いさよひの日記 (群書類從)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
他の版の作品については、十六夜日記をご覧ください。

いさよひの日記

阿佛

むかしかベのなかよりもとめいでたりけんふみの名[をばイ]《孔安國孝經序云魯共王使人壞夫子講堂。於壁中石函古文孝經二十二章。》今の世の人の子は夢ばかりも身のうへのこととはしらざりけりな。みづぐきのをかのくずはかへすもかきをくあとたしかなれども。《萬葉十二 水莖之崗乃田葛葉緖吹變面知兒等之不見頃鴨》かひなきものはおやのいさめなりけり。又けんわうの人をすて給はぬまつりごとにももれ。ちうしんの世を思ふなさけにもすてらるゝものは。かずならぬ身ひとつなりけりとおもひしりながら。又さてしもあらで。なをこのうれへこそやるかたなくかなしけれ。さらにおもひつゞくれば。やまとうたのみちは。たゞまことすくなくあだなるすさみばかりとおもふ人もやあらん。日のもとのくににあまのいはとひらけしとき。よものかみたちのかぐらのことばをはじめて。世をおさめものをやはらぐるなかだちとなにけるとぞ。このみちのひじりたちはしるしをかれたり。さても又集をえらぶ人はためしおほかれど。二たび勅をうけて世々に聞えあげたる家は。たぐひなをありがたくやありけん。そのあとにしもたづさはりて。みたりのをのこゞども。もゝちのうたのふるほぐどもを。いかなるえにかありけむ。あづかりもたることあれど。道をたすけよ。こをはぐくめ。のちの世をとへとて。ふかき契りをむすびをかれしほそ川のながれも。ゆへなくせきとゞめられしかば。跡とふのりのともし火も。道をまもり家をたすけむおやこの命も。もろともにきえをあらそふとし月をへて。あやうく心ぼそきながら。なにとしてつれなくけふまではながらふらんおしからぬ身ひとつはやすく思ひすつれども。子を思ふ心のやみはなをしのびがたく。道をかへりみる恨はやらんかたなく。さても猶あづまのかめの鏡にうつさ[イ无]は。くもらぬかげもやあらはるゝと。せめて思ひあまりて。よろづのはゞかりをわすれ。身をようなき物になしはてゝ。ゆくりもなくいざよふ月にさそはれいでなんとぞ思ひなりぬる。さりとて文屋のやすひでがさそふ水にもあらず。《古今雜下 文屋のやすひてかみかはのそうになりてあかたみにはえいてたたしやといひやれりける返事によめる 小野小町 侘ぬれはみをうき草のねをたえてさそふ水あらはいなんとそおもふ》すむベき國もとむるにもあらず。比は建治三三冬たつはじめのさだめなきそらなれば。《按將軍執權次第將軍惟康親王執權相摸守時宗》ふりみふらずみ時雨もたえず。《後撰冬 よみ人しらす 神無月ふりみふらすみさためなき時雨そ冬のはしめなりける》あらしにきおふ木のはさへ。なみだとゝもにみだれちりつゝ。ことにふれて心ぼそくかなしけれど。人やりならぬ道なれば。いきうしとてもとゞまるべきにもあらで。《古今離別 源さね 人やりの道ならなくに大かたはいきうしといひていさかへりこん》なにとなくいそぎたちぬ。めかれせざりつる程だに。あれまさりつる庭もまがきも。ましてと見まはされて。したはしげなる人々の袖のしづくも。なぐさめかねたる中にも爲相《爲相卿公卿補任云文永二四十三從五下三歲 同五八廿四從五上同八四‐侍從同十二正十八兼美作權守建治元八十六復任弘安二八十二正五下元爲輔改‐相同六五廿九復任》侍從爲守大夫などのあながちにうちくつしたるさま。いと心ぐるしければ。さまいひこしらへ。ねやのうちをみれば。むかしの枕さへさながらかはらぬをみるにも。今さらかなしくて。かたはらにかきつく。

 とゝめおくふるき枕の塵をたに我たちさらは誰か拂はん

代々にかきをかれけるうたのさうしどものおくがきなどして。あだならぬかぎりをえりしたゝめて。侍從のかたへをくるとて。かきそへたる歌。

 和歌の浦にかきとゝめたる藻鹽草是を昔のかたみともみよ

 あなかしこよこなみかくな濱千鳥一かたならぬ跡を思はゝ

是を見て。じゞうのかへりごと。いととくあり。

 終によもあたにはならし藻鹽草かたみをみよの跡に殘せは

 まよはまし敎さりせは濱千鳥一かたならぬ跡をそれとも

このかへりごといとおとなしければ。心やすくあはれなるにも。昔の人にきかせたてまつたくて。又うちしほれぬ。大夫のかたはらさらずなれきつるを。ふりすてられなむなごり。あながちにおもひしりて。手ならひしたるをみれば。

