エジソンの火星征服/第4章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

第四章[編集]

エジソン氏がどのような姿勢でこの大変な仕事に取り組んだかは言うまでもないだろう。彼は六ヶ月の間ハンマーを振るい続け、公言したとおり百隻の空中船(分解器搭載)を港および再建中のニューヨーク市の空に送り出した。

見事な眺めだった。宙に浮かぶ巨船の磨き上げられた舷側が日光を反射してきらめく。空気の流れに乗った船団がゆっくりと上昇・下降し、そして軽快に反転する様はまるで見えないケーブルに吊られているかのようだった。そして各船の色鮮やかな三角旗が船首から船尾へと波打つ様子を見るとさながら巨大なハチドリの群れが羽ばたいているかのようであった。

空中船団、気高い使命を帯びて火星へ出発す:見事な眺めだった。宙に浮かぶ巨船の磨き上げられた舷側が日光を反射してきらめく。空気の流れに乗った船団がゆっくりと上昇・下降し、そして軽快に反転する様はまるで見えないケーブルに吊られているかのようだった。そして各船の色鮮やかな三角旗が船首から船尾へと波打つ様子を見るとさながら巨大なハチドリの群れが羽ばたいているかのようであった。

火星の大気が地球人にとって呼吸可能であるかどうかは未知であったため、乗船者が外に出ずに周囲を調べられるようエジソン氏は電気船にガラス張りの開口部を豊富に設けた。ガラスの種類を慎重に選択することにより、分解器の振動波は船窓に損害を与えず外に発射できるようになっていた。船窓はうまく配置されているため分解器をどの方向にも(必要とあらば上や下にも)向けることができた。

何せ実験ができないため、火星人の破壊光線に対して満足のゆく防御策は考案されていなかった。破壊光線の秘密は未だ敵の手の内にあった。だがエジソン氏は、たとえそれを防げなくとも素早く避けることは可能だと信じていた。エジソン氏が指摘するところでは、火星人が地球侵略時に使用した戦闘機械は全くもって鈍重で扱いづらい装置である。いっぽう地球側の電気空中船はスピードと運用性に極めて優れている。前進、方向転換、後退、上昇、下降を水中の魚のごとく迅速かつ容易に執り行えるのである。例の謎めいた電光が船体に当たっても機動性を活かして素早く回避すれば損傷は軽減できるとエジソン氏は計算していた。

この予測は誤りかもしれず、われわれは自分たちの能力を過大評価しているのかもしれなかった。だがどちらにしても我々は手持ちの材料で勝負してみるしかなかった。

火星人を監視する[編集]

いま莫大な数の群衆――ワシントン大会議に集まった人数を上回る――が、火星行き船団の集合と出発を目撃せんとニューヨークや近郊の街にひしめき合っていた。六か月前に天文台が報告した奇妙な現象は、火星が再び地球侵略を計画中である証左だと認識されていた。もし火星人がすでに準備を完了しているのだとしたら、地球に来ないのは宇宙航行にしくじったか、あるいはひょっとすると今回は別の惑星が狙いなのだろう。

火星遠征に科学界は強い関心を示した。あらゆる文明国から各分野の代表者が駆けつけ、科学への貢献という大義を説いて何とか乗船権を獲得しようと骨を折った。しかしスペースの問題から、残念ながらエジソン氏は科学者枠をきっかり1000人に制限することを余儀なくされたのだった。

大ナポレオンの故事に倣い[編集]

ナポレオンがエジプトの侵略で随伴した文学や科学に関する知識を有する随行員に範をとり、エジソン氏は最も重要な天文学者、考古学者、人類学者、植物学者、細菌学者、化学者、物理学者、機械工によって構成される調査隊を編成した。調査隊には鉱業、冶金学、気象学者等、その他実用的な科学のあらゆる分野の専門家だけでなく、芸術家や写真家も含まれた。他の世界や地球よりも大幅に歴史のある火星においてこれらの人々がエジプトやバビロニアの古代遺跡における発見に匹敵する発見をもたらすことを想像に難くなかった。

別世界を征服するために[編集]

