エジソンの火星征服/第9章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第9章[編集]

火星へ向けて全員乗船[編集]

"全員乗船せよ!"の合図で、旗艦の指揮の下、艦隊が集合し、火星に向けて再び出発した。 今回は、これ以上の中断がないことが証明され、次に立ち止まったときには、敵が住む世界の前で、彼らの顔をしかめた電池に直面していた。

出航の困難さ[編集]

小惑星からの出航は、地球からの出航ほど簡単ではなかった。つまり、それほど簡単には高い速度を出すことができなかった。 小惑星の大きさが比較的小さいため、その電気的影響は地球のそれよりもはるかに小さく、電気的影響を強めるための装置を持っていたにもかかわらず、最初の出発時に地球から受けたような勢いで火星に向けて出発するのに十分な斥力を発生させることができなかったのである。 我々が生み出せる最大の速度は1秒間に3マイルを超えず、そのためには最大限の努力が必要だった。エジソン氏も、私の言う速度で動いていることを知って、驚くと同時に大いに喜んでいた。

6,000,000マイル先の火星[編集]

我々は火星からまだ約600万マイル離れていたので、1秒間に3マイル進むと、火星のすぐ近くまで到達するのに少なくとも23日は必要である。 その間、我々は時間が経つのを忘れてしまうほどたくさんのことをしていた。囚人も一緒に輸送されたので、彼の言語を確認し、可能であれば自分たちで習得しようという試みを始めた。 小惑星を離れる前に、彼は24時間の間に少なくとも3回、モワッサン教授が言うところの「空気の錠剤」を飲み込む必要があることがわかった。我々のうちの一人が彼に定期的に薬を与えたが、彼の表情にはある種の感謝の念が見て取れたような気がした。手話ではなく、もっと効果的な方法で彼と意思疎通ができるかもしれないという期待が持てたからである。しかし、船の中では、地球上の一般的な圧力に保たれた空気が供給され、彼は我々と同じように呼吸することができた。

火星人の言語を学ぶ[編集]

エジソン氏が提案したように、探検隊の最高の言語学者たちが囚人のいる旗艦に集められ、彼が自分の考えを表現するのに慣れているかどうかを確かめるための手段を考案する作業に取りかかった。 というのも、彼を船に乗せるまでは、彼が発するであろう音を伝えられるような環境ではなかったからだ。 火星人の言語が科学的な構造を持っているのは当然のことだと思われる。彼らの心が実用的な傾向にあること、自然を科学的に征服する方向に向かって膨大な進歩を遂げていることを示す多くの証拠があったので、彼らのコミュニケーション手段が明快さに欠けていたり、地球上で話されている言語の特徴である不可解で不必要な曖昧さを持っていたりするとは考えられなかった。 アメリカ人の言語学者の一人は、「彼らが石や棒などの無生物を "彼 "と "彼女 "で表現することはないだろう」と言った。アメリカ人の言語学者の一人は、「石や棒などの無生物に "彼 "や "彼女 "をつけることはないだろう。 "ソルボンヌ大学のフランス人教授は、まだ完成していない辞書の製作者の一人であるが、「ああ、そうだ。"私の国の言葉のようなものになるだろう。ダイヤモンドのように透明で、泉のようにキラキラしている」。

火星のボラプク[編集]

"ドイツ人の熱狂的ファンが言った""火星のボラプクという世界共通語になるだろう""その惑星のすべての住人が話す" "エジソン氏は、「しかし、このような推測は、あなたにとってあまり役に立たない。例えば、火星人が自分のことを何と呼んでいるのかを知ることから、現実的に始めてみてはどうだろうか。 傍観者の何人かは、彼らの動きを目で追っている巨人に、彼が自分をどんな名前で呼んでいるのか知りたいと示すために、表情豊かな身振り手振りを始めた。指で自分の胸を指しながら、次々と "人"という言葉を繰り返した。 もしこの囚人が愚かな野蛮人であったならば、このように理解させようとする試みはもちろん無駄であっただろう。しかし、我々が相手にしているのは、おそらく何百世代にもわたって、何百万年もの絶え間ない進歩によって測られた文明と知的進歩の成果を受け継いでいる人物であることを忘れてはならない。 したがって、何度か実験を繰り返した後に、火星人が腕の一部を解放して少しでも自由に動けるようにした後、指で心臓を押すことで尋問者の行動を真似たとしても、さほど驚くことはなかった。

