コンテンツにスキップ

ジャン゠マリ・カビドゥランの物語/第9章


第9章
カムチャッカにて
[編集]

カムチャッカは、オホーツク海と北極海の間に位置し、この名前の川が水を供給するシベリアの長い半島です。長さ1350キロメートル、幅400キロメートルを下回ることはない。

この州は1806年以来、ロシアに属している。イルクーツク政府に属した後、行政的にはシベリアを構成する8つの大区画の1つを形成している。

カムチャツカは比較的人口が少ない。1平方キロメートルあたり1人しか住んでおらず、人口が増えないのは明らかだ。また、平均気温はシベリアの他の海域よりも低いが、土壌は耕作に適さないようだ。溶岩や多孔質の石、火山の糞の灰などが蒔かれている。

その骨格は、主に東部海岸線に近い南北に走る大きなギザギザの鎖で示され、いくつかの高い峰がある。この範囲は、半島の極限で止まっているわけではない。ロパトカ岬を越えて、千島列島を通り、日本の陸地付近まで伸びています。

カムチャッカとアジア大陸を結ぶ地峡を上っていくと、西海岸にはカラジンスク、チャルジュウェスク、スワシンク、チャルジュリンスク、オゼルノフスクと、港湾に事欠くことはない。その中で最も重要なのは、ロパトカ岬から約250kmのところにあるペトロパブロフスクであることは間違いない。

10月4日、夕方5時頃、サン=エノック号はこの港に錨を下ろした。錨は喫水が許す限り陸地に近い、このアバチャ湾の底に落ちた。世界のすべての艦隊を収容できるほどの大きさである。

レプトン号はすでに休憩中だった。

もし、フィルヒオール医師がカムチャッカの首都を訪れることを夢見ていたなら、それは最も有利な条件の下で実現されようとしていた。健康的で湿度の高いこの気候では、水平線が完全に晴れることはまずない。しかし、その日はアバチャ湾に入った途端、雄大な山のパノラマを長い横顔で追うことができるようになった。

シヴェルチュ、シヴェルツ、クロノスカー、コルタズカー、ポウブロトナヤ、アサッチンスカ、そして最後に、絵のように美しい村の後ろにある雪のように白いコリアツキーの火口からは、炎と混じったすすけた蒸気が吹き出しています。

町はというと、まだ初歩的なもので、木造の住居が密集しているだけである。高い山の麓で、まるで子供のおもちゃのように、家が無秩序に散らばっているように見えた。これらの様々な部屋の中で最も興味深いのは、ギリシャ教団の小さな教会で、朱色で、緑の屋根を持ち、その鐘楼は約50段の階段から離れたところにあります。

ペトロパブロスクには、デンマーク人とフランス人の2人の航海士、ベーリングとド・ラペルーズ司令官の記念碑があり、前者には円柱、後者には鉄板で装った八角形の建造物が建てられている。

フィルヒオール医師が重要な農業集落に遭遇したのは、この地方ではなかっただろう。湿度が持続するおかげで、特に牧草地が豊富で、年間3回もの刈り取りができる。草はあまり多くなく、野菜もカリフラワーが巨大化するくらいで、あまり成功したとはいえません。大麦やオート麦の畑が見えるだけで、おそらく北シベリアの他の海域よりも生産性が高い。半島を浸す2つの海の間の気候はそれほど厳しくないのだろう。

