マルコ傳聖福音(新契約聖書) 第十一章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > マルコ傳聖福音(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十一章[編集]

1 かくて彼等はエルサレムに、エライヲンの山のむかひなるペテパゲとベタニヤに近づきしとき、彼は弟子等のうちの二〔人〕を使はし、
2 且つこれに云ひ給ふ、汝等の對なる村に往け。かくてそれに入り往かば、直に未だ人の乘りしことなき、繋がれたる仔驢馬を汝等は見出だすならん、それを釋きて連れ來れ。
3 またもし誰ぞ汝等に、何故に汝等はかく爲すや、といはば、主これを要し給ふといへ、されば直に彼はそれを此處に使はすならん。
4 乃ち彼等は去れり。かくて路にそひ、そとの戸に對ひて繋がれたる仔驢馬を見出だせり、乃ち彼等はそれを釋けり。
5 然るにそこに立てる或る者云へり、汝等は仔驢馬を釋きて何にするや。
6 乃ち彼等イエスの命じ給ひし如くこれにいひければ、彼等を許したり。
7 かくて彼等はイエスの許に仔驢馬を連れ來れり。またその上に彼等の衣を掛けたり。乃ち彼はこれに乘り給へり。
8 かくて多くの者は己が衣を道に敷き、また別の者は樹より枝を伐り落して、これを道に敷けり。
9 また先立ち往く人々と、〔後ろに〕從ふ人々と叫び出でつつありき、云ひけるは、ホザナよ、主の名に於て來り給ふ者は、祝せられたる者かな。
10 主の名に於て來る、我等の父ダビデの國は祝せられたるかな、至高き處にホザナよ。
11 かくてイエスはエロソルマに、また神殿に入り來り給ひて、すべてのものをみまはし給ひ、時既に夕なりしかば、十二と共に出でてベタニヤに來り給へり。

12 また明くる日に、彼等のベタニヤより出で來りしとき、彼は飢ゑ給へり。
13 かくて遙に葉ある無花果樹を見給ひて、彼は何かをその〔樹に〕見出だすこともあらんとて到り給へり。然るにその下に到り給ひしに、葉の外に何をも見出だし給はざりき。そは無花果の期にあらざりしが故なり。
14 乃ちイエス答へてこれにのたまへり、今より後いつまでも、誰も汝の實を喰はざれ。また弟子等これを聞けり。
15 かくて彼等はエロソルマに來る。乃ちイエスは神殿に入り來り給ひて、神殿のうちにて賣る者と買ふ者とを逐ひ出だし、また兩替する者の臺と鴿を賣る者の腰掛とを倒し始め給へり。
16 また誰にても器を携へて神殿を通るを差しおき給はざりき。
17 また敎へて彼等に云ひ給ひけるは、我が家はすべての國人のため禱の家と稱へらるべし、と録されたるにあらずや、然るに汝等はこれを强盜どもの巣と爲せり。
18 然るに學者等と祭司長等とは聞きて、如何にして彼を亡ぼすべきかを索めたり。そは彼等は彼を懼れたればなり。そは群衆みなその敵に驚かされたるが故なり。

19 かくて夕になりしとき、彼はまちそとに出で往き給へり。

20 また夜明に往きがけに、彼等は根より枯れたる無花果樹を見たり。
21 さればペテロ憶ひ出でて彼に云ふ、ラビ、見給へ、汝の詛ひ給ひし無花果樹は枯れたり。
22 乃ちイエス答へて彼等に云ひ給ふ、神の信仰をもて。
23 誠にわれ汝等に云はん、誰にても此の山に、汝取り去られよ、且つ海に投げ入れられよ、といはんに、その心に疑なく、されど云ふことはかなふと信ずる者、彼には〔その如く〕あるべし。
24 此のゆゑにわれ汝等に云はん、すべて何事にても汝等の祈りつつ求むることは受けたりと信ぜよ、されば汝等に〔その如く〕あるべし。
25 また汝等禱に立たんとき、何人に逆らひて如何なることのありとも、これを赦せ。是れ天に〔おはす〕汝等の父も、汝等の曲事を汝等に赦し給ふためなり。
26 されど汝等もし赦さずば、天に〔おはす〕汝等の父も、汝等の曲事を赦し給はざるべし。

27 かくて彼等は復たエロソルマに來る。また神殿にて彼の歩み給ふとき、祭司長等と學者等と長老等と彼の許に來る。
28 かくて彼等は彼に云ふ、何の權にて此等の事を汝は爲すや。また此等の事を汝の爲すために、誰が汝に此の權を與へしや。
29 乃ちイエス答へて彼等にのたまへり、我も一と言を汝等に問はん、されば我に答へよ、何の權にて此等の事を我は爲すかを、われ汝等に謂ふべし。
30 かのヨハネのバプテズマは天よりなりしか、或ひは人よりか、我に答へよ。
31 然るに彼等己自らに對ひ勘考して、云ひけるは、我等もし天よりといはんか、是の故に何すれぞ汝等は彼を信ぜざりしや、と彼は謂ふならん。
32 されど我等もし人よりといはんか。彼等は民を彊れたり、そはすべての者、彼はまことに豫言者なりきと、ヨハネを保ちたればなり。
33 かくて答へて彼等イエスに云ふ、我等知らず。乃ちイエス答へて彼等に云ひ給ふ、我も何の權にて此等の事を、我は爲すかを汝等に云はじ。