エジソンの火星征服/第10章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第10章[編集]

最初は、敵の監視の目からより効果的に逃れるために、さらに高いところまで上昇し、その後、西に向かって数百マイル急速に移動した後、再び惑星の表面の簡単な目線の範囲内に降下して、調査を開始したのである。 これまで述べてきたように、我々が火星に到達したとき、最初に火星の表面に近づいたのは、南半球の南緯45度、東経75度の地点であった。我々の下には「ヘラス」と呼ばれる土地があり、このヘラスの土地の上に、火星の航空隊が突如として現れたのである。 西に向かって進んだ我々は、惑星の上空で、暗い海に囲まれた「ノアキア」と呼ばれる楕円形の土地を通過した。地表に近づいたので、火星の赤道に向かってコースを変更した。 地球上の天文学者が「デゥカリオンの領域」と呼んでいる、半分溺れたような不思議な大陸を通過し、さらに別の海や湾を越えると、5マイルほどの高さで、東西に少なくとも3,000マイルの幅を持つ大きな大陸の上に浮かんでいることに気がついた。 この光景は息を呑むような面白さだった。 "素晴らしい!素晴らしい!" "誰も信じられない!" そんな声があちこちから聞こえてきた。 我々が最初にヘラスの上空に吊られて北、北東、北西の方向を見ていたとき、我々は遠くにこれらの大きな赤い地域のいくつかを見て、それらが交差している不思議な運河のネットワークを認識していた。しかし、それは遠くて不完全な眺めだった。 しかし、それは遠く離れた不完全な光景であった。しかし、実際にこれらの特異な土地の真上に立ってみると、その壮大なパノラマは想像を超えるものであった。 地上からは、眼下の大陸を横切る主要な運河のうち十数本が見えていたが、我々が見たのは何百本、いや何千本もの運河である。 それは、灌漑と保護を目的とした二重のシステムであり、天文学者の中でも最も大胆な推測をした人が想像したよりも、その完全性においてはるかに驚異的なものだった。 "火星が赤いのは、火星の土と水があるからだ。"火星が赤いのは土壌や植物が赤いからだ」と。 確かに見た目はその通りである。 緑の木もなければ、緑の草もない。どちらも赤で、均一な赤ではなく、非常に多様な色合いを呈しており、非常に鮮やかな効果をもたらし、我々の目を眩ませた。 しかし、何という木!何という草 そして、何という草だろう。そして、何という花!?

巨大な植生[編集]

我々の望遠鏡によると、小さな木でも高さが200フィートか300フィートはあるだろうし、平均の高さが少なくとも1,000フィートはあるだろう巨人の森もあった。 "冒頭に引用した熱狂的なファンは、「これでいいんだ」と叫んだ。"そうだろうと思っていた。木が大きいのは、人間と同じ理由で、地球よりも重力が小さいから、重くて立てなくなることなく大きくなることができるんだ」。 火星には金属製の建物しかないようだ。とにかく、石や木が使われていても、その両方が金属板で完全に覆われている。 これにより、この惑星の戦争的な側面が非常に強調された。確かに戦争的であった。いたるところに要塞化された基地があり、そこにはヘラスの国で見たような、磨かれた雷撃機のツマミがずらりと並んでいた。 エドムの地から、地球の赤道の真上に位置し、西に顔を向け、エリトラエウム海を迂回して、インダス川と呼ばれる広い運河が海に注ぐ場所の上に到着した。 我々の目の前には、北西に向かって伸びるクリュセ大陸が広がっています。広大な赤い大地は楕円形で、無数の運河に囲まれ、横断されています。クリュース大陸の大きさは1,600マイルを下らず、ここにも巨大な生物が生息していることがわかる。 しかし、クリュセの土地の大部分は夜の影に覆われていた。急激な西への移動で太陽を追い越した我々は、眼下の惑星の表面で昼と夜が出会う場所に到着した。 後ろは太陽の光で輝いていたが、目の前の火星の顔はだんだんと暗くなって消えていった。闇の中には、夜のカーテンの向こう側に、地下の町や都市を照らすために使われていると思われる見事な光線が見える。 我々は、夜明け前の暗い時間帯に住民が深い眠りについているであろうクリュセ大陸の一部を、2~300マイルにわたって夜の中を進みた。しかし、いたるところで見事な光のかたまりが星座のように地面に落ちていて、地球と同じように決して眠らない大きな町の跡を示していた。 しかし、この光景は奇妙で美しいが、我々が求めている情報はほとんど得られなかった。 そこで、昼と夜を分ける薄明かりの時間帯まで東に引き返し、その地点で火星の上に空中停止し、火星の自転を利用して目の下で転がる火星の地球の全周を連続して見ることにした。 火星の自転は地球の自転よりもわずかに長い周期で行われるため、火星の世界の昼と夜の長さは地球のそれよりもわずか40分ほど長いだけである。 このように火星の上空で、いわば夜明けの線上に浮遊していれば、住民の目には特に気づかれないと考えたのだ。天文学者であっても、夜明けの瞬間に目を覚ますことはないだろう。住民のほとんどは、我々の真下を通過する惑星の部分ではまだ熟睡しているだろうし、起きている人も空に予期せぬものが現れるのを見ようとはしないだろう、と我々は確信していた。 また、我々の高さは非常に高く、飛行隊の数にかかわらず、惑星の表面からは容易に見えず、もし見えたとしても、高く飛んでいる鳥と間違われるかもしれない。