火星人が話す[編集]

そして、口を開いて、ライオンの咆哮のように船内を揺るがす音を発した。火星人は自分が出した音に驚いているようだったが、これほど濃密な大気の中で話すことに慣れていなかったからだ。 我々は耳が聞こえなくなり、混乱して、驚きというよりも半分恐怖で身構えてしまった。 我々の困惑を楽しんでいるかのように、顔を歪めて醜い笑みを浮かべながら、火星人は動きと音を繰り返した。 "R-r-r-r-h!" それは我々の耳には明瞭ではなく、どのような文字の組み合わせでも表現できないものであった。 "信仰 "ダブリン大学の教授は叫んだ "もし彼らが自分たちをそう呼ぶのなら 我々が征服の歴史を書くときに どうやって彼らの名前を翻訳するのだろう?" "Whist, mon," アバディーン大学の教授はこう答えた。"まず、エラの張った悪党どもに鞭を打とう。 しかし、別の観点から見ると、火星人が我々の試みを理解し、少なくとも今のところは我々を助けようとしてくれていることが明らかであるため、非常に喜ばしいことである。 火星人の言葉を覚えるためのこの努力は、数時間ごとに更新され、繰り返された。この作業には、飛行隊の経験、学習、天才のすべてが集中していた。その結果、数日後には、実際に10数個の火星人の言葉を覚えることに成功し、我々がそれを発音すると火星人に

理解してもらうことができた[編集]

そしてある日、いつになく明るい表情をしていた囚人が、胸の中に見せたいものがあると言ってきた。 火星人の本」である。 我々の助けを借りて、彼は本を取り出した。 それは地球上にある本とほとんど変わらないが、もちろん我々にとってはまったく奇妙で未知の文字で印刷された本であった。しかし、その文字は明らかに高度な知的言語を表現していた。傍らにいた人々は皆、驚きと喜びの声を上げ、「本だ、本だ」という声が輪になって飛び交い、この朗報は隣の電気船の何人かにもすぐに伝えられた。また、他の学識経験者も急遽召集されて、この新しい宝を調べてもらった。

火星人は日に日に善良さを増していたが、我々が自分の本を見るのを面白そうに見ていた。最後に、彼は本を持っている人を自分のそばに呼び寄せ、巨大な文字の一つに太い指を置いて(文字といっても、中国の印刷業者が使っている文字に近いものだ)、音を発した。そして、周りに立っている我々を次々と指差した。 "ああ、あれは火星人が我々を指す言葉なんだ」と皆が説明し、真実が明らかになった。火星人は我々をこう呼んでいる。 "あるいは、むしろ地球そのものの名前ではないか」と言う人もいた。 しかし、もちろんこれをすぐに断定することはできない。いずれにしても、この言葉は、その正確な意味が何であれ、我々の語彙に加えられたことになるが、我々の言語器官は、まだそれを認識できる形で再現することができない。 火星人の本という予想外の発見は、囚人の言語をマスターしようとする作業に従事していた人々にさらなる熱意を与え、その後の数日間で彼らが成し遂げた進歩は実に驚くべきものだった。囚人が協力してくれなかったら、もちろん進めることはできなかっただろうが、我々にとって幸運だったのは、彼がだんだんとこの事業の精神に入り込み、実際に楽しんでいるように見えたことだ。彼の理解力は非常に素晴らしく、他の方法では思いつかないような言語習得の方法を我々に教えてくれたのである。

囚人は教える[編集]

