コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書) 第十五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十五章[編集]

1 されど兄弟よ、われ汝等に福音を知らしめたり、その福音は我の汝等に宣傳へしところ、また汝等の受けしところにて、そのうちに汝等の立つところのものなり。
2 汝等もし我の汝等に宣傳へし言を堅く持し、尚ほ徒に信ぜしにあらずば、それによりて汝等は救はれてあるなり。
3 そはわれも受けしところのことを、先づ汝等に傳へたればなり、卽ちキリストは聖書に循ひて、我等の罪のために死に給ひしこと、
4 また葬られ給ひしこと、また聖書に循ひて、三日めに起され給ひしこと、
5 またケパに顯はれ給ひ、後に十二に〔現はれ給ひし〕ことなり。
6 その後同時に五百以上の兄弟等に現はれ給へり、そのうちの多くの者は現にながらふれども、或る者は眠に就けり。
7 その後ヤコブに現はれ給ひ、後にすべての使徒等に〔現はれ給へり〕。
8 またすべての終に、早産兒の如き我にも現はれ給へり。
9 そは我は使徒等のうちの最小さき者にて、神の集會を迫害せしが故に、使徒と呼ばるるに適はざる者なればなり。
10 されど神の惠にて我は我なるものなり。且つわれに〔賜ひし〕彼の惠は空しくならず、反つて彼等すべての者より尚ほ勝りて勞したり。されどこれ我にあらず、我に伴なふ神の惠なり。
11 是の放に或ひは我も、或ひは彼等も、かくの如く我等は宣べ、またかくの如く汝等は信じたり。
12 然るに、キリストは死人のうちより起され給へり、と宣べられ給ふとも、如何にして、死人の甦はあることなし、と汝等のうちの或る者は云ふや。
13 されど死人の甦もしあることなしとせば、キリストも起され給はず、
14 されどキリストもし起され給はざりしならば、果して我等の說敎は空しく、また汝等の信仰も空し。
15 且つ我等も神の僞證者なることを見出だされん。そは死人もし果して起さるることなしとせば、起くることなきキリストを、彼は起し給へり。と神に循ひて我等は證すればなり。
16 そは死人もし起さるることなくば、キリストも起され給ふことあらざればなり。
17 またキリストもし起され給はざりしならば、汝等の信仰は徒事にして、汝等は尚ほ汝等の罪のうちにあり。
18 さればキリストに在りて眠に就きたる人々も亡びたり。
19 我等もし唯此のいのちに於て、キリストのうちに望を抱くのみならば、我等はすべての人のうちの最も憫むべき者なり。
20 されど今キリストは死人のうちより起され給ひて、眠に就きたる者の初穗となり給へり。
21 そは人によりて死あるが故に、また人によりて死人の甦あればなり。
22 そはアダムに於てすべての者は死する如く、その如くキリストに於てもすべての者は活かさるべければなり。
23 されどおのおの己が順位に〔循ふ、卽ち〕初穗キリスト、次は彼の來臨を〔待てる〕キリストの人々。
24 かくて彼は神卽ち父に國をわたし給はんとき、すべての長、またすべての權と力とを亡ぼし給はんとき、終あり。
25 そは必ず彼はすべての敵をその足の下に置き給ふまで、王たらざるべからざればなり。
26 亡ぼされたる最終の敵は死〔なり〕。
27 そは彼はすべてのものをその足の下に服はしめ給へばなり。されどすべてのものは彼に服はしめられたりといはるるときは、すべてのものを己に服はしめ給ひし彼は、そのうちにおはさざること明かなり。
28 されどすべてのもの彼に服はしめられしとき、そのとき子は己自らも、すべてのものを己に服はしめ給ひし者に服はしめられ給ふべし。これ神はすべてに於けるすべてにておはさんためなり。
29 さればもし全く死人の起さるることなくば、死人のためにバプテズマせられし人々は何を爲すべきや、何故に彼等は死人のためにバブテズマせられたるや。
30 何故に我等もすべての時危險のうちにあるや。
31 我等の主なるキリスト・イエスに在りて、我が有する我等の誇のために、誓つて我は日に循ひて死す。
32 もしわれエペソに於て、人に循ひて獸とともに鬪ひたりとも、若し死人の起さるることなくんば、我に何の益あらんや。我等は喰はん、また飮まん、そは明日われら死ぬればなり。
33 惑はさるる勿れ、惡しき交際は善き風習を壞るなり。
34 義しく醒めよ、また罪を犯す勿れ、そは或る者は神を知らざればなり。われ汝等を耽ぢしむるために云ふなり。

35 然るに或る者は謂ふならん、死人は如何にして起さるるや、また彼等は如何なる燈にて來るやと。
36 愚なる者よ、汝が播くもの死なざれば活きず、
37 また汝が播くもの〔後に〕生ふる體を播くにあらず、されど麥にても或ひはその餘のものにても、裸なる粒なり。
38 然るを神はその欲し給ふままに、これに瞳を與へ給ふ、その種ごとに己が燈を〔與へ給ふ〕。
39 すべての肉同じ肉にあらず、或ものは人の肉、また或ものは獸の肉、また或ものは魚の、また或ものは鳥の〔肉なり〕。
40 またあめなる體あり、また地なる體あり。されどあめなるものの榮光は異なり、また地なるものの〔榮光は〕異なり。
41 の榮光は別〔なり〕、また月の榮光は別〔なり〕、また星々の榮光は別〔なり〕、そは星は屋よりその榮光にて違へばなり。
42 死人の甦もかくの如し。朽つるものにて播かれ、朽ちざるものにて起され、
43 賤にて播かれ、榮光にて起され、弱にて播かれ、力にて起され、
44 血氣の體にて播かれ、靈なる體にて起さるるなり。血氣の體あり、また靈なる體あり。
45 かくの如く初の人アダムはける魂となり、終のアダムは活かす靈と〔なれり〕、と録されたり。
46 されど靈なるもの前にあらず、反つて血氣なるもの〔ありて〕、その後に靈なるもの〔あり〕。
47 第一の人は地につきて、土にて成れるもの、第二の人は天につける主〔なり〕。
48 すべて土にて成れる者は、かの土にて成れる者の如く、またすべてあめなる者は、かのあめなる者の如し。
49 されば我等土にて成れる者の形を担ふ如く、あめなる者の形を担ふべし。

50 されど兄弟よ、われこれを述べん、卽ち肉と血は神の國を嗣ぐこと能はず、また朽つるものも朽ちざるものを嗣ぐこと〔能は〕ず。
51 見よ、われ奧義を汝等に云はん、我等すべて眠に就くにはあらず。
52 されど終の喇叭にてすべて我等は忽ち瞬の間に化せられん、そは喇叭鳴らん、かくて死人は朽ちざる者に甦され、我等は化せらるべければなり。
53 そは必ずこの朽つるもの、朽ちざるものを着、またこの死ぬるもの、死なざるものを着ざるべからざればなり。
54 されど此の朽つるもの、朽ちざるものを着、また此の死ぬるもの、死なざるものを着んとき、そのとき、死は勝に呑み盡されたり、と録されたる言は応ふべし。
55 死よ、汝の刺は何處にあるや。陰府よ、汝の勝は何處にあるや。
56 されど死の刺は罪〔なり〕、また罪の力は掟〔なり〕)。
57 されど我等の主イエス・キリストによりて、我等に勝を與へ給ふ神に謝しまつる。
58 されば愛せらるる我が兄弟等よ、汝等の勞の主に在りて空しからざるを知れば、毎に勵みて主のわざを務めつつ確乎とせよ、動かざる者となれ。