シリヤの聖エフレム教訓/第11講話

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖エフレム教訓

第11講話[編集]

<< あい >>


かみあいするのあいあるひとさいわいなり、なにゆえなればかれおのれにかみいだけばなり。『かみあいなり、あいものかみにをる』〔イオアン一書四の十六〕。あいあるものかみともきわめてたかし。あいあるものおそれざらん、いかんとなれば『あいおそれをのぞけばなり』〔十八〕。あいあるものしょうなるものにも、だいなるものにも、めいよあるものにも、めいよあらざるものにも、まづしきものにも、めるものにも、たれにもけつしてきらはれざるなり、しかれどもかれみづからはしゅうじんためすたりものとなり、『およそことつつみ、およそことしのぶなり』〔コリンフ前十三の七〕。あいあるものたれまえにもたかぶらず、ほこらず、たれをもみづかそしらずしてそしものよりはみみとおざくるなり。あいあるものへつらいためほんそうせず、みづからつまづかずして、きょうだいにもあしをつまづかせず。あいあるものあらそはず、うらやまず、そねみず、しっぱいをよろこばず、しっぱいしたるものをそしらず、かへつてかれためうれいわかちて、かれわけまえゆうし、きょうだいきゅうはくにあるをかろんぜず、かへつてかれほごして、かれためいたさんとほつす。あいあるものかみむねす、かれかみもんとなり。けだしわれらがじぜんなるしゅさいみづからいへり、『もしあいあいせば、これによりてひとびとなんぢらがわれでしたることをるべし』〔イオアン十三の三十五〕。あいあるものけつしてなにものをもうばふておのれものとなさず、なににても『これものなり』といはず、かへつてすべておのれにところなににてもしゅうじんまえそなへていっぱんしようとなさんとす。あいあるものなにびとをもおのれためたにんおもはず、ことごとくのひとかれきんしんなり。あいあるものげきせず、ほこらず、はげしくいからず、ふぎをよろこばず、さぎにあづからず、一のまきほかなんびとをもおのれてきとなさず。あいあるものはすべてのことつつみ、めぐみ、しのぶなり〔コリンフ前十三の四、七〕。ゆえあいて、これとともかみうつものさいわいなり、いかにとなればかみおのれにぞくするをりて、かれをそのふところにうくればなり。あいおこなものてんしどうきょしゃとなり、ハリストスともおうとならん。あいによりてかみことばくだれり。あいもつらくえんわれにひらかれ、てんるのみちしゅうじんにあらはさる。かみてきたりしわれあいもつかみわぼくせらるるなり。ゆえわれらはとうぜんにいはんとす、『かみあいなり、あいものかみる』と。