マルコ傳聖福音(新契約聖書) 第六章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > マルコ傳聖福音(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第六章[編集]

1 また彼はそこより出で來り給へり、かくて己が古里に到り給へり、また弟子等も從へり。
2 かくて安息日になりしとき、會堂にて彼は敎へ始め給へり、されば多くの者聞きて驚かされて、云ひけるは、此等の事は此の者に何處よりそや。また彼に與へられたるこの智慧は何ぞや。かくの如き力あるわざさへ、その手にてなさるるとは。
3 此の者は大工マリアの子にて、ヤコブまたヨセまたユダまたシモンの兄弟にあらずや。またその姉妹等も此處に我等と偕にあるにあらずや。かくて彼等は彼に躓かせられたり。
4 然るにイエス彼等に云ひ給へり、豫言者は己が古里にて、また親戚にて、また己が家にての外は、敬はれざることなしと。
5 かくて彼處にては、數人の病身なる者に手を按きて癒し給ひしほか、ちからあるわざを何をも爲し給ふこと能はざりき。
6 されば彼等の不信仰の故に、彼は驚き給へり。かくて彼は敎へつつ村々を廻り往き給ひき。

7 また彼は十二を召し、且つ二〔人〕つつ使はし始め給へり。また不淨なる靈を制する權を彼等に與へ給ひぬ。
8 また彼は彼等に旅路のために、唯一つの杖の外に、糧袋をも、バンをも、帶のうちに錢をも、何をも携ふること勿れ、
9 されど鞋を結び、二つの下衣を着る勿れ、と命じ給へり。
10 また云ひ給へり、汝等何處にても家に入り來れ、そこより出で來るまでそこに逗まれ。
11 またいつれの處にても汝等を受けず、また汝等に聞かずば、そこより出で往くとき、彼等に證のため、汝等の足の裏なる塵を振り拂へ。誠にわれ汝等に云はん、裁の日にソドム或ひはゴモラのためには、そのまちのためより尚ほ耐へ易かるべし。
12 かくて彼等は出で來りて、悔い改むべしと宜べたり。
13 また彼等は多くの惡鬼を逐ひ出だし、また多くの病身なる者にエライオンをぬりて癒したり。

14 またヘロデ王〔彼につきて〕聞けり、そはその名あらはげなり給ひたればなり、乃ち彼云ヘリ、バプテズマのヨハネ死人のうちより起きたり、されば此のゆゑに力あるわざ、そのうちに働くなりと。
15 別の者は云へり、エリヤなりと。また別の者は云へり、豫言者、卽ち豫言者等の一〔人〕の如き〔者〕なりと。
16 然るにヘロデ聞きていへり、此の者は我が馘りたるヨハネなり。彼は死人のうちより起きたりと。
17 そは彼ヘロデは己が兄弟なるピリポの妻ヘロデヤのゆゑに、〔人〕を使はしてヨハネを拘へ、且つこれを檻倉に繋ぎたればなり、そは彼はかの婦を娶りたるが故なり。
18 そはヨハネはヘロデに、汝の兄弟の妻をもつは汝のためにただしからず、と云ひたればなり。
19 然るにヘロデヤは彼に含みたり、さればこれを殺さんと欲したり、されど能はざりき。
20 そはヘロデはヨハネの、義しき且つ聖なる人なることを知りたれば、これを畏れ、またこれを護り、且つ彼に聞きて多くの事を爲し、また喜びて彼に聞きたればなり。
21 かくてヘロデ、己が誕生目の好き機の日の來りしとき、大官等及び千人長等幷にガリラヤの重立ちたる人々のために、晩餐を催せり。
22 かくて彼ヘロデヤの娘入り來りて踊りければ、ヘロデ及び同席の人々に喜ばれたり。王は少女にいへり、何にても汝の欲するものを我に求めよ、さればわれ汝に與へん。
23 また彼は、何にても汝の我に求むるものは、我が國の半までも、われ汝に與ふべし、と彼に誓ひたり。
24 されば彼は出で來りて、その母にいへり、われ何を求むべきか。乃ち彼いへり、バプテズマのヨハネの首を。
25 乃ち直に彼は急ぎて王の許に入り來り、求めて云ひけるは、速にバプテズマのヨハネの首を皿に載せて、我に與へられんことを欲す。
26 されば王、いと哀しくなりたれど、誓と同席の人々とのゆゑに、彼をかたよせすることを欲せざりき。
27 乃ち直に王は番兵を使はして、その首を詩ち來るべく言ひ付けたり。
28 乃ち彼は去つて、檻倉にて彼をくびきりたり。かくてその首を皿に載せて持ち來りたれば、それを少女に與へたり、また少女はそれを母に與へたり。
29 かくて彼の弟子等 聞きて到り、且つその屍を取り去りて、これを墓に置けり。