 はると行先遠く慕はれていかにそなたの空をなかめん

とかきつけたる。ものよりことにあはれにて。おなじかみにかきそへつ。

 つくと空ななかめそ戀しくは道遠くともはや歸りこむ

とぞなぐさむる。山よりじゞうのあにのりし源承もいでたちみむとておはしたり。それもいと心ぼそしとおもひたるを。この手ならひどもをみて。又かきそへたり。

 あたにのみ淚はかけし旅衣心の行てたちかへるほと

とは。こといみしながら淚のこぼるゝを。あららかにものいひまぎらはすも。さま哀なるを。あざり慶融[承遍(系圖)]のきみは山ぶしにて此人[々イ]よりは兄なり。此たびのみちのしるべに送り奉らむとて出たゝるめるを。この手ならひに又まじらはざらんやはとてかきつく。

 たちそふそ嬉しかりける旅衣かたみにたのむ親のまもりは《古今離別 をのゝちふるかみちのくのすけにまかりける時にはゝのよめる たらちねのおやのまもりとあひそふる心はかりはせきなとゝめそ》

むすめのこはあまたもなし。たゞひとりにて。此ごろちかきほどの女院新陽明にさぶらひ給ふ。《一代要記云新陽明門院信子建治元年四月 日院號關白左大臣基平公女龜山院女御》龜山のひめ宮一ところむまれ給しイにて。心づかひもまことしきさまにて。おとなしくおはすれば。宮の御かたのこひしさもかねて申をくついでに。侍從大夫などのことはぐくみお[ほイ]すベきよしもこまかにかきつけて。おくに。

 きみをこそ朝日とたのめ古鄕に殘るなてしこ霜にからすな

と聞えたれば。御かへりもこまやかにいとあはれにかきて。歌の返しには。

 思をく心とゝめは古さとの霜にもかれしやまとなてしこ

とぞある。いつゝのこどもの歌のこりなくかきつゞけぬるも。かつはいとをこがましけれど。おやの心にはあはれにおぼゆるまゝにかきあつめたり。さのみ心よはくて[はイ]いかゞとて。つれなくふりすてつ。あはだぐちといふ所より車はかへしつ。ほどなくあふさかのせきこゆるほどに。

 さためなき命はしらぬ旅なれと又あふ坂とたのめてそ行

のぢといふ所はこしかた行さき人もみえず。日は暮かゝりていと物がなしとおもふに。時雨さへうちそゝぐ。

 うちしくれ古鄕思ふ袖ぬれて行先遠き野路の篠原

こよひはかゞみといふ所につくべしとさだめつれど。くれはてゝゆきつかず。もり山といふ所にとゞまりぬ。こゝにも時雨なをしたひきにけり。

 いとゝ猶袖ぬらせとや宿りけんまなく時雨のもる山にしも

けふは十六日の夜なりけり。いとくるしくてふしぬ。いまだ月のひかりかすかにのこりたるあけぼのに。もり山をいでてゆく。やす川わたるほど。さきだちて行たび人のこまのあしをとばかりさやかにて。きりいとふかし。

 旅人はみなもろともにあさたちて駒打わたすやすの川霧

十七日の夜はをのゝしゆくといふ所にとゞまる。月いでて。山のみねに立つゞきたる松の木のま。けぢめみえていとおもしろし。こゝは夜ふかき霧のまがイひにたどりいでつ。さめが井といふ水。夏ならばうち過ましやとおもふに。かち人は猶たちよりてくむめり。

 むすふ手ににこる心をすゝきなは浮世の夢やさめかゐの水

とぞおぼゆる。

十八日。みのゝ國せきのふぢ川わたるほどに。まづおもひつゞけける。

 我ことも君につかへんためならて渡らましやはせきの藤川《古今二十 みのゝくにせきのふち川たえすして君につかへん萬代まてに》

ふはの關やのいたびさしは。いまもかはらざりけり。

 ひまおほきふはの關屋はこの程の時雨も月もいかにもる覽

關よりかきくらしつるあめ。時雨に過てふりくらせば。みちもいとあしくて。心より外に。かさぬひのむまやといふ所に暮はてねどとゞまる。

 旅人はみのうちはらふ夕暮の雨にやとかるかさぬひの里

十九日。又こゝを出でゆく。よもすがらふりつる雨に。ひらのとかやいふ程。みちいとわろくて。人かよふべくもあらねば。水田のおもをぞさながらわたりゆく。あくるまゝに。あめはふらずなりぬ。ひるつかた過ゆく道にめにたつ社あり。人にとへば。むすぶの神とぞきこゆるといへば。

 まもれたゝ契結ふの神ならはとけぬ恨にわれまよはさて

すのまたとかやいふ川には。舟をならベて。まさきのつなにやあらん。かけとゞめたるうきはしあり。いとあやうけれどわたる。この川。つゝみのかたはいとふかくて。かたはあさければ。

