テンプレート:Unsig/doc

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

{{Unsigned2}}と機能や目的は同じですが、こちらはsubst:をつけて展開することを前提に作られています。

使い方[編集]

入力
{{subst:unsig|Example|2006年3月19日 (日) 12:00 (UTC)}}
{{subst:unsig|Example|2006年3月19日 (日) 12:00 (UTC)|~~~}}
出力
—以上の署名の無いコメントは、Exampleトーク履歴)さんが 2006年3月19日 (日) 12:00 (UTC) に投稿したものです。
—以上の署名の無いコメントは、Exampleトーク履歴)さんが 2006年3月19日 (日) 12:00 (UTC) に投稿したものです(ウィキ助による付記)。

最後のパラメーターを~~~等とすることで、誰による付記かを示すことができる。

テンプレート:User information templates