エジソンの火星征服/第12章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第12章[編集]

しかし、我々はシャンデリアの光を浴びながらも、誰にも気づかれずに立っていた。 少女の顔は横顔であった。淡く、繊細で、心を揺さぶるような哀愁が漂っていた。 我々の冒険に、これまでにないロマンスと個人的な興味が突然加わったのだ。 スミス大佐の脳裏には、まだ平原の危険がよみがえっていた。

人間の囚人[編集]

"彼女は囚人だ" "ドナ・アナの7つの悪魔に誓って" "彼女をここに残してはいけない しかし、ヘルハウンドたちはどこにいるのだろうか?" 我々は少女の姿に夢中になっていたので、部屋の中に他の人がいるのかどうかを確認しようとはは思わなかったのである。 彼女の向こう側に目をやると、豪華な装飾が施された椅子に3、4人の巨大な火星人が座っているのが見えた。彼らは魅力的に音楽を聴いていた。 物語のすべてが明らかになった。この少女は、彼らの奴隷ではないにしても、少なくとも彼らの支配下にあり、音楽の腕前で彼らに娯楽を提供していたのである。このように美しい音楽を楽しむことができるということは、彼らが見かけほど野蛮ではないということを示しているのかもしれないのである。 しかし、我々の心は少女に向けられ、抑えきれないほどの憎しみを持って彼らに反発した。 彼らは、我々の美しい地球を荒廃させた者たちと同じ無慈悲な種族であり、我々に代わって摂理が介入しなければ、その破壊を完了していたであろう。 驚くべきことに、我々が光の中に完全に立っているにもかかわらず、彼らはまだ我々を見ていなかった。

彼女を守る火星人[編集]

突然、少女は何の衝動かわからないが、こちらに顔を向けた。彼女の目は我々に注がれた。彼女は演奏を急に止め、楽器を床に落とした。そして、彼女は叫び声を上げ、腕を伸ばして我々に向かって走ってきた。 しかし、彼女は近くまで来ると急に立ち止まり、嬉しそうな表情が消えて、恐怖に怯えた目で後ろに下がりました。 そして、一瞬、我々をじっと見つめた後、再び表情が明るくなり、何か不思議な感情に駆られて目に涙を浮かべ、少しずつ近づいて両手を広げて我々に訴えかけたのです。 その間に火星人は立ち上がっていた。彼らは我々を見下ろして驚いていた。我々は彼らにとって豚のようなもので、彼らの足元の地面から飛び出してきた小さなノームのようなものだった。 巨人の一人が武器のようなものを手に取り、威嚇のジェスチャーをしながら前進してきた。

少女は我々に訴える[編集]

少女は私のそばに駆け寄ってきて、恐怖の叫びとともに私の腕をつかんだ。 これで火星人は急に熱狂したようで、腕を振り上げて攻撃しようとした。 しかし、分解機は私の手の中にあった。

私の怒りは火星人と同じだった[編集]

分解機のボタンを押し、上下に素早く動かすと、目の前の巨人が溶けて無になるのを見て、地球の集中した復讐心が震えた。 この部屋には他に3人の巨人がいて、彼らは仲間の攻撃をフォローしようとしていた。しかし、彼が目の前から消えたとき、彼らは立ち止まり、さっきまで彼が立っていたのに、今では彼が振り回していた金属製の武器だけが床に落ちている場所を、驚きをもって見つめていた。 最初は後ずさりして逃げようとしていたが、二度目に見たとき、我々がいかに小さく、取るに足らない存在であるかを再認識し、3人揃って我々に向かって進んだ。

少女は震えながら膝をついていた[編集]

その間に私は分解機を再調整し、次の放電に備えていたが、スミス大佐は戦意高揚の表情で私のそばに立っていた。 "スミス大佐は戦意に燃えていた。"さもないと1体が残り、再発射する前に彼に潰されてしまう」。

火星人は殺された[編集]

2つの機器の音が同時に鳴り響き、我々は素早く水平に力線を振り回すと、3人の火星人は振動の流れに巻き込まれ、実際に2つに切断された。 彼らの後ろの部屋の壁には、破壊の流れが通過した長い隙間が開いていた。我々は怒りに満ちた激しさで、インデックスの半分の範囲に振動を走らせたのだ。 勝利は我々のものだった。この家には、他の敵は見当たらなかった。 しかし、いつ他の人が現れるかわからないので、我々がやるべきことは迅速に行わなければならない。 少女は火星人と同じように、我々がもたらした効果に驚いているようだった。しかし、彼女は怯むことなく、我々にしがみつき、我々の顔を懇願するように見つめ続け、その表情やしぐさから、我々が彼女の種族であることを知っていることを表現していた。 しかし、彼女は明らかに我々の言葉を話すことができず、意味不明の言葉を発していた。 スミス大佐は、インディアンとの戦いで長い経験を積んできたため、非常に実践的であったが、このような奇妙な出来事の中でも軍事的な本能を失うことはなかった。 "思うに、敵の物資を手に入れるチャンスがあるのではないか。この場で採集を始めよう。この子が食堂を案内してくれないかな」。 彼はすぐに少女に、自分が空腹であることを示すサインを出し始めた。

