おもろさうし/第五

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

首里天ぎやすへあんじおそいがなし 首里おもろの御さうし 天啓三年癸亥三月七日 第五

おいぢへしよりちよわちへからの節[編集]

212

一 首里のてだと
  天に 照(て)る てだと
  まぢゆに ちよわれ
又 御(み)愛(かな)してだと
  天(てに)ゝ 照(て)る てだと
又 てだ一郎子(いちろく)と
  天(てに)ゝ 照(て)る てだと
又 てだ八郎子(はちろく)と
  天(てに)ゝ 照(て)る てだと

[編集]

213

一 首里 ちよわちへからわ
  島の主(ぬし)てだよ
  今(いみや)ど 上下(かみしも) 鳴響(とよ)む
又 ぐすく ちよわちへからは

あかんこうがいよやにが節[編集]

214

一 首里(しより)杜(もり) 上(のぼ)て 行(い)けば
  夜(よ)の明(あ)けて
  てだの 照(て)り居(よ)る様(や)に
又 真玉(まだま)杜(もり) 上(のぼ)て 行(い)けば

うちいぢへはしよりちよわちへが節[編集]

215

一 首里杜(もり)よ
  我(わ)が親(おや)国(ぐに)よ
  歓(あま)ゑ栄(ふさ)よわちへ
又 良(よ)かる日(ひ)の 数(かず)よ
  きやかる日(ひ)の 数(かず)よ

よきげらへが節[編集]

216

一 首里(しより)杜(もり) 真玉(まだま)杜(もり) げらへて
  後(のち)勝(まさ)る世掛(が)け拍子(ひやし) みおやせ
又 下(しも)足(あし)から 基(もと)足(あし)から おり上(あ)げて
又 丈(たけ)高(たか)く 幅(はり)広(ひろ)く おり上(あ)げて

あおりやへが節[編集]

217

一 首里 おわる てだこが
  玉(たま)石(いし)垣(がき) げらへて
  玉(たま)金(こがね)持(も)ち満(み)ちへるぐすく
又 ぐすく おわる てだこが
  玉(たま)石(いし)垣(がき) げらへて

あおりやへが節[編集]

218

一 首里(しより)杜(もり) げらへて
  げらへたる 清(きよ)らや
  上下(かみしも)の世
  揃(そろ)ゑる ぐすく
又 真玉(まだま)杜(もり) げらへて
  げらへたる 清(きよ)らや

[編集]

219

一 太郎(たら)金(かね)ぎや細工(さいく)
  神座(かぐら)ぎやめ 鳴響(とよ)で
  首里(しより)杜(もり)
  金(こがね) 寄(よ)り満(み)ちへて
又 太郎(たら)金(かね)ぎや細工(さいく)
  おぼつぎやめ 鳴響(とよ)で

[編集]

220

一 聞(きこ)ゑ 按司(あぢ)添(おそ)いが
  樋川(ひがわ)門(ぢやう)は げらへて
  上下(かみしも) 揃(そろ)ゑる 世の閂(とで)
  打(う)ちちゑ みおやせ
又 鳴響(とよ)む 按司(あぢ)添(おそ)いぎや

[編集]

221

一 聞(きこ)へ按司(あぢ)添(おそ)いぎや
  赤田(あかた)門(ぢやう)は 開(あ)けわちゑ
  神(かみ)てだの 揃(そろ)て
  誇(ほこ)りよわちへ
又 鳴響(とよ)む按司(あぢ)添(おそ)いぎや
  精(すへ)の門(ぢやう) 開(あ)けわちへ
又 おなり神(がみ) 崇(たか)べて
又 奇(く)せ宣(せ)り人 崇(たか)べて

あおりやへが節[編集]

222

一 思(おも)ひまたふきや
  米(よね)思(も)いは げらへて
  神座(かぐら) 在(あ)つる
  雲子(くもこ)口(ごちへ) みおやせ
又 愛(かな)しわうしやくが
  米(よね)思(も)いは げらへて
又 天(てに)からわ 降(ふ)り添(おそ)て
  米(よね)思(も)いは げらへて
又 地(ぢい)からは 湧(わ)き上(あ)がる
  米(よね)思(も)いは げらへて

[編集]

223

一 首里まぢや
  御殿(おどの) 入(い)りちへ 見(み)ちゑ
  清(きよ)らやのみ御殿(おどん)
又 ぐすくまぢや
  御殿(おどん)

[編集]