それは素晴らしい目論見であり、同時に奇妙な光景でもあった。船に向けられていた広大な群衆の目を驚かせた不安感があった。事業の壮大な性格を考えると、遠征はそれほど大規模であるとは言えなかった。それぞれの電気船は、約20人の乗員と共に豊富な量の圧縮された物資、圧縮空気、科学装置なども輸送した。できれば別の世界を征服しようとする人々は総勢約2,000人にも達したのだった! しかし、数は少ないものの、彼らは地球の花、惑星の天才の頂点を表していた。理論的にも実用的にも、科学の偉大なリーダーがそこにいた。それは火星の進化に対する地球の進化であった。それは、その存在の長年の結果として、それを最も危険な敵にした経験を獲得したにもかかわらず、その強さが全盛期の世界に対抗するその強さの全盛期の惑星だった。双方に絶望が横たわっていた。最初に敵を撃破することができない限りそれが自らの破壊を予見したので、地球は絶望的だった。火星は生命が生命を支える手段を徐々に奪っていたため絶望的であり、その増大した人口はあたかも密集した巣箱の蜂のように群がることを余儀なくされ、他の場所で新しい家を見つた。 私たちがやろうとしていることの問題を予見することはできなかったものの、破壊装置が示した途方もない力と電気船の素晴らしい効率は、私たちが成功するはずであるというほぼ普遍的な自信を生み出した。

世界の頭脳[編集]

エジソン氏は旗艦に乗り組んだ。幸運なことに私も同じ船に乗ることになった。エジソン氏以外にも科学界の重鎮が同船した。ケルヴィン卿、レイリー卿、レントゲン教授、モアッサン博士(人造ダイヤモンドを世界で初めて成功させた人物である)ら、世界的名声の持ち主である。彼らの誰もが火星での探検と大発見の予感に胸を躍らせていた。

船団を動かすために通信システムが当然ながら念入りに整備された。夜間には電灯の発光による信号が使われ、長い文章や指示も確実かつ迅速に伝達される手筈であった。

新通信システム[編集]

日中の信号は、雲やその他の障害物に隠れて、日差しが船に当たらない時のみに使用される部分的には鮮やかな色のペノンと旗で構成された。これは自然に地球または他の惑星の表面の近くでのみ起こり得る。 いったん地球の影の外に出ると、火星に到着するまでは雲がなくなり、夜もなくなるはずである。宇宙空間では太陽は絶えず輝いているだろう。人工的な手段によって、私たちは睡眠を促進する目的で自分自身に暗闇を与えたのでない限り、それは私たちにとって永久の昼間になるだろう。それから、この永遠の昼の領域では、信号はまた、太陽の光線を反射する鏡からの光の閃光によっても伝達されることになっていた。

永遠の夜![編集]

気密服:

酷寒が予想される[編集]

空中電報[編集]

気密服を着ている二人が互いに会話をしたいと思ったときには、それらが電線によって自分自身を接続することだけが必要であり、会話はそれから容易に続けられることができた。 探検が始まった時の地球からの火星までの正確な距離の慎重な計算は、多くの数学や天文学の専門家によってなされていた。しかし、エジソン氏には火星に直行するという意図はなかった。彼が完成した最初の電気船を除いて、どれもまだ長い航海が試みられたことがなかった。それぞれの船の品質を最初に注意深くテストすることが望ましく、そしてこの理由のために遠征のリーダーは月こそが船団の宇宙での最初の寄港地であるべきであると決定した。 それは月が地球と火星の間にほぼ一直線に並ぶ時に予定され、そして後には太陽が対向していて、そしてその結果、航海の目的のためにできるだけ有利に位置していた。それで、戦隊の100隻の船のうちの99隻のために、試行旅行は同時に私たちの旅の方向に得られた四百万マイル分の四の段階であると予想された。地球からの出発は正確に真夜中に実施するように手配された。満月に近い月が頭上にぶら下がっていた、そして彼らの信号灯が燃え上がって、ゆるく投げられて、そして冒険的で前例のないものにゆっくりと動き始めた、浮遊船の大隊は未知への探検が開始され、何百万人もの興奮した男女の喉から大きな歓声が上がり、夜の幕を晴らすように見え、飛行船は動いていた大気の振動で震えた。

大花火[編集]

そして大地は球体のごとく[編集]

愛すべき地球に別れを[編集]

訳注[編集]


原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。