少女は我々を理解してくれた[編集]

彼女は理解した表情を浮かべ、我々の手を握って隣のアパートに案内し、いくつかの金属製の箱を指差した。彼女はそのうちの一つを開け、その中からケーキのようなものを取り出し、それを自分の歯で挟み、ごく少量を割って我々に手渡し、食べるようにと合図したが、同時に少量しか取らないようにと示した。 "よかった。スミス大佐は「よかった、これは圧縮食品だ」と言った。"素晴らしい文明を持った火星人なら、それくらいのことはできるだろうと思っていた。これは我々にとって非常に幸運なことだ。自分たちに負担をかけずに、このような貯蔵庫をあと1つか2つ見つければ、全艦隊を再編成することができるからだ。しかし、飼料を手に入れる前に増援を得なければなりません」。

囚人は救出された[編集]

そこで、我々は夜の街に飛び出し、船道に出て、少女を連れて下山した木の根元まで全力で走った。そして、電気船に地面の高さまで降りるように合図した。 そして、我々の案内で10人の男たちが家に戻り、圧縮された食料を積んで船に運びました。

囚われの美少女[編集]

火星人の捕虜の正体を確かめる。 謎の家への2度目の訪問で、我々は別の部屋を発見した。そこには、圧縮された食料が詰まった非常に多くの金属製の箱があった。 "驚いたことに、これは貯蔵庫だ」とスミス大佐は言った。"もっと力を入れて、全部運んでしまおう」。幸いなことに、今晩は幸運な夜です。この部屋から全艦隊の再編成が可能だ"

"私は、「救出した少女を除いて、この家に女性の姿が見られないのは不思議だ」と言いた。向こうに見える光は、明らかに大きな町の位置を示しており、窓もなく、これほど頑丈に作られたこの建物は、町の食料を保管する共同の倉庫である可能性が高い。我々が殺した仲間は、倉庫を管理している見張り役に違いなく、我々が偶然出会ったとき、彼らは奴隷の女の子からちょっとした音楽を聴いて楽しんでいた。

新たな食料の供給[編集]

雲の上で待機していた他の電気船数隻が大急ぎで召集されて降下し、100人以上の人員を引き連れて建物に戻ったが、今度はほとんど食料を使い果たしてしまった。 幸いなことに、我々の行動はそれほど大きな音を立てずに行われ、倉庫は他の建物からかなり離れた場所にあったので、我々の到着や惑星での我々の行動については、話を聞かない人を除いて、火星人は誰も知らなかった。 "さて、戻ってエジソンを驚かせてやろう」とスミス大佐が言った。 我々の船は最後に雲を抜けたが、他の船が次々と大きなドームに向かって上昇し、下から見ると灰色がかったピンクの大理石でできた堅固な丸天井のように見えるドームに入り、消えていくのを見るのは不思議な光景だった。

再び太陽の光[編集]

我々も彼らの後に続き、巨大なカーテンを突き破って上側に出たときには、太陽が燦々と我々を照らしているのを見てかなり驚いた。覚えておいてほしいのは、我々が降りたとき、火星のこちら側は夜だったということだ。しかし、我々の冒険は数時間に及んだ。そして今、火星はその軸を大きく回転させ、我々がいる火星表面の一部は太陽の光の中に回り込んでいた。 太陽の湖を包囲していた我々の艦隊も、同じようにして回り込み、夜になって我々のいる側が昼になったに違いない。 地球の自転とは逆方向に進むことになり、自転を共有している本隊は絶えずこちらに向かってくることになるからだ。 しかし、西に向かって進むということは、再び惑星の夜側に入り込むことになる。 我々の船の舳先は、火星が背後の宇宙空間に不可視に投影している巨大な影の方向に向けられ、その影の中に入ると、太陽は我々の目から消え、我々の下にある巨大な隠された地球は、再び星々の間の黒い裂け目となったのである。 その引力の影響であらゆるものにかなりの重さを与えることができる地球の近くにいる今、私が以前に説明した、宇宙の真ん中で上も下もないという独特の状態はなくなっていた。我々に重さがあったここでは、「上」と「下」がその古い意味を取り戻していた。"下」は火星の中心に向かっており、「上」はその中心から離れていた。