 かた淵の深き心はありなから人めつゝみにさそせかるらん

 假の世のゆきゝとみるもはかなしや身を浮舟を浮橋にして

とぞおもひつゞけける。又一宮といふやしろをすぐとて。

 一宮名さへなつかしふたつなく三なき法をまもる成へし

廿日。おはりの國おり[つ]といふむまやをゆく。よきぬみちなれば。あつたのみやへまいりて。硯とりいでてかきつけてたてまつる歌。

 祈るそよわか思ふこと鳴海かたかたさしイひく汐も神のまに

 なるみかたわかの浦かさ隔てすはおなし心に神もうくらん

 みつ汐のさしてそきつる鳴海かた神やあはれとみるめ尋て

 雨風も神の心にまかすらんわか行さきのさはりあらすな

なるみのかたをすぐるに。しほひのほどなれば。さはりなくひがたを行。折しも濱千鳥いとおほくさきだちて行も。しるベがほなる心地して。

 濱千鳥啼てそさそふ世中に跡とめむとは思はさりしを

すみだ川のわたりにこそありと聞しかど。みやこどりといふ鳥のはしとあしとあかきは。此うらにもありけり。

 こととはむ觜と足とはあかさりし我こし夫かたの都鳥かも

二むら山をこえて行に。山も野もいととをくて。日もくれはてぬ。

 はると二村山を行過て猶すゑたとる野への夕やみ

八橋にとゞまらんといふ。くらさにはしもみえずなりぬ。

 さゝかにのくもてあやうき八橋を夕くれかけて渡りぬる哉かねぬる集

廿一日。八はしをいでて行に。いとよくはれたり。山もととをきはら野を分行。ひるつかたになりて。もみぢいとおほき山にむかひてゆく。風につれなき所々。くちばにそめかへてけり。ときは木どもゝ立まじりて。あをぢのにしきを見る心ちす。人にとへば宮ぢ山といふ。

 時雨けり染る千入のはては又紅葉の錦色かはるまて

此山までは昔みしこゝちするに。ころさへかはらねば。

 待けりな昔もこえし宮地山おなし時雨のめくりあふよを

山のすそ野にたけのある所に。かややの一みゆる。いかにしてなにのたよりに。かくてすむらんとみゆ。

 ぬしや誰山の裾野に宿しめてあたりさひしき竹の一村

日は入はてゝなを物のあやめも分ぬほどにわたうととかやいふ所にとゞまりぬ。

廿ニ日のあかつき。夜ぶかき有明のかげにいでてゆく。いつよりもものがなし。

 すみわひて月の都を出しかとうき身はなれぬ有明の影

とぞおもひつゞくる。ともなる人。有明の月さへかさきたりといふをきゝて。

 旅人のおなし道にや出つらん笠うちきたる有明の月

たかし山もこえつ。うみ見ゆる程いとおもしろし。浦かぜあれて。松のひゞきすごく。浪いとたかし。

 我ためや浪もたかしの濱ならん袖の湊の波はやすまて

いとしろきすざきに。くろきとりのむれゐたるは。うといふとりなりけり。

 白濱に墨の色なるしまつとり筆もをよはゝゑにかきてまし

はまなのはしよりみわたせば。かもめといふ鳥いとおほくとびちがひて。水の底へもいる。岩の上にもゐたり。

 鷗ゐる洲崎の岩もよそならす浪のかけこす袖にみなれて

こよひはひくまのしゆくといふところにとゞまる。このところのおほかたの名は[名をばイ]。はま松とぞいひし。したしといひしばかりの人々などもすむ所なり。すみこし人のおもかげもさま思ひ出られて。又めぐりあひてみつる命のほども。かへすあはれなり。

 濱松のかはらぬかけを尋きてみし人なみに昔をそとふ

その世にみし人のこむまごなどよびいでてあひしらふ。

廿三日。天りうのわたりといふ。舟にのるに。西行がむかしもおもひいでられていと心ぼそし。《西行法師繪詞云東のかたさまへ行ほとに遠江國天龍のわたりにまかりつきて舟にのりたれは所なしおりよと鞭をもちてうつほとにかしらわれてちなかれてなん西行うちわらひてうれふる色もみえておりけるを》くみあはせたる舟たゞ一にて。おほくの人のゆきゝにさしかへるひまもなし。

 水の淡の浮世にわたる程をみよ早瀨の小舟棹もやすめす

こよひはとをつあふみみつけのこふといふ所にとゞまる。里あれて物おそろし。かたはらに水の江夫あり。

 たれかきてみつけの里と聞からにいとゝ旅ねの夫空恐ろしき

廿四日。ひるになりてさやの中山こゆ[イ无]。ことのまゝとかやいふやしろのほどもみぢいとさかにおもしろし。山かげにて。あらしもをよばぬなめり。ふかくいるまゝに。をちこちのみねつゞきこと山ににず心ぼそくあはれなり。ふもとのさとにきく川といふ所にとゞまる。

