エジソンの火星征服/第11章

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


第11章[編集]

煙の中への突進[編集]

それは荒々しい急降下だった。まばゆいばかりの煙の中を駆け抜ける間は甲板に出ないようにしていたが、下に出た瞬間、自分たちがまだ地上1マイルの高さにいることに気づき、再び外に出て攻撃の準備をした。 私の記憶にあるのは、下には点滅する光、上には大きな暗い雲のアーチがあり、その中から我々の船が四方に落ちていくように見えたという混乱した記憶だけである。 ほとんど一瞬のうちに、飛行船の大群が我々を取り囲んだかと思うと、太陽の湖周辺の砦と呼んでいるところからは、電気の炎が飛び出してきて、我々の船のいくつかは、強風の中で燃える紙切れのように追いやられ、一瞬だけ光った後、丸まって永遠に消えてしまったのである。 このような争いはかつてなかった。 それは恐ろしい光景でしたが、我々の中では戦闘熱が高まっており、我々の側も怠けてはいなかった。 一人一人が分解機を持ち歩き、これらの手製の機と船に搭載されたより大きな口径の機が、震える空気の中で抵抗のない振動をあらゆる方向に向けて流していた。 火星人の飛行船は何隻も破壊されたが、それでも火星人はより厚く、より速く我々に襲いかかってきた。 我々はより低くなり、我々の打撃は砦や太陽の湖に面した広大な都市に降り注ぎました。砦の1つの火をほぼ完全に消し去ったが、我々の目の届く範囲には40もの砦が完全に活動していた。 金属製の建物の中には、分解機によって屋根の一部が剥がされたものや、壁が破壊されて落下したものがあり、その音は地獄のような戦闘の騒音を超えて我々の耳に届いた。廃墟の中でもがく巨人の姿や、街中を疾走する巨人の姿が垣間見えたが、はっきりと見る余裕はなかった。

旗艦は魅力的!?[編集]

我々の旗艦は魅力的に見えた。飛行船の群れが怒れる蜂の大群のように旗艦にまとわりつき、時には稲妻が見えなくなるほどだったが、我々は破壊を免れ、自分たちは片っ端から死者を出した。 それは輝かしい戦いでしたが、それは戦争ではなかった。あの大勢の敵の中で、最終的に成功する可能性は、野蛮人の群れの中で試練に立ち向かう囚人が脱出できる可能性よりも低いのである。 この戦いが絶望的であるという確信がついに我々の心に押し寄せ、死の嵐の中でうまく団結していた砕け散った艦隊に退却の合図が出された。 狩られた熊が犬を振り払うように、追手を振り払い、90隻以上が沈んだ雲間から60隻の電気船が立ち上がったのだった。 狂ったように巨大なカーテンを突き破って上昇し、敵の恐ろしい大砲の届かない高所まで飛行を続けた。

退却を余儀なくされる[編集]

振り返ると、そこはまさに我々が逃げ出した地獄の口のようだった。 火星人は、我々が手の届かないところにいても、一瞬たりとも砲撃をやめまなかった。猛烈な粘り強さで雲のカーテンを突き破って砲撃し、鮮やかな稲妻のスパイクが互いに素早く揺れ動き、戦争惑星の顔をしかめたヘルメットの周りに電気槍の燃え盛る後光のようになった。 しかし、しばらくすると、彼らの激しい争いは止み、巨大な地球は再び巨大な黒煙の球のような姿になった。先日の騒動でまだ激しく動揺しているが、下で何が起こっているのかを見分けることができるような開口部はない。 明らかに火星人は我々を終わらせたと考えているようだ。

絶望に襲われる[編集]

