イオアン伝06

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

イオアンに因る聖福音

第六章[編集]

1 そののちイイスス ガリレヤのうみすなはちティワェリアダのうみきしわたりしに、

2 おほくのたみかれしたがへり、かれびやうしゃおこなひしきせきたればなり。

3 イイススやまのぼりて、かしこもんとともせり。

4 ときにイウデヤじんまつりなるパスハちかづけり。

5 イイススげて、おほくのたみかれきたるをて、フィリップにふ、われらいづこよりぱんひて、かれらくらはしめんか。

6 これひしは、かれこゝろみんためなり、けだしみづかなにおこなはんとするをれり。

7 フィリップこたへてへり、ぎんにひゃくもつぱんふとも、かれらためおのおのすこしづゝをくるにらず。

8 そのもんとひとり、シモン・ペトルのきやうだいアンドレイ、かれふ、

9 こゝひとりどうじありて、おほむぎぱんいつゝちひさうをふたつとをてり、しかれどもなにをかたすうさん。

10 イイススへり、ひとびとせしめよ。そのところおほくのくさあり。こゝおいひとびとせきざせり、すうおよそごせんなり。

11 イイススぱんり、かんしゃして、もんとわかあたへ、もんとせきざするものあたへたり、うをまたしかり、すなはちほつするところしたがへり。

12 しゅうすできて、かれもんとふ、あまりたるくづあつめて、すたところなからしめよ。

13 すなはちあつめて、くらひしものあましたるいつゝおほむぎぱんくづじふにかごてたり。

14 ひとびとイイススのおこなひしきせきへり、まこときたるべきよげんしゃなり。

15 イイススはかれらきたり、にはかかれりて、わうさんとほつするをりて、またひとりやまのがれたり。

16 るゝときそのもんとくだりてうみいたり、

17 ふねのぼりて、うみきしなるカペルナウムにけり。すでくらくなりて、イイススかれらきたらず。

18 かぜおほいきて、うみなみたてり。

19 くことおよそにじふごあるひさんじふスタディヤにして、かれらはイイススのうみみて、ふねちかづくをて、おそれたり。

20 かれこれふ、われなり、おそるゝなかれ。

21 もんとかれふねけんとほつせり、ふねたゞちところきたり。

22 あくるひうみきしてるたみは、かしこもんとのぼりたるふねほかふねなく、かつイイススはもんとともふねのぼらずして、もんとのみきしをたり。

23 ときふねはティワェリアダより、しゅかんしゃしてのちぱんくらひしところちかきたれり。

24 こゝおいたみはイイススのこゝらず、そのもんとらざるをて、おのれまたふねのぼり、イイススをたづねてカペルナウムにきたれり。

25 うみきしおいかれひてへり、ラウワィなんぢなんときにかこゝきたれる。

26 イイススかれらこたへてへり、われまことまことなんぢぐ、なんぢわれたづぬるは、きせきゆゑあらず、すなはちぱんくらひてきたるゆゑなり。

27 つるかてためらうするなかれ、すなはちえいゑんいのちそんするかてひとなんぢあたへんとするものためらうせよ、けだしちゝなるかみかれいんしょうせり。

28 かれらへり、われらなにおこなひて、かみわざさんか。

29 イイススこたへてへり、かみこととは、なんぢかれつかはしゝものしんずること、これなり。

30 かれらへり、なんぢなにきうちょうおこなひて、われらをしてこれて、なんぢしんぜしめんか、なんぢなにすか。

31 われらせんぞりて「マンナ」をくらへり、しるされしがごとし、てんよりかれらぱんあたへてくらはしめたりと。

32 イイススかれらへり、われまことまことなんぢぐ、モイセイがなんぢぱんてんよりあたへしにあらず、すなはちちゝなんぢまことぱんてんよりあたふ。

33 けだしかみぱんてんよりくだりて、いのちあたふるものなり。