トーク:銀河鉄道の夜

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

編集著作権[編集]

「編集著作権」の存続を理由としての即時削除が提案されていますが、編集著作物について文化庁は以下のように解説しています。

 詩集、百科事典、新聞、雑誌のような「編集物」は、そこに「部品」として収録されている個々の著作物などとは別に、「全体」としても「編集著作物」として保護されます(第12条)。

 したがって、こうしたものの「全体」をコピーするような場合には、「部品」である個々の著作物すべての著作権者の了解を得るとともに、全体(編集著作物)の著作権者の了解も得なければなりません。

(中略)

 このように、編集物が著作物として保護されるためには、そこにどのようなものを収録するか、または、その順序をどのようにするかということ(「選択」又は「配列」)について、「創作性」がなければなりません。(http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/outline/4.1.html)

本項目は上で言うところの「部品」ひとつに過ぎず、字義通りの意味での「編集著作権」の侵害の可能性はありえません。またその「部品」については草稿の著作権は明らかに消失しており、また編集者による修正を考えたとしてもそれは原稿の欠落に対する対応等、新たな創作性が認められる類のものではないため、著作権侵害を理由とした即時削除の必要性はないと考えます。--朝彦トーク) 2012年7月24日 (火) 04:31 (UTC)

存続できるなら私も存続させたいところではあるのですが…。さて、部品についてまず確認したいのですが、銀河鉄道の夜全体が部品にあたるでしょうか。未完の遺作である銀河鉄道の夜の場合、部品というのは各草稿ではないでしょうか。本作は遺作ですので、草稿という部品のうち、どれが没になりどれが採用になった可能性があるか(選択)、またどの順序で組み合わせられたのだろうか(配列)、という点で取捨選択が行われた場合、その取捨選択に創作性が見出される可能性はありませんか。。--Akanijiトーク) 2012年7月24日 (火) 10:47 (UTC)
お返事がないので削除提案に回しました Wikisource:削除依頼#(*)銀河鉄道の夜 - ノート。コミュニティの判断を仰ぎましょう。先方での削除議論にご参加ください。--Akanijiトーク) 2012年7月27日 (金) 14:49 (UTC)