ウェストファリア条約

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


        ウェストファリア合意条約


(The westphalian treaties from October 24th 1648[:西暦1648年10月24日/ウェストファリアにて])


        オスナブリュック合意条約


(30年戦争の結末)  


[verse:VII,1 IPO <-secc 47 IPM]VII………それは同じ正義及び優越、それは総ての帝国的構成の、宗教の平和、そしてこれの取り扱い、そして苦情の結論としては、それはカトリック国に授与し含んでいる、そして対象の、そしてアウグスブルクの告白の与えるのが当然である、そして彼らに授与する改革派(;リフォームド)と呼ばれる彼ら自身;彼らなしには協定を結び助ける特典を逆転することができず。そして他の条例それは国の彼らはそう呼ばれるプロテスタント契約を規定された、彼らの間で、そして彼らの属するそれまでのところ、すべての場所を所属に取るそれによってするところのそれの懸念によって、を宗教そして活動のかれらのすべてを良心と自由を助けることによって。
そして、それはプロテスタントたちの間の未だ終わらぬ宗教の違うのでそうであるが故に、便宜を与えて保留する;そしてそれに二つの会合の形の、どっちつかずに同意して居るそれの、(宗教)改革に正しく接触している、それは若(も)し少しの王子、または他(ほか)の領地の主、または少しの教会の後援者、もう一つの会合の宗教の行くあとでその後、または継承の正しいことを取り戻し得る、または処理の存在の美徳によって、または少しの他の表題によって、最初的なまたは公の行われているもう一つの会合の宗教のそれの主権または、それは彼自身の近くの論争を抜きにして彼のために合法にした、そして彼の居住地の場所、彼のための法廷の自らの宗教の個人的な説教師;そしてそのような彼の属する所の偏見や要求する所の:しかしそれは宗教を行う所を要求の合法されてない、または教会制度の法または慣習それは受け入れられた形、教会をとらない、学校も病院も、または歳入、恩給(年金)または給料のそれに属する所有者たち、そして彼ら自身の宗教の授与する、領地の正義の弁解に属する強制無しからは遠く離れた、司教権、それは後援の、または少しの他の、受け入れられたもう一つの宗教の聖職者のや、少しの与えられた問題や他の宗教の………



        ミュンスター合意条約

        


(オランダ独立?!スペインとの交渉)                  


[Secc47 IPM->Art,V,VII,IPO]……この同意の方法の上にある、スウェーデン人国王に関して同意された上と共に;改革派(リフォームド)と呼ばれる彼らを同じ仕方について、この文書に報告した言葉を逐語的に上に器量されるように。



外部リンク[編集]

ミュンスター合意条約の翻訳はfc2さんが独立的にしているので、そちらも参照の事。ミュンスター合意条約

 


           

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。