エペソ人に贈れる使徒パウロの書状(新契約聖書) 第二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新契約聖書 > エペソ人に贈れる使徒パウロの書状(新契約聖書)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二章[編集]

1 また汝等は曲事のため、また罪のため死にたる者にて、
2 曾てそのうちにて此の世の常に循ひて、かの不順の子等のうちに今働くところの、靈の〔權のをさなる〕空中の權のをさに循ひて歩みたり。
3 我等もみな曾て彼等のうちにありて、肉の欲をもて振舞ひ、肉と思との欲する事を爲しつつ、餘の人々の如く生まれながらにして怒の子なりき。
4 然るに神は懲に富み給ひて、我等を愛し給ふその大なる愛のゆゑに、
5 曲事のために死人たりし我等をも、キリストとともに活かし、=汝等は惠にて救はれたる者なり、=
6 且つともに起し給へり、かくてキリスト・イエスに在りてあめなる者のうちにともに坐せしめ給ひたり。
7 是れ彼の慈愛をもて、キリスト・イエスに在る我等に對して〔施し給ふ〕、その惠の優れて豐なることを、將に來らんとする世にあらはし給はんためなりしなり。
8 そは汝等は惠にて、信仰によりて救はれたる者なればなり。さればこれ汝等自らのものにあらず、神の賜物なり。
9 わざにてにあらず、是れ誇る者なからんためなり。
10 そは我等は造られたる者にて、善きわざのためにキリスト・イエスのうちに創造せられたればなり、此は神がそのうちに我等の歩むべきために、豫め備へ給ひしところなり。

11 かるが故に曾て肉に於て國人なりし汝等は、手をもて肉に施せる割禮〔ありと〕云はるる者より、無割禮と云はれし者なることを憶ひ出でよ、
12 卽ちかの期に汝等はキリストなく、イスラエルの民籍に係なき者、またかの約束の契約の旅人にて、世にありて望なく、また神なき者なりき。
13 然るに今キリスト・イエスにありて、曾て遠かりし汝等は、キリストの血にて近くなりたり。
14 そは彼は我等の平和におはして、双方を一となし、かくて隔の壁を除き給ひ、
15 その肉にて敵、もろもろの令にて成れる誡の掟を廢たらしめ給ひたればなり、是れ彼は平和をなして、二つの者を己自らに於て一の新しき人に創造し給はんためなり。
16 卽ち〔十字架〕をもて敵を殺し、その十字架によりてかの双方を一體に於て神と和がしめ給はんためなりしなり。
17 かくて來りて、彼は汝等遠き者にも、近き者にも、福音=平和を宣傳へ給へり。
18 そは彼によりて我等双方の者は、婦の靈にて父の許に近づくことを得ればなり。
19 されば汝等はもはや旅人また寓り人にあらず、聖徒等と同じ市民また神の家族なり。
20 使徒等と豫言者等との礎の上に建てられ、イエス・キリスト自ら隅石となり給ふ。
21 彼のうちに建物みな組み立てられ、主に在りて増々進み、聖所となるに至らん。
22 汝等も靈をもて神の住居とならんために、彼にありて同に建てらるるなり。