火星が眼下を通過[編集]

我々は24時間ずっとここに留まり、夜から昼へと移り変わる火星を足下に次々と見ていった。クリュースの地、タルシスの大大陸、地球上の困惑した天文学者が「ゴルディアスの結び目」と名付けた運河が交差する不思議な地域、メムノニア、アマゾニア、アイオリアの大陸地、トリヴィウム・カロンティスと呼ばれる何百もの巨大な運河があらゆる方向から集まってくる不思議な中心地。私の記憶では、1889年に地球から見えるほどの大洪水で半分が覆われたリビア大陸、そして最後に、ヘラスの地の真南に位置するシルティス・マジョールの長くて暗い海である。 我々全員が経験した興奮と興味は非常に大きく、驚くべき24時間の間、誰も一睡もしなかった。 我々が行った数多くの素晴らしい観測の中で、特別に興味深いことが1つ2つあった。 クリセの地のすぐ西には、より小さなオフィールの地があり、その中にジュベンテ・フォンスと呼ばれる特異な場所が存在する。天文学者がある種の予言的な直感で命名したこの「青春の泉」は、後に火星で最も驚くべき驚異の一つであることが判明した。 さらに西へ、そしてタルシス大陸から北へ行くと、巨大な楕円形の土地タウマシアがあった。その中心には、有名な「太陽の湖」があった。直径500マイルにも満たない円形の水域で、そこから船輪の輻のように何十もの大きな運河が縦横無尽に走り、南と東を取り囲む海とつながっていた。 この南緯25度、西経90度の位置に存在する「太陽の湖」は、その後の我々の冒険に大きな役割を果たすことになった。この惑星の人口の中心地であることは、最初から明白だった。

一周を終えて[編集]

火星の地球を一周した我々は、新大陸の発見者が経験するのと同じ気持ちで、すぐに元のヘラスの地の上に戻った。 しかし、実際には、そこでは敵が我々を監視していたのである。我々は、足元で繰り広げられる大スペクタクルに夢中になって、彼らのことを忘れかけていた。 もちろん、彼らが最初に我々を見た場所に近づく際には、もう少し慎重になるべきだった。 しかし、いずれにしても、彼らは我々を見たのだから、再び奇襲をかけようと考えるには遅すぎたのだ。 彼らの方も、今まで経験したことのないような驚きを我々に用意していた。 彼らの船が大気圏のはるか下で再び集合しているのを見て、惑星の表面で何か異常なことが起こっている証拠を見つけることができると思ったのだ。 突然、船や地上のあちこちから、目に見えない流れに乗って、大量の黒い煙や蒸気が空中に舞い上がり、その下にあるすべてのものが見えなくなってしまったのである。

南へ、北へ、西へ、東へと黒のカーテンは急速に広がり、我々の目が届く範囲の惑星の顔全体と、我々の下に群がる飛行船がすべて見えなくなってしまったのだ。 火星は、敵に追われたときに、突然インク状の液体を噴出して背後の水を暗くし、敵の目から逃れるイカのようなゲームをしたのだ。

大煙雲[編集]

我々の戦士は火星人を恐れる価値のある敵と考えている。 人間の目は、このような光景を見たことがなかった。 数分前には美しく人口の多い惑星の太陽の顔が我々の眼下に輝いていたのに、今では黒くてうねる雲しか見えず、大西洋航路の定期船が新しい石炭を焚いたばかりの時に噴き出すネズミ色の煙のようにあちこちで膨らんでいる。 ある場所では、煙は巨大なジェットで数マイルの高さまで吹き上がり、別の場所では、真っ黒な巨大な渦巻きとなって渦を巻いていた。 その下にある隠された世界を見ることはできなかった。

火星は戦場の仮面をかぶった[編集]

火星は戦争の仮面をかぶっていたが、その様相は実に恐ろしかった。 というのも、我々の下にある渦巻きの一つから煙が突然巨大な空中の山になって積み重なり始めたからである。 この謎の煙の正体が何であるかを知らない我々は、それが単なる惑星の盾ではなく、生命を破壊するものではないかと恐れ、まるで疫病の蔓延を前にしたかのように、その前から逃げ出した。 旗艦の真下では、意欲的な煙のピークの1つが、最も前兆のある速さで成長し、我々の努力にもかかわらず、少しの間にそれは我々を包んでいた。

息の詰まるような煙[編集]

何人かが電気船の甲板に立っていた。電気船の甲板に立っていた数人は、煙に押しつぶされそうになり、やむなく船内に避難したが、電灯が点くまでは、眼球が圧迫されるほどの真っ暗な闇が広がっていた。 しかし、この短い経験で、恐ろしくもあったが、我々は一つのことを学びた。煙は首を絞めて殺してしまうが、その性質には特別な毒はないということだ。この事実は、今後の活動に役立つかもしれない。 "これでは計画が台無しだ」と司令官は言った。"このままここにいても仕方がない、どこまで広がるか見てみよう」。 このようにして、大気の常識的な限界を完全に超え、煙が到達できる最高点をはるかに超えたのである。 この圧倒的な高さから、我々の視線は火星の表面を四方八方に向かって膨大な距離に渡って広がっていた。どこも同じような光景で、惑星全体が煙に覆われているのがわかる。