 越くらす麓の里の夕闇にまつ風をくるさやの中山

あかつき[イ无]おきてみれば。月もいでにけり。

 雪かゝるさやの中山こえぬとは都につけよ有明の月

河をといとすごし。

 わたらむと思ひやかけし東路に有と計はきく川の水

廿五日。きく川をいでて。けふは大井川といふ河をわたる。水いとあせて。きゝしにはたがひてわづらひなし。かはらいくりとかや。いとはるか也。水のいでたらんおもかげをしはからる。

 思ひいつる都のことは大井河幾瀨の石のかすもをよはし

うつの山こゆるほどにしも。あざりのみしりたる山ぶしゆきあひたり。夢にも人をなど。むかしをわざとまねびたらん心地して。いとめづらかにおかしくもあはれにもやさしくもおぼゆ。いそぐ道なりといへば。文もあまたはえかゝず。たゞやむごとなきところひとつにぞをとづれきこゆ[るイ]

 我心うつゝともなしうつの山夢にも遠き昔こふとて

 つたかえてしくれぬひまもうつの山淚に袖の色そこかるゝ

こよひはてごしといふところにとゞまる。なにがしの僧正とかやののぼるとていと人しげし。やどかりかねたりつれど。さすがに人のなきやどもありけり。

廿六日。わらしな川とかやわたりて。おきつの濱にうちいづ。なくいでしあとの月かげ《新古今羇旅 定家卿 こととへよおもひおきつの濱千鳥なく出しあとの月かけ》など。まづおもひいでらる。ひる立いりたる所にあやしきつげのをまくらあり。いとくるしければうちふしたるに。すゞりもみゆれば。まくらのしやうじに。ふしながらかきつけつ。

 なをさりにみるめ計をかり枕結ひをきつと人にかたるな

暮かゝるほど。きよみが關をすぐ。岩こす波のしろききぬをうちきするやうにみゆるいとおかし。

 淸見かた年ふる岩にこととはむ波のぬれ衣幾かさねきつ

ほどなくくれて。そのわたりの海ちかきさとにとゞまりぬ。浦人のしわざにや。となりよりくゆりかゝるけぶりいとむづかしきにほひなれば。夜のやどなまぐさしといひける人のことばも思ひいでらる。《白氏文集縛戎人云朝飡飢渴費杯盤夜宿腥臊汚牀席よもすがらかぜいとあれて。浪たゞ枕の上にたちさはぐ。

 ならはすよ余所に聞こし淸見潟あら磯浪のかゝるねさめまくらイ

ふじの山をみればけぶりもたゝず。むかしちちの朝臣にさそはれて。いかになるみの浦なればなどよみし比。《續古羇旅 安嘉門院右衞門佐 さてもわれいかになるみの浦なれは思かたにはとをさかるらん》とをつあふみの國までは見しかば。ふじのけぶりのすゑもあさ夕たしかにみえし物を。いつのとしよりかたえしととへば。さだかにこたふる人だになし。

 誰かたになひきはてゝかふしのねの煙の末のみえすなる覽

古今の序のこと葉までおもひ出られて。

 いつの世の麓の塵かふしのねを雪さへ高き山となしけん

 朽はてし長柄の橋をつくらはやふしの煙もたゝすなりなは

こよひは浪のうへといふ所にやどりて。あれたるをとさらにめもあはず。

廿七日。あけはなれてのちふじ河わたる。あさ川いとさむし。かぞふれば十五せをぞわたりぬる。

 冴わひぬ雪よりおろすふし河の川風こほる冬の衣手

けふは曰いとうらゝかにて。たごの浦にうちいづ。あまどものいさりするをみても。

 心からおりたつたこのあま衣ほさぬ恨と人にかたるな

とぞいはまほしき。いづのこふといふ所にとゞまる。いまだ夕日のこるほど。みしまの明神へまいるとて。よみてたてまつる。

 あはれとやみしまの神の宮柱唯こゝにしもめくりきにけり

 をのつからつたへし跡も有ものを神はしるらんしき嶋の道

 尋きてわかこえかゝる箱根路を山のかひある知へとそ思ふ

廿八日。いづのこふをいでてはこねぢにかゝる。いまだ夜深かりければ。

 玉くしけ箱根の山ないそけとも猶明かたき橫雲の空

あしがら山はみちとをしとて。はこねぢにかかるなりけり。

 ゆかしさよ其方の雲をそはたてゝよそになしぬる足柄の山

いとさかしき山を。くだる人のあしもとゞまりがたし。ゆさかとぞいふなる。からうじてこえはてたれば。又ふもとにはや川といふ川あり。まことにはやし。木のおほくながるゝをいかにととへば。あまのもしほ木をうらへいださむとてながすなりといふ。

