エジソンの火星征服/第8章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第8章[編集]

この警報は即座に惑星上の人々と残りの艦隊に伝えられた。 帰還した電気船の一人が小惑星に降り立ち、自分たちが見たものについて詳しく説明した。 彼の船は、火星の方向に最も遠くまで行った船であった。火星の方向に向かって航行していると、突然、赤みを帯びた惑星の方向から光り輝く物体が移動してきて、明らかに近づいてくるのを発見したのだ。望遠鏡で少し調べてみると、それは火星人が使っている投石機の1つであることがわかった。 我々の船は小惑星から遠く離れていたので、一瞬、警告に間に合うように戻ってこれるかどうか疑わしいと思われた。なぜなら、このような距離では小惑星の電気的影響は比較的小さく、その影響を有効にするために彼らが極性を反転させ、増感器を適用した後、彼らの動きは最初は非常に遅かった。 幸いなことに、しばらくすると彼らは十分な速度で走り出し、近づいてくる火星人が彼らを追い越す前に我々のもとに戻ってきた。 火星人はそれほどの速度ではなく、小惑星の微弱な重力圏に投げ入れるのに十分なだけの力で火星から投射したため、非常に穏やかに小惑星の表面に着地したのだと思われる。 実際、我々に警告を伝えてくれた電気船の後ろを見ると、すぐに火星人の発射物が近づいてくるのが見えたのである。それは太陽の光を受けて、黒い空に輝く星のように輝いていた。

敵に備える[編集]

隊員が惑星に着陸していない船には出撃準備の合図が出され、小惑星に着陸している船はそこでの戦闘に備えた。迫り来る火星人に向けて、何台もの破壊装置が訓練されたが、エジソン氏は「振動力を無作為に放出してはならない」と厳命した。 "彼らは我々がここにいることを知らないし、我々の電気船のように運動をコントロールすることができないと私は確信している。彼らは単に重力の力に頼っているのだ。火星の引力の限界を超えた彼らは、今度は小惑星の引力の中に入ってしまい、ゆっくりと地表に沈んでいくに違いない」。

火星人は止まれない[編集]

"私が確信しているように、電気的な引力や斥力を発生させたり制御したりする手段を持たない彼らは、自らを止めることはできず、小惑星に降りていかなければならないのである。生存者が地球から離れたように、爆発物を使って重力に逆らって弾丸を推進する以外には、ここまで来てしまった彼らは二度と逃げ出すことはできない。 "だから、ある程度までは彼らは我々のなすがままだ。彼らが静かに地球に着陸するのを待ってみよう。そうすれば、必要に応じて彼らを支配することができると思う」。 エジソン氏の心強い言葉と態度にもかかわらず、小惑星の上にいる人々は、非常に手ごわいと思われた弾丸が、ゆっくりと優雅な動きで地表に向かって沈んでいく間、恐るべき緊張感を味わっていた。どうやら、我々が立っている場所のすぐ近くに着陸しようとしているようだ。 搭乗者たちは、ちょうど我々の姿を見つけたようだ。彼らは驚きの表情を浮かべ、どうしたらよいか途方に暮れているようだった。彼らの船の前部から、少なくとも2つの磨かれたノブが突き出ているのが見えたが、その恐ろしさと威力がよくわかった。 何人かの隊員は、恐怖のあまりエジソン氏に向かって叫んだ。 "なぜあれを壊さないのですか?早くしないとみんな死んじゃうよ」。 "エジソン氏は「いや、危険はありません。彼らが準備をしていないことはおわかりでしょう。上陸するまでは攻撃してこないでしょう」。

火星人の上陸[編集]

そして、エジソン氏は正しかった。徐々に加速された速度で、しかし地球のような惑星に落下したときの速度に比べれば非常にゆっくりと、火星人とその船は地上に降りてきた。 我々は、彼らが小惑星に接触した地点から300フィートほど離れたところに立っていた。すると、船から十数人の巨人が飛び出してきて、しばらくの間、強い驚きの表情を浮かべていた。最初は、彼らが我々を攻撃するつもりがあるのかどうか疑われた。 我々は、分解装置を手にして警戒していたが、近くに停泊していた電気船からは、さらに数十台の恐ろしい武器が火星人に向けられていた。

指揮官の演説[編集]

