エジソンの火星征服/第6章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第6章[編集]

月を出てから1日か2日後、我々は、流星との遭遇よりもはるかに大きな危険にさらされた宇宙の住人との別の冒険に遭遇した。

飛行船は仕切られていて、内部の一部を暗くして寝室として使えるようになっていた。そこでは、飛行船の隊長が定めた規則に従って、遠征隊の各メンバーが順番に24時間のうち8時間を過ごし、できれば寝て、できなければ多かれ少なかれぼんやりとしながら、夢の中の創造物よりもはるかに信じられないような素晴らしいものを見たり、やったりしていることに思いを馳せていた。

ある朝、窓の一つからチラッと見て、暗い部屋から定期的に出てくる私の時間を朝という名前で呼ぶことができるならば、私は黒い空に鮮やかな彗星を見て驚いた。

彗星との遭遇[編集]

大航海を終わらせそうになった、手に汗を握る出会いの物語[編集]

私が知っているような周期的な彗星は、この時点では太陽に接近していなかったし、我々が地球を離れる前に観測所からは、この種の太陽に向かって進んでいる見知らぬ彗星は発見されていなかった。しかし、ここには紛れもなく彗星が太陽に向かって突進してきていて、その後ろには大きく光る尾を出して、我々のすぐ近くまで来ていたので、私はその彗星が空の上でほとんど動かずにいるのを見て不思議に思った。この現象はすぐに私に説明されたが、その説明は非常に不穏なものだった。

旗艦からだけでなく、他の隊員からも見知らぬ天体を察知されていたので、私が今知ったように、近くを離れようと努力していたのだが、なぜか電気装置が完全に動かず、何か不思議な外乱力が作用していたようで、実際に彗星と接触するどころか、彗星の影響圏に落ちてしまうという事態を避けることができなかったのである。

彗星の後に[編集]

実際、私は数時間の間、中隊が彗星の航跡の中を引きずっていたという情報を得たが、それはまさに、傷ついたクジラを曳航する船が時々曳航されるようなものだった。彗星の頭を構成する流星体の衝突塊に影響を与える電荷の偏心した変化が継続的に起こっているため、彗星の影響から逃れることは不可能であることが判明した。

一瞬にして船は撃退され、その後すぐに再び引き寄せられ、こうして船はあちこちに引きずり回されたが、彗星が彼らにかけた目に見えない鎖からは逃れることは不可能だった。彗星は太陽に向かって猛烈な速度で移動しており、その結果、我々は遠征の目的から離れたところに再び連れ戻され、不本意な虜囚の身である我々を燃え盛る太陽炉のすぐ近くに引きずり込んだときには、蒸気の中に散ってしまうかもしれないという見通しを持っていた。

最も冷静な頭脳の持ち主でさえ、この恐ろしい緊急事態で自制心を失った。経験や想像力で考えられるあらゆる装置が試みられたが、何もできなかった。彗星の尾部を構成する電子化された原子が、巨大な蒸気船からの煙の噴煙のように、その進路をたどる海鳥たちの上を漂うように、隊員たちの上を行ったり来たりしながら、我々は突進していった。

これは終わりか?[編集]

"これで全てが終わるのか?これが摂理が我々に与えた運命だったのだろうか?地球の希望は、このようにして滅びるのだろうか?探検隊は破滅し、その運命は出発した惑星には永遠に知られないままなのだろうか?そして、我々が最後に近くで見たときには、我々にはとても公平に見えた愛すべき地球は、その防衛のために我々が最後の息を過ごすことを決意していたのに、空にいる無力な敵のなすがままにされてしまうのだろうか? とうとう我々は自分自身を見失ってしまったのである。この恐ろしい、見向きもされない敵の悲惨な掌握から自分たちを解放する術は存在し得ないかのように思えた。

すべての希望をあきらめる[編集]

彗星が太陽に近づくにつれ、その電気エネルギーは急速に増大し、望遠鏡でそれを見ていると、我々はその彗星から目を離すことができず、その核の中で起こっている恐ろしいものをはっきりと見ることができた。

それは、個々の大きさはさほど大きくないが、互いに絶えず運動している無数の別々の流星で構成されており、互いに飛び回り、衝突したり、衝突したりしている。

地獄の飛行[編集]