 東路のゆさかを越てみわたせはしほ木なかるゝはや川の水

ゆさかより浦にいでて。日くれかゝるになをとまるべき所遠し。いづの大しままでみわたさるゝ海づらをいづことかいふととへば。しりたる人もなし。あまの家のみぞある。

 あまのすむその里の名も白浪のよする渚に宿やからまし

まりこ川といふ川をいとくらくてたどりわたる。こよひはさかはといふ所にとゞまる。あすはかまくらへいるべしといふなり。

廿九日。さかはをいでて濱路をはると行。あけはなるゝうみづら。いとほそき月いでたり。

 浦路ゆく心ほそさを波間より出てしらする有明の月

なぎさによせかへる浪のうへにきりたちて。あまたありつるつりぶねみえずなりぬ。

 あま小舟漕行かたをみせしとや浪に立そふ浦の朝霧

みやことをくへだたりはてぬるも。なを夢のこゝちして。

 立はなれよもうきなみはかけもせし昔の人の同し世ならは

あづまにてすむ所は月かげのやつとぞいふなる。浦近き山もとにて風いとあらし。山寺極樂寺のかたはらなれば。のどかにすごくて。浪の音松のかぜたえず。都のをとづれはいつしかおぼつかなきほどにしも。うつの山にてゆきあひたりし山ぶしのたよりにことづけ申たりし人の御許より。たしかなるたよりにつけて。ありし御返しと覺しくて。

 旅衣淚をそへてうつの山しくれぬひまもさそしくるらん

 ゆくりなくあくかれ出し十六夜の月やをくれぬ形見成へき

都をいでしことは神無月十六日なりしかば。いざよふ月をおぼしめしわすれざりけるにやと。いとやさしくあはれにて。たゞ此御イ返事ばかりをぞ又きこゆ。

 めくりあふ末をそ賴むゆくりなく空にうかれし十六夜の月

さきのうひやうゑのかみ爲敦の御女。歌よむ人にて。ちよく撰にもたび入給へり。大宮のゐん姞子《常盤井相國實氏公一女後嵯峨院中宮後深草龜山兩院母后》の權中納言ときこゆ[る人イ]。歌のことゆへ朝夕申なれしかばにや。道のほどのおぼつかなさなどをとづれ給へる文に。

 はると思ひこそやれ旅衣淚しくるゝほとやいかにと

返しに。

 思ひやれ露も時雨も一つにて山路分こし袖の雫を

此せうとのためかぬ爲兼の君も。おなじさまにおぼつかなくイなどかきて。

 古鄕は時雨にたちし旅衣雪にやいとゝさえまさるらん

かへし。

 旅衣浦かせさえて神なつきしくるゝ空に雪そふりそふ

しきかんもむゐん式乾門院 利子《後高倉院姬宮四條院准母》のみくしげどのときこゆるは。こがの太政大臣通光の御女。これも續後撰よりうちつゞき二たび三たびの家いへのうちきゝにも。歌あまたいり給へる人なれば。御名もかくれなくこそ。いまは安嘉門院邦子に御かたとてさぶらひ給。《後高倉院姬宮後堀河院准母》あづまぢおもひ立しあすとて。まかり申のよし北白川安嘉門院御在所どのへまいりしかど。見えさせ給はざりしかば。こよひばかりのいでたちものさはがしくて。かくとだにきこえあえず。いそぎいでしにも。心にかゝり給イて。をとづれきこゆ。草の枕ながら年さへも暮ぬる。心ぼそさ雪のひまなさなどかきあつめて。

 消かヘりなかむる空もかきくれて程は雲ゐそ雪に成行

などきこえたりしを立かへり。その御返したよりあらばと心にかけまいらせつるを。けふはしはすの廿二日。文まちえて。めづらしくうれしさ。まづなに事もこまかに申たく候に。こよひは御かたたがへのぎやうかうの御うへとて。まぎるゝほどにて。おもふばかりもいかゞとほいなうこそ。御たびあすとて御まいり有ける日しも。みねどののもみぢ見にとて。わかき人々さそひにしほどに。後にこそかゝる事どもきこえ候しか。などやかくとも御尋候はざりし。

 一かたに袖やぬれまし旅衣たつ日をきかぬ恨なりせは

さてもそれより雪になり行と。をしはかりの御返事は。

 かきくらし雪ふる空のなかめにも程は雲ゐの哀をそしる

とあれば。このたびは又たつ日をしらぬとある御返しばかりをぞきこゆる。

 心からなにうらむらん旅衣たつ日をたにもしらすかほにて

曉たよりありときゝて。よもすがらおきゐて。都の文どもかく中に。ことにへだてなくあはれにたのみかはしたるあね君に。おさなき人々の事さまにかきやるほど。れいの浪かぜはげしくきこゆれば。たゞ今あるまゝのことをぞかきつけける。