突然、火星人の指揮官と思われる人物が、聾唖者が会話に使うような指の使い方で、身振り手振りで火星人に語りかけ始めた。 もちろん、我々には何を言っているのか分かりませんでしたが、1分後にはその意味が完全に分かりた。明らかに彼らは、自分たちが相手にしなければならない些細な見た目の他人の力を理解していませんでした。彼らは破壊的な武器を我々に向ける代わりに、我々を捕虜にするか、主力部隊で押しつぶすという明らかな目的を持って、走って前進してきた。 分解機に驚愕。 傍らのエジソン氏が手にしている分解装置の柔らかい音が、電送線を通じて耳に入ってきた。エジソン氏が集光鏡を少し上下に振ると、一瞬にして一番手前の火星人が消えた。彼の着ていた金属製の服の一部が、彼の立っていた地面に落ちたが、その振動数は分解装置に与えられた範囲に含まれていなかったのである。 驚いた彼の部下たちは一瞬立ち止まり、指揮官を探すかのように周囲を見つめた後、急いで自分の発射体に戻り、その中に消えていった。

"エジソン氏は、「今、我々は課題を抱えている」と言った。"自分のことは自分でやれ" エジソン氏が話している間に、火星人の船に搭載されている武器の死のツマミがこちらに向かって動き回っているのが見えた。あと少しで破壊用のボルトが発射されるところだった。 しかし、それが実現する前に、破壊装置の振動流によって宇宙空間に散逸してしまった。 しかし、そう簡単に勝利を得ることはできなかった。船内にはもう1台の戦争用武器があり、我々が集中砲火を浴びせる前に、その恐ろしい閃光が放たれ、12人の仲間が目の前で死んでしまったのである。 "早くしろ!早くしろ 早く!早く!」とエジソン氏は近くにいた電気専門家に叫んだ。"エジソン氏は近くにいた電気専門家に「早く!早く!」と叫んだ。つまみを狙って、絶対に外さないでください」。

火星人と地上人の凄まじい戦い[編集]

しかし、狙いが甘かったのか、振動力はノブからかなり離れた船の一部に落ち、大きな裂け目ができたが、武器には傷がなかった。 船の側面の一部が破壊され、振動エネルギーはそれ以上広がりませんでした。船の端から端まで掃除しようとしても無駄だっただろう。というのも、分解機が1回の発射で作用する時間は1秒を超えず、エネルギーをこれほど大きな空間に分散させると、抵抗する物質の原子を粉々にする力が著しく弱くなるからである。分解機は銃器のようなもので、1回放電すると再調整しないと使えないのである。 火星人は必死だ。 最初の破壊的な打撃の後、我々は急速に位置を変えていた。邪悪な目のように輝いていた磨き上げられたノブは、素早く我々の上に覆いかぶさるように移動した。本能的に、しかし無用心に、我々は集団で集まっていた。 一回の放電で、全員が永遠の中に吸い込まれてしまうのだ。

くすぐったい立場[編集]

"エジソン氏は、手にした分解機がまだ動かないのを見て、「誰も撃ってこないのか」と叫んだ。 この時、私は社内を見渡してみて、その光景に驚かされた。危険を前にして、多くの社員が自制心を失っていたのだ。半数の人が分解装置を地面に落としていた。他の人たちは、まるで凍りついたように立ち尽くしていた。狙いが甘かったために悲惨な結果になってしまった熟練の電気技師は、完璧な状態の器具を手にしていたが、口をぽかんと開けて、捕らえられた鳥のように震えていた。 電気工事士は頭を抱える。 不名誉な展示会である。しかし、エジソン氏は頭を下げてはいなかった。しかし、エジソン氏は頭を失ってはいなかった。何度も何度も分解器で恐ろしいつまみを見たが、振動力が反応しないのだ。 安全のための手段は我々の手の中にあるのに、不運と恐怖が重なって、使うことができないようだ。 あと1秒で全てが終わってしまうのではないか。 実際には、そのような状況は瞬きの間しか続かないが、何年も続いているように思える。 我慢できなくなった私は、麻痺している電気技師の肩を鋭く叩いた。彼の手から分解機を奪おうとしたのは、致命的な時間の浪費だった。幸いなことに、この一撃は彼の意識を呼び覚たか、あるいは彼の手が本能的に動いて小さな武器を作動させたのである。 狙っていたわけではないだろうが、幸運にも振動の力が目的の場所に伝わり、ノブは消えた。

助かった![編集]