私は目を離すことができずにそれを見ていると、燃えるような流星の中に想像上の姿が現れているのが見えた。彼らは苦悩している生き物のようで、腕を振り回し、その態度で自分を襲った恐ろしい運命を嘆き、彼らが見せた拷問のパントマイムで私の血をかなり冷やしていた。私は、地球についてよく聞いた古い迷信を思い浮かべて、叫んだ。"そうだ、確かに、これは空飛ぶ地獄だ!"と叫んだ。

彗星の電気活動が増加するにつれて、その継続的な電位と極性の変化がより頻繁になり、電気船は以前よりもさらに大きな混乱を伴って飛び回った。時折、そのうちの一隻が突然の衝動に駆られて、彗星の核に向かって突進してきて、乗組員全員を足元から投げ飛ばすような勢いで、全員が船の床に寝転んでいる間に、彗星は必然的に瞬時の破壊に向かって突進してきたように見えた。

破滅の瀬戸際で救われる[編集]

その後、制御装置と格闘している電気技師の必死の努力によって、あるいは彗星の極性の別の変化によって、船は破滅の瀬戸際で救われ、差し迫った危険からよろめきながら逃げ出すことになった。

このようにして、捕獲された中隊は、揺さぶられたり、あちこちに飛んだりしながら、彗星から十分に離れて、その致命的な引力の鎖を断ち切ることができなかった。

地球が再び![編集]

我々の興奮があまりにも大きかったので、また、恐ろしい危険に完全に取り込まれていたので、彗星が我々を運んでいた正確な方向には気がつかなかった。旅の目的地が太陽の炉であることだけで十分でした。しかし、その時、旗艦の誰かが叫んで、我々の宇宙での状況をより正確に認識させてくれた。

"なぜだ、そこには地球がある!"

火星での大戦争では、手に汗を握る冒険が繰り広げられる[編集]

大陸と雲、水のような輝きを放つ海が、我々の目の前に広がっていた。

「彗星にぶつかるぞ!」と誰かが叫んだ。"彗星が地球に突っ込んでくるぞ!」と誰かが叫んだ。

最初はそのような衝突は避けられないと思われたが、彗星の運動の方向が地球をかすめる可能性があるものの、実際には地球にはぶつからないことが判明した。

そして、そうして、魔法の影響から逃れることができない電灯の周りを回る巨大な昆虫の群れのように、我々の船は、地球に鞭打たれて、通り過ぎて、破壊への迅速な旅を続けるために進みました。

予期せぬ援助[編集]

"神よ、これで助かった "と突然エジソン氏は叫んだ。

"何が?"

"地球だよ、もちろん。彗星が大惑星に近づくと、後者の優れた引力が我々を掴んで、その掴みから我々を奪い取り、そうして我々は脱出することができる。

エジソン氏の予測通りでした。落下する流星の炎の中で、彗星は地球の大気圏の外側の限界を席巻して通過した。揺れる船は、何をすべきか信号で指示されていたので、必死に電気機械を使って引力を逆転させ、母なる地球の腕の中に身を投げ出した。

大西洋を越えて[編集]

別の瞬間には、我々は皆自由になり、はるか下の朝日に輝く大西洋の静かな雰囲気の中で落ち着いた。

我々はお互いに驚きの表情を浮かべました。これが我々の航海の終わりだったのである。これが我々の戦争のような事業の完成であった。我々は世界を征服するために出発したが、不名誉なことに彗星の列車に引きずられて戻ってきたのだ。

我々が守り守ろうとしていた地球は、彼女自身が保護者となり、彼女の強い腕を伸ばして、彼らが招いた破壊から彼女の愚かな子供たちを奪い取った。

遠征隊のメンバー全員の悔しさを表現するのは不可能だろう。

恥ずかしさを感じた[編集]

電気船は急速に集合して空中で宙を舞っていた。恥ずかしいという普遍的な感情が、彼らを惑星の表面に着陸させないこと、そして可能であれば惑星の住民に何が起こったかを知らせないことを決定させた。

しかし、それでは遅すぎた。慎重に下を見てみると、運命が我々を原点に戻してくれたことが判明した。その時、我々にできることは何もなく、下に降りて状況を説明することだけだった。

我々が出発してから2週間も経たないうちに、勝利の栄冠を手にすることなく、再び我々が戻ってくるのを見たときの、地球の住人たちの驚きと落胆を描写することを約束して、私の物語を遅らせるわけにはいかないだろう。

最初は我々が勝利を収めて帰ってくると期待していたが、我々が話しかける距離に近づいた途端に質問攻めにあった。

"鞭を打ったのか?"