ブールカールさんは、ペトロパブロスクに長く滞在して、新鮮な肉を手に入れるだけのつもりだった。現実には、「サン=エノック号」の越冬の問題はまだ解決していなかった。

これは、ウルトー氏と彼との間で交わされた会話であり、最終的な決断を下すためのものであった。

そして、ブールカール船長の言葉である。

「ペトロパブロフスクの港で冬を越すというのは、どう考えてもおかしい。」

- 一等航海士は、「船長、バンクーバーに戻ることを考えてはどうですか?」と進言した。

- ウルトーは、「おそらく、私たちが持っている樽の中の鯨油をそこに売った方がいいのでは?」と言った。

- 「せいぜい3分の1の積荷だ......」と仲間は答えた。

- 「それは分かっているのですが、なぜ高い値段を利用しないのか、来年まで続くかどうかは誰にも分からないのです。」

- 「クジラが北太平洋のこのあたりを見捨てたとしても、彼らは沈むことはないようです、船長。」

- 「捕鯨船はもうオホーツク海に戻ろうとは思わないだろうね。」

- 「もし、ビクトリアに戻ったら、サン=エノック号はそこで冬を越すのだろうか」とウルトーは言った。

- 「ペトロパブロスクからビクトリアへの横断は、妨害されなければ6、7週間かかるだろうし、途中で2、3頭の鯨を係留する機会がないとも限らない!...まあ、オホーツク海にもマーガレット湾にもいないので、どこかにいるはずだ...。」

- 「もしかして、ベーリング海峡を探しているのでしょうか、船長?」

- 「そうかもしれないが、季節が進んでいるので、そんなに緯度を上げることはできない・・・すぐに氷塊に止められてしまう・・・いや・・・横断中に、何度か銛を撃ってみよう・・・。」

- 「ところで船長、ビクトリアで越冬するよりも、ニュージーランドに戻った方がいいのでは?」

- 「しかし、それを決めるには、サン=エノック号がバンクーバーに帰ってくるまで待とう。」と、ブールカール氏は答えた。

- 「要するに、船長、ヨーロッパに戻るということはありえないのだ......。」

- 「いや...来年フルシーズンやってからでないと...。」

- 「では、ペトロパブロフスクを出発するのもそう遠くはないのでしょうか?」

- 「物資が揃い次第、すぐにでも」とブールカール氏は答えた。

これらの計画は、水夫に知らせたところ、樽職人を除いては、おおむね賛同を得た。

だから、その日、オリーヴ船頭が町のあるキャバレーでウォッカのボトルを飲みながら彼を抱いたとき、彼はこう言った。

「さて、おっさん、船長の決意をどう思う?」

- 「私の考えでは、サン=エノック号はバンクーバーに戻るべきでない...」とジャン=マリー・カビドゥランは答えた。

- 「その理由は?」

- 「なぜなら、航路が危険だからだ!」

- 「さて、ペトロパブロフスクで冬を過ごしますか?」

- 「もういい。」

- 「それで?」

- 「となると、一番いいのは南下してヨーロッパに戻ることなのだが......。」

- 「これはあなたのアイデアか?」

- 「私のアイデアです...そして、正しいものです。」

サン=エノック号は、わずかな修理のほかは、生鮮食料品と燃料の補給を更新しただけだった。これは、水夫が滞りなく処理した仕事である。

レプトン号が同じ作業をしているのが見え、同じ目的を示していた。そのため、キング船長が数日後に出航する可能性が高いと思われた。その目的地がどこなのか、ブールカールは知るよしもない。

フィルヒオール医師はといえば、この休みの間、ビクトリアと同じように、限りなく狭い範囲ではあるが、周囲の視察に専念していた。移動のしやすさという点では、カムチャッカはまだバンクーバー島のような存在ではなかったのだ。

人口も、アラスカやイングリッシュ・コロンビアに住むインディアンとはかなり違うタイプである。この原住民は、肩幅が広く、目が大きく、顎が尖り、唇が厚く、黒髪で、頑丈な人々だが、独特の醜さがある。そして、野外に放置された魚の残骸が嗅覚神経に不快な影響を与えるこの国で、できるだけ鼻をつけないようにした自然は、なんと賢明なことだろう。

顔色は、判断できる範囲では、男性は黄褐色、女性は白色です。通常、糊で固定した膀胱で顔を覆い、魚の脂を混ぜた昆布で顔を赤く見せるコケッコーたち。

衣服は、柳の皮で黄色に染めた皮、ロシアやブハラの布で作ったシャツ、男女兼用のズボンで構成されています。この点で、カムチャダレ族は北アジアの住民と混同されやすいだろう。

しかも、現地の習慣や生活様式は、強大なモスクワ政権の下、シベリアと同じであり、国民は正教を信仰している。

また、健康な気候のおかげで、カムチャダール人は健康であり、病気はほとんどない。

「医師はそこで大儲けすることはないだろう!」とフィルヒオール医師は自分に言い聞かせるように言った。これらの男女は驚くべき 活力と、常に体を動かしていることによる異常なしなやかさを備えており、60歳までに白髪になることはないのだ。

