マルコ傳聖福音(新契約聖書) 第十三章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > マルコ傳聖福音(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十三章[編集]

1 かくて彼の神殿より出で往き給ひしとき、弟子等のうちの一〔人〕云ふ、師よ、見たまへ、何たる石、また何たる建物よ。
2 乃ちイエス答へて彼に曰へり、汝は此等の大なる建物を視るか。必ずぶれざる石の上に〔一つの〕石をも遺されざるべし、
3 かくて彼の、神殿の對なるエライヲンの山の上に坐し給ひしとき、ペテロまたヤコブまたヨハネまたアンデレ、人を避けて彼に問ひけるは、
4 我等にのたまへ、何時此等の事あるべきや。また將に此等のすべての事の完うせられんとするとき、如何なる徴〔ある〕や。
5 乃ちイエス彼等に答へて云ひ始め給へり、誰も汝等を惑はすことなきやう視よ。
6 そは多くの者、我なり、と云ひつつ我が名に於て來るべければなり。かくて彼等は多くの者を惑はさん。
7 また汝等いくさいくさふうぶんとを聞かんとき、ふためくこと勿れ。そは必ず發らざるべからざることなればなり。されど未だ終はあらず。
8 そは國人は國人に逆らひ、また國は國に逆らひて起るべければなり。またところどころに地震あるべく、また饑餓とくるしみとあるならん。此等は陣痛の初〔なり〕。
9 また汝等己自らを視よ。そは人々汝等を議會に、また會堂にわたすべければなり、汝等は打たるべし、また汝等は我がために彼等に證すべく、太守等と王等との前に立てられん。
10 かくて福音は必ず先づ、すべての國人に宣べられざるべからず。
11 また人々汝等を連れ往きてわたさんとき、何をものがたるべきやと豫め心遣ひすること勿れ、また慮ること勿れ。されど何にても、その時汝等に與へらるる事、それを話たれ。そは話たる者は汝等にあらず、されど聖なる靈におはせばなり。
12 また兄弟は兄弟を死にわたし、また父は兒を〔付さん〕。かくて兒は双親に逆らひて立ち上がり、且つこれを死罪に處すべし。
13 また汝等は我が名のゆゑにすべてより憎まれん。されど終まで耐へ忍ぶ者、此の者は救はるべし。

14 されど汝等は豫言者ダニエルより謂はれし、かの荒らす惡むべき者の、必ず〔立つ〕べからざる處に立つを見るとき、讀む者解せよ、そのときユダヤに在る者は山に遁れよ。
15 また屋の上なる者は家に下り來る勿れ、またその家より何をも取り出ださんとて入り來る勿れ。
16 また畠に在る者はその衣を取らんとて、後ろにまで歸る勿れ。
17 されどその日に孕みたる者と、乳を哺ましむる者とは禍なるかな。
18 されば冬、汝等の遁るることの發らざるやう祈れ。
19 そはそれらの日に、神の創造し給ひし創造の初より今に至るまで、かくの如きは發りしことなく、〔後も〕必ず發らざる程のなやみあるべければなり。
20 されば主もしその日を少なくし給はざりしならば、すべての肉は救はれざりしならん、されど彼の選び給ひし選ばれたる者のゆゑに、その日を少なうし給へり。
21 またそのとき誰ぞもし汝等に、見よ、キリストは此處に、或ひは見よ、其處に、といふとも信ずる勿れ。
22 そはもし能ふべくんば、選ばれたる者をも惑はさんために、贋キリスト等と贋豫言者等とは起り、且つ徴と奇跡とを與ふべければなり。
23 されば汝等視よ。見よ、われ豫めすべての事を汝等に謂へり。
24 されどそれらの日には、そのなやみの後には暗くなり、また月はその光を與へず、
25 また天のもろもろの星は隕ち、またもろもろの天に在るカは震はれん。
26 またそのとき人々は大なるカと榮光とをもて、雲のうちに來る人の子を目のあたり見るべし。
27 またそのとき彼はその使等を使はして、地の極より天の極に至るまで、四つの風にてその選ばれたる者を集め給はん。

28 されど無花果樹より喩を學べ、その枝既に柔かになりて葉のめぐむとき、汝等は夏の近づけることを知る。
29 此の如く汝等も、此等の事の發るを見るときは〔その〕近づきて門口にあることを知れ。
30 誠にわれ汝等に云はん、此等のすべての事の發るまで、必ず此の代は過ぎ去ることなかるべし。
31 天と地とは過ぎ去らん、されど我が言は過ぎ去らじ。

32 されどその日と時とに就きては、父の外に誰一人知る者なし、天に在る使等も子も〔知ること〕なし。
33 視よ、目を覺ましをれ、且つ祈れ。そは汝等期はいつなるかを知らざればなり。
34 〔卽ち〕遠國に往く人の、家を離るるとき、その奴僕おのおのに權と働とを與へ、また門守に目を覺ましをれ、と命ぜしが如し。
35 是の故に目を覺ましをれ。そは汝等家の主は夕か、或ひは夜半か、或ひは鶏鳴か、或ひは夜明か、いつ來るかを知らざればなり。
36 然らざれば俄に歸りて、彼は寢ぬる汝等を見出だすべし。
37 また我が汝等に云ふところはすべての者に云ふ〔なり〕、目を覺ましをれ。