イオアン伝01

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

イオアンに因る聖福音

第一章[編集]

 はじめことばり、ことばかみともり、ことばすなはちかみなり。  ことばはじめかみともり。  ばんぶつかれりてつくられたり、およつくられたるものには、いつかれらずしてつくられしはし。  かれうちいのちり、いのちひとひかりなり。  ひかりくらやみり、くらやみこれおほはざりき。

 かみよりつかはされしひとあり、そのなはイオアンなり。  かれしょうためきたれり、ひかりことしょうし、しゅうじんをしてかれりてしんぜしめんためなり。  かれひかりあらず、すなはちひかりことしょうせんためつかはされたり。

 まことひかりあり、およきたひとてらものなり。 一〇 かれかつり、かれりてつくられたり、しかうしてかれらざりき。 一一 おのれぞくするものきたれり、しかうしておのれぞくするものかれけざりき。 一二 かれけ、そのなしんずるものには、かれかみけんたまへり。 一三 けつきるにあらず、じやうよくるにあらず、じんよくるにあらず、すなはちかみりてうまれしものなり。

一四 ことばにくたいりて、われらうちりたり、おんちょうしんじつとにてられたり。われらかれくわうえいたり、ちゝどくせいしごとくわうえいなり。 一五 イオアンかれことしょうし、びてへり、かつて、われのちきたものは、われさきれり、けだしそのもとわれよりさきなるものなりとひしは、すなはちひとなり。 一六 かれじゅうまんよりわれらみなおんちょううへおんちょうけたり。 一七 けだしりつぱふはモイセイにりてさづけられ、おんちょうしんじつとはイイススハリストスにりてきたれり。 一八 かみひといまかつてあらず、たゞどくせいちゝふところものは、かれあらはせり。

一九 イオアンのしょうごとし、イウデヤじんイエルサリムよりしさいおよび「レワィト」つかはして、かれなんぢたれたるとひしとき二〇 かれけてまざりき、けていはく、われはハリストスにあらず。 二一 またかれへり、しからばなにぞ、なんぢはイリヤなるか。いはく、あらず。よげんしゃなるか。こたヘてへり、いな二二 かれらこれへり、なんぢたれぞ、われらつかはしゝものこたへさしめよ、なんぢおのれこといかふか。 二三 かれへり、われものこゑしゅみちなほくせよとものなり、よげんしゃイサイヤのひしがごとし。 二四 つかはされしものはファリセイぞくせり。 二五 かれらまたこれひてへり、なんぢハリストスにあらず、イリヤにあらず、よげんしゃあらざれば、なんせんさづくる。 二六 イオアンかれらこたへてへり、われみづもつせんさづく、しかれどもなんぢうちてるものあり、なんぢらざるものなり。 二七 かれすなはちわれのちきたりて、われさきれるものなり。われそのくつひもくにもへず。 二八 ことはイオルダンのそとなるワィファワラ、すなはちイオアンのせんさづくるところおこなはれたり。

二九 あくるひイオアンはイイススのおのれきたるをいはく、よ、かみこひつじつみになものなり。 三〇 かつて、われのちきたものありて、われさきれり、けだしそのもとわれよりさきなるものなりとひしは、すなはちひとなり。 三一 われかれらざりき、しかれどもきたりて、みづもつせんさづくるは、ことかれがイズライリにあらはされんためなり。 三二 イオアンまたしょうしてへり、われせいしんはとごとてんよりくだりて、かれとゞまるをたり。 三三 われかれらざりき、しかれどもみづもつせんさづけんためわれつかはしゝものわれへり、なんぢせいしんくだりて、これとゞまるをものすなはちせいしんもつせんさづくるものなりと。 三四 われこれしかうしてそのかみたるをしょうせり。

三五 あくるひイオアンまたてり、そのもんとににんともにせり。 三六 イイススのくをいはく、よ、かみこひつじなり。 三七 にもんとそのことばきて、イイススにしたがへり。 三八 イイススかへりみて、かれらそのうしろしたがふをて、これふ、なんぢなにもとむるか。かれらへり、ラウワィ(やくすればふうし、)なんぢいづくにかる。 三九 いはく、きたりてよ。かれらきたりて、そのところかれともたり。ときおよそじふじなりき。 四〇 イオアンにきて、イイススにしたがひしににんうちひとりはアンドレイすなはちシモンベトルのきやうだいなり。 四一 かれそのきやうだいシモンにひて、これふ、われらメッシヤ、(やくすればハリストス、)にへり。 四二 すなはちかれをイイススにたづさへたり。イイススかれそゝぎてへり、なんぢはイオナのシモンなり、なんぢはキファ、(やくすればペトル、)と稱となへられん。

四三 あくるひイイススガリレヤにかんとほつし、フィリップにひて、これふ、われしたがへ。 四四 フィリップはワィフサイダのひとにして、アンドレイおよびペトルとまちおなじくせり。 四五 フィリップはナファナイルにひて、これふ、われらは、モイセイがそのりつぱふに、およしょよげんしゃしるしゝところものへり、れイオシフの、ナザレトのひと、イイススなり。 四六 ナファナイルこれヘり、あにナザレトよりものづるあらんや。フィリップいはく、きたりてよ。 四七 イイススはナファナイルのおのれきたるをて、かれしていはく、よ、まことにイズライリじんにして、いつはりなきものなり。 四八 ナファナイルかれふ、なんぢなにりてわれれるか。イイススこたへてへり、フィリップがいまなんぢばざるさきなんぢいちじくしたときわれなんぢたり。 四九 ナファナイルこたへてかれふ、ラウワィなんぢかみなんぢはイズライリのわうなり。 五〇 イイススこたへてへり、なんぢいちじくしたたりとひしにりて、なんぢしんず、なんぢこれよりもおほいなることん。 五一 またかれふ、われまことまことなんぢぐ、これよりなんぢてんひらけて、かみつかひひとうへのぼりくだりするをん。