火星の二つの月[編集]

デッキに立って頭上を見ると、火星の大気が今では感じられないほどの高さになっていて、火星の2つの月が我々の真上の空で合流しているのが見えた。 我々が火星に到着する前に、学識経験者の間では火星の月の1つに着陸することが望ましいかどうかについてかなり議論されていた。 しかし、火星の衛星はいずれも我々が衝突した小惑星とさほど変わらない大きさの小さな天体であり、その上には植物やその他の食用作物が存在するはずがないというのが、この提案に対する十分な答えであった。 このような見解が優勢であったため、我々は衛星に対して、その運動のための大きな好奇心の対象としてしか興味を持たなくなっていた。 近い方の衛星フォボスは、火星の表面からわずか3,700マイルのところにあり、1日に3回火星の周りを回っているのを見た。一方、より遠いデイモスは火星から1万2,500マイル離れており、1日以上かけて周回している。 私は、電気船の甲板に仰向けになって、2つの衛星の競争を長い間見ていたが、フォボスが急速に他の衛星に追いつき、ライバルをはるかに置き去りにしてしまいた。 突然、このような天文学的好奇心にはほとんど関心のなかったスミス大佐が私に触れ、前方を指差して言った。 "あそこだ"

艦隊への再合流[編集]

見てみると、確かに主戦隊の信号灯がありました。見ていると、時折、下の広大な雲の塊から、空に向かって激しく突き出された電気銃剣が飛び出してくるのが見えました。これは、包囲戦がまだ活発に行われており、火星人が幕の外の見えない敵を攻撃していることを示しています。 間もなく2つの艦隊が合流し、スミス大佐と私はすぐに旗艦に乗り移った。 "エジソン氏が「さて、どうしたものか」と尋ねると、周りには熱心な人たちが集まってきました。 "スミス大佐は、「彼らの補給列船を捕らえられなかったとしても、それと同じくらいのことはした。国中で食料を調達し、この艦隊を少なくとも1ヶ月は持ちこたえると思われる物資を集めた」。 "それは何だ?" "スミス大佐はポケットから四角い圧縮食品を取り出した。"それに歯を入れて、どう思うか試してみてください。" "でも、強すぎるので、取り過ぎないでください。" "しかし、あまり食べ過ぎないように。ちょっと待つように"。

救出された女の子の世話をする[編集]

スミス大佐の合図で、さっきまでいた電気船が近づいてきた。その船は、甲板から旗艦に上がれるように横に並んだ。スミス大佐はしばらく船内に消えていたが、再び現れて、惑星で見つけた少女を連れていた。 "この子は空気の薄さに慣れていないから、早く中に入れてやってくれ」と彼は言った。 実際、我々は非常に高いところにいたので、大気の希薄さのために全員が気密服を着用しなければならず、そのような服装をしていなかった少女は、我々が即座に船内に連れて行かなければ、甲板で意識を失っていただろう。 彼女は空気の遮断による影響からすぐに回復し、青白い顔で周囲を見渡して驚いていたが、明らかに恐れてはいなかった。 彼女は我々を同胞として認識しているだけでなく、我々の助けが唯一の希望であると感じていることが、彼女の動作一つ一つから伝わってきた。だから、彼女にとって我々は多くの点で奇妙な存在だったが、それでも彼女は我々と一緒にいる間、自分が危険にさらされているとは思わなかった。 我々が彼女を見つけた状況はすぐに説明された。彼女の美しさ、数奇な運命、そして彼女を取り巻く不可解な謎は、世界中の人々の感嘆と驚きを呼んだ。

彼女はどうやって火星に来たのか?[編集]

"彼女はどうやって火星に来たのか?"というのが誰もが尋ねた質問だったが、誰も答えることができなかった。 そして、火星人の家で初めて彼女を見たときに我々の共感を呼んだのと同じように、両手を広げて、半分は歌で、半分は泣き声のような荒々しい朗読を始めたのである。 ハイデルベルグ大学の言語学の教授が、彼女の話を熱心に聞いているのがわかった。彼は何度も声を上げようとしていた。彼女の口から言葉が出てくるにつれて、彼がますます興奮しているのがはっきりとわかった。時折、彼はうなずき、独り言のようにつぶやいていた。歌い終わると、少女は半ば疲れ果てて床に沈んだ。彼女は持ち上げられて、船の横に寝かされた状態になった。 そして、ハイデルベルク大学の教授は、皆が見ている船の中央に歩み寄り、最も印象的な態度でこう言った。 "諸君、我々の妹だ" "私は彼女の言葉を知っている!彼女の話す言葉には、偉大なインド・ヨーロッパ人、つまりアーリア人のルーツが含まれているのです」。 "諸君、この娘は人類最古の家系に属する。彼女の言語は、現在地球上で話されているすべての言語よりも古い。文明世界のすべての言語は、この偉大なる原初の言葉から生まれたのだと私は確信している。 "地球から何百万マイルも離れたこの地に彼女がどうやってやってきたのかは大きな謎である。しかし、それは解明されるであろう。彼女の唇からこそ、我々は真実を知ることができる。なぜなら、彼女が話す言語は我々にとって難しいものではなく、我々の言語に似ているからである。"