30 かくて使徒等、イエスの許に集まりて、彼等の爲ししことをも、また敎へしことをも、すべての事を彼に報じたり。
31 乃ち彼等にのたまへり、いざ汝等自ら人を避けて寂しき場所に來り、且つ少しく休め。そは來る者もまた往く者も多くして彼等は喰ふべき好き機さへなかりしが故なり。
32 乃ち彼等は人を避け、船にて寂しき場處に去れり。
33 然るに諸群衆は、往く彼等を見、且つ多くの者彼を認めたれば、すべてのまちまちより〔人々〕徒歩にてそこに走せ集まれり。されば彼等に先立ちて到り、かくて彼の許に集まり來れり。
34 乃ちイエス出で來りて、大なる群衆を見給ひ、且つこれをふびんに思ひ給へり、そは牧者を有たざる羊の如くありしが故なり。されば彼は多くの事をもて彼等を敎へ始め給へり。
35 かくて時は既に遲くなりたれば、弟子等進み來りて云ふ、場所は荒野なり、且つ時は既に遲し。
36 圍の野また村に往き、己自らのためにパンを買はんため、彼等を去らしめ給へ。そは彼等は喰ふべきものを有たざればなり。
37 然るに彼答へて彼等にのたまへり、汝等これに喰はしめよ。乃ち彼等云ふ、我等去つて二百デナリのパンを買ひて、彼等に喰はしむべきや。
38 然るに彼は彼等に云ひ給ふ、汝等は幾つのパンあるや。往け、且つ見よ。乃ち彼等知りて云ふ、五つと二つの魚と〔あり〕。
39 乃ち彼は彼等に仰せて、青草の上に組々に、すべての者を席に着かしめ給へり。
40 されば彼等は百〔人〕、また五十〔人〕つつ、うねうね〔の如く〕に席に着けり。
41 かくて彼は五つのパンと二つの魚とを取りて、天を視上げ、祝してパンをき給へり。かくて人々の前に置かしむるために、弟子等に與へ給へり。また彼は二つの魚をすべての者に頒ち給ひたり。
42 乃ちすべての者喰へり、且つかされたり。
43 かくて彼等は〔パンの〕さきかけと、魚の〔殘〕とをひろひしに、十二の手籃に盈ちたり。
44 またパンを喰ひし者は男約そ五千ありき。
45 かくて直に彼は群衆を去らしめ給ふうちに、船に乘り且つ先立ちて向側に、ベテサイダに往かんことを弟子等に强ひ給へり。
46 また人々を去らしめ給ひしとき、彼は祈らんとて山に去り往き給へり。
47 されば夕になりしとき、船は海の眞中にありしが、彼はひとりにて陸に〔おはしき〕。
48 かくて彼は彼等の漕ぎなやむを見給へり。そは風逆らひたればなり。然るに夜の第四時頃、彼は海の上を歩みつつ彼等に對ひて來り、且つ往き過ぎんと欲し給へり。
49 されど彼等は海の上を歩み給ふ彼を見て、變化ならんと思ひたり、されば叫び出だせり。
50 そはみな彼を見て當惑したればなり、乃ち彼は彼等と共にものがたり、且つ云ひ給ふ、勇ましかれ、我なり、憎るる勿れ。
51 かくて船に彼等と偕に乘り給ひければ風落ちたり。されば彼等は己自らのうちに餘りに甚く驚かされ、且つ異しめり。
52 そは彼等はパンにて悟らざりければなり、そはその心鈍りてありたればなり。

53 かくて越え往き、彼等はゲネザレの地に到れり、乃ち船がかりせり。
54 然るに彼等の船より出で來りしとき、直に〔人々〕彼を認め、
55 遍くかの地方を走り廻りたれば、人々なやみある者を床に載せて、そこに彼のおはすと聞きし所に、搬び廻り始めたり。
56 されば村々、或ひは市々、或ひは野、いつこにても彼の入り往ぎ給ふ處は、人々市場に病める者を置きて、その衣の縁にだに、彼等の捫らんことを乞へり。かくて捫りし者はみな救はれたり。