我々は救われた! 即座に6人が火星人の船に駆け寄った。我々は彼らの急いでいる様子を苦々しく思ったが、彼らは悔い改めるために生きているわけではない。 我々が知らないうちに、火星人はハンド武器を持っていて、大きな機械のノブから発せられたものと同じ性質の死のボルトを発射することができた。彼らはこれを使って、いわば船の裂け目から発射したのであり、彼らに突進していた4人の部下が燃えカスとなって倒れた。この恐ろしい炎の効果は、地球上で最も強力な稲妻が時折発するようなものだった。 脅威となっていたノブが破壊されたことで、恐怖に襲われていた我が社の神経の圧迫が一気に緩和され、全員が落ち着きと自制心を取り戻したのである。しかし、この予期せぬ災害は、先日の恐怖に続いて第二のパニックを引き起こした。

不思議な効果とは[編集]

そして、我々がいる惑星の小ささがもたらす不思議な効果が、我々の冒険に顕著な役割を果たし始めた。直径わずか5マイルの地球の上に立っていると、まるで側面が四方八方に急速に傾斜している山の頂上にいるような気分になり、あたかも底知れぬ深淵からそびえ立つ巨大な峰のように、四方が黒い空に消えていく。 この地球の側面が急速に丸くなっているため、地平線はすぐ近くにあり、火星人が彼らを見ることができた約15フィートの高さからでも、250ヤード足らずの距離を走れば、逃亡者たちは小惑星の側面を下って地平線の向こう側に消えてしまったのである。我々の視界からはもっと早くに消えてしまった。 惑星のわずかな引力と、それに伴う体重のほとんどない状態のおかげで、彼らはものすごい速さで走ることができたのだ。その結果、後に知ったことだが、我々の視界から消えた後、彼らは惑星から完全に離脱した。惑星の重力から部分的に解放されるのに十分な力があったので、彼らは宇宙空間に飛び出し、端から端までどうしようもなく渦を巻いていたが、彼らが旅した楕円軌道によって、出発した側とほぼ反対側の惑星に再び戻ってきたのである。

敵を探す[編集]

しかし、我々数人は、エジソン氏とともに、火星人を分解機の範囲内に入れる機会をうかがっていた。幸いなことに、我々は少し左に位置を変えただけで、船の中に隠れている敵の目線から外れることができた。 "エジソン氏は、「もし彼らを見つけられなければ、彼らに当たる可能性を考えて船をいじるしかない」と言った。 "隠れている熊を殺すために茂みに向かって撃つようなものだ」と隊員達の一人が言った。 しかし、思いがけないところから救いの手が差し伸べられることになった。電気船の何隻かが戦闘中に我々の上に浮かんでいたのだが、彼らの指揮官は、敵を叩こうとして我々に怪我をさせることを恐れてか、どう行動すべきか迷っていたようだ。 しかし、ここにきて状況は明らかに好転した。彼らは我々が非常に不利であることを知り、何人かはすぐに火星人の船に砲台を向けた。 彼らは、我々よりもはるかに素早く、効果的に船を破壊した。振動弾の一撃一撃が船の側面に隙間を作り、その中の騒ぎから、敵が要塞の中で急速に虐殺されていることを感じ取ったのだった。

