Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 2.pdf/85

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません


御所を伏し拜み、感淚をおさへることができませんでした。のち、筑後の久留米で、時勢をなげいて自害しましたが、息をひきとるまで、かたちを正して、はるかに皇居を拜んでゐたといふことです。

君平が御陵を巡拜する

君平が御陵を巡拜する

君平は、下野の人で、各地の御陵を巡拜し、〈第百二十代〉仁孝天皇の御代に、山陵志といふ本をあらはして、朝廷に奉り、また幕府にも、さし出しました。山陵志が出て、今まで世に知られてゐなかつた御陵も明らかになり、荒れてゐた御陵は、のちに、だんだん御修理申