224

一 首里(しより)杜(もり)ぐすく
  鳴響(とよ)む世添(そ)い杜(もり)
  世(よ)の果報(かほう) 世持(も)つせぢ みおやせ
又 真玉(まだま)杜(もり)ぐすく

[編集]

225

一 首里真玉(まだま)杜(もり)
  精(せ)高(だか)按司(あぢ)添(おそ)いや
  君(きみ)寄(よ)せ 綺羅(きら)奇(く)せ 見物(みもん)
又 君(きみ)の望月(もちづき)や
  精(せ)高(だか)按司(あぢ)添(おそ)いや

[編集]

226

一 嶽(たけ)の鈴(すづ)鳴(な)りや
  果報(かほう) 揃(そろ)ゑわちゑ
  吾(あ)が成(な)さい人(きゆ)後(のち)勝(まさ)り 手(て)摩(づ)て
又 君(きみ)の望(もち)月ぎや

ぢやなのしはねしやりが節[編集]

227

一 首里(しより)福地(ふくじ)人(きよ)
  良(世)かるゑさの主(しゆ)
  今日(けお)の 珍(めづ)しや
又 今日(けお)の良(ゆ)かる日(ひ)に
又 今日(けお)のきやかる日(ひ)に
又 我謝(がぢや)の浦(うら)の 貢(かない)
  うつの浦(うら)の 捧(さゝ)げ

うちいぢへはしよりいちやが節[編集]

228

一 首里太求(たち)思(よも)いや
  若(わか)てだす
  君(きみ)々(きみ) 似(に)せれ
又 ぐすく太求(たち)思(よも)いや

[編集]

229

一 首里(しより) 在(あ)つる 見(み)揚(や)がり
  神酒(みいき)寄(よ)せ せん寄(よ)せ げらへ
又 ぐすく 在(あ)つる 見(み)揚(や)がり

なべたるがおもろの節[編集]

230

一 首里(しより)杜(もり) ちよわる
  おぎやか思(も)い加那志(がなし)
  天より下(した)の
  王(わう)にせてだ
又 真玉(まだま)杜(もり) ちよわる

[編集]

231

一 首里(しより)杜(もり) ちよわる
  世添(そ)うせぢ 持(も)ちよわちゑ
  てるかはす 守(まぶ)て
  世(よ)は ちよわれ
又 真玉(まだま)杜(もり) ちよわる

又 照(て)る雲(くも)に 知(し)られ
又 添(おそ)て 凪(とゞ)やけれ
又 さしふ 照(て)る雲(くも)に
又 もつき 照(て)る真物(まもん)
又 馬(うま)替(か)へは 居(ゐ)せわちへ
又 昔(むかし)よりや 勝(まさ)り
又 けさよりや 勝(まさ)り
又 上下(かみしも)は 揃(そろ)ゑて
又 地(ぢ)離(はな)れは 揃(そろ)へわ
又 天が下(した) 揃(そろ)へて
又 てるかはが 御(う)差(ざ)ししよ

[編集]

232

一 首里若(わか)細工(さいく)
  真(ま)物御殿(おどん) げらへて
  世勝(まさ)りのおぎやか思(も)ひしよ
  十(と)百(もゝ)度(と) ちよわれ
又 ぐすく若(わか)細工(さいく)
  精(すゑ)の御殿(おどん) げらへて
又 大君(きみ)は 崇(たか)べて
又 押(おし)笠(かさ)は 崇(たか)べて
又 親(おや)のろは 崇(たか)べて
又 今帰仁(みやきぜん)のあす達(た)
  誇(ほこ)て し居(よ)る 使(つか)い

あおりやへが節[編集]

233

一 国(くに)笠(かさ)が もちよる
  大世の主(ぬし)按司(あんじ)添(おそ)い
  真玉(まだま)杜(もり)
  揃(そろ)ゑて ちよわれ
又 雲子(くもこ)杜(もり)親(おや)のろ
又 首里(しより)杜(もり) 降(お)れて
又 真玉(まだま)杜(もり) 降(お)れて
又 てるかはゝ 崇(たか)べて
又 てるしのは 崇(たか)べて
又 君(きみ)々(きみ)は 崇(たか)べて

あおりやへが節[編集]

234

一 首里杜(もり)ぐすく
  島(しま)金(こがね)ぐすく
  十(と)百(もゝ)末(すゑ)
  十(と)百歳(ひやくさ)す ちよわれ
又 真玉(まだま)杜(もり)ぐすく
  国(くに)金(こがね)ぐすく