圧倒的な戦力と船の優位性により、わずかな時間ですべてが終わってしまったのだ。エジソン氏は、すべての抵抗が終わり、おそらく火星人は一人も生き残っていないことが明らかになったので、砲撃をやめるように合図した。 我々は船に近づいた。船は四方八方が透明になり、残った部分は原子の振動が広がったために熱を帯びている。すぐに予想が的中して、敵はすべて消滅したことが分かった。 分解機の効果は、詳細を述べることができないほど恐ろしいものであった。中には完全に消えてしまった遺体もあったが、最初に殺された火星人のように、彼らが身につけていたある種の金属品だけが、そのような存在があったことを示していた。その金属の性質は我々にはわからなかった。明らかに、その金属の振動リズムは、分解機の通常の範囲に含まれるものとは一致しなかった。 分解機の恐るべき効果。 巨人の中には、振動流が巨人をかすめただけで部分的にしか破壊されていないものもあったが、そのような場合には、粉々になるようなうねりが体全体に作用することはなかった。 地上の戦場に特有の恐怖感を与えるものの一つ、流血がない。振動エネルギーは、落ちてきたものを完全に破壊するだけでなく、バラバラになった体の静脈や動脈を焼いたので、その殺人的な仕事に関連した血なまぐさい展示がなかったのである。 この間、手錠をかけられた火星人は、我々が残した場所に仰向けになっていた。彼の気持ちは想像に難くない。時折、彼の目が荒々しく転がり、勝利が我々の手にあることを知ったときに、彼の魂を揺さぶる恐怖と恐れのまだ現れていない兆候を示しているのが見えた。 "私はエジソン氏に「あいつはついに恐れている」と言った。 "私はエジソン氏に、「あいつはついに恐れたな」と言ったが、「そうだな、恐れるべきだな」という答えが返ってきた。 "しかし、もし私が間違っていなければ、彼のこの恐怖は我々にとって新しい発見の始まりかもしれません」。 "どのように?"とエジソン氏は尋ねた。 "とエジソン氏が尋ねると、「こういうことです。彼が我々の力を恐れ、たとえ自由であっても我々に対抗できる見込みがないことを認識すれば、彼は我々を尊敬するでしょう。このような彼の精神的態度の変化は、彼をコミュニケーション能力のある人間にしてくれるでしょう。我々が彼から彼の言語を学ぶことを絶望視する理由はないだろう。そうすれば、彼は我々のガイド兼通訳としての役割を果たし、我々が火星に到着したときには計り知れないほどの利益をもたらしてくれるだろう。" "資本!資本!資本!」とエジソン氏は言った。"エジソン氏はこう言った。「我々は会社の言語的才能をすぐにこの問題に集中させなければならない」と。

脱走兵の帰還[編集]

そうこうしているうちに、先に紹介した逃亡者のうち何人かが戻ってくるようになった。その中には、恥ずかしながら、陸軍士官だった者もいた。しかし、彼らが恐怖に打ちのめされたことについては、何らかの言い訳ができるかもしれない。自分が経験したことがないだけでなく、ほとんど想像もつかないような状況下での行動の責任を、同胞に問う資格は誰にもなかった。 自分たちの置かれている状況が前例のない特異なものであることを突然理解して、麻痺したような恐怖に襲われたのは明らかである。地球から何百万マイルも離れた小惑星の上で、欠陥のある惑星から来たこの極悪非道なモンスターに直面し、彼らは奇妙な死の苦しみで彼らを滅ぼそうとしていたのだ。おそらくそれは、人間の周囲の支援を失った人間の本性が耐えられる以上のものであった。 すでに説明したように、あまりにも速いスピードで走ったために、不本意ながら宇宙空間に投射され、惑星の表面から楕円形の軌道で上昇し、天空とも呼べるような大きなカーブを描いて、再び別の側の小さな地球に戻ってきた人々は、自分たちの驚くべき冒険の不思議さに心を奪われ、それを引き起こした恐怖をほとんど忘れてしまっていた。 小惑星の重力の法則を考えた瞬間に彼らに起こったことは、何も驚くべきことではなかったが、彼らの話を聞いた人は皆、強い興味を持ったのである。 ケルビン卿は特に興味を持ち、エジソン氏が小惑星を出て火星への航海を再開する準備を急いでいる間に、ケルビン卿をはじめとする多くの科学者たちが一連の驚くべき実験を行った。

空っぽの空間に飛び込む[編集]

気密服に身を包んだケルビン卿が、何もない空間に大ジャンプしているのを見るのは、想像しうる最も滑稽なことの一つであった。ケルビン卿(当時はウィリアム・トンプソン)とブラックバーン教授がケンブリッジ大学の学部生だった頃、夏休みに海辺で過ごした時のことを強烈に思い出した。彼らは、「歳差運動」という数学的問題の実用的な解決策を得るために、浜辺で丸い石を回転させて、見物人を驚かせていたのだった。

すぐにケルビン卿の真似をして、他の十数人も真似をした。彼らはわずかな力で自分の体をまっすぐ上に向け、400フィート以上の高さまで上昇した後、ゆっくりと小惑星の表面に戻っていった。上昇と下降を合わせた時間は3分から4分であった。 この小さな惑星では、重力加速度、つまり落下物が1秒間に獲得する速度は、わずか5分の4インチである。この小さな惑星では、重力加速度、つまり落下体が1秒間に得る速度は5分の4インチしかなく、1分間で120フィートの距離を落下することができる。したがって、落下するというよりも、徐々に沈んでいくという感じである。このようにして上昇したり沈んだりする科学者たちの姿は、まるで空気の入った瓶の中で上下に揺れる巨大なマリオネットのように見えた。 "エジソン氏はこの実験に非常に興味を示し、「やってみよう」と言った。