"何人失った?"

"これ以上の危険はあるか?"

"フェイクス、火星から来た男の一人を捕まえたか?"

しかし真実が語られた時 彼らの喜びと面食らった表情は 泣き声に変わった

地球上での短い滞在[編集]

我々は、詳細を説明する心がなかったので、それを短い物語にした。月面に埋めた不幸な仲間の話をし、アリストルクスのクレーターで集めた素晴らしい結晶を展示したときには、満足感を得た。

エジソン氏は、彗星を追いかけてのワイルドな追跡の間に多かれ少なかれ深刻に狂ってしまった車の電気機器をテストするのに十分な時間だけ停車して、火星に向けてまっすぐに出発することを決意した。

火星の神秘的な光[編集]

我々の出発以来、望遠鏡で火星を観察していた天文学者達は、神秘的な光が目に見える状態が続いていると報告したが、地球へ向けた別の遠征の開始を示すものは何も見られなかったと報告した。

24時間以内に2回目の出発の準備が整った。

月はもはや我々を助ける位置にはなかった。月は火星と地球の間の直線から外れてしまったのだ。

我々の頭上、天の中心には、我々の旅のゴールである赤い惑星が輝いていた。

速度と飛行方向の必要な計算が繰り返され、船はすべての準備ができていたので、我々は直接火星に向けて出発した。

より入念に準備が行われた[編集]

船が大気圏の上限に達したとたんに、大気圏を通過する際の摩擦によって発生する熱で船が消耗する危険がなく、迅速に動くことができるように、中隊の各メンバーに巨大な電気の電荷が与えられた。

一度、この途方もない電気的な蹴りで動き出してしまえば、我々の動きに抵抗する大気がなくても、火星の表面近くに到着するまでは、偶然の遭遇を除けば、同じ速度を維持することができるはずだった。

大気から解放され、船が地球から遠ざかっていくとき、我々ができる最高の速度で、彼らに与えることができたとき、我々の速度を決定するために、星の観測が行われた。

秒速10マイル![編集]

これは1秒に10マイル、つまり1日に86万4,000マイルであり、我々が月に始めて旅行した速度よりもはるかに大きな速度であることが判明した。仮にこの速度が均一で、既知の抵抗がないと仮定すると、42日弱で火星に到着し、地球からの距離は約3,600万マイルとなる。

何日もの間、我々の旅を中断させるようなことは何もなかった。我々は見知らぬ環境に慣れ、多くの娯楽を提供して時間をつぶすことができた。遠征に参加した天文学者たちは、新しい視点から星や他の天体の様子を研究することで、多くの仕事を見つけた。

火星に接近[編集]

約35日が過ぎた頃、我々は火星に接近した。小さな望遠鏡ではありましたが、非常に大きな力を持っていた。

虎を狩る者が密林に接近するように接近したこの世界の表面は、徐々に我々の目の前に姿を現してきた。我々は、火星での新たな発見を待ち望んでいた。

しかし、我々が予想していなかったことが待っていました。火星人が住んでいる世界に到着する前に、火星人に出くわした。

火星が主な球体として現れた天の四分の一に輝く星の中に、我々の進路に直接横たわっている星が存在した。

小惑星[編集]

"それは小惑星だ "と誰かが言った。

"そう、その通りだが、どうやって火星の軌道の中に入ってくるのだろうか?"と、天文学者の一人が答えた。

"ああ、いくつかの小惑星があります "と、天文学者の一人が言った。"火星の軌道の一部に沿って、火星の軌道の内側に入ってきた。

"これはその一つに違いない"

"そのようだ"

我々が近づくにつれ、神秘的な小さな惑星は、完全に形成された直径5マイル以下の地球として我々の前に姿を現した。

大小惑星に近づく[編集]

それは星の側面から変化し、徐々に拡大し、すぐに小さな惑星の形で自分自身を提示した。

"それは何ですか?"とケルビン卿はガラス越しに小さな世界に目を細めて尋ねた "私が生きている限り、それは動いている"

火星人が出現[編集]

赤い惑星の恐るべき住人の最初の一瞥 "そうだ、そうだ!"と他の数人が叫んだ。"そこには住人がいるが、なんという巨人だ!"

"怪物だ!"

"わからないのか?"と興奮した知識人が叫んだ。"彼らは火星人だ!"

