コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書) 第九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > コリント人に贈れる使徒パウロの書状第一(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第九章[編集]

1 我は使徒にあらずや、我は自由人にあらずや、我等の主なるイエス・キリストを我は觀しにあらずや。
2 われ別の者には使徒にあらずとも、汝等には〔使徒〕なり。そは我が使徒の職の印は、主に在りて汝等なればなり。
3 我を糺す人々に對する我が辯明はこれなり、
4 我等は喰ふこと、また飮むことの權を有せざるか。
5 我等は他の使徒等、また主の兄弟等、またケパの如く、姉妹なる妻を携ふるの權あらざるか。
6 或ひは唯我とバルナバのみ、働くに及ばざる權なきか。
7 誰か己が費用にて、兵卒として務むる者曾てあらんや。誰が葡萄園を仕立てて、その實を食せざる者あらんや。或ひは誰か羊を牧ひて、その乳を食せざる者あらんや。
8 われ人に循ひて此等の事をものがたらんや。或ひは掟も此等の事を云ふにあらずや。
9 そはモヲゼの掟のうちに、穀物を碾す牛に口籠すべからず、と録されたればなり。神は牛のために慮り給へるか、
10 或ひは一切我等のゆゑに云ひ給ふや、我等のゆゑに録されたるなり。そは耕す者は望をもて耕すべく、また穀物を踏む者は、その望なる〔穀物を〕共に享くる望をもて〔踏む〕筈なればなり。
11 我等もし靈なるものを汝等のために播きしならば、汝等の肉なる物を穫らんとするとも大事ならんや。
12 他の人々もし汝等の上に此の權を共にもたば、我等は尚ほ勝らずや。されど我等は此の權を用ゐず、反つてキリストの福音の妨とならざるやう、すべての事を堪ふ。
13 汝等知らざるか、神殿の事に働く者は神殿の〔もの〕を食し、祭壇に侍する者は祭壇の頒に與ることを。
14 かくの如く、主も福音を宣傳ふる者には、福音にて生くることを命じ給へり。
15 されど我は少しも此等の事を用ゐざりき。また我はかくの如く我にならんために、此等の事を書きしにあらず、そは我が誇ることを人に空しうせらるるよりは、寧ろ死ぬるは我がために良ければなり。
16 そはわれ福音を宣傳ふるとも、我に誇るべきことなければなり、そは必要我に迫ればなり、されば我もし福音を宣傳へずば禍なり。
17 そは我もし喜びて此の事を爲さば、報を得ん、されど假令喜ばずとも、〔その〕處置は我に委ねられたればなり。
18 是の故に我がために報は何なるや。われ福音を宣傳ふるに、キリストの福音をして費を要することなからしめ、〔また〕福音に於ける我が權を用ゐ盡すことをせざることなり。
19 我はすべて〔の人〕に對して自由人なれども、更に多くの者を得んために、己自らすべての人のぬぼくとなれり。
20 卽ち我はユダヤには、ユダヤ人を得んために、ユダヤ人の如くなれり。掟の下にある者には、掟の下にある者を得んために、掟の下にある者の如く〔なれり〕。
21 また掟なき者には、われ神に對ひて掟なきにあらず、キリストに對ひて掟のうちにあれど、掟なき者を得んために、掟なき者の如く〔なれり〕。
22 われ弱き者には、弱き者を得んために、弱き者の如くなれり。すべての者には、すべての者の如くなれり。是れ如何にもして誰をか救はんためなり。
23 われ福音のゆゑにかく爲すは、我もともにこれにあづかる者とならんためなり。
24 汝等知らざるか、馳せ場にて走る者はみな走れども、褒美を受くる者は一〔人〕なることを。かくの如く汝等も受けんために走れ。
25 されどすべて鬪ふ者はすべての事に自制す、彼等は朽ち易き冠を受けんためにす、されど我等は朽ちぬ〔冠を受けんためなり〕。
26 我は是の散にかくの如く走る〔なり〕、目標なきが如くにあらず。我はかくの如く拳鬪す、空を撃つが如きにあらず。
27 我は我が體を打ち擲き、且つこれをぬぼくたらしむ。然らずんばわれ敎をひとに說きて、己自らは棄てられたる者とならん。