マルコ傳聖福音(新契約聖書) 第一章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > マルコ傳聖福音(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第一章[編集]

1 神の子、イエス・キリストの福音の初。
2 豫言者等のうちに、見よ、われ汝の顏に先んじて我が使を使はさん、彼は汝の道を汝の前に備ふべし。
3 荒野に於ける叫びの聲〔あり〕、主の道を備へよ、その道筋を直く爲せ、と録されたる如く、
4 ヨハネ荒野にてバプテズマしつつ、卽ち罪の赦に至る悔い改のバプテズマを宣べつつ現はれたり。
5 さればユダヤのすべての地方、また多くのエロソルマ人等、彼の許に出で往きて、みなその罪を告白しつつ、ヨルダン河にて彼よりバプテズマせられたり。
6 またヨハネは駱駝の毛を着、また皮の帶をその腰に卷けり。また蝗と野蜜とを食しつつありき。
7 また彼、宣べて云ひけるは、我より力ある者、我が後ろに來り給ふ、我は屈みてその靴の紐を釋くにも足らざる者なり。
8 我は如何にも水にて汝等をバプテズマせり。されど彼は聖き靈にて汝等をバプテズマし給ふべし。
9 またそれらの日にかくありき、イエスはガリラヤのナザレより到り給へり。かくてヨルダンに入れてヨハネよりバプテズマせられ給へり。
10 かくて直に水より上がり給ひしとき、彼は、天を裂き、且つ己の上に、鴿の如く降り給ふ靈を見給へり。
11 また聲、天より出でたり、汝は我が子、愛せらるる者なり、彼に於てわれ悅を得たり。
12 また直に靈は彼を荒野にまで逐ひ出だし給ふ。
13 かくて彼は四十日荒野に在りて、サタナより試みられ給ひ、且つもろもろの獸のうちにおはしき。また天使等彼に事へたり。

14 またヨハネのわたされし後、イエスは神の國の福音を宣べつつ、ガリラヤに到り給へり、
15 云ひ給ひけるは、期は滿てり、また神の國は近づけり。悔い改めよ、且つ福音を信ぜよと。

16 また彼はガリラヤの海の邊を歩みつつ、海に投網を投ぐるシモンと、その兄弟なるアンデレとを見たまへり。そは彼等は漁り人なりければなり。
17 乃ちイエス彼等にのたまへり、我にき來れ、さればわれ汝等を人の漁り人にならしむべし。
18 乃ち直に網を差しおきて、彼等は彼に從へり。
19 また彼はそこより少しく進み往き、ゼベダイの〔子〕ヤコブとその兄弟なるヨハネとを、卽ち船にて網を繕ふ彼等を見給へり。
20 乃ち直に彼等を召し給へり。されば彼等は父ゼベダイを船のうちに、その雇人と共に差しおきて、彼にき去れり。

21 かくて彼等はカペナウムに入り往く。また直に彼は安息日に會堂に入り來りて敎へ給へり。
22 また人々その敎に驚かされき。そは彼等を敎へ給ふに、權ある者の如くにて、學者等の如くにおはさざりければなり。
23 またその會堂に不淨なる靈にかれたる人ありて、叫び出でたり、
24 云ひけるは、ああ、ナザレ人イエスよ、我等にまた汝に何ぞや。汝は我等を亡ぼさんとて到り給ふや。われ汝の誰におはすかを知る、神の聖なる者〔におはします〕。
25 然るにイエスこれを叱して、云ひ給ひけるは、つぐめ、且つ彼より出で來れ。
26 乃ち不淨なる靈は彼をけいれんせしめ、且つ大聲に叫びて出で來れり。
27 さればみな驚かされて、己自らに對ひ論じて、云ひけるは、此は何ぞや、此の新しき敎は何ぞや、權をもて不淨なる靈にさへ彼命ずれば、則ちこれに聞きしたがはんとは。
28 乃ち直に彼の風聞は、遍くガリラヤの四方の村々に出で來れり。

29 また會堂より出で來りて、直に彼はヤコブ及びヨハネと共に、シモンとアンデレとの家に到り給へり。
30 然るにシモンの姑、熱病にて臥しをれり、されば人々直にこれを彼に云へり。
31 乃ち進み往きて、彼はその手を拘へて彼を起し給へり、されば熱病直に彼をはなれたり。乃ち彼は彼等に事へたり。
32 また夕になりの入りしとき、人々 なやみある者、また惡鬼にかれたる者を、すべて彼の許に連れ來れり。
33 かくてまちこぞりて入り口に集まれり。
34 されば彼は樣々の疾にて惱ある多くの者を癒し、また多くの惡鬼を逐ひ出だし給へり。かくて惡鬼の話たることを許し給はざりき、そは彼を知りたればなり。

35 また夜明に甚く暗かりし頃、彼は立ち上がりて出で來り給へり。かくて寂しき場處に去り、そこにて祈りておはしき。
36 然るにシモン及び彼と共なる人々、彼を追ひ求めたり。
37 かくて彼を見出だして云ふ、すべての者汝を索むと。
38 然るに彼等に云ひ給ふ、いざ次ぎ次ぎのむらむらにも往くべし。これ我の彼處にても宣ぶるためなり、そはこれがために我は出で來りたればなり。
39 かくて彼は遍くガリラヤのうちなる彼等の會堂にて宣べ、また惡鬼を逐ひ出だしつつおはしき。

40 また一〔人〕の癩病者彼の許に來り、彼に乞ひ、且つ脆づきて彼に云ひけるは、汝もしよしとし給はば、我を淨むることを能くし給ふと。
41 さればイエス不便に思ひ給ひて、手を伸べ彼にさはり給へり。かくて彼に云ひ給ふ、し、淨まれよ。
42 乃ち彼ののたまひしとき、直に癩病彼より去れり、されば淨まりたり。
43 かくて*嚴しく命じて直に彼を去らしめ、
44 且つ云ひ給ふ、覩よ、誰にも何をもいふ勿れ。されど往け、汝自身を祭司に見はせ、且つ汝の淨まリしことに就きて彼等にあかしするために、モヲゼの言ひ付けしものを献げよ。
45 然るに彼は出で來りて、言を大に宣べ、また言ひ觸らし始めたり。それゆゑ彼はもはやあらはに市に入り來り給ふことを得ざりき。されどそとの寂しき場處におはせり、されば人々四方より彼の許に來りたり。