こんかい

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

いたはしや母上は、花の姿に引き替へて、しをるる露の床のうち、智恵の鏡もかき曇る、法師にまみへ給いつつ。母を招けばあとかへりて、さらばと言はぬ。ばかりにて、泣くより外の、事ぞなき、野越え山越え里打ち過ぎて、来るは誰故、そさま、故。誰ゆゑ来るは、来るは誰ゆゑ、そさま故、君は帰るか、恨めしやいのふやれ。我が住む森に帰るらん。勇みに勇んで帰らん。我が思ふ、我が思ふ、心の内は白菊。岩隠れ、つた隠れ、篠のほそみち掻き分け行けば、蟲のこゑ〳〵面白や。降り初むるやれ、降り初むる。やれ降りそむる、今朝だにも。今朝だにも、所は跡も無かりけり。西は田のあぜあぶないさ。たにみねしどろに越え行け。の山越えて、此山越えて。こがれ焦るる憂き思ひ。


  • 底本: 今井通郎『生田山田両流 箏唄全解』上、武蔵野書院、1975年。

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。