教授の驚愕の発言[編集]

このハイデルベルグ教授の発表は、我々の心を大きく揺さぶりました。我々が救出した美しい少女への関心が深まっただけでなく、おぼろげながら、火星人の内部から打撃を与えることで火星人を支配する方法を発見できるのではないかという期待を抱かせたのである。 読者は覚えていると思うが、我々が小惑星で捕虜にした火星人が同様の方法で我々に役立つかもしれないと期待されていた。そのため、彼の言語を習得するために多大な努力が払われ、その方向でかなりの進展があった。 しかし、火星に到着してから、特に戦闘が始まってからは、この囚人は野蛮で無口な性格を取り戻し、我々が仲間の力に負けて解放されることを期待しているように見えた。火星の金鉱を襲って捕まった彼のような無法者が、祖国の惑星に戻って罰を免れることができるとは到底思えない。しかし、人種の結びつきは非常に強く、彼が同胞に同情していることは明白であった。 実際、彼の不機嫌な態度と脱走の試みの結果、彼は以前よりも厳しく拘束され、邪魔にならないように、すでに過密状態にあった旗艦から外され、他の電気船の一つに入れられた。結局、火星人は、彼の母国の地球から発せられた復讐の一撃によって死んでしまったのである。 しかし、神の思し召しにより、彼よりもはるかに優れた通訳者が我々の手に渡された。我々と同じ種族のこの少女は、我々の今後の活動に役立つかもしれない火星人の秘密を教えてもらうために、我々の方から催促したり、強制したりする必要はない。 しかし、最初にしなければならないことがある。 彼女との会話を学ばなければならないのだ。

彼女の言語を学ぶ[編集]

しかし、飢餓の危機を免れた今、我々はその間の時間を最大限に利用して、包囲を数週間延長することができた。 太陽の湖の上での戦いで、全兵力の3分の1近くを失うという大惨事に見舞われた我々は、火星人に一撃で抵抗力を奪うような麻痺させる一撃を与えることが唯一の勝利の望みであると確信していた。一隻の船を失うような勝利は、今となってはあまりにも高価な買い物だ。 その一撃をどうやって与えるか、そしてまずその手段をどうやって発見するかが、現在の我々の頭の中の最重要課題であった。

唯一の希望は少女にあった[編集]

もし彼女が火星人のやり方や秘密に精通していると信じるに足る理由があれば、彼女が我々の努力を効果的なものにする方法を指示してくれるかもしれない。 "エジソン氏は「2週間の余裕があります」と言った。"多言語を操る君たちは、その間に彼女と会話できるようになるだろうか? "何人かが「やってみよう」と言った。 "ハイデルベルグ大学の教授は、さらに自信を持って、「やってみよう」と言った。 "ここにいても仕方がない」と司令官は続けた。"我々が撤退すれば、火星人は我々が勝負を放棄したか破壊されたと思うだろう。我々が撤退すれば、火星人は我々が勝負に負けたか、破壊されたと思うだろう。そうすれば、毛布を脱いで再び顔を見せるかもしれない。そうすれば、再び準備が整ったときに効果的な攻撃ができるようになるだろう」。

ランデブーの準備[編集]

"天文学者は、「月のどちらかでランデブーしたらどうか」と言った。"2つの月のどちらも大きさ的には大したことはないが、一種の固定地として機能し、そこにいる間は火星から離れるように気をつければ発見されることはないだろう」。 この提案はすぐに受け入れられ、集合の合図を受けた飛行隊は、火星のより遠い月であるデイモスの方向に向かってすぐに出発した。フォボスより少し小さいことはわかっていたが、距離があるので、一時的に身を隠すという目的には適していると思われた。火星の月は地球の月と同じように、常に主人の方に同じ顔を向けている。デイモスの後ろに隠れれば、火星人が望遠鏡を使っていても、その目から逃れることができ、比較的近くにいることができる。

訳注[編集]