それに、ペトロパブロフスクの人々は慈悲深く、もてなし好きで、もし欠点があるとすれば、喜びばかりを好むことだ。

それに、本当に、安く食べられるのに、なぜ働くのか?この海岸にはイルカはもちろん、魚、特にサーモンが多く、犬自身もほとんど魚を食べている。ソリを引くのは、このスリムで頑丈な犬たちだ。このような吹雪の中でも、彼らは確かな直感で道を見つけることができる。特筆すべきは、カムチャダレは漁師だけではないことだ。四つ足の動物にも事欠かず、セーブル、エルメス、カワウソ、トナカイ、オオカミ、野生の羊などが狩猟に成功する。

また、半島の山間部にはツキノワグマが多く生息しています。オホーツク湾と同じように、ある種の警戒が必要なのだ。ペトロパブロフスク周辺に足を踏み入れると、常に襲撃の恐れがある。

カムチャッカの首都は、人口1,100人以下だった。ニコライ1世の時代には要塞で囲まれていたが、1855年の戦争で英仏艦隊により一部破壊された。ペトロパブロフスクは間違いなく重要な戦略的地点であり、この素晴らしいアバチャ湾をいかなる攻撃に対しても保証することが重要であるため、これらの要塞は再び引き上げられることになる。

また、サン=エノック号の乗組員は、長い航海のために薪を補充したり、鯨が捕れたりした場合に備えて注意をしていた。しかし、カムチャツカ沿岸では、オホーツク海沿岸のように簡単に燃料を手に入れることはできない。

そのため、彼らは3、4マイル離れたコロアツキー火山の最初の斜面を覆う森まで行かなければならなかった。そのため、木材を船上まで運ぶために、犬ぞりによる輸送を手配する必要があった。

10月6日、カビドゥラン師と船大工のトマ、それに6人の船員が、のこぎりと斧を装備して、ブールカール船長が借りたソリに乗り込み、本物のムジークの腕前で母国の運転手を指揮した。

町を出ると、ソリは道というより小道で、麦畑の中を曲がりくねって進んでいった。そして、最後の伐採が終わったばかりの広大な牧草地を通り、いくつもの小川が水を湛えていた。このルートは犬たちがすぐに開拓し、7時半ごろに森に到着した。

松やカラマツなどの常緑樹の樹脂の木立に過ぎないのだ。十数隻の捕鯨船では、十分な物資を調達することは困難であっただろう。

そこで、船大工のトーマスは言った。

「決定的に、キャベツを茹でるのはカムチャッカではない!」

- 「燃やしきれないほどの木がある......」とカビドゥラン師は答えた。

- 「その理由は?」

- 「なぜなら、クジラは地獄に落ちてしまったし、鍋の下に置いておく火もないのに、木を切っても意味がないじゃないですか!?」

- 「しかし、そう考えず、銛の一撃に期待する者もいるのだ!」と船大工は言った。

確かにこの時、道の端で作業しているチームがあった。

前日から二等航海士のストロックの指示でこの作業を始めていたのは、まさにレプトン号の6人の船員たちだった。もしかしたら、このイギリス船は、サン=エノック号と同じようにバンクーバーに出航する予定だったのだろうか。

何しろ、100本もあれば、捕鯨船2隻は事足りるのだから。男たちは、根も葉もないことで争う必要はないだろう。イギリス人のカブースもフランス人のカブースも、燃料がなくて使えないということはない。

しかも、船大工は用心して、レプトン号の乗員がいる側には案内しなかった。海の上で会ったことがない、陸の上でも会うことはない。ブールカール氏が、2隻の船の水夫が接触するのを避けるよう勧めたのはもっともなことだった。そこで、サン=エノック号の船員は道の反対側で作業を始め、初日に2ステアの木材が船上に運び込まれた。

ところが最終日、ブールカール船長の忠告にもかかわらず、レプトン号とサン=エノック号のチームが出会い、木をめぐって口論になってしまったのだ。

イギリス人もフランス人もタフではないし、ここはフランスでもイギリスでもない、中立の地である。

やがて不愉快な言葉が飛び交うようになり、言葉から殴り合いになることも、国籍の違う船員たちの間ではままあることである。ご存知のように、サン=エノック号の乗組員の怨念は、すでに数カ月前のことである。

