マルコ傳聖福音(新契約聖書) 第五章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > マルコ傳聖福音(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

1 かくて彼等は海の向側に、ガダラ人の地に到れり。
2 然るに船より彼の出で來り給ひしとき、直に不淨なる靈に憑かれたる人、墓より〔出でて〕彼に往き逢へり。
3 彼は墓のうちに棲み居りて、誰もこれを鏈にてさへ、縛り得るものなかりき。
4 是れ彼は屡々桎と鏈とにて縛られたれど、鏈は斷ち切られ、また桎は碎かれ、誰も彼を制すること能はざりしゆゑなり。
5 また彼は夜も日も、常に山にてまた墓にて叫び、且つ己自らを石にて傷つけつつありき。
6 然るに遠くよりイエスを見しとき、彼は走り〔來り〕、且つ彼にひれふし、
7 大聲にて叫びていへり、イエスよ、至高き神の子よ、我にまた汝に何ぞや。神によりて汝に願ふ、われをかしやくし給ふ勿れ。
8 そは彼はこれに、不淨なる靈よ、此の人より出で來れ、と云ひ給ひたればなり。
9 かくて彼はこれに問ひ給へり、汝の名は何ぞ。乃ち答へて云ひけるは、我が名はレギヨン。そは我等多きが故なり。
10 また彼は此の地方より外に使はし給はざらんことを、しきりに彼に乞へり。
11 またそこに豚の大なる群の、山のほとりにて飼はれつつありき。
12 されば惡鬼ども彼に乞ふて、云ひけるは、我等をかの豚のうちに入り來らんため、そのうちに遣はし給へ。
13 乃ちイエス直に彼等に許し給ひたり。されば不淨なる靈ども、出で來りて豚のうちに入りたれば、群は崖を下りて海に跳び入れり。かくて約そ二千ありしが海に溺れたり。
14 然るに豚を飼へる人々遁れ、且つまちにも野にも知らせたり、されば人々發りし事の何なるかを見んとて出で來れり。
15 かくて彼等はイエスの許に來りて、惡鬼に憑かれたる者=レギヨンに憑かれし者=の衣を着け、且つ慥なる心にて坐するを看て、懼れたり。
16 されば惡鬼に憑かれたる者と豚とにつきて、如何なる事のおこりしかを見し人々、つぶさに彼等にべたり。
17 かくて彼等は己が境のうちより去り給はんことを彼に乞ひ始めたり。
18 また彼の船に乘り給ひしとき、惡鬼に憑かれたりし者、彼と共にあらんことを乞へり。
19 然るにイエス許し給はず、されど彼に云ひ給ふ、汝のものの許に、汝の家に往け、且つ主が如何に大なる事を汝に爲し、また愍み給ひしかを彼等に知らしめよ。
20 乃ち彼は去れり。かくて彼は如何に大なる事を、イエスの彼に爲し給ひしかを、デカポリスに宜べ始めたり。さればすべての者驚かされき。

21 またイエスの復び船にて向側に越え往き給ひしとき、大なる群衆彼に押し迫れり、卽ち彼は海の邊におはしたり。
22 かくて見よ、會堂長のうちの一〔人〕名はヤイロ、來り且つ彼を見て、その足下に伏す。
23 かくてしきりに乞ふて云ひけるは、我が小娘いまはの際なり、來りて彼に手を按ぎ給はんことを、されば彼は救はれて生くべし。
24 乃ち彼と共に去り給へり、然るに大なる群衆彼に從ひ、且つ押し迫れり。

25 また或る婦あり、十二年血漏を患ひて、
26 多くの醫士より多くの苦を受け、また己自らにつける物をすべて費したれど、少しも益なきのみならず、反つて尚ほ惡し敍なるのみなりければ、
27 イエスに就き聞きたれば、群衆のうちに入り、後ろより彼の衣に捫りたり。
28 そは彼は、我もし彼の衣のいづれにか捫らんには、救はるるならん、と云ひたればなり。
29 乃ち直に血の泉涸れたり。されば彼は病苦より醫されしことを〔己が〕體に知れり。
30 然るに直にイエスは、彼より出で來りし力を己自らのうちに審かに知り給ひ、群衆のうちに振り返りて、云ひ給へり、我が衣に捫りしは誰か。
31 乃ち弟子等彼に云へり、汝に押し迫る群衆を汝は視給ふ、然るに汝は、我に捫りしは誰か、と云ひ給ふ。
32 かくて彼は此〔の事〕を爲しし者を見んとてみまはし給へり。
33 さればかの婦は己の上に發りし事を知りたれば、懼れて慄きつつ來り、且つ彼の前に伏して、すべて眞を彼にいへり。
34 乃ち彼のたまへり、娘よ、汝の信仰汝を救へり。平和にまで往け、且つ汝の病苦より〔離れて〕健なれ。
35 彼の尚ほものがたりておはししとき、人々會堂長の〔家〕より來りて、云ひけるは、汝の娘は死ねり、何ぞ尚ほ師を煩はすやと。
36 然るにイエス直にものがたれる言を聞きて、會堂長に云ひ給ふ、懼るる勿れ、唯信ぜよ。
37 かくて彼はペテロ、またヤコブ、またヤコブの兄弟なるヨハネの外は、誰をも從ふことを許し給はず。
38 乃ち彼は會堂長の家に來り給ふ。また彼は〔人々〕の甚く泣き、且つ哭くさわぎを看給ふ。
39 かくて彼は入り來りて、彼等に云ひ給ふ、何ぞ騒ぎ且つ泣くや。幼兒は死にたるにあらず、されど寢ぬるなり。
40 乃ち彼等は嘲笑へり。されど彼はすべての者を逐ひ出だし、幼兒の父と母と彼と共なる者等とを携へて、幼兒の置かれたる所に入り往ぎ給ふ、
41 かくて幼兒の手を拘へて、これに云ひ給ふ、タリタ、クミ。卽ち譯すれば、少女よ、われ汝に云ふ、起きよ、なり。
42 乃ち直に少女は立ち上がり、且つ歩めり。そは十二歳なりければなり。されば彼等は大なるおどろきもて驚かされき。
43 かくて彼は此〔の事〕を誰にも知らする勿れと、くれぐれも彼等に言ひ含め給ひ、且つ彼〔少女)に喰はしむべしとのたまへり。