驚くべき真実が皆の心の上で炸裂した。この小さな惑星の上に、我々が攻撃しようとしていた世界の巨大な住人が何人かいたのだ。旗艦の中には、彼らをよく知っている者が一人以上いた。そして、その認識に震え、最近の地球での恐ろしい経験を本能的に思い出す者がいた。

ここは戦争のような火星の前哨基地だったのだろうか?[編集]

これらの巨大な敵の周りに、我々は彼らの武器のいくつかを見た。これらのいくつかは破壊されているように見えたが、少なくとも1つは、我々が見た限りでは、まだ使用するための適切な状態にあった。

これらの生き物はどのようにしてそこにたどり着いたのだろうか?[編集]

"なぜだ、それは説明するのは簡単だ "と私は言った、突然の記憶が頭に浮かんできたので。"半年以上前のワシントンでの会議の最後に、天文学者たちが火星からの新しい探検隊の出発を示すような何かが彼らによって気づかされたという報告を覚えていませんか?それ以来、その遠征については何も聞いていません。それが地球に到達しなかったことを知っている。小惑星に落ちて 宇宙の海で岩にぶつかって ここで難破したのだろう"

"エジソン氏の研究室で働いていたことがあり、彼のチーフに無限の信頼を寄せていた電気操縦士が叫んだ。

上陸の準備[編集]

電気船はすぐに信号で減速するように指示されましたが、これは小惑星の電気的反発によって簡単に影響を受けてしまう。

近づけば近づくほど、氷の塊の上の漂流船員のように、目の前の小さな世界に乗っている巨大な生き物たちの姿が怖くなってきた。人間のようでありながら人間ではない、人間と獣のような姿をしていて、その姿を見るには安定した神経を必要とした。もし我々が彼らの悪意と悪事を働く力を知らなければ、それは違ったものになっていただろうが、我々の目には、彼らの道徳的な性格が、彼らの肉体的な側面を通して輝いていたので、そうでなければ、彼らはもっと恐ろしい存在になっていただろう。

火星人は、我々を認識している[編集]

我々が最初に彼らを見たとき、彼らの外見は最も荒涼としており、その態度は絶望と絶望を示していたが、彼らが我々の姿を見ると、彼らの悪意ある知性の力は瞬時に謎を突き破り、我々が何者であるかを認識した。

彼らの絶望はすぐに悪意の再覚醒に取って代わられた。瞬間、彼らは、攻撃の準備をしている毒蛇を特徴づけるような、心臓を凍らせるような動きをしていた。

彼らが真剣に抵抗する立場にあるとは想像していなかったので、我々は少し注意深く接近した。

恐るべき熱線[編集]

突然、火星人の間でいつもより素早い動きがありました。すでに気づいたように、実質的に無傷のように見えた武器の一つを素早く調整したのだが、そこから飛び出して、1マイルもの長さのまばゆいばかりの稲妻が最前列の船の一つに降りかかった。

別の船が破壊された[編集]

死をもたらす火星人は、地球の戦士たちに恐るべき一撃を加えた。 一瞬の間、一言も話されなかった。突然の、そして予想外の一撃だった。

我々は、被災した車の中のすべての魂が 滅びたことを知っていた。

"下がれ!旗艦からの「下がれ!下がれ!」という信号が瞬時に飛び交い、戦隊のメンバーは極性を反転させて、電気的な衝動に駆られるように小惑星から急速に飛び出した。

しかし、我々が手の届かないところまで行く前に、恐るべき武器から2番目の炎のような死の舌が発射され、我々の船の1隻とその乗組員全員が破壊された。

落胆の始まり[編集]

それは我々にとって不運な始まりだった。2隻の電気船とその乗組員全員が全滅し、この悲惨な一撃は、小惑星に浮かんでいた数人の足止めされ、障害を負った敵によって下された。

何百万人もの火星そのものに遭遇し、戦争の準備をしたとき、我々にどんな希望があるだろうか?

しかし、落胆しても仕方がない。我々は油断をしていたのだから、二度と同じ過ちを犯さないように気をつけなければならない。

復讐が第一である![編集]

最初にすべきことは、同志の死の復讐であった。我々が火星人と出会い、彼らを打ち負かすことができたかどうかという問題は、今ここで決着がついたのと同じように、今ここで決着がついたのだ。彼らは、障害があり、不利な状況にあっても、 何ができるかを証明した。今度は、我々の番だった。

訳注[編集]