冒険が始まって以来、今ほど絶望的で、無謀で、狂っているように見えたことはなかった。 恐ろしいほどの損失を被ったのに、我々は何を成し遂げたのか?小惑星での2つの戦いに勝ったのは事実ですが、その時は圧倒的な数の味方がいた。 しかも、最初の攻撃では、少なくとも30隻の電気船と600人の兵士を失うという惨敗を喫しているのだ。 このような状況に耐えられないのは明らかである。何か別の方法で火星を攻撃するか、あるいはこの試みをあきらめなければならない。 しかし、後者は考えられなかった。しかし、単なる自尊心の問題ではなく、重大な利害関係を考慮しても、明らかに無駄な試みを続けざるを得なかった。

希望は見えない[編集]

我々の食料はあと数日しかもたない。地球までの道のりの4分の1も持たないので、ここに留まり、文字通り征服するか死ぬかの二者択一を迫られるのであった。 この極限状態の中で、旗艦の甲板に主要な士官たちの協議が招集された。 そこで提案されたのが、武力でできなかったことを戦略で実現しようということだった。 この提案をしたのは、西部のインディアンとの戦争に何度も従軍した狡猾な老陸軍士官、アロンゾ・ジェファーソン・スミス大佐である。 "彼は、「彼らを迂回させよう」と言った。"こうすればいいのだ。火星の全戦力が、太陽の湖のこちら側とその周辺に集中している可能性がある」。

"最後の望み "を託す[編集]

"ある種のX線のおかげで 雲の隙間からおぼろげにしか見えない" "もし少し離れれば全く見えなくなるだろう" "さて、私が提案するのは、ある数の電気船を戦隊から遠くに撤退させ、残りの船はここに留まることだ。" "もっと良いのは、あの稲妻の届く範囲を超えた地点に近づき、稲妻が雲を突き抜けて損害を与えるかどうかを気にすることなく、雲への砲撃を開始することだ。" "そうすれば火星人は、我々がこの地点で攻撃を加える決意をしていると信じるだろう" "その間に、これらの船が惑星のこちら側で大騒ぎをしている間に、実際の危険に遭遇することなく、できる限り彼らの攻撃を引きつけ、目的のために選ばれた他の船に、火星の反対側に急速に航行させて、彼らの背後を取るようにさせる。" 火星人の後方に上陸した後、スミス大佐が何をしようとしているのかは完全には明らかではなかったが、彼の提案には十分な根拠があるように思えた。 そこで、この作戦のために約20隻の船を出すことが決議され、スミス大佐が自ら指揮を執ることになった。 私は希望により、新司令官の旗艦に同行した。

側面の動き[編集]

人目につかないようにかなりの高さまで上昇し、側面からの移動を開始した。残りの船は了解を得て、雲のカーテンの近くまで降下し、ディスインテグレータによる砲撃を開始した。この砲撃により、雲は大混乱に陥り、雲の間には大きな隙間ができ、時折、惑星上の電光を垣間見ることができたが、振動流が地上に届いていないことは明らかであった。火星人はすぐにこの再攻撃に対抗し、雲に覆われた地球は再び稲妻に覆われた。その稲妻は下の暗闇から猛烈な勢いで放たれ、我々の中で最も強い心を持っている者は、危険をはるかに超えたところにいたにもかかわらず、震え上がった。 しかし、この崇高な光景は、適切な高さに達した後、地球の反対側の半球に向かってコースを開始すると、すぐに目から消えてしまいた。 我々は星を頼りに飛行し、火星の自転周期と、ある時間帯に火星表面の主要な点が占める位置の知識から、我々の下にある惑星のどの部分かを知ることができた。 半周を終えて火星の夜側にいることがわかったので、すぐに作戦を実行することにした。スミス大佐は当然、自分の船で冒険をしたいと考えていたのだ。

惑星への降下[編集]