 夜もすから淚もふみもかきあへす磯こす風に獨おきゐて

又おなじさまにて。古鄕には戀しのぶをとうとのあまうへにも。ふみたてまつるとて。いそものなどのはしもいさゝかつゝみあつめて。

 いたつらにめかり鹽やくすさひにも戀しやなれし里の蜑人

ほどへて。このをとゝいふたりのかへりごといとあはれにて。みればあねぎみ。

 玉つさをみるに淚のかゝる哉磯こす風は聞こゝちして

このあねぎみは。中のゐんの中將と聞えし人のうへなり。今は三位入道とはイおなじ世ながらとをざかりはてゝをこなひゐたる人なり。そのをとうとのきみも。めかりしほやくとある返事さまにかきつけて。人こふる淚の海はみやこにもまくらの下にたゝへてなど。《古今戀三 友則 しきたへの枕のしたに海はあれと人をみるめはおひすそありける》やさしくかきて。

 もろともにめかり鹽燒浦ならは中々袖に波はかけしを

此人も安嘉門院にさぶらひしなり。つゝましくする事どもをおもひつらねてかきたるもいとあはれにもおかし。ほどなく年くれて春にもなりにけり。かすみこめたるながめのたどたどしさ。谷の戶はとなりなれども。うぐひすのはつねだにもをとづれこず。おもひなれにし春の空はしのびがたく。むかしの戀しきほどにしも。又みやこのたよりありとつげたる人あれば。れいの所々へのふみかく中に。いざよふ月とをとづれ給へりし人の御もとへ。

 朧なる月はみやこの空なからまたきかさりし波のよな

など。そこはかとなきことどもをかきて聞えたりしを。たしかなる所よりつたはりて。御かへりごとをいたうほどもへずまちみたてまつる。

 ねられしな都の月を身にそへてなれぬ枕の波のよ[るイ]

權中納言のきみは。まぎるゝことなくうたをよみ給ふ人なれば。此ほどてならひにしたる歌どもかきあつめてたてまつる。うみちかき所なれば。かひなどひろふおりもなぐさの濱ならねば。なをなき心ちしてなどかきて。

 いかにしてしはし都を忘貝浪のひまなく我そくたくる

 しらさりし浦山風も梅かかは都ににたるはるの明ほの

 花くもりなかめて渡る浦風に霞たゝよふ春のよの月《爲尹卿千首 何となく雨にはならぬ花くもりさくへき比やきさらきの空》《爲廣卿集 是そこの月の桂の花曇かすむをよそになに恨けん》

 東路の磯山かせのたえまより波さへ花のおもかけにたつ

 宮こ人おもひもいては東路の花やいかにとをとつれてまし

などたゞ筆にまかせておもふまゝに。いそぎたるつかひとて。かきさすやうなりしを。又ほどへず返しし給へり。日ごろのおぼつかなさも。此ふみにかすみ晴ぬる心ちしてなどあイり。

 たのむそよ汐干に拾ふうつせ貝かひある波の立かへる世を

 くらへみよ霞のうちのはるの月はれぬ心はおなしなかめを

 しら浪の色もひとつに散はなを思ひやるさへおもかけにたつ

 東路の櫻をみても忘すは都の花を人やとはまし

やよひの末つかたわかしきわらはやみにや。日まぜにおこること二たびになりぬ。あやしうしほれはてたる心ちしながら。三たびになるベきあかつきよりおきゐて。佛のおまへにて。心を一にして。ほくゑきやう法華經をよみつ。そのしるしにや。なごりもなくおちたるおりしも。都のたよりあれば。かゝる事こそなど古鄕へもつげやるついでに。れいの權中納言の御もとへ。たびの空にてあやうきほどの心ぼそさも。さすが御法のしるしにや。けふまではかけとゞめてとかきて。

 いたつらにあまの鹽燒煙ともたれかはみまし風に消なは

と聞えたりしを。おどろきてかへりごととくし給へり。

 消もせしわかの浦路に年をへて光をそふるあまのもしほ火

御きやうのしるしいとたふとくて。

 たのもしな身にそふ友と成にけりたへなる法の花の契りは

卯月のはじめつかた。たよりあれば。又おなじ人の御もとへ。こぞのはるなつのこひしさなどかきて。

 見し世こそかはらさるらめ暮はてし春より夏にうつる梢も

 夏衣はやたちかへて都人今やまつらん山ほとゝきす

そのかへし又あり。

 草も木もこそみしまゝにかはらねと有しにもにぬ心ちのみして

さてほとゝぎすの御たづねこそ。

 人よりも心つくして郭公たゝ一聲をけふそ聞つる

さねかたの中將の五月まで時鳥きかで。みちのくにより。 續後撰都にはきゝふるすりぬイらん郭公せきのこなたの身こそつらけれとかや申されたる事の候なる。そのためしとおもひいでられて。此文こそことにやさしくなどかきてをこせ給へり。さるほどにう月のすゑになりければ。ほとゝぎすのはつねほのかにもおもひたえた り。人づてに聞ば。ひきのやつといふ所にあまた聲なきけるを。人きゝたりなどいふをきゝて。

