コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書) 第十章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十章[編集]

1 兄弟よ、われ汝等のこれを知らざるを欲せず、卽ち我等の先祖等はみな雲の下にあり、また海を通り、
2 みな雲にて、また海にて、モヲゼに入れてバプテズマせられたり。
3 またみな同じく靈なる食滋を喰ひ、
4 またみな同じく靈なる飮物を飮めり、そは彼等は從へる靈なる岩より飯みたればなり、此の岩はキリストなりき。
5 然るに神は彼等の多くの者に對して悅び給はざりき、そは彼等は荒野にてたふされたればなり。
6 されど此等の事は、彼等の慾せし如く、我等の惡しき事を慾することなからんために、我等の型となれり。
7 彼等の或る者に倣ひて、偶像に服事する者となる勿れ。民は坐して喰ひ、且つ飮み、また立ち上がりて戲れたり、と録されしが如し。
8 また彼等の或る者の淫行せし如く、われら淫行すべからず、卽ち一目に二萬三干〔人〕倒れたり。
9 また彼等の或る者の、試みて蛇に亡ぼされし如く、我等キリストを試むべからず。
10 また彼等の或る者の呟きし如く、汝等も呟く勿れ、卽ち亡ぼす者に亡ぼされたり。
11 彼等にふりかかりし、此等の事はみな型にて、世の終に到り着きし我等を諭さんために、録されたるなり。
12 されば立てりと思ふ者は、倒れざるやう視るべし。
13 汝等が受けし試は人事の常ならざるはなし。神はまことなる者、汝等の力に過ぎて試みらるることを許し給はず、反つて汝等の耐へ忍ぶことを得んために、試と同に遁るべき道を備へ給ふべし。
14 かるが故に我が愛せらるる者よ、偶像に服事することより遁れよ。
15 われ怜き者に〔云ふ〕如くに云はん、汝等わが述ぶることを裁け。
16 我等が祝ふ祝の杯は、キリストの血の親しき交にあらずや。我等が擘くところのパンは、キリストの體の親しき交にあらずや。
17 パンは一なるが故に我等多くの者は一體なり、そはすべての者は一つのパンを共に享くればなり。
18 肉に循ふイスラエルを視よ、献げ物を食する者は祭壇にあづかる者にあらずや。
19 是の故にわれ何をか述べん、偶像とは何ぞや、或ひは偶像に献げし物とは如何なる物なるや。
20 されど國人が献ぐる物は惡鬼に献ぐるにて、神に〔献ぐるに〕あらず。さればわれ汝等が惡鬼どもと、親しく交はる者となるを欲せず。
21 汝等は主の杯と惡鬼の杯とを飲むを得ず、主の食卓と惡鬼の食卓とも共に享くるを得ず。
22 或ひは我等主の妬を惹き起さんとするか、我等は彼より强き者なるか。
23 我にとりてはすべての物ただし、されどすべての物益あるにあらず。我にとりてはすべての物ただし、されどすべての物徳を建てず。
24 誰も己自らの事を索むる勿れ、されどおのおの他のことを〔索めよ〕。
25 すべて市場にて賣る物は、良心のために調ぶることなくして食せよ。
26 そは地とこれに滿つる物は主のものなればなり。
27 不信者の或る者もし汝等をしゃうじ、また汝等も往かんと欲せば、汝等に供ふるすべての物を良心のゆゑに、何をも調ぶることなくして食せよ。
28 誰かもし汝等に、此は偶像に献げし物なりといはば、告げし者とその良心とのゆゑに食する勿れ、そは地とこれに滿つる物とは主のものなればなり。
29 されどわれ云はん、良心とは己自らの〔良心〕にあらず、されどひとのそれなり。何ぞ我が自由をひとの良心に裁かるることを爲さんや。
30 われもし謝して共に享くるならば、我は何ぞ我が感謝するところの物のためにけがさるるや。
31 是の故に汝等食するにも、或ひは飮むにも、或ひは何事を爲すにも、すべての事を神の榮光のために爲せ。
32 ユダヤ人にも、ギリシヤ人にも、神の集會にも、礙となる勿れ。
33 我のすべての事に於てすべての人を喜ばしめ、己自らの益を索めず、されど多くの者の救はるるために、その〔益を索むるが〕如くせよ。