうちの第一なるは孰れなるや。
29 乃ちイエス答へ給へり、すべての誡の第一は、聞け、イスラエルよ、主、我等の神は一なる主なり。
30 されば汝の心の全きをもて、また汝の魂の全きをもて、また汝の思の全きをもて、また汝の力の全きをもて、主、汝の神を愛すべしと、是れ第一の誡なり。
31 また第二もそれと等し、汝の隣人を汝自身の如くに愛すべし。此等より大なる別の誡はあることなし。
32 かくてかの學者いへり、良きかな、師よ、汝、神は一におはして、彼の外に別の〔神〕はあることなし、と眞理に循ひていへり。
33 また心の全きをもて、また識の全きをもて、また魂の全きをもて、また力の全きをもて彼を愛することと、己自身の如くに隣人を愛することとは、すべての燔祭と犠牲とに勝るなり。
34 乃ちイエス彼の悟れる答を見て、彼にのたまへり、汝は神の國より遠からず。かくてもはや誰も敢て彼に問はざりき。

35 またイエス神殿にて敎へ給ふとき、答へて云ひ給へり、學者等は如何なれば、キリストをダビデの子なりと云ふや。
36 そは彼ダビデ、聖なる靈に在りていひたればなり、主は我が主にのたまへり、われ汝の敵を汝の足の足臺に据うるまで、我が右手にて坐せよ。
37 是の故に彼、ダビデは彼を主と云ふ、されば如何にして彼はその子ならんや。されば大なる群衆は喜びて彼より聞けり。

38 また彼はその敎のうちに云ひ給へり、學者等につきて視よ、彼等は衣裳を着て歩み、また市場にての挨拶、
39 また會堂のうちの上坐、また晩餐に於ける上席を好む。
40 彼等は嫠の家を喰い盡し、かくてかこつけに長く祈る。此等の者は尚ほ勝れる裁を受くるならん。

41 またイエス賽錢凾の對に坐し給ひて、群衆の錢を賽錢凾に投げ入るる状を看給ふ。かくて多くの富める者は多く入れたり。
42 また一〔人〕の貧しき嫠到りて、レプタニつを投げ入れたり、此は一コドラントなり。
43 乃ち彼は弟子等を召して、これに云ひ給ふ、誠にわれ汝等に云はん、此の嫠、貧しき者は、賽錢凾に投げ入るる者のすべてより多く入れたり。
44 そはすべての者はその豐なるところより投げ入れたれども、彼はその乏しきところより、己がてるすべての物、その所帶を全く投げ入れたればなり。