いつくしみ深き

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

『讃美歌』(1903年)[編集]

※(古今三百九十)

243 第二百四十三 What a Friend 87878787

What a Friend we have in Jesus Prov. 18 : 24
兄弟よりもたのもしき知己もまた
あり。 (箴言十八章廿四節)
  1. ふときわがとも エスキリストは
    つみとがうれひを とりさりた
    こゝろの悲歎なげきを つゝまずのべて
    などかはおろさぬ おへるおもにを

  2. ふときわがとも エスキリストは
    われらのよわきを しりてあはれむ
    なやみかなしみに しづめるときも
    いのりにこたへて 訓慰なぐさめたまはん

  3. ふときわがとも エスキリストの
    ふかきいつくしみ 永久とはにかはらず
    とものわれを すてさるときも
    いのりにこたへて 憐憫いたはりたまはん

  • 底本: 委員編『讃美歌』初版
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。
  • 変体仮名は現在用いられる仮名に改めています。

『改訂 古今聖歌集』(1922年)[編集]

第四百七十一 (讃二百四十三)

何事にても我が名によりて我に願はば我これを成すべし
約十四○十四
  1. たふとき わが とも  エス キリストは
    つみ とが うれひを  とり さり たまふ
    こゝろの なげき悲歎を  つゝまず のべて
    などかは おろさぬ  おへる おもにを

  2. たふとき わが とも  エス キリストは
    われらの よわきを  しりて あはれむ
    なやみ かなしみに  しづめる ときも
    いのりに こたへて  なぐさめ たまはん

  3. たふとき わが とも  エス キリストの
    ふかき いつくしみ  とは永久に かはらず
    ともの われを  すて さる ときも
    いのりに こたへて  いたはり たまはん  

  • 底本: 『改訂 古今聖歌集 譜附』初版
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

『讃美歌』(1931年)[編集]

五三九 箴言 一八・二四
  1. いつくしみふかき ともなるイエスは
    つみとがうれひを とり去りたま
    こころの悲歎なげきを つつまずのべて
    などかはおろさぬ おへる重荷おもに

  2. いつくしみふかき ともなるイエスは
    われらのよわきを しりてあはれ
    なやみかなしみに しづめるときも
    いのりにこたへて なぐさめたまはん

  3. いつくしみふかき ともなるイエスは
    かはらぬあいもて みちびきたま
    ともわれらを すてさるとき
    いのりにこたへて いたはたまはん

  • 底本: 日本基督教団讃美歌委員会編『讃美歌』日本基督教団讃美歌委員会、1954年5月改訂版
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

関連項目[編集]

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。