 忍ひねはひきのやつなる郭公雲ゐにたかくいつかなのらん

などひとり思へどもそのかひもなし。もとより東路は。みちのおくまで。昔より時鳥まれなるならひにやありけん。ひとすぢに又なかずはよし。稀にもきく人ありけるこそ人わきしけるよと心づくしにうらめしけれ。又くはとくもんゐむ和德門院 義子の新中納言ときこゆるは。《九條廢帝姬宮》京極中納言定家の御むすめ。ふか草のさきの齋宮凞子ときこえしに。《後鳥羽院皇女類聚大補任云建保五年凞子內親王御歲十三九月十四日立野宮同十九日着》ちゝの中納言のまいらせをき給へるまゝにて年へ給にける。此女院は齊宮の御子にしたてまつり給へりしかば。つたはりてさぶらひ給なり。うきみこがるゝもかり舟などよみ給へりし民部卿のすけのせうとにてぞおはしける。《續後撰戀五 にこりにうきみこかるゝもかりふねはてはゆきゝのかけたにもみす》さる人のこにて。あやしきうたよみて。人にはきかれじとあながちにつゝみ給しかど。はるかなるたびの空おぼつかなさに。哀なる事どもをかきつゞけて。

 いか計子を思ふつるのとひ別れならはぬ旅の空になくらん

と。文のことばにつゞけて。歌のやうにもあらずかきなし給へるも。人よはなをざりならずおぼゆ。御かへり事は。

 それゆへにとひ別ても蘆たつの子を思ふかたは猶そ戀しき

ときこゆ。そのついでに。故入道大納言爲家。草のまくらにもたちそひて。夢にみえさせ給ふよしなど。この人ばかりやあはれともおぼさむとて。かきつけてたてまつる。

 宮こまてかたるも遠し思ひねに忍ふ昔の夢のなこりを

 はかなしや旅ねの夢にまよひきてさむれはみえぬ人の俤

などかきてたてまつりしを。又あながちにたよりたづねてかへりごとし給へり。さしも忍び給へりしも折から成けり。

 東路の草の枕は遠けれとかたれはちかきいにしへの夢

 いつくよりたひねの夢にかよふらん思ひをきつる露を尋て

などの給へり。夏のほどは。あやしきまで音づれもたえておぼつかなさも一かたならず。都のかたはしがのうら浪たち。山三井寺のさはぎなどきこゆるもいとゞおぼつかなし。《帝王編年記云。弘安元年五月十二日巳時日吉神輿三基入洛。是依園城寺金堂供養也。十六日日吉神輿各皈座。》からうじて八月二日ぞつかひまちえて。日ごろよりをきたりける人々のふみどもとりあつめてみつる。じゞう爲相十六の君のもとより五十首の和歌をよみたりけるとて。きよがきもしあへずくだされたり。うたもいとおかしくなりまさりけり。五十首に十八首てんあひぬるもあやしく。心のやみのひがめこそあるらめ。その中に。

 のみこそイへたてすとても旅衣山路かさなるをちの白雲

とあるうたをみるに。旅の空を思ひをこせてよまれたるにこそはと。心をやりてあはれなれば。その歌のかたはらに。もじちいさく返事をぞかきそへてやる。

 戀しのふ心やたくふ朝夕に行てはかへるをちのしら雲

又おなじたびのだいにて。

 かりそめの草の枕のよなを思ひやるにも袖そ露けき

とある所にも。又かへりごとをぞかきそへたる。

 秋ふかき草の枕に我そなくふりすてゝこしすゝ蟲のねを

又此五十首のうたのおくに。こと葉をかきそふ。大かた歌のさまなどしるしつけておくに昔の人の歌。

 是をみはいか計かとおもひつる人にかはりてね社なかるれ

とかきつく。じゞうのをとうとためもり爲守十四の君のもとよりも。《常樂記云嘉曆三年十一月八日曉月房逝去終焉歌ムトセアマリヨトセノ冬ノナカキヨニウキヨノユメヲミハテヌルカナ是ニヨツテ按スルニ弘安元年ハ爲守十四也諸本十六ニ作ルモノハ非ナランカ》廿三十イ首のうたををくりて。これにてんあひて。わろからん事をこまかにしるしたべといはれたり。ことしは十六ぞかし。歌のくちなればやさしくおぼゆるも。返す心のやみとかたはらいたくなむ。これも旅のうたには。こなたを思ひてよみたりけりとみゆ。くだりしほどの日記をこの人々の許へつかはしたりしをよまれたりけるなめり。