うらおそいのおやのろが節[編集]

235

一 玉(たま)の御(み)孵(そ)で加那志(がなし)
  首里(しより)杜(もり) げらへて
  上下(かみしも)の戦(いくさ)せぢ みおやせ
又 げらへ御(み)孵(そ)で加那志(がなし)
  真玉(まだま)杜(もり) げらへて
又 首里(しより)杜(もり) ちよわる
  若(わか)い人(きよ)孵(す)で加那志(がなし)

うらおそいおやのろが節[編集]

236

一 げらへ 沖縄(ゆきなわ)が
  首里(しより)杜(もり) 降(お)れわちへ
  世添(そ)うせぢ
  おぎやか思(も)いに みおやせ
又 鳴響(とよ)む沖縄(ゆきなわ)が
 真玉(まだま)杜(もり) 降(お)れわちへ
又 君(きみ)ぎや 寄(よ)り立(た)【ゝ】ば
  雲(くも)子(こ) 寄(よ)り満(み)ちへて
又 君(きみ)ぎや 寄(よ)り立(た)【ゝ】ば
  金(こがね) 寄(よ)り満(み)ちゑて

うらおそいおやのろが節[編集]

237

一 玉(たま)の御(み)孵(そ)で加那志(がなし)
げらゑ御(み)孵(そ)で加那志(がなし)
神(かみ) 衆生(すぢや) 揃(そろ)て
誇(ほこ)りよわちへ
又 奧武(あう)の嶽(たけ)大主(ぬし)
  なです杜(もり)大主(ぬし)
又 かゑふたに 降(お)ろちへ
  厳(いつ)子(こ)達(た)に 取(と)らちへ

あおりやへが節[編集]

238

一 東方(あがるい)の大主(ぬし)
  世添(そ)うせぢ按司(あぢ)添(おそ)い
  天ぎや下(した)
  せぢ 遣(や)り遣(や)り ちよわれ
又 聞(きこ)へ国(くに)治(せ)り人(きよ)
世添(そ)うせぢ按司(あぢ)添(おそ)い

きこゑ大ぎみがおれてあすびやうればが節[編集]

239

一 あまみや 初(はぢ)またる
  首里(しより)杜(もり)ぐすく
  此(こ)れど 金(こがね)内(うち)に 譬(たと)わる
又 しねりや 初(はぢ)またる
  真玉(まだま)杜(もり)ぐすく 

うらおそいのおやのろが節[編集]

240

一 あまみきよが真(ま)細工(さいく)
  首里(しより)杜(もり) げらへて げらへ遣(や)り
  おぎやか思(も)いに みおやせ
又 しねりやこが真(ま)細工(さいく)
真玉(まだま)杜(もり) げらへて

[編集]

241

一 あまみきよわ
  大島(しま)は 造(つく)て
  八千代(やちよ) 英祖(ゑぞ)にや末(すゑ)
  おぎやか思(も)いに みおやせ
又 しねりやこは
  大島(しま)は

あおりやへが節[編集]

242

一 あまみきよが 御(う)差(ざ)ししよ
  此(こ)の大島(しま) 降(お)れたれ
  十(と)百(もゝ)末(すへ)
  おぎやか思(も)いす ちよわれ
又 しねりやこが 御(う)差(ざ)ししよ
  此大島(だしま) 降(お)れたれ
又 穂(ほう)花(ばな) 取(と)て ぬき上(あ)げは
  塵(ちり)錆(さび)は 付(つ)けるな
又 穂(ほう)先(ざき) 取(と)て ぬき上(あ)げは
  粉(かう)錆(さび)も 付(つ)けるな

[編集]

243

一 鍋(なべ)樽(たる)が おもろ
  百(もゝ)度(つ) 変(か)わりくるぎやめ
  此(こ)れど べにへき 鳴響(とよ)む
又 鍋(なべ)樽(たる)が 宣(せ)るむ

あおりやへが節[編集]

244

一 鍋(なべ)樽(たる)が おもろ
  ぐすく御(お)殿(どの) げらへて
  上(かみ)下(しも)の
  見(み)物する 清(きよ)らや

同節[編集]

245

一 ゆだい人(きよ)が おもろ
  英祖(ゑぞ)にや末(すへ)てだが家(うち)
  世広(ひろ)く 世長(なが)く ちよわれ
又 ゆだい人(きよ)が 宣(せ)るむ