さて、カビドゥラン師もトーマスも阻止できなかった口論の最中、船員のジェルミットはレプトン号の船大工に残酷に突き飛ばされた。この無礼者は、ウイスキーとジンに半分酔って、サクソン人の口から溢れんばかりに出る侮辱の言葉の数々を吐いた。

すぐに両チームは互いに歩み寄った。2枚目のストロクは、チームを引き留めようとは微塵も思っていないようで、もしかしたら、これから殴り合いになるのかもしれない。

そもそもジェルミットは、受けた一撃をとどめる気にもなれず、イギリス人に飛びかかり、彼のシュルエットを引きちぎって踏みつけ、泣き叫んだのである。

レプトン号がサン=エノック号に挨拶しなかったとしても、少なくともこの英国人は我々の前に帽子を下ろしただろう

- 「よくやった!」と仲間たちが声をかける。

この両者の戦いは、どちらが勝つかは分からない。興奮が高まっている船員たちは、斧やナイフで武装していた。もし、互いに身を投じれば、流血し、もしかしたら死んでしまうかもしれない。

そこで、まず船大工とカビドゥラン師は、攻勢に出ようとしている仲間をなだめようとした。二代目のストロクは、乱闘の深刻さを理解し、なんとかレプトン号の仲間を引き留めることができた。要するに、2つの言語で侮辱が交わされただけで、フランス人は仕事に戻ってしまった。しかも、その日のうちに作業は終わり、水夫が再び会う機会はない。

2時間後、樽職人と船大工とその部下がソリを持って船に戻ってきた。そして、ブールカール氏がこの出来事を聞いたとき. 「幸いなことに、サン=エノック号が錨を上げるのに時間はかからないだろう、これは良い結果にならないだろう」と述べた。

実際、興奮した2隻の船員たちは、ロシア警察に逮捕される危険を冒して、ペトロパブロフスクの街で戦うように仕向けられるのではないかと心配された。そこで、ブールカール船長とキング船長は、キャバレーでの衝突とその結果を避けるために、上陸の許可を出さなくなった。

確かに、サン=エノック号とレプトン号はケーブル1本も離れていないところに停泊していたので、挑発行為は双方から行われていたのである。だから、準備を急ぎ、最後の食料を積んで、一刻も早く出航すること、そして、出航したら、一緒に航海しないこと、特に同じ港に向かわないことが一番である。

その間に、フランス船とイギリス船の出発を遅らせるような事件が起きた。

10月8日の午後、沖合には微風が吹き、漁には非常に好条件であったにもかかわらず、カムチャダレスの船が強引に港へ戻ってくるのには非常に驚かされた。そのため、多くの人が網を持たずにアバチャの湾内に戻ってきた。

そして、このことは、ペトロパブロフスクの住民もすぐに知ることになった。

湾の半マイル先で、漁船団は巨大な海の怪物を見て恐怖に襲われた。この怪物は水面を滑るように泳ぎ、その尾は信じられないほど激しく打ち鳴らされていた。しかし、この漁師たちが抱いている過剰な想像力や自然な恐怖心は、間違いなく捨てなければならない。この動物、体長は300フィート以上、大きさは15〜20フィート、頭にはたてがみがあり、体の中央は大きく膨らんでいて、巨大な甲殻類のような恐ろしい爪を持っている、という。

もし、それがジャン=マリー・カビドゥランの蛇でなければ、そしてそれが幻想でなければ、アバチャ湾の沖のこの海域には、もはや伝説の起源とすることが不可能な、驚異的な動物が生息していた、あるいは今も生息している、ということになるのだ。アリューシャン列島の向こうでサン=エノック号が遭遇したような巨大な海藻だったのか、いや、間違いない。港に帰ってきたばかりの五、六十人の漁師が言ったように、生き物のようなものだった。これだけの大きさであれば、レプトン号やサン=エノック号程度の船では抵抗できないほどの威力を持っていたに違いない。

そして、ブールカール氏、彼の将校、彼の乗組員は、鯨を逃がしたのは、北太平洋のこれらの海域に存在する前述の怪物のせいではないか、最初にマルグリット湾から、次にオホーツク海から追い出したのはこの海の怪物ではないか、アイウィング号の船長が話した、この海域を横断した後、カムチャッカ海域でちょうど報告されたこの怪物はどうかと考えたのである。

サン=エノック号に乗っていた誰もが疑問に思っていたことだ。大海蛇とか、そういう怪獣の存在を主張したジャン=マリー・カビドゥランは、他の誰よりも正しかったのではないだろうか?

