イオアン伝04

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

イオアンに因る聖福音

第四章[編集]

1 イイススは、そのもんとおよせんさづくることイオアンよリおほきを、ファリセイじんきたりと、りしとき

2 (しかれどもイイススみづかせんさづけしにあらず、そのもんとこれせり、)

3 すなはちイウデヤをはなれて、またガリレヤにけり。

4 かれサマリヤをぐべきにりて、

5 サマリヤのまちシハリとづくるところきたれり、イアコフがそのこイオシフにあたへたるちかし。

6 かしこにイアコフのあり。イイススたびつかれて、かたはらせり。ときおよそろくじなり。

7 サマリヤのをんなみづためきたれり。イイススこれふ、われましめよ。

8 けだしそのもんとしょくはんためまちけり。

9 サマリヤのをんなかれふ、なんぢはイウデヤじんたるに、いかにしてわれサマリヤのをんなむをもとむるか。けだしイウデヤじんとサマリヤじんとはあひかうさいせざるなり。

10 イイススこれこたへてへり、なんぢは、かみたまものおよわれましめよと、なんぢものたれたるをらば、なんぢみづかかれもとめん、しかうしてかれなんぢけるみづあたへん。

11 をんなかれふ、しゅよ、なんぢうつはなく、またふかし、しからばいづれよりなんぢけるみづあるか。

12 なんぢあにちゝイアコフよりおほいなるか、かれわれらあたへ、おのれも、そのしょしも、そのかちくも、これよりみたり。

13 イイススこたへてへり、およみづものは、またかわかん、

14 しかれどもあたへんとするみづものは、よよかわかざらん、すなはちかれあたへんとするみづは、そのうちおいえいゑんいのちみづいづみらん。

15 をんなかれふ、しゅよ、われみづあたヘよ、かわかず、またこゝきたりてまざらんためなり。

16 イイススこれふ、きて、なんぢおつとびて、こゝきたれ。

17 をんなこたへてへり、われをつとなし。イイススこれふ、なんぢをつとなしとひしはなり、

18 けだしなんぢごにんをつとありき、しかうしていまものなんぢをつとあらず、なんぢまことへり。

19 をんなかれふ、しゅよ、われるになんぢよげんしゃなり。

20 せんぞやまはいせり、しかるになんぢはいすべきところはイエルサリムにりとふ。

21 イイススこれふ、をんなよ、われしんぜよ、やまにもあらず、イエルサリムにもあらずしてちゝはいせんとききたる。

22 なんぢはいするところらず、われらはいするところる、けだしすくひはイウデヤじんよりするなり。

23 しかれどもとききたる、いまこれなり、まことれいはいしゃしんもつまこともつちゝはいせん、けだしちゝくのごとかれはいするものもとむ。

24 かみしんなり、かれはいするものしんもつまこともつはいすべし。

25 をんなかれふ、われる、メッシヤ、すなはちハリストスはきたらん、かれきたときことごとわれらげん。

26 イイススこれふ、われなんぢかたものなり。

27 たまたまそのもんときたりて、かれをんなかたれるをあやしみたれども、ひとりも、なんぢなにもとむるか、あるひこれなにかたるかと、ひしものなし。

28 ときをんなそのみづがめのこして、まちきて、ひとびとふ、

29 きたりて、およおこなひしことわれげしひとよ、れハリストスにあらずや。

30 ひとびとまちでゝ、かれけり。

31 さいもんとかれひてへり、ラウワィくらへ。

32 しかれどもかれこれへり、われくらふべきかてあり、なんぢらざるものなり。

33 ゆゑもんとたがひへり、あにたれかれしょくおくりたる。

34 イイススかれらふ、かてわれつかはしゝものむねおこなひ、そのわざじやうじゅするにり。

35 なんぢなほしかげつにしてかりいれきたらんとふにあらずや、われなんぢぐ、なんぢげて、よ、すでしろくしてるべし。

36 ものあたひて、えいゑんいのちむ、ものものともよろこばんためなり。

37 けだしかれこれるとへるは、こゝおいまことなり。

38 われなんぢつかはして、なんぢらうせざりしところらしむ、たにんらうし、なんぢそのらうれり。

39 まちおほくのサマリヤじんをんなが、かれおよおこなひしことわれげたりと、しょうせしことばりてかれしんぜり。

40 ゆゑにサマリヤじんかれきしときともとゞまらんことをへり、かれかしことゞまりしことふつかなり。

41 なほおほくのものかれことばりてしんぜり。

42 しかうしてをんなへり、われらすでなんぢことばりてしんずるにあらず、けだしみづかきて、かれまこときうしゅハリストスなりとれり。

43 ふつかえて、かれかしこでゝ、ガリレヤにけり。

44 けだしイイススみづから、よげんしゃそのふるさとおいたつとばれずとしょうせり。

45 ガリレヤにきたりしとき、ガリレヤじんかれけたり、およかれがイエルサリムにまつりときおこなひしことたればなり、けだしかれらまたまつりけり。

46 こゝおいてイイススまたガリレヤのカナにきたれり、かつみづさけへんぜしところなり。たまたまひとりわうしんあり、そのこカペルナウムにりてめり。

47 かれはイイススのイウデヤよりガリレヤにきたりしをきて、これき、くだりてそのこいやさんことをへり、けだしのぞめり。

48 イイススこれへり、なんぢきうちょうきせきとをずば、しんぜざらん。

49 わうしんかれふ、しゅよ、ふ、せざるさきくだれ。

50 イイススこれふ、け、なんぢく。ひとはイイススのこれひしことばしんじてけり。

51 ときそのしょぼくかれひて、げてへり、なんぢく。

52 かれこれに、そのなんときはじめしをひたれば、かれへり、きのふだいしちじねつしりぞけり。

53 ちゝは、すなはちイイススがかれなんぢくとひしときなるをれり。こゝおいかれみづかおよそのぜんかみなしんじたり。

54 だいにきうちょうなり、イイスス イウデヤよりガリレヤにきたりて、これおこなへり。