実際、彼はあっという間に教師になり、彼の周りに熱心に集まってきた学識経験者たちは皆、彼の生徒になっていた。 火星に近づきすぎて、目の前の重大な仕事に備えるために、ほとんどの人が勉強を放棄しなければならなくなるまでに、探検隊の主要な言語学者たちがどれだけ火星の言語を習得したかを正確に述べることはできない。 しかし、いずれにしても、囚人と普通の考えを交換できるほどの収穫があり、我々が彼の母国の惑星に着陸したときに、彼が多くの情報を提供してくれることはもはや疑いの余地がない。 小惑星を出発してから地上時間で23日目にして、火星の空に到着した。 長い間、赤みを帯びたこの惑星は、巨大な星から徐々に赤い大きな月へと変化し、さらに背後の星座が見えなくなるほどに膨張して、ますます手ごわくなっていた。地球上では強力な望遠鏡を使ってもおぼろげにしか見えない月の表面の不思議な模様が、我々の肉眼にもはっきりと浮かび上がってきたのである。 小惑星に到着する前から、望遠鏡で見た火星は非常に堂々とした姿をしていたことは先に述べたとおりである。しかし、火星が間近に迫った今、肉眼で見る火星の姿は、遠く離れた場所で望遠鏡を使って見たときよりも素晴らしいものだった。

火星が見える[編集]

我々は、南緯45度付近の火星の南半球に近づいていた。火星の南半球では春分の日に近く、日に日に高く昇る春の太陽の刺激を受けて、同じような状況下の地球で起こるような生命と活動の目覚めが火星の表面で起こっていることが明らかであった。 南極の周りには、広大な雪と氷の原野が広がっていて、非常に明るく輝いている。これらの氷原の境界に深く切り込むと、霜の支配が急速に解けていることを示す、広い水の水路が見えた。

我々のほぼ真下には、地上の天文学者が「ヘラス」と名付けた薄紅色の広い楕円形の領域がありた。南側には、ヘラスと極地の氷の境界線の間に、天文学者が海と見なしてきた大きな暗黒の帯がありた。北に目を向けると、火星の大陸が赤く大きく広がり、その中を「時のガラスの海」と呼ばれるシルティス・マジョールの長い曲線が北に向かって地平線の下に消えるまで続いているのが見えた。 赤い大陸を縦横無尽に横断しているのは、スキャパレリの運河である。

ついに到達した火星での手に汗を握る冒険[編集]

火星の表面には燦然と輝く点が散りばめられていて、中には昼間の光を凌駕するような明るさのものもあった。また、眼下に広がる大地の色も驚くほど多様であった。我々が見たこともないような活発さ、生き生きとした美しさが、あらゆる面でその存在感を示していた。 旗艦や他の隊員たちの興奮は計り知れないものがあった。確かに手に汗を握る光景でした。我々が戦いに来た世界が足元にあるのだ。その姿は、我々の天文台から見たときの広い面をいくつか思い出しながらも、天文学者が夢見たよりもはるかに奇妙で、複雑で、素晴らしいものでした。仮に、火星に関する我々の予想がすべて間違っていたとしたら? 火星は、巨大なアリ塚のように住人であふれかえっているわけではないにせよ、少なくともあらゆる面で住人の存在と、信じられないような事業や業績の痕跡を残している世界であることに、もはや疑問の余地はないだろう。 あちこちで煙の雲が発生し、眼下の大気中にゆっくりと広がっていた。惑星の表面のより高いところには蒸気の雲が浮かんでおり、地上で見慣れた層雲や積雲の形をしていた。

濃密な雲の出現[編集]

しかし、これらの雲は、我々が慣れ親しんできた雲よりも、全体的にはるかに密度が低いように思われた。また、雲には独特の虹色の美しさがある。これは、雲の組成や質感に、太陽光の色要素を分割する何かがあり、それによって内部に虹の効果が生じているためで、重い雲の一部は、刻々と変化する色の戯れで生きている巨大なオパールの集合体のように、魔法のように惑星の上に浮かんでいる。 徐々に広がる現象を調べていくと、あちこちに強固な要塞の存在を示す証拠があるように思えた。この戦争の星は、敵の攻撃に備えているようだ。我々の経験では、遠くの惑星と戦争をすることもあったので、自分たちが受けた傷を復讐しようとする敵に対抗する準備ができていると考えるのは当然である。

予想通り、この囚人は我々にとって非常に有益な存在となった。どうやら彼は、遠く離れた世界の見知らぬ人たちに、自分の星の美しさや素晴らしさを見せることに、ある種の誇りを持っていたようだ。

