コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書) 第八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第八章[編集]

1 偶像に献げし物に就きては我等みな知識あることを知る。知識は傲らしむ、されど愛は徳を趣つ。
2 もし誰か知れりと思はば、彼は知らざるべからざる程をも知らざるなり。
3 されど誰かもし神を愛せば、此の者は彼より知られたるなり。
4 是の故に偶像に献げたる物を食することに就きては、われら偶像の世に無きものなること、卽ち一の外に神のおはさぬことを知る。
5 そは如何にも神々と云はるるもの、或ひは天にもあり、或ひは地にもあり、多くの神々、また多くの主あるが如しと雖ども、
6 我等には父なる一の神〔おはすのみ〕、すべてのもの彼につき、我等は彼のためなり。また一〔人〕の主イエス・キリスト〔おはします〕、すべてのもの彼によりて〔存し〕、我等も彼によりて〔存す〕。
7 されどすべての者この知識あるにあらず、現に或る者は偶像の良心をもて、偶像に献げたる物としてこれを食す、乃ちその良心弱くして汚るるなり。
8 食滋は我等を神に薦めず、我等はこれを喰ふとも勝れることなく、また喰はずとも劣れることなし。
9 されど視よ、然らずんば汝等のこの權は、弱き者のために礙とならん。
10 如何となれば、誰かもし汝等知識ある者の、偶像の宮にて席に着くを見ば、弱き彼の良心は、偶像に献げたる物を食すべく構成せられざらんや。
11 かくて弱き兄弟は、汝の知識にて亡ぶるならん、彼のゆゑにキリストは死に給ひしなり。
12 さればかく兄弟に逆らひて罪を犯し、また弱き彼等の良心を傷ふは、キリストに逆らひて罪を犯すなり。
13 かるが故に食滋もし我が兄弟を礩かしめば、我が兄弟を礩かしめざらんために、我は必ずいつまでも肉を喰はじ。