我々は、少なくとも半マイルの厚さがあることが判明した黒い雲のカーテンを通って急速に落下し、1マイル下の惑星の表面上にアーチ状に広がる巨大なドームの頂点に吊り下げられたかのように、突然姿を現した。 その光は、地上からの高さにもかかわらず、かすかに昼間の光を思わせるほどの数と輝きを放っており、我々が出てきた雲のドームは、柔らかな小鹿色に染まり、何とも言えない美しさを醸し出していた。 一瞬、我々は自分の試みに後ずさりし、電気船の動きを止めてしまった。 しかし、地表をよく見てみると、明るい光がほとんど見られない領域が広がっていた。火星の地理を知っていた私は、これが最初に火星を見たヘラスの北東数百マイルに位置するアウソニアの地の一部であることを知った。 火星の他の地域ほど人口が多くないことは明らかで、その比較的な暗さは我々にとって魅力的だった。我々は、電気船で地上から数百フィートのところまで近づき、敵が現れなければ土の中に入ることにした。 "スミス大佐は、「何か役に立つものを見たり聞いたりするかもしれないし、この最初の偵察のためには人数が少ない方がいい」と言った。他の船は我々の帰りを待ってくれるだろうし、とにかく我々は長くは留まらないだろう」とスミス大佐は言った。 車が地面に近づくと、いくつかの高い木の上に出た。 "スミス大佐が電気操縦士に「これでいい」と言った。"ここにいろ" スミス大佐と私は、それぞれ小型の分解機を持って木の枝に身を乗り出し、慎重に地上に降りていった。

火星への着陸[編集]

我々は、自分たちがアダムの子孫として初めて火星に降り立ったと信じていた。

火星での体験[編集]

偉大な惑星は我々の戦士にその驚異を見せてくれた。 最初、我々は希薄な大気の影響に多少苦しんだ。あまりにも密度が低く、地球上の最も高い山の頂上の空気に似ていたからだ。 無事に木の根元にたどり着いた我々は、しばらく地面に横になって体を休め、新しい環境に慣れようとした。 火星の土に触れたとき、驚きと信じられない気持ちが入り混じった畏怖の念を感じた。地球から見ると、とても遠く、とても近づきがたく、とても謎に満ちているように見えたあの惑星に、自分が実際にいるのだ。しかし、私の周りには、巨大なものがあったが、それは私の世界の見慣れた光景に似ていて、思い出すことができました。 しばらくすると、大気の希薄さに肺が慣れてきて、呼吸に刺激を感じるようになった。

旅の始まり[編集]

我々は、自分の足で巨大な木の影から外に出た。上空には、梢の近くでゆるやかに揺れている電気船がかすかに見える。 すぐ近くには電灯はないが、地球全体が電灯で輝いていて、遠くから見た大都市の夜の輝きのようだ。その光は、上空の広大なドーム状の雲にかすかに反射して、地球上の月夜のような印象を与えた。 我々が降り立った場所は、素晴らしく静かで美しい場所だった。頭上の木の葉の間からそよ風が吹き抜け、空気は繊細な感触と心地よい温度を持っていた。 頭上の木の葉の間からは柔らかな風が吹いていた。遠くないところに運河の土手があり、その土手には巨大なアンブラージュの木が2列に並んで木陰を作っている立派な通りがあった。 我々は運河に近づき、道路に出て左に曲がり、その方向を探ってみた。木々の影が車道に落ちているので、その中にいれば、火星人が猫のような目をしていなければ、安全だと感じた。

驚愕の出会い[編集]

正直言って、我々の心臓の鼓動は少し早かったのですが、我々の前に影が蠢いていた。 夜よりも暗い何かが接近してきた。 それは、牛の背丈ほどもある巨大な犬の姿をしていて、頭を動かして威嚇しながら我々の前を走り去った。しかし、その犬が唸り声を上げる前に、スミス大佐の分解機の音が聞こえ、その生物は影の中に消えていった。 大佐は「あんな獣を見たことがあるか」"グリズリーのような大きさだったよ。"と語った。 "彼の所属する人々は近くにいるはずだ" と私は言った "おそらく彼は見張り役だったのでしょう" "でも人が住んでいた形跡がない" "その通りだが、運河の反対側の道には厚い垣根があるのを見ただろう。それを通り抜ければ、何かが見えてくるかもしれない"。

宮殿が見えてきた[編集]