さはちこがおもろおへつきがせるもが節[編集]

246

一 さはち人(きよ)が おもろ
  金(こがね) もちろく様(や)に 
  十(と)百(もゝ)末(すゑ)
  此(こ)れど 言(い)ちゑ 鳴響(とよ)む
又 さはち人(きよ)が 宣(せ)るむ
又 首里(しより)杜(もり)ぐすく 
  金(こがね) もちろく様(や)に
又 京(きや) 鎌倉(かまくら) 有(あ)らや

さはちこがおもろこがねもちろくやにが節[編集]

247

一 さはち人(きよ)が おもろ
  お祝(ゑ)付(つ)きが 宣(せ)るむ
  十(と)百(もゝ)末(すゑ)
  此(こ)れど 言(い)ちゑ 鳴響(とよ)む
又 聞(きこ)ゑぐすく御殿(おどの)
  鳴響(とよ)むぐすく御殿(おどの)
又 寄(よ)せ車(くるま) 寄(よ)せて
 真(ま)糸(ちゆ)の縄(なわ) 延(は)へて

あおりやへが節[編集]

248

一 吾(あん)の金(かね)ぐすく
  歓(あま)ゑ遣(や)り みおやせば
  末(すへ) 勝(まさ)て
  十(と)百歳(ひやくさ)す ちよわれ
又 首里杜(もり)ぐすく
歓(あま)ゑ遣(や)り みおやせば
又 歓(あま)ゑ遣(や)り み【お】やせば
  心(こゝろ) 緩(ゆる)いみき

まかびたらひよもいが節[編集]

249

一 頼(たよ)ん中嶺(みね)や
  百(もゝ)按司(あぢ)より
  およ 勝(まさ)りよわれ
又 頼(たよ)ん貢(かね)継(つ)ぎや

[編集]

250

一 頼(たよ)ん中嶺(みね)や
  頼(たよ)ぬ貢(かね)継(つ)ぎや
此(こ)れど 按司(あんじ)の君(きみ)志(し)てだ
又 首里(しより) おわる てだこ
  御(み)愛(かな)しのてだこ
又 百(もゝ)浦(うら)添(おそ)い ちよわちへ
  世添(そ)わりに ちよわちへ
又 居(ゐ)ちへ おわれば 清(きよ)らや
  頂(つぢゑ) おわれば 見(み)欲(ぼ)しや

おもろねやがりやせるむねやがりがおもろどそないせるむが節[編集]

251

一 中(なか)嶺(みね) 来(き)よもん
  貢(かね)継(つ)ぎ 来(き)よ物
  首里(しより)京(きや)ん内(うち) 歓(あま)やかせ
又 貢(かない) 為(し)ちゑ 来(き)よ物
  捧(さゝ)げ 為(し)ちゑ 来(き)よ物

おもろねやがりやせるむねやがりがおもろどそないせるむが節[編集]

252

一 中(なか)嶺(みね) 来(き)よもん
  貢(かね)継(つ)ぎ 来(き)よ物
  此(こ)れ 言(い)ちゑ 按司(あんじ)添(おそ)い 栄せ
又 阿(あ)嘉(か)ん子 おもろ
  饒(ね)波(は)犬(いん)子(こ) をもろ
又 真(ま)石(いし)金(がね) おもい
  吾(あ)が 寄(よ)せて おかば

あおりやへが節[編集]

253

一 あかわりぎや おもろ
  口(くち)正(まさ)しや あもの
  十(と)百(もゝ)度(と) 拝(おが)で
  輝(かが)居(お)らに
又 年(とし)の初(はぢ)まりに
  祝(ゆわ)い事 為(す)れば
又 首里(しより)杜(もり) ちよわる
  世勝(まさ)りのおぎやか
又 真玉(まだま)杜(もり) ちよわる
  世勝(まさ)りのおぎやか
又 百歳(ひやくさ) 算(さに)しよわちゑ
  世勝(まさ)りのおぎやか

あんのあかみねまくちまさしやあ物が節[編集]

254

一 吾(あん)のあかわりや
  口(くち)正(まさ)しや あ物
  世(よ)広(ひろ)く 世(よう)長(なが)く ちよわれ
又 年(とし)の初(はぢ)まりに
  祝(よわ)い事(ごと) みおやせば

あおりやへが節[編集]

255

一 あかわりぎや おもろ
  安須(あす)杜(もり)の
  世(よ)持(も)つ孵(す)で水(みづ)よ みおやせ
又 今日(けお)の良(よ)かる日(ひ)に

あおりやへが節[編集]

