マルコ傳聖福音(新契約聖書) 第九章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > マルコ傳聖福音(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第九章[編集]

1 また彼等に云ひ給へり、誠にわれ汝等に云はん、此處に立つ者のうちに、力にて來る神の國を見るまで、必ず死を味はざる人々あり。

2 また六日の後、イエスはペテロまたヤコブまたヨハネを携へ、且つ人を避けて高き山に唯彼等をのみ運び給ふ。かくて彼等の前にて姿變り給へり。
3 またその衣は耀き、甚だ白くして雪の如く、地上のさらしてもかく白うすること能はざる程になり給へり。
4 エリヤはモヲゼとともに彼等に現はれて、イエスとともものがたりつつありき。
5 かくてペテロ答へてイエスに云ふ、ラビ、此處に在るは我等のために良し、されば我等に廬を三つ造らしめ給へ、汝のために一つ、またモヲゼのために一つ、またエリヤのために一つ。
6 そは何をものがたるべきかを彼は知らざりければなり。そは彼等いたく懼れたればなり。
7 かくて雲發りて彼等を覆へり。また聲、雲より來りて云ひ給ひけるは、此の者は我が子、愛せらるる者なり。汝等彼より聞け。
8 また忽ちみまはししに、もはや彼等は誰をも見ず、唯りイエスを己等のうちに〔見るのみなりき〕。
9 かくて彼等は山より下りしとき、彼は、人の子の死人のうちより立ち上がりたるときにあらざれば、見し事を誰にも陳ぶる勿れ、と彼等に言ひ含め給へり。
10 乃ち彼等は、死人のうちより立ち上がるとは何なりや、と論じつつ己自らに對ひてこの言をとらへたり。
11 かくて彼に問ふて彼等衰ひけるは、エリヤは必ず先づ來らざるべからず、と學者等の云ふは何ぞや。
12 乃ち彼答へて、彼等にのたまへり、エリヤは如何にも先づ來りて、すべての事を挽き囘さん、されば、彼は多くの苦を受け、また無價値とせらる、と人の子につきて録されたるは如何〔ならん〕。
13 されどわれ汝等に云はん、エリヤも來れり、かくて彼につきて録されたる如く、彼等はその欲するところの事を彼に爲せりと。

14 かくて彼等は弟子等の許に來りて、これを圍む大なる群衆、及びこれと論ずる學者等を見たり。
15 また直に群衆みな彼を見ていたく駭けり。乃ち走り來りて彼に挨拶せり。
16 かくて彼は學者等に問ひ給へり、汝等は彼等に對ひて何を論ぜしや。
17 乃ち群衆のうちの一〔人〕、答へていへり、師よ、われ唖の靈に憑かれたる我が子を汝の許に連れ來れり。
18 卽ちいづこにてもその憑くところにて、彼を突き倒し、また泡をふき、また齒をくいしめ、且つ衰弱するなり。されば我これを逐ひ出ださんことを汝の弟子等にいへり、されど彼等は能はざりき。
19 然るに彼答へて、彼に云ひ給ふ、ああ、まことなき代なるかな、いつまでわれ汝等と借にあらんや。われいつまで汝等を忍ばんや。彼を我が許に連れ來れ。
20 乃ち人々彼を連れ來れり。然るに彼を見しとき、直に靈はこれをけいれんせしめたり。されば地に倒れて泡ふきつつ彼は轉びたり。
21 かくて彼はその父に問ひ給へり、いつの頃よりかくなりしや。乃ち彼いへり、幼少より〔なり〕。
22 また彼は屡々彼を亡ぼさんために、火のなかにも、また水のなかにも投げ入れたり。されど汝もし何事か能くし給はば、我等をふびんに思して助け給へ。
23 乃ちイエス彼にのたまへり、汝もし信ずることを得ば、信ずる者にはすべての事能ふなりと。
24 乃ち直に幼兒の父は涙と共に叫び出でて云へり、主よ、我は信ず、我が不信を助け給へ。
25 さればイエス群衆の走り集まりしを見て、不淨なる靈を叱して、これに云ひ給ひけるは、唖にて聾なる靈よ、われ汝に言ひ付く、出で來れ、且つもはやこれに入り來る勿れ。
26 乃ち〔靈は〕叫び且つ甚くけいれんせしめて、出で來れり、かくて彼は死人の如くなれり。されば多くの者彼は死にたりと云へり。
27 然るにイエス手を拘へて彼を起し給へり、されば彼は立ち上がれり。