我々は慎重に、小さな木ほどの大きさの低木で構成され、底部には非常に厚い生垣を通過すると、芝生と思われる大きな草原のような広がりの中に自分自身を発見しました。かなり離れたところに、木々の塊の中に大きな建物がそびえ立ち、その壁は赤い金属でできていて、雲のドームから降り注ぐ柔らかい光の中で、磨かれた銅のように輝いていた。 建物自体の周りには明かりはなく、我々に面した側には窓に相当するものは何も見えなかったが、右に向かってドアが開いていたのは明らかで、そこからは照明の輝かしい光束が流れ出し、それは芝生の上で明るく、そして生け垣の開口部を通って高速道路を横切り、その先にある運河の水の上で輝いていた。 我々が立っていた場所では、地面は明らかに最近になって整地され、障害物はなかったものの、我々が家に近づくにつれて、我々の好奇心は今では抗しがたいものになっていたので、我々は、我々が直立して立っていたら、それは我々の頭の上にはるかに高くなっていただろうと思うほど背の高い草の中を這っている自分自身を発見しました。

用心のために[編集]

"スミス大佐は、西部平原での冒険を振り返って、「この場所は身を守るのに適している」と言った。"インディアン、失礼、つまり火星人に見つからないように近づくことができる」。 なんという冒険だったのだろうか。夜中に別の世界の表面を這い回り、もしかしたら人間の経験では計り知れない危険の中に身を投じることになるかもしれないのだから。 しかし、我々は前進し、しばらくして背の高い草むらから出て、建物の壁の近くにいることを発見して、少々驚いた。 慎重にドアに向かって這っていった。 扉に近づくと、まるで瞬間的に麻痺したかのように、我々は突然立ち止まった。 扉からは、今まで聞いたこともないような甘い音楽が、夜の柔らかい空気の中に浮かんでいた。

怪物のようなサプライズ[編集]

それは私を一瞬にして自分の世界へと連れ戻した。それは、地球の音楽だった。それは、人間の魂のメロディアスな表現でした。それは、我々二人を心の底から興奮させた。 "スミス大佐は「なんてことだ!」と叫んだ。"これは一体何なんだ?夢を見ているのか、いったいどこにいるのか」。 それでも、魅惑的なハーモニーが空中に浮かんでいた。 何の楽器かは分からなかったが、その音は他の何よりもバイオリンの音に近いように思えた。

荘厳な音楽[編集]

しかし、しばらくすると音色が変わり、荘厳なマーチになった。鼓動のような音が空気中に響き渡り、我々の心はその歩みと一体となり、今まで感じたことのない勇気を与えてくれました。 続いて、言葉にならないほど甘美な野生の幻想曲へと流れ、そこから再び追悼曲やラメントへと変化し、その芳醇なハーモニーの流れは我々の心を再び地上へと押し戻した。 "私は「もう我慢できない。"あの音楽を作っているのが誰なのか見てみたい。それは人間の心の産物であり、人間の指の感触から生まれたものに違いない」。 我々は慎重に体勢を変えて、ドアから差し込む光の中に立った。 扉は巨大なアーチ型の開口部で、壮大な装飾が施されており、高さは20~25フィート(約1.5m)はあろうかと思われるほどで、その幅は広い。扉は大きく開いていて、付属品や周囲のものもすべて同じ美しい赤い金属でできていた。

美少女![編集]

扉を開けて明るいところに出ると、扉の中には巨大なアパートが見えた。四方を金属の装飾品や宝石で飾り、中央から電気ロウソクの大きなシャンデリアで照らされている。 その中央には、楽器を繊細に構えながら、魅惑的な声を響かせている人物が立っている息をのむ光景があった。 それは、ほっそりとしたシルフのような女の子だった。 私と同じ種族の少女が、火星に住む人間として登場したのである。

彼女の髪はゆるく巻かれていて、彼女は優雅な白いドレープに身を包んでいた。 "スミス大佐は "彼女は人間だ!"と叫んだ。

訳注[編集]