火星人は理解されている[編集]

彼の話をすべて理解することはできませんでしたが、彼のジェスチャーや、見慣れた風景や物を認識したときに彼の表情が明るくなる様子から、それらに対する彼の感情や、一般的にそれらがこの惑星の生活においてどのような役割を果たしているかを容易に理解することができた。 彼は、我々が眼下に見たいくつかの建造物は、宇宙からの侵略者から地球を守るための要塞であると考えていた。彼は、その要塞の1つを指差しながら、狡猾(こうかつ)で極悪非道な目をしていた。

不安を煽る[編集]

彼の自信に満ちた表情と嘲笑的な視線は、我々を安心させるものではなかった。彼は自分の惑星の能力を知っていたが、我々は知らなかった。小惑星で我々の力の大きさを目の当たりにした彼は、そこでその力を見せつけられて怖気づきたが、彼と我々が一緒になって彼の生まれた世界を前にすると、明らかに恐怖心は消え去り、全能の守護者の盾が自分の上に広げられたと感じている人のような態度になっていた。 しかし、火星人が我々を消滅させる力を持っているかどうかを、実際の経験という取り返しのつかないテストによって確かめるのは、今からでも遅くはないだろう。 目の前に広がる光景を見たときの我々の気持ちを、何と表現したらいいのだろう。それは、地球上に新しい土地を発見した人の気持ちとは全く違うものだった。我々が発見したのは全く新しい世界であり、そこには見たところ住人が溢れていた。 しかし、それだけではない。我々は平和的な意図で来たのではない。 この新しい世界で戦争をするためだったのだ。 犠牲者を差し引いても940名の兵士が残っていた。このメンバーで、何百万人いるかわからない世界を征服するのである。

困難な仕事が待っている[編集]

我々の敵は、知性の面では我々より下であるどころか、我々よりはるかに上であると信じるに足る根拠があった。彼らは、エジソン氏が発明をした時まで、我々が手に入れることができるとは夢にも思っていなかったような自然の力に対する支配力を持っていることを証明した。 確かに現在は、電気船でも攻撃手段でも、我々が優位に立っているように見えます。分解機は、火星人がまだ持っていると示しているものと同じくらい強力な破壊のための武器だった。その点では、火星人が我々に勝てるとは思えなかった。 地球上での火星人との短い戦争では、火薬がそれ以前の弓矢よりも優れていたように、火薬よりもはるかに強力な神秘的な力に対して火薬が使われていた。 地球上での戦いで両者が採用した攻撃手段の間には何の比較もなかった。 しかし、一人の天才によって、我々は戦闘能力の点で、突然、敵と同じレベルになったのである。 また、我々の電気船は、火星人が使用していた投射型の船よりも、その目的に対してはるかに効果的であった。実際、電気船の原理は、火星人が発見しなかったのが不思議なくらい単純なものだったのだ。 エジソン氏はこの件について、「火星人は謎だ」と言い続けていた。

火星人の謎[編集]

"なぜ火星人がこのようなものを発明しなかったのか、私には理解できない。彼らは我々よりも電気を理解していることを十分に証明している。我々のような乗り物で太陽系内を完全に楽に移動できたかもしれないのに、なぜ彼らが採用したような比較的厄介で不器用な惑星間移動手段に頼らなければならなかったのだろうか?" "さらにエジソン氏は、「なぜ彼らが武器の構造に調和振動の原理を採用しなかったのか理解できない」と付け加える。彼らの機械から繰り出される稲妻のような打撃は、間違いなく同じくらい強力だが、分解機がカバーする破壊の範囲はより大きいと思う」。 しかし、これらの疑問は、火星への着陸を実現し、そこでの状況を知るまでは未解決である。 最も不安だったのは、火星人がどのような力を持っているのか分からないということだった。自分たちの土地では、故郷から何百万マイルも離れた敵を攻撃するために使っていた攻撃武器よりも効果的な防御手段を持っていると考えるのは当然である。 時間を無駄にしないことが重要であり、最も脆弱な場所を選んで攻撃することも同様に重要であった。したがって、最初の任務は、惑星の表面を偵察し、最も弱い防御点を見極めることであることは自明であった。