256

一 あかわりぎや おもろ
  あかわりぎや 宣(せ)るむ
  思(おも)ひ子(ぐわ)す
  十(と)百歳(ひやくさ)よ ちよわれ
又 今日(けお)の良(ゆ)かる日(ひ)に
  今日(けよ)のきやかる日(ひ)に
又 英祖(ゑぞ)にや末(すゑ)やれば
  てだが末(すへ)やれば
又 首里(しより)杜(もり) ちよわちへ
  真玉(まだま)杜(もり) ちよわちへ

[編集]

257

一 島尻(しまぢり)が おもろ
 口(くち)正(まさ)しや あ物
地(ぢ)天の 有(あ)らぎやめ ちよわれ
又 島尻(しまぢり)ぎや 宣(せ)るむ
又 按司(あぢ)添(おそ)いぎや 思(おも)い子(ぐわ)
  何(づ)れの按司(あぢ)ぎや 譬(たと)へる

[編集]

258

一 吾(あん)のあかみねま
  口(くち)正(まさ)しや あ物
  てだやれば
  十(と)百歳(ひやくさ)す ちよわれ
又 吾(あん)のもとみねま

[編集]

259

一 吾(あん)のあかみねま
  口(くち)正(まさ)しや あ物
  百(もも)ぢやら 直(なお)す
  せぢ 持(も)つ 貴(たゝ)み
又 吾(あん)のもとみねま

たくしたらなづけが節[編集]

260

一 せぢ子(こ) 生(な)ちへからは
  我(わ)が身(み) 若(わか)く なて
てだが命(いのち)
神(かみ)が命(いのち) みおやせ
又 思(おも)ひ 生(な)ちゑからわ

おもろねやがりがあまゑわちへからいみやどよわまさりが節[編集]

261

一 愛(かね)し国頭(くにがみ)ぎや おもろ
  こそてはた 御(お)肝(ぎも)
  だりじよ 下司(げす)に 思(をも)われゝ
又 愛(かね)し国頭(くにがみ)が 宣(せ)るむ

あんのあかみねまが節[編集]

262

一 愛(かね)し国頭(くにがみ)が 宣(せ)るむ
  良(よ)かる国頭(くにがみ)ぎや
  天が下(した)
  だりじよ 鳴響(とよ)みよわれ
又 首里(しより)杜(もり) ちよわる
  おぎやか思(も)い加那志(がなし)
又 居(ゐ)ちゑ おわれば 清(きよ)らや
  頂(つぢへ) おわれば 清(きよ)らや

あをりやへが節[編集]

263

一 まみちけが おもろ
  精(すゑ)の口(くち)正(まさ)しや
  十(と)百(もゝ)末(すゑ)
  十(と)百歳(ひやくさ)す ちよわめ
又 今日(けよ)の良(よ)かる日(ひ)に
  今日(けよ)のきやかる日(ひ)に
又 大君(きみ)は 崇(たか)べて
  国(くに)守(も)りは 崇(たか)べて
又 首里杜(もり) ちよわる
  世勝(まさ)りのおぎやか

あおりやへが節[編集]

264

一 まみちけが おもろ
  口(くち)正(まさ)しや あ物
  英(ゑ)祖(ぞ)にや末(すへ)
  思(おも)い子(ぐわ)す ちよわれ
又 今日(けお)の良(よ)かる日(ひ)に
  今日(けお)のきやかる日(ひ)に
又 首里(しより)杜(もり)ぐすく
 真玉(まだま)杜(もり)ぐすく
又 百(もも)浦(うら)添(おそ)い ちよわちへ
  精(すゑ)の御殿(おどん) ちよわちへ

かつれんはいきやるかつれんが節[編集]

265

一 直(なを)ぢ人(きよ)わ
  今日(けよ)わ のが 為(し)居(よ)らい
  いみ気(き)杜(もり)ぢよ
  いちよなしや 為(し)居(ゆ)るな
又 直(なお)ぢ人(きよ)わ
  なまわ の【が】

うらおそいのおやのろが節[編集]

266

一 直(なお)ぢ人(きよ)が
  首里(しより)かち 来(く)れば
  島(しま) 広(ひろ)く
  国(くに) 広(ひろ)く
又 直(なお)ぢ人(きよ)が
  御前(まゑ)から

うちいぢへはおやみかまが節[編集]

