コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書) 第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四章[編集]

1 故に人宜しく我等をキリストの使丁の如く、また神の奧義の家宰の〔如く〕勘ふべし。
2 さればその餘は、家宰等のうちに儒なる者の見出ださるることを索むべし。
3 されどわれ汝等に裁かれ、或ひは人の裁にて〔裁かるる〕ことは、我にとりて最小さき事なり、我も己自らを裁かず。
4 そは我は己白らのうちに何をも認めざればなり。されど我はこれをもて義とせられたるにあらず、我を裁き給ふ者は主なり。
5 されば暗の祕め事をあきらかにし、また心の謀り事を顯になし給ふ主の到り給ふまで、期に先立ちて何をも裁く勿れ。そのとき譽は神よりおのおのにあるべし。

6 兄弟よ、われ汝等の録されたるところに過ぎて念ふまじきことを、我等に於て學ばんために、此等の事を移して我とアポロに比へたり、これ汝等の一は一を上げ、他を貶して傲ぶることなからんためなり、
7 誰か汝を區別せしむるや。また汝は何の受けざりしものをもつや。されど汝もし受けなば、受けしことなきが如く何故に誇るや。
8 旣に汝等は麹かされたり、旣に汝等は富まされたり、汝等は我等を離れて王たり。されど我等も汝等と同に王たらんために、われ實に汝等の王たらんことを願ふ。
9 そはわれ思ふに、神はわれら使徒等を死罪に定められたる者の如く、末なる者として見はし給ひたればなり、そは我等は世の看物、卽ち天使等また人々の〔看物〕になりたればなり。
10 我等はキリストのゆゑに愚なる者、されど汝等はキリストにありて怜き者〔なり〕。我等は弱く汝等は强し、汝等は尊く我等は蔑し。
11 現時に至るも我等は飢ゑ、また渇き、また裸、また健たれ、また定まれる住家なし。
12 且つ我等は手づから働きて勞し、罵られて祝福し、迫害せられて堪へ忍び、
13 けがさるるときは勸をなす。現に我等は世の屑の如く、すべての物の垢の〔如く〕になれり。
14 われ汝等を辱しめんとて此等の事を書くにあらず、されど愛せらるる我が兒等の如くに諭すなり。
15 そは假令汝等はキリストに於ける傅、壹萬ありとも、父は多くあることなければなり。そは福音によりてキリスト・イエスに在りて、われ汝等を生みたればなり。
16 是の故にわれ汝等に勸む、我に倣ふ者とならんことを。
17 此のゆゑにわれ汝等にテモテを遣はせり、彼は愛せらるる我が兒にして、主に在りてまことなる者なり、彼は到る處にて集會ごとに、我が敎へしところに循ひて、キリストに在る我が道を、汝等に憶ひ出ださしむべし。
18 また或る者は汝等の許に、我の來ることなしとして傲ぶりたり。
19 されど主もしよしとし給はば、われ速に汝等の許に到らん、かくて傲ぶる人々の言にあらず、その力を知るべし。
20 そは神の國は言のうちに在るにあらず、されど力のうちにあればなり。
21 汝等は何を欲するや、答をもて汝等の許にわれ到るべきか、或ひは愛と柔和の靈とをもて〔到るべき〕か。