イオアン伝05

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

イオアンに因る聖福音

第五章[編集]

1 そののちイウデヤじんまつりありて、イイスス イエルサリムにのぼれり。

2 イエルサリムにひつじもんかたはらいけあり、エウレイのことばにワィフェズダとふ。

3 これひていつゝらうあり。うちおほくのびやうしゃめしひあしなへるゝものして、みづうごくをてり。

4 けだししゅつかひときありていけくだりて、みづうごかせり、みづうごのちいけものは、なんやまひうれふるにろんなく、ゆるをたり。

5 かしこひとりさんじふはちねんやまひうれふるものありき。

6 イイススかれせるをそのこれうれふることすでひさしきをりて、かれふ、なんぢえんことをほつするか。

7 びやうしゃこたへてへり、しゅよ、しかり、たゞみづうごときわれたすけて、いけくだひとなし、きたときは、たにんわれさきだちてくだる。

8 イイススかれふ、きて、なんぢとこりてけ。

9 そのひとたゞちえ、そのとこりてけり、スボタなり。

10 ゆゑにイウデヤじんいやされしものへり、スボタなり、なんぢとこるはよろしからず。

11 かれこたへてへり、われいやしゝものは、われなんぢとこりてけとへり。

12 かれらへり、なんぢに、とこりてけとひしひとたれぞ。

13 いやされしものそのたれたるをらざりき、けだしかしこひとおほきにりて、イイススかくれたり。

14 そののちイイススひとでんひて、これへり、よ、なんぢえたり、またつみおかなかれ、おそらくはうれひふことさらはなはだしからん。

15 かれきて、イウデヤじんに、われいやしゝものはイイススなりとげたり。

16 こゝおいてイウデヤじんイイススをきんちくして、ころさんことをはかれり、かれスボタくのごとことおこなひしゆゑなり。

17 イイススかれらへり、ちゝいまいたるまでし、われまたす。

18 れにりてイウデヤじんいよいよかれころさんことをはかれり、そのたゞスボタおかしゝのみならず、すなはちまたかみおのれちゝひて、おのれかみひとしくしゝゆゑなり。

19 イイススかれらこたへてへり、われまことまことなんぢぐ、ちゝおこなところずば、おのれりてなにごとをもおこなあたはず、ちゝおこなところは、またおなじくこれおこなふ。

20 けだしちゝあいして、およおのれおこなところかれしめす、かつこれよりおほいなるわざかれしめさん、なんぢあやしまんためなり。

21 けだしちゝせしものおこして、これかすがごとく、またほつするところものかす。

22 けだしちゝなんぴとをもしんぱんせず、すなはちことごとくのしんぱんゆだねたり、

23 しゅうみなうやまふこと、ちゝうやまふがごとくせんためなり。うやまはざるものは、かれつかはしゝちゝうやまはず。

24 われまことまことなんぢぐ、ことばきて、われつかはしゝものしんずるひとは、えいゑんいのちたもち、かつしんぱんためきたらず、すなはちよりいのちうつれり。

25 われまことまことなんぢぐ、とききたる、いまれなり、せしものかみこゑかん、これきてきん。

26 けだしちゝおのれうちいのちたもつがごとく、くのごとにもおのれうちいのちたもたしめ、

27 かつかれしんぱんおこなけんあたへたり、そのひとたるにりてなり。

28 これあやしなかれ、けだしとききたる、およはかうちものかみこゑかん、

29 しかうしてぜんおこなひしものいのちふくくわつで、あくしゝものていざいふくくわつでん。

30 われなにごとをもおのれりておこなあたはず、ところしたがひてしんぱんす、しかうしてしんぱんなり、けだしわれおのれむねもとめず、すなはちわれつかはしゝちゝむねもとむるなり。

31 われみづかおのれことしょうせば、しょうまことならず。

32 べつわれことしょうするものあり、われそのわれしょうするしょうまことなるをる。

33 なんぢかつひとをイオアンにつかはしゝに、かれしんじつためしょうせり。

34 しかれどもわれひとよりしょうけず、すなはちこれふはなんぢすくはれんためなり。

35 かれかつひかともしびたりき、なんぢそのひかりりてしばらよろこばんとほつせり。

36 しかるにわれにはイオアンのしょうよりおほいなるものあり、けだしちゝわれあたへてさしむるわざおこなところわざは、われために、ちゝわれつかはしゝことをしょうす。

37 かつわれつかはしゝちゝみづかわれためしょうせり。たゞなんぢいまかつそのこゑかず、そのかたちざりき。

38 かつそのことばなんぢうちそんせず、けだしかれつかはしゝものは、なんぢこれしんぜざるなり。

39 せいしょさぐれ、けだしなんぢこれりてえいゑんいのちんとおもふ、われことしょうするなり。

40 しかれどもなんぢいのちためわれくをほつせず。

41 われえいひとよりけず。

42 たゞわれなんぢる、なんぢうちにはかみけるあいなし。

43 われちゝりてきたりしに、なんぢわれけず、たにんおのれりてきたらば、なんぢこれけん。

44 なんぢたがひえいあひけ、どくいつかみよりするえいもとめずして、あにしんずるをんや。

45 われなんぢちゝまへうつたへんとおもなかれ、なんぢうつたふるものにモイセイあり、なんぢたのところものなり。

46 けだしなんぢしモイセイをしんぜば、われをもしんぜん、かれわれことしるしたればなり。

47 なんぢかれしょしんぜずば、いづくんわれことばしんぜん。