コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書) 第十二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十二章[編集]

1 兄弟よ、靈なる〔賜物〕に就きては、われ汝等の知らざるを欲せず。
2 汝等國人なりしとき、導かるるままに、物言はざる偶像のもとに、導かるるままに連れ往かれしことは、汝等の知るところなり。
3 かるが故にわれ汝等に知らしめん、神の靈に在りてものがたる者は、イエスをアナテマなりと云ふ者なく、また聖靈に在るにあらざれば、誰もイエスを主といふこと能はざることを。
4 また賜物は種々あれど、同じ靈〔なり〕。
5 また奉事は種々あれど、同じ主なり。
6 また働は種々あれど、すべての者のうちに、すべての事を行ひ給ふ神は同じ。

7 されどおのおのに益を得しめんために、靈のあらはしを與へ給ふなり。
8 そは或る者には靈によりて智慧の言を、また或る者には同じ靈に循ひて知識の言を、
9 また或る者には同じ靈にて信仰を、また或る者には同じ靈にて醫の賜物を、
10 また或る者にはちからあるわざの働を、また或る者には豫言を、また或る者には靈を辨ふることを、また或る者には異なる言葉を、また或る者には言葉を譯することを與へ給へばなり。
11 されど此等の事はみな一して同じ靈の働にて、その思し給ふままに、それぞれおのおのに頒ち給ふなり。

12 そは體は一つにして多くの肢あり、一つの體のすべての肢は多けれども、體は一つなるが如く、キリストもかくおはせばなり。
13 そは我等、或ひはユダヤ人も、或ひはギリシヤ人も、或ひは奴僕も、或ひは自由人も、みな一體とならんために、一の靈にてバプテズマせられ、またみな一の靈を飮むべくせられたればなり。
14 そは體も一つの肢にあらず、されど多くあればなり。
15 足もし我は手にあらざるが故に、體につきてあらずといはば、これによりて體につきてあらざるか。
16 また耳もし我は目にあらざるが故に、體につきてあらずといはば、これによりて體につきてあらざるか。
17 もし體盡く目ならば、聞くところは何處そや、もし盡く聞く處ならば、嗅ぐ處はいつこぞや。
18 されど今神はその欲し給ふままに、多くの肢をそれぞれ體に置き給へり。
19 然るにもしみな一つの肢なりしならば、體は何處ぞや。
20 されど今肢は多くあれども、體は一つなり。
21 目は手に對ひて、われ汝を要せずといふを得ず、或ひは復た頭は足に對ひて、われ汝を要せず〔といふを得ず〕。
22 されど反つて最も弱しと思はるる體の肢は、必要なり。
23 また我等は體の〔うち〕最も卑しと思ふもの、此等の物に尚ほ勝れる尊を纒はしむ。かくて我等の醜き處には、尚ほ勝れる美しさあり。
24 されど我等の美しき處は、要あらず。神は劣れる處に、尚ほ勝れる尊を與へて、體をととのへ給へり、
25 是れ體のうちに分るることなく、反つて肢々互に同じ心くばりを爲さんためなり。
26 さればもし一つの肢苦しまば、すべての肢ともに苦しみ、一つの肢もし榮光を歸せられなば、すべての肢ともに喜ばん。
27 乃ち汝等はキリストの體にして、また個々にその肢なり。

28 されば神が集會のうちに置き給へるものは、第一に使徒、第二に豫言者、第三に敎師、次にちからあるわざ、次に醫の賜物、たすけをさめ、異なる言葉〔なり〕。
29 すべて使徒ならんや、すべて豫言者ならんや、すべて敎師ならんや、すべて力ある行あらんや、
30 すべて醫の賜物あらんや、すべて言葉をものがたらんや、すべて譯することを爲さんや。
31 されど汝等勝れる賜物に熱心せよ、されば尚ほ優れたる道をわれ汝等にあらはさん。