エジソン氏は当初、探査作業を迅速に行うために、各船を地球上の異なる方向に派遣することを考えていた。しかし、考え直してみると、船団を一緒にしておいた方が災害の可能性を減らせるように思えた。 また、司令官は、この惑星の各所の状況を自分の目で確認し、攻撃を開始するのに適した場所を見つけたいと考えていた。 これまでのところ、我々は火星から非常に高い位置に浮遊していたため、火星の大気の感知可能な範囲にはほとんど入っておらず、火星の住人に見られたという証拠はなかった。しかし、探査の航海を始める前に、通過する地域をより確実に特定するために、地表付近まで降下することに決めたのだ。 この作戦は、危うく大変なことになるところだった。

巨大な飛行船[編集]

火星の表面から3マイルの距離に到着したとき、突然、東側から大きな飛行船の接近が見えた。

火星と戦う戦士たちの感動的な冒険の続き[編集]

この飛行船は、我々のほぼ真下まで急速に進んだ後、突然立ち止まり、進路を反転させて、明らかに信号を発したのである。 しかし、すぐにその目的は明らかになった。我々は、少なくとも20機の同じような飛行船が異なる方向から急速に接近していることに気づいたからだ。 これほど多くの飛行船が、信号に応じて突然現れるまで、どこに隠されていたのかは大きな謎だった。 しかし、その謎はすぐに解けた。惑星の表面から切り離されているのが見えたからだ。 驚いた我々の目には、まるで突然の警告に動揺した巨大な昆虫のように、眼下の地面から四方八方に上がってくる恐るべき敵の姿が映った。 しばらくすると、我々の1~2マイル下の大気と、周囲20マイルまでのあらゆる方向の大気が、様々な大きさの飛行船や、非常に奇妙な形の飛行船で生き生きとしており、信号を交換したり、駆け回ったりしていたが、最終的には我々の飛行隊が停泊している場所の下に集中していた。 我々は、スズメバチの巣を復讐のために突いたのだ。 まだ刺されてはいないが、このままではすぐに刺されてしまいそうだ。

危険から逃れるために[編集]

瞬時に極性を反転させて、できるだけ早く高所に上がるようにとの指示が隊員全員に飛び交った。 なぜなら、火星人の飛行船は単なる飛行船であり、それ以上のものではないからである。なぜなら、火星人の飛行船は単なる飛行船であり、それ以上のものではないからだ。大気中に浮かんでいるだけであり、大気中から上昇する手段も、何もない空間を航行する

手段もない[編集]

分解機を彼らに向け、その場で戦闘を開始することは愚かなことであった。 彼らは我々よりも圧倒的に数が多く、彼らの大部分はまだかなりの距離があり、我々の全戦隊が一緒に行動しても、彼らの4分の1以上と同時に戦うことはできませんでした。そうこうしているうちに、他の連中が我々を取り囲み、破壊してしまうかもしれない。敢えて攻撃する前に、まずこの惑星の防御手段をある程度把握しておかなければならない。 25~30マイルの高さまで急速に上昇し、少なくとも下にいる敵の肉眼からは我々の船が消えたと確信できるようになったところで、簡単な協議が行われた。 当初の計画通り、火星を全方位から一周してから開戦に踏み切ることが決定された。

敵の威圧感[編集]

敵が見せた圧倒的な力に、最も勇敢な兵士の何人かは怯えていたが、それでも、一撃も加えずに退却することはできないと誰もが感じていた。 火星人の力を目の当たりにすればするほど、この敵が再び地球上に上陸してきたら、地球には何の希望もないと確信した。 エジソン氏をはじめとする科学者たちがいなくなってしまった今、彼らは我々が持っているような武器を作ることも、作ったとしてもそれを管理することもできないだろう。 我々の惑星は、たった一投にすべてを賭けていたのである。 このような考えは、我々の心を再び強くし、我々の前に立ちはだかる恐ろしさの前で、可能な限り勇敢に立ち向かおうとさせた。 電気船の鼻先を西に向けて、一周を開始した。

訳注[編集]