267

一 直(なお)ぢ 面影(をもかげ)や
  按司(あん)の 面影(おもかげ)や
  好(す)かての 思(おも)い出(ぢゑ)のてだ
又 按司(あん)からど 好(す)かる
  下司(げす)からど 好(す)かる

ぐすくまの大や又よしの大やきやんうちあまへが節[編集]

268

一 つるこにくけしや
  良(よ)かるにくけしや
  玉(たま) 積(つ)む
  京(きや)ん内(うち) 見(み)ちやる
又 老(お)い人に 問(と)ゑば
  人(ひと)の親(おや)に 問(と)へば
又 けさよりや 勝(まさ)り
  昔(むか)よりや 勝(まさ)り

たまつもきやうの内が節[編集]

269

一 つるこにくけしや
  良(よ)かるにくけしや
  見(み)揚(や)がの鳥(とり)
  見(み)揚(や)がの鷲(わし)
又 中(なか)辺(べ) 舞(ま)う鳥(とり)や
  雲(くも)辺(べ) 舞(ま)う鳥(とり)や
又 鳥(とり)む 物 知(し)ると
  鷲(わし)も 物 知(し)ると
又 久米(くめ)は いなへ 遣(や)り
  慶良間(けらま) 舞(ま)い越(こ)ゑて

きこゑあおりやへがとすゑやすゑぎやめもが節[編集]

270

一 聞ゑ押掛けが
  首里(しより)杜(もり) 降(お)れわちへ
  君(きみ)つほに
  おぎやか思(も)いに みおやせ
又 君(きみ)のにせ殿(どの)が
  真玉(まだま)杜(もり) 降(お)れわちへ
又 さしふ 五(いつゝ)ころに
  降(お)れ直(なお)ちへからわ
又 さしふ 七(なな)ころに
  降(お)れ栄(ふさ)てからわ

しよりちよわちへからしまのぬしてだが節[編集]

271

一 おぎやか日(へ)思(とも)いや
  おぎやか精(しひ)継(つ)ぎや
  さすが添(おそ)い
  世 添(おそ)わて ちよわれ
又 首里(しより)杜(もり) ちよわる
  おぎやか思(も)い加那志(がなし)

しよりちよわちへからしまのぬしてだが節[編集]

272

一 おぎやか日(へ)思(とも)いや
  おぎやか精(しひ)継(つ)ぎや
  てだの 照(て)らぎやめ ちよわれ
又 首里(しより)杜(もり) ちよわる
  おぎやか思(も)い加那志(がなし)

しよりちよわちへからしまのぬしてだが節[編集]

273

一 おぎやか日(へ)思(とも)いや
  按司(あぢ)々々(あぢ) せの 好み
  見物(みもん)屏風(みやぶ)
  上下(かみしも)の 鳴響(とよ)み
又 おぎやか精(しひ)継(つ)ぎや

おなじ節[編集]

274

一 おぎやか日(へ)思(とも)いや
  おぎや(か)精(しひ)継(つ)ぎや
  按司(あぢ) てだ 敬(おや)まて へらい
又 近(きやか)す 囀(さへず)るな
  側(はた)す 囀(さへず)るな
又 知(し)られ事 有(あ)らば
  中(なか) 取(と)り遣(や)り 知(し)られゝ

しよりちよわちへからしまのぬしてだが節[編集]

275

一 おぎやか日(へ)思(とも)いや
  おぎやか精(しひ)継(つ)ぎや
  をふれ 御(お)肝(ぎも) 休(やす)で
又 首里(しより)杜(もり) ちよわる
  おぎやか思(も)い加那志(がなし)
又 近(ちよか) 謝名(ぢやな)の掟(おきて)
  近(ちよか) 渡嘉敷(とかしき)仁屋(にや)

おもいこたらつが節[編集]

276

一 おぎやか日(へ)思(とも)いや
  首里(しより)親(おや)国(ぐに) 居(お)てからわ
  十(と)百(もゝ)末(すゑ) 歓(あま)ゑ世す 成(な)らめ
又 おぎやか精(しひ)継(つ)ぎや
  若(わか)親(おや)国(ぐに) 居(お)てからは

しよりちよわちへからしまのぬしてだが節[編集]

277

一 おぎやか日(へ)思(とも)いや
  おぎやか精(しひ)継(つ)ぎや
百(もゝ)按司(あぢ)の 見(み)あぐも てだ
又 首里(しより)杜(もり) ちよわる
  おぎやか思(も)い加那志(がなし)

