コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書) 第十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十一章[編集]

1 我のキリストに倣ふ者なるが如く、我に倣ふ者となれ。

2 また兄弟よ、汝等はすべての事に於て我を憶ひ出で、且つ我が汝等に傳へし如く言ひ傳を持するが故に、われ汝等を譽む。
3 されどわれ汝等が、すべての男の頭はキリストなり、また婦の頭は男なり、またキリストの頭は神なり、と知らんことを欲す。
4 すべて男は祈り或ひは豫言するに、その頭の上に〔物を〕もつときは、その頭を辱しむ。
5 されどすべての婦、その頭を被はずして祈り或は豫言するときは、己が頭を辱しむ、そは髮を剃りたると一にして、また同じければなり。
6 婦もし〔頭を〕被はずば〔髮を〕剪るべし。されどもし髮を剪り或ひは剃ること、婦の耻づべきことならば、〔頭を〕被ふべし。
7 男は神の形と榮光なれば、その頭を被ふべきにあらず、されど婦は男の榮光なり。
8 そは男は婦につきてあらず、されど婦は男につきてあればなり。
9 そは男は婦のゆゑに創造せられたるにあらず、されど婦は男のゆゑなればなり。
10 此のゆゑに婦は天使等のゆゑに、頭に權をもつべき筈なり。
11 されど主に在りては男も婦を離れず、婦も男を離れず。
12 そは婦は男につきて〔ある〕如く、男も婦によりて〔なればなり〕、されどすべてのものは神につきて〔あり〕。
13 汝等己自らのうちにて裁け、〔頭を〕被はずして神に祈るは、婦に似合ひたることなるか。
14 男もし長き髮あらば耻づべきことなりと、自然自ら汝等を敎ふるにあらずや。
15 されど婦もし長き髮あらば、彼には榮光なり、そは長き髮はおほひの代に與へられたればなり。
16 人もし爭ひ論ずべきことありと思ふとも、我等はかくの如き例をもたず、また神の集會にもなし。

17 されど我かく命じて譽めざるは、汝等の善きことのために〔集ひ來るに〕あらずして、惡しき事のために集ひ來るが故なり。
18 そは先づ汝等が集會に集ひ來るとき、汝等のうちに諍ありと聞き、われほぼこれを信ずればなり。
19 そは汝等のうちに、とせらるる者の顯にならんために、異端も必ず有らざるべからざればなり。
20 是の故に汝等同じ處に集ひ來るは、主の晩餐を喰ふためにあらざるなり。
21 そは喰ふとき、おのおの先づ己が晩餐をばるが故に、飢うる者あり、醉ふ者あればなり。
22 汝等は喰ひ且つ飮むべき家なきか、或ひは汝等は神の集會を輕んじ、且つ乏しき者を辱しむるや。われ何をかいはん、是をもて汝等を譽むべきや、譽めざるなり。
23 そは我の汝等に傳へしは、主より授けられたることなればなり、卽ち主イエス付され給ひし夜に於て、パンを取り、
24 感謝して擘き且つのたまへり、取れ、喰へ、此は汝等のために擘かるる我が體なり、我のを憶ひ出つるためにこれを爲せ。
25 食して後杯をも同じ樣にして、云ひ給ひけるは、此の杯は我が血にての新契約なり、汝等飮むごとに我のを憶ひ出づるために、これを爲せ。
26 汝等彼の來り給ふまで、此のパンを食しまた此の杯を飮むごとに、主の死を宣べよ。
27 されば誰にても値せずして、此のパンを食し、或ひは主の杯を飮む者は、主の體と血とを〔犯す〕愆たるべし。
28 されば人己自らをただすべし、かくて此のパンのうちを食すべし、また此の杯のうちを飮むべし。
29 そは主の體を辨へずして、=値せずして、=食し且つ飮む者は、〔その〕食ひ飮み〔反つて〕己自らを裁くべければなり。
30 此のゆゑに汝等のうちに弱き者また病身なる者多く、また眠に就きたる者も數多あり。
31 我等もし己自らを辨へしならば、裁かれざりしなるべし。
32 されど我等の裁かれたるは、世とともに罪に定めらることなかるべきために、主より懲しめらるるなり。
33 されば我が兄弟よ、喰はんため集ひ來るとき、互に待つべし。
34 もし飢うる者あらば、家にて食せしめよ、是れ裁のために、汝等の集ひ來ることなからんためなり。されどその餘の事は、われ到りしとき、指圖すべし。