コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書) 第五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

1 汝等のうちに淫行〔ありと〕慥に聞ゆ、かかる淫行は國人のうちにてもあらざる程にて、或る者はその父の妻をもつと云はる。
2 かくて汝等は傲ぶれども、かかるわざを爲す者の汝等のうちより除かるるために、反つて悲しまざるか。
3 そはわれ體にては〔汝等のうちに〕居らざれど、靈にては居るが故に、〔我が〕居りての如く、かかる事を行ひし者を旣に裁き、
4 我等の主イエス・キリストの力に伴ふて、我が靈の汝等と同に集まりしとき、我等の主イエス・キリストの名に於て、
5 かくの如き者を主イエスの日に於て、その靈は救わるるやう、その肉を亡ぼすために〔これを〕サタナにわたせり。
6 汝等の誇ることは良からず。汝等小さきパン種は粉の塊を全く脹れしむることを知らざるか。
7 是の故に汝等はパン種なき者なるが故に、新しき塊たらんために、舊きパン種を淨め去れ。そは我等のために我等の癒越、キリストは屠られ給ひたればなり。
8 故に我等は奮きパン種もてにあらず、また惡と邪とのパン種をもてにもあらず、されど種なき眞實と眞理との〔バン〕をもて節會をなすべきなり。

9 われ汝等に書狀のうちに、淫行する者と交はること勿れと書けり。
10 されど此の世の慾深き者、或ひは奪ふ者、或ひは偶像に服事する者と一切〔交はる勿れと〕にはあらず、若し然せば、汝等は世より出で往かざるを得ず。
11 されど今は兄弟と稱ふる者、もし淫行する者、或ひは慾深き者、或ひは偶像に服事する者、或ひは罵る者、或ひは酒に醉ふ者、或ひは奪ふ者ならば、ともに交はることなく、かくの如き者とともに食するさへ爲す勿れ、と汝等に書けるなり。
12 そとの者を裁くことは我に何ぞや。汝等の裁くは内のものならずや。
13 されど神は外の者を裁き給ふ、されば汝等は汝等のうちより惡しき者を除くべし。