素晴らしいシステム[編集]

完全な電信システムが火星上のすべての戦略的地点を結んでいることは明らかであり、中央局からの信号で、素晴らしいカーテンが惑星の表面全体に瞬時に引き出されることができた。 火星のどの部分も覆われていないことを確認するために、我々は再び煙雲の上層部に近いところまで降下し、火星を完全に一周した。夜側には煙がなく、降下できる可能性があると考えていた。 しかし、火星の太陽に背を向けた側に到着すると、以前に火星の夜の半球を訪れたときのように、眼下に鮮やかな電飾の集団や群が見えなくなっていた。すべてが暗かった。 それどころか、大きな煙の殻が惑星を完全に隠してしまい、煙の殻が占めていた場所は、天空の巨大なブラックホールにしか見えなかった。 太陽は煙の後ろに隠れており、煙があまりにも濃いために太陽の光さえも通すことができず、その結果、隠された惑星の周りには大気の後光が見えないのである。 空にはたくさんの星が輝いていたが、火星の方向に目を向けると、その無数の星は忽然と姿を消した。大きな黒い球体は、それらを見えないまま消し去ってしまったのだ。

攻撃の試みは失敗に終わった[編集]

"どうやらここでは何もできないようだ」とエジソン氏は言った。"昼間の方に戻ろう」。 そして、化学者の一人の提案で、煙幕の表面に近づき、もう少し詳しく調べてみることにした。 旗艦は煙の中に深く入り込み、1分間、再び夜に包まれた。煙の一部はガラス瓶に閉じ込められた。

この開口部から、下には鮮やかな光の輝きが見えた。 ヒットしたのだ。 "太陽の湖だ!」と、その位置を発見した計算をした天文学者が叫んだ。 確かにそれは太陽の湖であった。放電によってできた雲の隙間は大きくはなかったが、そのおかげで湖の湾曲した岸辺の一部を見ることができ、そこには電飾が施されていた。 我々の射撃が、雲のカーテンに円形の穴を開けただけで、損害を与えたかどうかは分からない。なぜなら、すぐに周囲の黒煙が穴を埋めるように立ち上がったからだ。 しかし、我々が目にした太陽の湖とその周辺の都市の上空には、2~3隻の大きな飛行船が宇宙空間に浮かんでいるのが一瞬見えた。そのうちの一隻が放電に触れてふらふらしているように見えた。しかし、雲が急速に迫ってきたので、確信は持てなかった。

雲を貫く[編集]

いずれにしても、我々が実証したのは、雲のシールドを突き抜けて、火星人の隠れている場所にたどり着けるということだった。 旗艦からの最初の発射を合図にして、他の全艦の砲火を同じ場所に集中させることがあらかじめ決められていた。 しかし、少し躊躇してしまったため、他の戦隊の分解機が作動するまでには、半分ほどの時間が経過していた。

火星人の人工太陽[編集]

その時、突然、眼下の雲の中で大きな騒ぎが起こった。雲は四方八方から叩かれ、投げつけられ、ふるいのように100個近くの大きな円形の穴が開いているようだった。その穴からは、惑星の表面の広い範囲がはっきりと見え、その上には多くの飛行船が浮かんでいて、無数の電灯の光がそれを照らしていたのである。火星人はカーテンの下に人工的に日を作っていたのである。 この時、その一撃が効果的であったことは疑いの余地がない。半分に破壊された4、5隻の飛行船は、地面に向かって真っ逆さまに転がり落ち、遠く離れた我々の目から見ても、湖畔の密集した建造物の中で恐るべき行為が行われたことを示す紛れもない証拠があった。

我々の船には新型の分解機が1台しかなく、また新たな放電のための調整に1分ほどかかるため、一撃を加えた後はしばらく活動を停止していた。その間、雲のカーテンは、分解機の集中的な放電によってズタズタになったものの、すぐに均一な黒いシートに戻り、すべてを隠してしまった。 旗艦の分解機が再び発射される準備をしていた時、突然、地下の黒い空間から巨大な電気ビームが飛び出してきた。 それは我々の攻撃に対する火星人の返答であった。

我が軍に壊滅的な打撃を与える[編集]

電装船のうち3、4隻が深刻な被害を受け、旗艦のそばにあった1隻は色が変わり、枯れて倒れた。 また何人もの仲間がいなくなったが、まだ戦いは始まっていない。 負傷した他の船に目をやると、今のところ戦闘不能ではあるが、被害はそれほど大きくない。 我々の戦いの血は今、沸騰しており、我々は損失を数えるために長い間立ち止まることはなかった。 "煙の中へ!」の合図で、行動可能な状態で残っていた90隻以上の電気船がすぐに下に向かって発射された。

訳注[編集]