愉快な体験[編集]

二人で一緒に飛びた。最初は勢いよく、しかしだんだんスピードが落ちてきて、地面からまっすぐに巨大な高さまで上がりた。限界に達したとき、我々は一瞬休んだように見えたが、その後、ゆっくりと、しかし加速度的に、再び惑星に沈み始めた。これは独特の感覚であると同時に、とても美味しい感覚であった。電気船は直ちに出発の準備をするようにとの厳しい命令が出されていたが、我々全員は、重力があまりにも微小な状態になってしまった世界で、この新しい種類の運動を楽しむために、いつまでも留まっていたかもしれない。 出発の最終準備をしている間に、ケルビン卿は他の実験を行ったが、その結果もまたユニークなものであった。火星人の近くから逃げ出して、意図せずに楕円軌道で飛行した人々の経験から、火星の表面から様々な方向に固体の物体を投げて、その距離と帰還時の曲線を決定することを提案したのだ。 死をもたらす惑星、火星がいよいよ手に入った この実験のためには、火星人の鉱山から採取した金の塊ほど便利で豊富なものはない。そこで、金塊を様々な方向に、あらゆる速度で投げた。少し計算してみると、金塊の1つに毎秒30フィートの初速度を与え、小惑星の半径と直角に動かすと、ほとんど評価できない大気の抵抗を無視すれば、金塊は小さな衛星になり、小惑星の周りを回る軌道を描き、永遠に、あるいは少なくともわずかな大気の抵抗で地表に降りてくるまで、それを続けるのに十分であることがわかった。 しかし、秒速30フィート以下の速度では、金のミサイルは一周しかできず、それ以上の速度では、円ではなく楕円の軌道になり、この楕円の中で衛星の性質で小惑星の周りを回り続けることになります。 もし、最初の衝動の方向が小惑星の半径に対して直角以上であれば、飛翔体は楕円軌道を描いて多かれ少なかれ宇宙空間に出て行き、最終的には再び戻ってきて小惑星に落下することになるが、出発した場所と同じ場所ではない。

興味深い実験[編集]

科学的なデモンストレーションというよりも、むしろ野外スポーツのような様相を呈しているこの奇妙な実験には、非常に多くの人が参加したので、我々は短時間のうちに、この小惑星に非常に多くの金の小さな月または衛星を用意した。これらの衛星は、様々な楕円度の軌道で小惑星の周りを回転し、平均して一周するのに約4分の3時間かかった。一周すると必ず出発点を通過するので、軌道上を旋回する彼らに倒されないように、我々は常に気を引き締めていた。 ついに乗船の合図があり、科学者たちは名残惜しそうに科学的な遊びをやめて、電気船に戻る準備をした。 出発間際になって、紙の上でちょっとした計算をしていた一人が、小惑星の引力から永遠に逃れ、どの方向にも無限の距離を進むために体を投げ出さなければならない速度は、1秒間に約42フィートしかないという事実を発表した。 我々が手にしている金の塊に、そのような速度を与えることは、明らかに容易である。

地球へのメッセージ[編集]

"ひとりの人が「万歳!」と叫んだ。"この金塊を地球に送ってみよう」。 "地球はどこですか? 呼びかけられた数人の天文学者は、太陽の方向に目を向けると、そこには黒い大空に星が輝いていて、すぐに地球の星が輝いていることに気がついた。 "一人が「あれが地球だ。真っ直ぐ投げて当たるかな? "すぐに何人かが巨大な金塊を遠く離れた世界の方向に投げた。少なくとも必要な秒速42フィートの速度を与えようとした。 投げ手の一人は、"古い地球に乾杯 "と言い、"幸運を、そしてより多くの金をあなたに!"と言った。 この貴重なミサイルが地球に到達したとしても、流星のように大気中に突入し、おそらく地面に着く前に熱で溶けて金色の蒸気となって散ってしまうことはわかっていた。 しかし、その中のいくつかは、もし目的が本当ならば、大気中の炎のような通過を生き延びて、地球の表面に落ち、もしかしたらその後、探鉱者に拾われて、新たな大当たりを打ったと思わせる可能性があった。 しかし、我々が母なる惑星のために宇宙に打ち上げた黄金の贈り物がどうなったのか、地球に戻ってくるまで知ることは不可能である。

訳注[編集]