そのため、ポストだけでなく、広場でも大きな熱い議論が交わされた。

慌てた漁師たちは、見えていないものを見たと思ったのでは?

これは、ブールカール氏、船頭、フィルヒオール医師、オリーヴ船頭の意見であった。2人の中尉については、あまり積極的ではなかった。水夫に関して言えば、大多数が誤りを認めなかった。彼らにとっては、怪物が出現したことは間違いない。 結局のところ」ウルトー氏は、「それが本当であろうと嘘であろうと、このとんでもない動物が存在しようとなかろうと、我々は出発を延期するつもりはない、そう思う......」と言った。

- 「ブールカール氏は、「そんなことは考えていないし、計画を変更する理由もない。」と言った。

- 「この怪物は、どんなに怪物であっても、サメがベーコンを1/4食べるように、サン=エノック号を飲み込むことはないだろう」と。

- 「それに、一般的な関心事として、何が起こるか知っておいたほうがいいと、」フィルヒオール医師は言う...。

- 「明後日には出航する。」

全体として、船長の決議が承認された。そして、そのような怪物をこの海域から一掃することに成功した船と乗組員には、どんな栄光がもたらされるのだろう。

「さて...爺さん...同じように行こう、そして悔い改めれば...」とオリーヴ船頭は樽職人に言った。

- 「もう手遅れだ...」と、ジャン・マリー・カビドゥランは答えた。

- 「じゃあ...もう船には乗らない方がいいのか?」

- 「決して。」

- 「頭が動いている...古い!...。」

- 「私たち2人のうち、正しかったのは私だと認めてくれる?」

- 「さあ!」オリーヴ師は肩をすくめて答えた。

- 「私・・・彼がここにいる以上・・・海蛇は・・・。」

- 「今に見てろ...」

- 「それが全じゃ!」

そして結局、怪獣の出現がもたらしたであろう恐怖と、怪獣の存在を信じ続けてきたという満足感との間で、樽職人は自分を見失うことになるのである。

一方、ペトロパブロフスクの町には恐怖が支配していた。このような迷信深い人々が、最初にシベリア海域への動物の到来を疑問に思ったのではないことは容易に想像がつく。

漁師たちの勘違いを誰も認めなかったのだろう。彼らは、ありもしない海の伝説に懐疑的なカムチャダレではなかったのだ。

そのため、住民たちは、恐ろしい動物が避難してくるのではないかと、アバチャ湾の見張りをやめなかった。大海原に大波が起これば、海の底までかき乱すのは彼である。...そして、彼は港に進みます、もし、同時にophidianとsaurian、この両生類が水からダッシュし、都市に身を投げた? ...彼は海の上と同じくらい陸で恐ろしいではありません! ...そして、彼を逃れる方法は?...です。

しかし、サン=エノック号とレプトン号は、その準備に追われていた。イギリス人がこの黙示録的な存在についてどんな考えを持っていたにせよ、彼らはフランス船と同じ日に出航しようとしていたのだろう。キング船長とその水夫が躊躇なく去ったのだから、ブルカート船長とその水夫もそれに倣わない手はないだろう?

このことから、10月10日の朝、2隻の船は潮の満ち引きを利用して、同時に錨を下ろしたことになる。そして、旗を掲げ、陸からの微風を受けながら、まるで一緒に航海しているかのように、東へ向かってアバチャ湾を横断したのである。

結局のところ、手ごわい出会いを前にして、反感を抱きながらも、互いに助け合うことにならないか、誰にもわからないのである。

ペトロパブロフスクの人々は、レプトン号とセイントエノク号を襲った怪獣が、シベリアの海から去ってくれることを唯一の望みとしていた。

訳注[編集]