 立別れふしの煙をみても猶心ほそさのいかにそひけん

又是も返しをかきつく。

 かりそめに立別ても子をおもふ思ひをふしの煙とそみし

また權中納言の君。こまやかに文かきて。くだり給ひし後は。うたよむ友もなくて。秋に成てはいとゞおもひいできこゆるまゝに。ひとり月をのみながめあかしてなどかきて。

 東路の空なつかしきかたみたに忍ふ淚にくもる月かけ

此御返事これも古鄕の戀しさなどかきて。

 かよふらし宮この外の月みても空なつかしきおなしなかめは

都の歌ども。こののちおほくつもりたり。又かきつくベし。

 しき嶋や やまとの國は あめつちの ひらけ初し

 むかしより 岩戶を明て おもしろき かくらのことは

 うたひてし されはかしこき ためしとて ひしりの御世もイ

 みちしるくすてられすイ 人のこゝろを たねとして 萬のわさを

 ことのはに をに神までも あはれとてなひくめりイ 八嶋の外の

 よつのうみ 波もしつかに おさまりて 空ふく風も

 やはらかに 枝もならさす ふるあめも 時さたまれは

 きみの みことのまゝに したかひて わかの浦路の

 もしほくさ かきあつめたる あとおほく それか中にも

 名をとめて 三代まてつきし 人のこの 親のとりわき

 ゆつりてし そのまことをは もちなから 思へはいやし

 しなのなる そのはゝきゝの そのはらに たねをまきたる

 とかとてや 世にもつかへよ いけるよの 身をたすけよと

 契りをく すまとあかしの つゝきなる ほそ川山の

 谷イにイ わつかにいのち かけひとて つたひし水の

 みなかみも せきとめられて いまはたゝ くかにあかれる

 いをのこと かちをたえたる ふねのこと よるかたもなく

 わひはつる こを思ふとて よるのつる なく宮こ

 いてしかと 身はかすならす かまくらの 世のまつりこと

 しけけれは きこえあけてし ことの葉も 枝にこもりて

 むめの花 よとせの春弘安三に なりにけり 行衞もしらぬ

 なかそらの 風にまかする ふるさとは 軒端もあれて

 さゝかにの いかさまにかは なりぬらん 世々の跡ある

 玉つさも さて朽はては あしはらの 道もすたれて

 いかならん 是をおもへは わたくしの なけきのみかは

 世のためも つらきためしと なりぬへし 行さきかけて

 さまに かきのこされし ふての跡 かへす

 いつはりと おもはましかはいふ人あらはイ ことはりを たゝすの森の

 ゆふしてに やよやいさゝか かけてとへ みたりかはしき

 すゑの世に あさはあとなく なりぬとか いさめをきしを

 わすれすは ゆかめることも またたれか 引なをすへき

 とはかりに 身をかへりみす たのむそよ その世をきけは

 さてもさは のこるよもきと かこちてし 人のなさけも

 かゝりけり おなしはりまの さかひとて 一つなかれを

 くみしかは 野中の淸水 よとむとも もとの心に

 まかせつゝ とゝこほりなき 水くきの 跡さへあらは

 いとゝまた つるか岡への 朝日かけ 八千代の光

 さしそへて あきらけき世の なをもさかへん

 なかかれと朝夕いのる君か代をやまとこと葉にけふそのへつる


のこるよもぎとかこちけるといふ所のうらがきに。くはうたいこぐうの大夫しゆんせいの卿の御むすめ。ちゝのゆづりとて。はりまのくにこしベのしやうといふ所をつたへしられけるを。さまたげおほくて。武藏のぜんじ平泰時へ。ことなるそせうにはあらでまいらせられける歌,しんちよくせんにも入侍とやらん。心のままのよもぎのみしてといふうたをかこちて申されける歌。《新勅撰二 平泰時 世中にあさは跡なく成にけり心のまゝのよもきのみして》

 君ひとり跡なきわさのみをしらは殘る蓬かかけイをことはれ

とよまれければひやうぢやうにもをよばす。廿ーかでうの地とうのひはうをみなとゞめられけり。そののち野中のしみづをすぐとて。

 續古わすられぬもとの心のありかほに野中のしみつかけをたにみし

とよまれたるも。そのこしベのしやうへくだられけるときのうたにて候。[新勅撰に入て侍し。永仁六年三月一日書之。]


このあぶつばうと申人は。定家の息爲家の室也。きんだち五人まし候。はりまの國ほそ川のしやうを爲家よりゆづりをかれ候を。爲氏たふくたるによりて。をうりやう候。そしやうのためにかまくらへくだられ候時の道の日記にて候。爲氏もちんぢやうのためにかまくらへ下向。兩人ともにかまくらにて死去せられし。そしやうは爲氏のかたへはつけられず候しとかや。あぶつは安嘉門院の四條と申人なり。爲和のはゝなり。


右十六日夜日記以岡山少將光政朝臣筆本書寫以夫木抄扶桑拾葉集及他本挍合畢

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。