クルーグ長官の報告書「国家資源と対外援助」の受理に際するハリー・S・トルーマンの大統領声明

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

1947年10月18日[1]

私は、国家資源と対外援助に関する報告を内務長官[2]から受領した。

この報告は、6月に設置した複数の特別委員会によって策定作業が進められている一連の3つの報告のうち、最初のものである。これらの特別委員会は、国内経済の利害と、自力復興と再建の計画について合衆国が友邦諸国を援助し得る程度との関係について調査している。

クルーグ長官の委員会が担当する任務は、自国資源の状況を調査し、諸外国の再建に適切に貢献できるかを報告することであった。この報告は課題の物質的側面、即ち資源利用の問題を明らかにする上で必要な、経済的・財政的側面に関する部分のみを対象としている。

クルーグ長官の報告によれば、概して我が国の国家資源は物理的に、国家安全保障と米国の生活水準を保ちつつ大規模対外援助計画を支援するに充分である。我が国の天然資源を賢明に活用するには、これらを浪費から守る計画の拡大や、国内の多くの基礎的原料の新たな供給源を発見・開発するための、より集中的な努力が求められると、報告は強調している。

我が国の天然資源は分け与えるに充分であるという事実は心強い。だが、これらの資源を分け与え得る範囲を決める前に、別の極めて重要な要素が考察されねばならない。

経済諮問委員会は間もなく、問題の関連した側面について報告する予定である。同委員会が担当する任務は、対外援助が合衆国に及ぼす経済的影響を評価することである。基礎的なデータと分析は、商務長官[3]を委員長とする無党派の委員会が利用できる状態にあった。ハリマン長官の委員会は、対外援助計画の中で安全かつ賢明に活用し得る国内資源の性格と量について報告する予定である。

3つのグループによる研究は、相互に関連している。クルーグ長官の報告書が示す事実と結論は既に、残る2つの委員会によって使用されている。これら3つの研究に助けられつつ、また諸外国の需要や、これら諸国によって取られている自助や互助の程度に関する、国務省が集めた情報に助けられつつ、私は、均衡の取れた対外援助計画の性質と程度に関する議会への勧告を準備する。

これらが完了すれば直ちに、残る2つの報告も公表されるであろう。これらが議員諸君によって、そして実業界、労働界、農業界、及び一般市民によって熟議されることを願っている。

脚注[編集]

  1. 声明の発表日。なお、報告書の日付は、「1947年10月9日」である。
  2. ジュリアス・クルーグ(任1946年-1949年)。
  3. W・アヴェレル・ハリマン(任1946年-1948年)。

底本[編集]

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この文書は、アメリカ合衆国においては、同国の著作権法に基づき、同国の連邦政府と雇用関係にある公務員がその職務上作成したアメリカ合衆国政府の著作物17 U. S. C. §105参考和訳))に該当するため、パブリックドメインの状態にあります。また、日本国においては、同国の著作権法13条に規定するもの(憲法その他の法令、通達、判決など)に該当するアメリカ合衆国政府の著作物のみに限り、パブリックドメインの状態にあると解されます。それ以外の国では、当該国の著作権法に基づいて、著作権の対象であるか否かが判断されます。


注意: これは、アメリカ合衆国政府の著作物についてのみ効力を有します。アメリカ合衆国の各、その他の地方自治体が作成した著作物に対しては適用できません。また、日本国著作権法13条に規定するものに該当しないアメリカ合衆国政府の著作物の場合、日本国内において著作権が発生しているものとして扱われることになると解されるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、日本国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。

この著作物は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。アメリカ合衆国の著作権法上パブリックドメインの状態にあるか、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合したライセンスのもとに公表されていることを示すテンプレートを追加してください。
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。