28 かくて彼の、家に入り來り給ひしとき、弟子等人を避けて彼に問へり、〔何故に〕我等は逐ひ出だすこと能はざりしか。
29 乃ち彼等にのたまへり、此の類は禱と斷食とにあらざれば、何ものにても出だすこと能はず。

30 またそこより出で來りて、彼等はガリラヤを經て往けり。されど彼は誰も〔これを〕知ることを欲し給はざりき。
31 そは弟子等を敎へておはしたればなり。かくて彼等に云ひ給へり、人の子は人々の手にわたさるるなり、彼等はこれを殺すべし。また殺されし後、彼は三日めに立ち上がるべしと。
32 されど彼等はこの詞を解せず、また問ふことを懼れたり。

33 また彼はカベナウムに到り給ふ。かくて家に來り給ひしとき、彼は彼等に問ひ給へり、汝等は己自らに對ひ、道にて何を勘考せしや。
34 然るに彼等は默してありき。そは道にて彼等は互に大なる者は誰ぞと爭ひ論じたればなり。
35 かくて彼は坐し給ひしとき、十二を召してこれに云ひ給ふ、もし誰ぞ一番たらんと欲せば、すべての者の末、またすべての者のつかびとたるべし。
36 また彼は幼兒を取りて、彼等の眞中にこれを立たせ給へり。かくてこれを抱き給ひて、彼等にのたまへり、
37 誰にても此の如き幼兒の一〔人〕を、我が名に於て受くる者は我を受けん、また誰にても我を受くる者は我を受くるにあらず、されど我を使はし給ひし者を〔受くるなり〕。

38 かくてヨハネ彼に答へて云ひけるは、師よ、我等に從はざる者の、汝の名にて惡鬼を逐ひ出だすを見たり。されば我等これを禁じたり、そは我等に彼は從はざりければなり。
39 然るにイエスのたまへり、禁ずる勿れ。そは我が名に於てちからあるわざを爲さん者にして、速に我を惡しざまにいひ得る者なければなり。
40 そは汝等に逆らはざる者は、汝等に付く者なればなり。
41 そは誰にても、汝等はキリストのものなるの故に、我が名に於て水一杯を汝等に飮ましむる者は、誠にわれ汝等に云はん、必ずその報を失はざるべし。
42 また誰にても、我を信ずる小さき者のうちの一〔人〕を躓かしむる者は、もしひきうすをその頸に懸けられ、且つ海に投げ入れらるるとも、尚ほ彼のために良きなり。
43 またもし汝の片手汝を躓かしめなば、根元より切り放せ。不具にていのちに入り來るは、兩手ありてゲヘナに、熄えざる火にまで去り往くよりは、汝のために良きなり。
44 彼等の蟲は死なず、またその火の熄えざる處〔なり〕。
45 また汝の片足もし汝を躓かしめなば、これを根元より切り放せ。跛にていのちに入り來るは、兩足ありてゲヘナに、熄えざる火に投げ入れらるるよりは、汝のために良きなり。
46 彼等の蟲は死なず、またその火の熄えざる處〔なり〕。
47 また汝の片眼もし汝を躓かしめなば、取り出だせ。片眼にて神の國に入り來るは、兩眼ありて火のゲヘナに投げ入れらるるよりは、汝のために良きなり。
48 彼等の蟲は死なず、またその火の熄えざる處〔なり〕。
49 そはすべてのものは火にて鹽せらるべし、卽ちすべての獻げ物は鹽にて鹽せらるべければなり。
50 鹽は良きものなり。されど鹽もし鹽氣なくならば、何に入れて汝らはこれに味つけんとするか。汝等己自らのうちに鹽あらしめよ、且つ互に平和なれ。