おなじ節[編集]

278

一 おぎやか日(へ)思(とも)いや
  おぎやか精(しひ)継(つ)ぎや
  十(と)百(もゝ)末(すゑ)
  此(こ)れど 言(い)ちへ 鳴響(とよ)ま
又 首里(しより) おわる てだこ
  ぐすく おわる てだこ

あおりやへが節[編集]

279

一 聞(きこ)へ按司(あぢ)添(おそ)いが
  おもかはに ちよわちへ
  島(しま)世の あらぎやめ ちよわれ
又 鳴響(とよ)む按司(あぢ)添(おそ)いが
  金(かね)の島(しま) ちよわちへ
又 聞(きこ)へ按司(あぢ)添(おそ)いが
  首里(しより)杜(もり) ちよわちへ
  てるかはが 照(て)り居(よ)る様(や)に ちよわれ
又 鳴響(とよ)む按司(あぢ)添(おそ)いが
  真玉(まだま)杜(もり) ちよわちへ
又 聞得(きこゑ)大君(ぎみ)ぎや
  浦(うら)鳴響(とよ)み 召(め)しよわちへ
  島(しま)世(よ)の 有(あ)らぎやで
又 鳴響(とよ)む精高子(せだかこ)が
  鳴響(とよ)み御(お)船(うね) 召(め)しよわちへ
又 聞得(きこゑ)大君(ぎみ)ぎや
  浦(うら)廻(まわ)り 召(め)しよわちへ
  島(しま)世(よ)の 有(あ)らぎやで

あおりやへが節[編集]

280

一 おぎやか思(も)いが おこのみ
  地(ぢ)離(はな)れは 揃(そろ)へて
  歓(あま)ゑの門(ぢやう)は げらへて
  十(と)百(もゝ)末(すゑ)ぎやめも
  おぎやか思(も)いしよ
  末(すゑ) 勝(まさ)て ちよわれ
又 按司(あぢ)添(おそ)いが おこのみ
又 大君(きみ)は 崇(たか)べて
又 をなり君(きみ) 崇(たか)べて
又 けさよりも 勝(まさ)り
又 昔(むか)よりむ 勝(まさ)り
又 精(すゑ)の王(わう)やれば

あおりやへが節[編集]

281

一 おぎやか思(も)いぎや
  おこのみの 並(なみ)松(まつ)
  おぎやか思(も)い 誇(ほこ)て
  末(すゑ) 勝(まさ)て
  枝(ゆだ) 差(さ)ちゑ ちよわれ
又 按司(あぢ)添(おそ)いぎや
  おこのみの 並(なみ)松(まつ)
又 あまみきよわ
  島(しま)は 造(つく)りよわちへ
又 しねりきよわ
  国(くに)は 造(つく)りよわちへ
又 おぎやか思(も)いが
  島(しま)は 気(け)合(や)わしよわちへ
又 按司(あぢ)添(おそ)いが
  国(くに)は 気(け)合(や)わしよわちへ
又 上(かみ)下(しむ)は 揃(そろ)へて
又 地(ぢ)離(はな)れも 揃(そろ)へて
又 神(かみ)てだも 守(まぶ)りよわ

あおりやへが節[編集]

282

一 おぎやか思(も)いぎや をこのみ
  大道(みち)は げらへて
  若(わか)松(まつ) 植(う)ゑ差(さ)ちゑ
  神(かみ)てだの 揃(そろ)て
  誇(ほこ)りよわちゑ
又 按司(あぢ)添(おそ)いが おこのみ
又 今日(けお)の良(よ)かる日(ひ)に
又 今日(けお)のきやかる日(ひ)に
又 大君(きみ)は 崇(たか)べて
又 君(きみ)々(きみ)は 崇(たか)べて
又 幅(はり) 広(ひろ)く
  大道(みち) げらへて

[編集]

283

一 おぎやか思(も)いが おこのみ
  円覚寺(ゑんかくじ) げらへて
  祈(いの)りよれば
  てだが 誇(ほこ)りよわちゑ
又 按司(あぢ)添(おそ)いが おこのみ
又 大君(きみ)は 崇(たか)べて
  宮(みや)寺(でら)は げらへて
又 君(きみ)々(きみ)は 崇(たか)べて
又 上(かみ)下(しむ)は 揃(そろ)へて
又 地(ぢ)離(はな)れは 揃(そろ)へて
又 宮(みや)寺(でら)の 孵(す)で水
  おぎやか思(も)いに みおやせ
  十(と)百(もゝ)末(すゑ) 十(と)百歳(ひやくさ)す ちよわれ

