Wikisource:翻訳の仕方

提供: Wikisource
移動先: 案内検索
Purple question mark.png この文書はウィキソースの公式な方針あるいはガイドライン草案です。この文書には拘束力はありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。

翻訳の仕方

Wikisource日本語版では、日本語の原文や統計などの資料を収拾するとともに、日本語以外の言語(以降、他言語と称す。)で書かれた原文を翻訳することを目的としています。このページでは、後者について、最低限の要項やそれを履行しなかった場合の措置を説明します。

最低限の要項[編集]

多言語で書かれた原文を翻訳した文章(以降、翻訳物と称す。)を掲載するページには、以下の事項を明記することが必要です。

原文の出典及び著作者
これらは、Wikisourceの理念やベルヌ条約等の著作権に関する国際条約の関係からみても、人格的な権利を保護する役割を担っています。
翻訳物の著作者
他言語で書かれた原文の翻訳文は、原文の著作権とは別個の著作物として保護されることが上記条約の関係からみても明らかです。翻訳物の著作者の人格的な権利を保護するため、新たに誰が創作したかを明確に記す必要があります。この件については以下の節に詳細な規定が存在します。

その他重要な事項[編集]

以下に掲げる事項は、最低限必要とまではいわないが、原文の性質上明記すべき事項をまとめたものです。

正式か否か
特に公文書などの翻訳物には解釈の問題がつきまとうため、作成者あるいは当事者が公式な訳文として認可したか否かは、読者にとっても重要な要素である。また公文書でなくても、翻訳物の信頼性を計るための定規としても重要である。

翻訳物の著作者[編集]

最低限の要項の中に記した「翻訳物の著作者」について、この節では、より詳細な規定を説明します。

  1. 投稿者以外の人によって翻訳されパブリック・ドメイン又はGFDLとして公開されているページ
    翻訳物の著作者を明記しなければならない。翻訳文がGFDLで公開されている場合、その規定に沿って投稿しなければならない。
  2. 投稿者自身によって作成されたページ
    投稿者本人がウィキソースオリジナルの文章であることを明記するか、又は投稿者自身によって作成されたことを立証しなければならない。

最低限の要項を記さなかった場合の措置[編集]

翻訳文を載せたページが、最低限必要な要項を満たさなかった場合、削除対象となる可能性があります。以下、削除対象となる理由を説明します。

  • 原文の出典及び著作者を記さなかった場合、原文に著作権が存在する可能性があり、それがウィキソースに不必要な文章であるか判断しかねるため。
  • 翻訳物の著作者が記されなかった場合、翻訳物の著作権が不明となるため。

ただし、最低限必要な要項を満たさないページであろうとも、即時削除の規定外であれば、すぐに削除されるわけではありません。一定の猶予期間内に最低限の要項を満たせば、当該ページに規定された理由によって削除されるという可能性はなくなるでしょう。