イオアン伝02

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

イオアンに因る聖福音

第二章[編集]

1 だいさんじつに、ガリレヤのカナにこんえんあり、イイススのはゝかしこりき。

2 イイススおよそのもんとまたこんえんまねかれたり。

3 さけとぼしきにりて、イイススのはゝこれふ、かれらさけなし。

4 イイススいはく、をんなよ、われなんぢなんあづからん、われときいまいたらず。

5 そのはゝしょぼくふ、かれなんぢめいずるところおこなへ。

6 かしこにイウデヤじんきよめれいしたがひて、いしみづがめむつあり、おのおのにさんどる。

7 イイススしょぼくふ、かめみづたせ。これたして、ほとんあふる。

8 またかれらふ、いまみて、しえんしゃおくれ。すなはちおくれり。

9 しえんしゃさけへんじたるみづめて、(そのいづれよりするをらざりき、たゞみづみししょぼくこれれり、)はなむこびて、

10 かれふ、およそひとよきさけすゝめ、たけなはなるにおよびて、あしきさけすゝむ、なんぢよきさけとゞめていまいたれり。

11 くのごとくイイスス ガリレヤのカナにおいきうちょうはじめてゝ、そのくわうえいあらはせり、そのもんとかれしんぜり。

12 そののちかれみづから、およそのはゝそのきやうだいそのもんとはカペルナウムにくだりて、かしこりしおほからず。

13 イウデヤじんパスハちかづきて、イイスス イエルサリムにのぼれり。

14 でんおいうしひつじはとり、およりやうがへするものせるをたれば、

15 なはもつむちつくりて、そのしゅうおよひつじうしでんよりいだし、りやうがへするものきんらし、そのつくゑたふし、

16 はとものへり、ものこゝよりれ、ちゝいへあきなひいへなかれ。

17 こゝおいかれもんとは、しるして、なんぢいへけるねっしんわれむと、へるをおもおこせり。

18 イウデヤじんかれヘり、なんぢこれらことおこなけんあるを、なにきうちょうもつわれらしめさんか。

19 イイススかれらこたへてへり、なんぢでんこぼて、われみつかにしてこれおこさん。

20 イウデヤじんへり、でんつるにはしじふろくねんたるに、なんぢみつかにして、これおこさんか。

21 しかれどもかれそのにくたいでんしてひしなり。

22 かれよりふくくわつせしのちそのもんとは、かれかつこれひしことをおもおこして、せいしょとイイススのひしことばとをしんぜり。

23 かれパスハのまつりにイエルサリムにりしときおほくのものかれおこなひしきうちょうて、そのなしんぜり。

24 しかれどもイイススみづかおのれかれらたくせざりき、けだししゅうじんれり、

25 またたにんひとしょうするをえうせざりき、みづかひとうちりたればなり。