あおりやへが節[編集]

284

一 おぎやか思(も)いが おこのみ
  松(まつ)並(なみ)は 植(う)ゑ差(さ)ちゑ
  十(と)百(もゝ)末(すゑ)ぎやめも
  上(かみ)下(しも)の 見物(みもん)する 清(きよ)らや
又 按司(あぢ)添(おそ)いが おこのみ
又 大君(きみ)は 崇(たか)べて
又 君(きみ)々(きみ)は 崇(たか)べて
又 今日(けお)の良(よ)かる日(ひ)に
又 今日(けお)のきやかる日(ひ)に
又 精(すゑ)の王(わう)なれば

あおりやへが節[編集]

285

一 まかるこが おもろ
  精(すゑ)の御(お)殿(どの) ちよわちゑ
  つほに 御神酒(みしやく) ぬき上(あ)げは
  末(すゑ) 勝(まさ)て
  十(と)百歳(ひやくさ)す ちよわれ
又 大君(きみ)ぎや 持(も)ち成(な)し
  精(すゑ)の御(お)殿(どの) ちよわちゑ
又 君(きみ)の按司(あぢ)の 持(も)ち成(な)し
  精(すゑ)の御(お)殿(どの) ちよわちゑ
又 おぎやか思(も)い加那志(がなし)ぎや
  精(すゑ)の御(お)殿(どの) ちよわちゑ
又 聞(きこ)え按司(あぢ)添(おそ)いぎや
又 今日(けお)の良(よ)かる日(ひ)に
又 今日(けお)のきやかる日(ひ)に

あおりやへが節[編集]

286

一 あかともいぎや おもろ
  おぎやか思(も)いに 知(し)られ
  島(しま) 添(そ)わて
  十(と)百(もゝ)末(すゑ) ちよわれ
又 あかともいぎや 宣(せ)るむ
又 おぎやか思(も)いが おこのみ
  植(う)ゑ差(さ)ちやる 若(わか)松(まつ) 
又 按司(あぢ)添(おそ)いが をこのみ
  植(う)ゑ差(さ)ちやる 若(わか)松(まつ) 
又 大君(きみ)は 崇(たか)べて
 君(きみ)々(きみ)は 崇(たか)べて
又 年(とし) 選(えら)び遣(や)り
又 月(つき) 選(えら)び遣(や)り
又 天ぎや下(した) 鳴響(とよ)で

  

[編集]

287

一 おぎやか思(も)いが おこのみ
  げらへたる 御倉(くら)
  百(もゝ)倉(くら) 引(ひ)き寄(よ)せて みおやせ
又 按司(あぢ)添(おそ)いが おこのみ
又 今日(けお)の良(よ)かる日(ひ)に
 今日(けお)のきやかる日(ひ)に
又 大君(きみ)は 崇(たか)べて
又 君(きみ)々(きみ)は 崇(たか)べて
又 聞(きこ)へ親(おや)泊(どまり)
又 鳴響(とよ)む親(おや)泊(どまり)
又 十(と)百(もゝ)末(すゑ)ぎやめも

[編集]

288

一 おぎやか思(も)いが おこのみ
  精(すゑ)の御倉(くら) 添(そ)ゑて
  上(かみ)下(しも)の宝(たから)
  積(つ)で みおやせ
又 按司(あぢ)添(おそ)いが おこのみ
  精(すゑ)の御倉(くら) 添(そ)ゑて
又 大君(きみ)は 崇(たか)べて
  倉(くら)並(な)みは げらへて
又 君(きみ)々(きみ)は 崇(たか)べて
又 今日(けお)の良(よ)かる日(ひ)に
又 今日(けお)のきやかる日(ひ)に
又 けさよりも勝(まさ)り

[編集]

289

一 英(ゑ)祖(ぞ)にやの家(うち)や
  歓(あま)へ侍(やべ)ら
  誇(ほこ)り侍(やべ)ら
又 てだが家(うち)やれば

[編集]

290

一 いちやはなが おもろ
  あぢはゑが 宣(せ)るむ
  十(と)百(もゝ)度(と)
  百(もゝ)浦(うら)添(おそ)い ちよわれ
又 天(あま)の 愛(かな)しやにす
  里(さと) 一(ふて)つ ちよわれ

   但一 点(てん)数(かず) 七十九