マハトマ・ガンディーの暗殺に際するハリー・S・トルーマンの大統領声明

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

声明[編集]

1948年1月30日

今朝、マハトマ・ガンディー暗殺という悲報を聞いた。私は、インド総督マウントバッテン伯爵へメッセージを送り、彼とインド国民に哀悼を表明した。ガンディーはインドにおける偉大なナショナリストであったが、同時に、国際的名声を有する指導者であった。彼の教えと行動は、多くの者に深い印象を残してきた。彼は過去にも現在でもインド国民から尊敬され、その影響は政治情勢のみならず精神的領域においても感じられた。不幸にも彼は、目指す理想の完全な実現を目にするまで生きられなかったが、その人生と業績は末永く、彼の最大の記念碑となるであろう。国民の地位向上を目指す献身的な奮闘は、彼の弟子である多くのインド指導者らの模範であり続けるに違いない。マハトマが象徴した兄弟愛と平和。それを実現するため、大いなる活力をもって活動してきた彼の犠牲によって、インド国民のみならず全人類が感化されるであろう。

底本[編集]

この文書は、アメリカ合衆国においては、同国の著作権法に基づき、同国の連邦政府と雇用関係にある公務員がその職務上作成したアメリカ合衆国政府の著作物17 U. S. C. §105参考和訳))に該当するため、パブリックドメインの状態にあります。また、日本国においては、同国の著作権法13条に規定するもの(憲法その他の法令、通達、判決など)に該当するアメリカ合衆国政府の著作物のみに限り、パブリックドメインの状態にあると解されます。それ以外の国では、当該国の著作権法に基づいて、著作権の対象であるか否かが判断されます。


注意: これは、アメリカ合衆国政府の著作物についてのみ効力を有します。アメリカ合衆国の各、その他の地方自治体が作成した著作物に対しては適用できません。また、日本国著作権法13条に規定するものに該当しないアメリカ合衆国政府の著作物の場合、日本国内において著作権が発生しているものとして扱われることになると解されるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、日本国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。